人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2020年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
うっかりで閉じ込められたらたまりませんわ

0時。今日に日付が変わった瞬間、事件は起こりました。


本日は年一度の点検日です。1時より全ての電源を落とします


まるで学校の一斉放送状態。結構大きな音でした。

私、もうビックリしまして。だってこの放送聞いた時

「かおっとくさつ」にいましたから。うち電動シャッター×2なんですよ。

特に内側のシャッターが開かなかったら朝まで出れない。

外のシャッターは開いている状態で店内に入っていますからそれは

脱出に影響無いんですけど、外シャッター開けたまま店を離れるのは

いかに交番のど真ん前+タクシー待機場所でほぼ24時間誰かの目がある

当店でもいささか怖い。なんとしても1時までに残業を終えて

内側の電動シャッターを開け脱出し、内外の電動シャッターを閉めて

しっかり自宅で安眠したい。でもね、時間を切られる、失敗すると

朝まで閉じ込められるプレッシャーたるや、半端無いわけですよ。


手が震えてちっとも作業はかどらない。酷いもんスよ。

最後はやれ鍵が見つからない、やれネットがうまく繋がらない、

落としたものがなかなか拾えないと散々。どんだけビビリやねん。

1時に電源落とすと言ってんだから、15分前くらいに出ればいいのに

30分前に逃げ出しちゃいました。おかげで今日もこんな時間まで残業です。

で、会社からすぐそばのマンションに帰り、やれやれ明日(厳密には当日)に

備えて少しでも長く寝るか…なんて思ってたら、外からまた放送の声が。


あと15分で電源を落とします、すみやかに退館して下さい…


やっぱり学校みたいだ。でもこんな遅く(0時45分)に外に聞こえる位の

大音量で放送しても苦情来ないのかよ…館内だけでいいんじゃね?

おかげで命拾い(私ではなく、朝介護できないと母がヤバい)したけどさ。

2回も全店通達の紙もらっといて忘れる私が全面的に悪い。


来年は気をつけます…。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-26 22:28 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
コロナで倒産とか、マジで納得できないでしょうね

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-43478551-gekisaka-socc

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00010000-tokai-soci

ああ、本気で怖い。どこまで行くのだろう? この状況は。

昨晩たまたま入った料理店(他府県)の入り口には、


2ヶ月以内に中国へ渡航した事のある方は入店をお控え下さい


みたいなことが書いてありましたが、そんな事が実際可能なのだろうか。

「お断り」みたいなの。(コロナ対策やってます)アピールだろうか。

弊社だとその貼り紙、できないなあ。

今年は早めに暑くなってくれないだろうか。

もうマスクをする方が楽になってきた自分が怖いわ。

とりあえず金だけは高いので、売り時ですよ。それだけは間違いない。

コロナ収まったら相場真っ逆さまですから。だって今、騰がりすぎよ…

一応プロの私でも、在庫抱くの怖いもの。

要らない貴金属、ジュエリーがあったらぜひ「かおっとくさつ」へ…。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-25 18:54 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
古物商は、買い取ってナンボ。ウイルスだって相場下落だって…(汗)

70927085が上場ですか…確かに“自分投資”にお金が流れそうな

世相ではあるが、どうなんでしょうね。

特に7085は潰れてるところをよく見るので、アレでいけてるとしたら

とりあえずやってみて、食い付き悪いと思ったら即移転移転なのかな。

7092もマシンいっぱい置いてあるのはよく見ても、実際利用しているのは

多くて2,3人くらいよ? 滋賀だから?

