人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2020年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
主張が被る(そりゃそうか)

主張が被る(そりゃそうか)_f0064937_01440667.jpg

今日、コレ届きました。昨日突然使えなくなったキーボードで

難儀して、スマホから注文したらすぐ来ましたUSBタイプのやつ。

確か800円くらい。安過ぎでしょ。キーボード800円なの?

送料込で。嘘でしょヨド○シさん。

しかも前のよりかなり使い勝手がいい。小さいし、何よりキーが深い。

キーが浅いタイプ苦手なんですよねー。しかも800円でしょ?

消耗品といえば消耗品なんだろうけど、何か勿体無い気がするなあ。

トマトは普通の品質でも1個100円以上する時あるのに、

キーボードは800円送料込み…まだまだデフレなの?


本題。

ある啓蒙系ユーチューバーが、私のブログと同じこと言っていました。

たぶん彼は私のブログを読んではいないと思う。

そして私がブログにアップしたのははるか昔なので、私も彼の動画を見て

ブログの参考にしたわけではありません。しかし主張は見事に被った。それは、


フランチャイズになど入らず、バイトしてノウハウ掴めよ


まあ普通に誰でも思いつくのね…彼は恐らく、フランチャイズやったこと

ないんじゃないだろうか(元公務員)。

私は従業員でなら、ある(中古ゲーム 大手の一角)。

しかも社がフランチャイジーをやめて独立独歩で始めた時も立ち上げから居たし、

辞めた時はバイヤーで番頭だった。その後は下請けだけどコンビニ物流もした。

コンビニ経営、コンビニ従業員ではないけれど出入り業者として

フランチャイジー様達の横暴(ザーじゃないのがミソ)はそれこそ


ハンマーとかで脳髄出るくらい叩き割っても無罪よね?(なわけない)」


レベルのトンデモ話(絶対書けない)もありました。

だからフランチャイズビジネスの恐ろしさは、聞きかじりや「作り話」では

断じてない。全てこの目で見たリアルなホラー(ある意味、化け物だと思う)。


いつの日か、退職金と資産を全部毟り取り大借金まで抱え込ませて放り出す

○コンビニビジネスとか、○居酒屋ビジネスとか、○コインランドリービジネス等

加盟者を全く顧みないフランチャイズビジネスがこの世から無くなりますように。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-26 23:24 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
マウスとキーボードは“スペア”必須ですね(汗)

さっきいきなり、会社(ていうかお店)で使っているパソコンが

全く操作できなくなりました。ほんと、突然です。

マウスもキーボードも動かない。確かこんな時やるべき対処が

あったような気がするんだけど、どうしても思い出せない。

あ、ネットで調べようっと

って、そもそもキーボード効かないのにどうやって検索するんよ?

ベタベタの失敗もしつつ、とりあえずもしもの為にと買っておいた

USBマウスを接続したところ、マウスだけは使えるように。

これでメールチェックはできるけど、返信どうしよう…

幸い私が使うオフィス系の書類はすべて、USBメモリに入れて

いつでも持ち運べるようにしていたので、

スタッフさんが帰った後、席を替わって今ブログを書いています。


ヨドバシさんからUSBキーボードが届くのは明日。

メールの返信以外はスタッフさんパソコンでできるので

(ヤフオク発送、買取査定、帳票作成、イラストレーターなど)、

配達員さんが来るまで、ひたすら待つしかないな…。

今日帰宅したらすぐに電器屋さんで買うべきでしたけどね。

なんでキーボードひとつでドキドキハラハラせにゃならんのか…。

ドンくさいなあ私。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-25 18:48 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
こんだけ“空振り”が続くとさすがにメンタルが…

同業で何か大きな問題があったようです。

今回はリンク貼りません。気になる方は検索してみて下さい。


今日は朝からお買取り査定の依頼が次々あったんで、

(ああ、日頃の行いの良い私に神様が下さった僥倖…)

なーんてバカな事を思っていたら、何のことはないいきなり4不成約。

つまり、


不成約、

不成約、

不成約、

不成約です。


どこをどう考えてもきちんと査定しました。

何なら査定が終わった直後お客様がお帰りになってから、

それまで隣でヤフオクの画像をアップしていたD女史