とりあえず絶対儲かるならFCじゃなく直営でやったらいいのに。

加盟を止めはしないけど、脱サラするならよく考えた方がいいよ。

健康になる為のサポート企業というのは素晴らしいけどね。


本題。

今日は日本で一番相場が高いであろう東京のBtoBバッグ競りでした。

コロナウイルスの問題で相場が冷え込むのは織り込み済みだったので

気分はそこまで凹みませんでしたけど、現実を突きつけられると…ね。

今、海外でもバンバン売れているところ、あんまり聞かないですもの。

そして来月は多くの同業者様が決算を迎えます。国内消費弱い、

インバウンド超弱い、でも決算の数字作らないといけないとなると、

消去法的に在庫をプロ市場で処分するしかなくなります。

とはいっても状況は皆さん同じ。決算もそうですけど(弊社はセーフ)、

“買い手”側の心理からすれば、売り手から


お願い、在庫処分したいから買って」と懇願されれば、

ふーん、ボク今お腹いっぱいだから欲しくないなあ(チラチラ)」


となるのは必定。恐らく古物市場には残酷な結果が待っているでしょう。

で、ここまでは同業者誰でも読めるんです。で、無事決算を終える為には

今何をすべきかとなってきます。相場が暴落しても大丈夫なように、

もしくは被害を軽微にするにはどうするべきか。


その1 今ある在庫を処分特価で店頭のお客様にお買い上げ頂く

その2 「相場下がってるんで」と言い切り、できるだけ安く買う


この2つしかありません。「1」は当たり前と思うでしょ?

ちょっと違うんです。市場でプロに売ればこちらの望み通りに

ならないケースが多いし、売ったお品物は「片道切符」です。

二度と帰ってきません。ですが店頭でお売りした商品は、

少なくとも商圏のどこかに残ります。お客様が常連様であれば

「前ここで買わせてもたったものやけど…」と、

売りに来て下さる可能性がちょっとあります。

もう一度お売り頂く際も、処分特価販売ですから買取査定も値頃です。

だから無理に市場で換金しなくてもいいんですよね。


「2」は思いっきり「安い買取はコロナウイルスだ、世間の相場だ」と

誰かのせいにして査定価格を低く提示できるのが特徴です。

何も経緯を説明せずに安く買い取れば、「看板」に傷がつきますからね。

その点、コロナウイルスは誰もが知ってる一大事。

お客様が「ああ、コロナウイルスで外国人来てないもんね」と思って頂けたら

儲けもの。要は「買取価格を下げる正当な理由」さえあればいいんで。

…と、私の口ぶりでは大層ブラックなご性格の持ち主と

思われちゃいそうですけど、そうじゃありません。


「2」をするのは、大手です。私はしません。見るのは相場じゃなく、物。

安く買いたい欲求を抑え、逃げ出したくなる気持ちを抑え、

ただひたすらにお品物を査定する。買取屋が買取から逃げちゃダメ。

ただ勿論、“無理”はできません。相場からかけ離れた高額買取は

自分の首を絞めます。できる限りの、目一杯。これからも貫きます。


とはいえ、コロナウイルス特効薬早くできないかしら…。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-23 22:56 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
なぜ、いつも逆なのか

前にもここで触れたと思うのですが、私が尊敬して止まぬ同業者さまに、


お客様に来て欲しい来て欲しいと願って仕事するとお客様は来ない、

ちょっと今だけは来ないでと本気で思うとお客様がお見えになる


と言われた事があって、「まさか~」と思ってたんですね。

でも今のところ、先様の仰る通りの状況になっています。

ここ数日なんか、私が席を外した時“だけ”、お客様のご来店と

問い合わせの電話があるんです。これは単に、私が究極ドン臭いだけ?

確かに席外す時は、本気で

(ちょっとお手洗いに行くだけだから、今だけご来店はちょっと…)

とか思っちゃってます。そして店にいれば当然、

(買取査定したいなあ、バーキンやロレックスとは言わない、ボロボロでも…)

と、めちゃめちゃ願ってますもの。先様いわく、これをお客様は察するから

その「来て来てオーラ」を消さないといけないとの事。まだまだ修行です。


あと今日、某ブランドの結構珍しい形のが2個連続で買い取れました。

お二人の接点は全くなし、どっちも真正品。私キャリア(ブランド10年)中

1個しか買ったことない筈なのに…何で今日は2個? 謎だ。

まあブランドバッグや貴金属であれば、何をお持ち頂いても大歓迎なんで、

コロナウイルスは心配ですけど、どんどんお持ち頂けると嬉しいです。


あっ、「来て来て」はダメなんだった(汗)。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-22 18:54 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
ドレミファドンの×マスク要るかも(沈黙は金)

お客様からのお買取りを生業にしていると、よく“フラれ”ます。


何もしょっちゅうお客様を口説いている訳ではありません。

スタッフに死ぬほど怒られるのは間違いないし、店の評判が下がるのは

耐えられませんから。ただの一度も口説いたりはしてません。

(う、うわぁ、なんて素敵なお客様なんだ!)

とは思うことあります。買い取り査定はひたすら「物」を見るので

たとえ絶世の美女のご用命でも査定価格を積み増しする事はありません。

…横で見ていたスタッフに、


「社長、鼻の下伸ばして買い取り価格上げたでしょう」


とは言われますが。そんなことある筈ない、上げたら心象良くなって

いつかそのお客様とデートできるんなら考えなくもないですが…

私は見た目、超残念ですからね。そんなスケベ心はもうありませんよ。

で、冒頭の“フラれ”なんですけど、これはつまり買い取り不成約の事。


しっかり説明し、

しっかり手の内(データや転売予定価格など)を晒し、

考えられる目一杯をご提示しても、


どうしても一部は不成約となり、お持ち帰りになるのです。

ね? ちょっと恋愛みたいでしょ?

今日もフラれました。渾身の査定金額だったのですが…あえなく撃沈。

私の“心の声”が漏れたのが良くなかった。

あー、素晴らしいですね。これ、欲っしー!」ってめっちゃ口に出した。

そりゃお客様もその気になって、合い見積もりするよね…いかんいかん。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-21 18:39 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
保険下りない、イベント常時赤字、で開き直りですか。

https://diamond.jp/articles/-/229346

事情は分かった。しかし中止になって参加費返さないってどうなんだろ。

「イベント中止保険」に入ってて、それでも保険金下りないってどういう意味よ。

それが規約なのかも知れないが、肝心の保険金支払いの時、大概渋るよねー

保険会社って。いつもそう。保険金支払いが嫌なら保険会社なんて即廃業しろ。

東日本大震災の時も一度は保険金渋った業界だ(規模大きすぎて無理と言った)、

なんともならんのか…今回掛け金丸々せしめただけやん、保険会社。


あと財団が言っている「いつも赤字」の話。これもおかしい。

どんな崇高な理念と目的があるかは知れないが、赤字垂れ流すイベントなんて

即止めたらいいのに。続けたいなら、黒字化は必須でしょ。

ひょっとして東京マラソンという名の「阿波おどり」なのかい?

財団や東京都がもっともっと襟を正したら案外大丈夫じゃないの?

だれかマラソン開催をエサに、無駄使いしてませんか?

ヤメ一択でいいと思うけどなあ…赤字だったら。


東京オリンピック開催、マジで心配です。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-20 19:02 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
まあ私がパスワードの管理を完璧にしていれば防げたというだけですけど

皆さんは「アクティベーションロック」なるものをご存知でしょうか。


Appleシリーズで「第三者に使われないようにする」機能のことで、

紛失や盗難時の不正使用防止に遠隔で使われるだけではなく、

デバイスを探す」を実行してもIphoneipadが自動的にロックされます。

解除するにはIDとパスワードが必要です。

実は、私が持っているipad2つはどちらも中古でして。

インスタグラムやフリマアプリ、クレジットカードの端末としても

使っていました。入手経路は店頭買取で、同じ常連様からです。

買取時にオールリセットして、新たなIDで利用していて、

元の持ち主も昔から知っている方なんで安心していたんですよ。

そしたら先日、2台ともアクティベーションロックが掛かってしまいまして。

2台とも正規と手順を踏み、お客様カードの記入も保管も完璧です。

確かにご本人様のものでした。それで、これは何?

おそらく「デバイスを探す」をされていると思うんです。

さすがに「紛失としてマーク」はしてない筈。弊社を利用できなく

なりますからねお売りになったお客様も。


そしてipadが聞いてくるんです、解除の為にIDとパスワードを。

私は以前メモしたパスワード入れたんですね。そしたら「違う」と。

なんでやねん…理由はわからないですけど、パスワードを受け付けないんです。

この2台が使えなくなっても、インスタ、フリマ、クレカ端末は

私の個人スマホで代用できるようにしてあるので、たちまち業務が止まることは

ないんですけど、スタッフにその都度個人スマホを預けるのが恥ずかしい。

預けてる最中にラブラブLINEとか来たらスタッフさんにバレるじゃ

ないですか(誰がこんなメタボおっさんに送ってくれんねん エエかっこすな)。

弊社3人の中で一番apple製品に詳しいHさんがさっそく

Ipadのロック解除をしてくれることになり、いろいろ試してくれました。


メールで解決するのはそもそもipadが開かないから見れない、

元の持ち主に連絡するのは師の教えに反する(買取のお客様に連絡するのはNG)、

となると別のPCから「秘密の質問」で解決するしかないんですけど…。


たぶん4つくらい質問は設定したと思うんです、当時。

その1個だけがどーしても思い出さなくて。「子供の頃住んでいた町は?

私、親父が転勤族だったから子供の頃住んでいた町が6箇所もある…。

(大阪×2、香川、群馬、広島、山口、滋賀)

どーしても思い出せなくて、一定回数間違うと質問入力自体が

できなくなるんですよね。ちゃんとメモしてた筈なんだけどなー。

この1個だけどーしてもわからん。せめて「初めて飼ったペットの名は?

だったら絶対に分かるんだけどな、○○○だよ(ニワトリの名)。

みたいな事を話してたんですね、そしたらスタッフさんが

私の見た目と180度違うネーミングセンスに


めちゃカワイイの付けてはりますねー」と仰って。


まあゴツい雄鶏に成長しましたからカワイイネームが全く不釣り合いでしたが…。

で、複数回入力間違いで一定期間固まっていたのが解除されて、

またイチからロック解除の手順をやってたらですね。

なんとなんと分からない質問から「ペットの名は?」に変更されてる!

助かりました。


今は無事ロックが解除され、何事もなかったようにサクサク動いています。

いやあ、今度は会社の見えないところにメモ書いて貼っとくわ。

もうこんなのかなわん。やっぱ携帯やタブレットの再販は専門的な

知識ないと難しいな。貴金属・ブランドと同時にやるには

荷が重すぎる、携帯系買取をやめて正解だよ…餅は餅屋だと思う。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-19 22:30 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
うつりたくないより、うつしたくない(超切実)

私が居住し商いをしている滋賀ではまだ大きな騒ぎになっていませんが、

全国的にみて、コロナウイルスがもたらす経済的損失はとんでもない金額に

達しようとしていますね。旅行、移動系はかなり厳しいのではないかと

思われます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00080273-chosun-kr


私も常時マスクを付けていますが、あまりストックを持っていないので、

一刻も早く在庫不足を解消して欲しい…。

滋賀ではマスク、売る気ないんじゃないだろうか?ここのところお店で

売っているのを見たことないです。転売目的で買い占めている人が

もしいたら絶対やめて欲しい。私にはどうしてもマスク、要るんです。

だって考えて見てください、

飛沫感染などで新型肺炎に罹ったとしたら、


自分は安静にするにしても、母の受け入れ先に困る、

最低2週間くらいは店を閉める、お客様とスタッフに迷惑が掛かる、

再オープンできたとしてもお客様は来店しづらくなる…


まあ、普通に弊社は潰れますね。少なくとも店の運営は無理だと思う。

通販に特化するとかしか生き残る道は無さそう。

ウイルスをもらって罹患したら会社潰れるって…ハイリスク過ぎる。

私のような個人店/零細企業のオーナーは、

「新型肺炎罹患→倒産」の人って普通に大勢いるんじゃないかな。

罹患したくない」より「罹患してお客様に感染させたくない」が

勝つんですよ。お客様やスタッフに、自分原因で罹患させるとか辛すぎる。


社長も店長も鑑定士も私一人。でもスタッフさんは2人いる。

彼女達と認知症の母はなんとしても守らなくては…とりあえずマスク必須。

手洗いうがいはめっちゃしてるけど、接客業だしマスクは欲しいなあ…。

政府の責任を追求したって事態は好転しないんだから、

ここは一人ひとりの予防で、今以上の感染を防いでいきたいですね。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-17 23:37 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
金の為“だけ”に働くなら、糧の為に行動する動物と全く同じでは?

2229の元CEOがこんな事を仰ったそうな。


女性は管理職に就きたくないと言う概念は間違いで、

正しくは“女性は責任と報酬に見合わない立場”が嫌」なのだと。


女性の社会進出が必須だと言われている昨今、日本の管理職や経営者は

男性が圧倒的に多く、女性の比率は他の先進国と比べても

まだまだ低いのが現状です。


ただこの方の仰りようが、まるで女性が全て金だけで仕事しているように

聞こえるのが少々気になる。勿論そんな軽薄な発言でない事は重々承知。

そんな世の中の女性が「金、金、金」ばっかりではないと強く言いたい。


古巣の女性陣は給与の多寡よりも古巣で働ける喜びを感じている人が

割と多いし、弊社のスタッフ2人も会社の現状を正しく認識して

厳しめの要求は決してしてこない。そりゃあかつて私が他社にいた時なんか、


「くれるというなら最大限もらっといて、仕事は手を抜くのが賢い


とか後輩たちに公言する“女狐”がいましたよ、職場内に。

法律上許されるなら、生皮をはいで“女狐のマフラー”作りたかった。

サボろうと思うのは最悪許せても(思想の自由)、会社に迷惑をかける、

他のスタッフの勤労意欲を殺ぐのは明らかな背任。やっぱ皮剥ぐべきだったか。


というわけで、報酬が多ければ待遇が良ければ女性はどんどん責任者に

なるであろうという先様の推測は、必ずしも当たってないのではと

愚考します。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-16 23:38 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
冷酷だとか時期尚早だとかの雑音は気にならないのだろうか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010000-fashions-life

え、こんな話になるの? 外資って打つ手が早いというか何というか。


確かにここは訪日観光客相手の“免税”が肝。このままコロナウイルスが

収まらなければ商売上がったりというところだろう。

でも、早すぎないか…いや、私が経営してたらこの決断はできない。

もうちょっと雇用を守ろうとするだろうな。甘いこと言ってられないのか?

どうしたら良いのだろう。それこそオリンピックが始まる前に

世界的な規模で感染拡大を防ぐか治療薬なりワクチンができないと、

世界中から人が呼べないよ。オリンピック失敗は国としてヤバいよ。

選手もおちおち競技できないものね。いやあ、商売マジどうしよう。


私の知りうる限り、古物は他のジャンルも含めて「買取」はそれなり

動いているみたいなんですよ。ただインバウンドは壊滅状態だし、

移動はしないしモノも売れないし…ちょっと打開策が見つからん。

それこそ小規模で外国人観光客を“アテ”にしているお店とか、

弊社とは比較にならんくらい深刻だと思うんですよ。


ちょっと真剣に、今後を先読みして動きたいと思っています。

かといって、古物からは軸足を外せないんですけどね。

ワンチャン副業(というか枝葉部分)は他のコトで商売しても

差し支えないとは思っています。しかし“幹”は古物。“根っこ”は古物。

ここだけは譲れない。料理出してもマッサージ店開けても別にいいけど

古物やめる選択肢だけは、ない。絶対ない。


ウイルスごときに私の全身全霊、奪われてたまるかよ…(感染怖いけど)。


by kinkenya-kobutu | 2020-02-15 01:42 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク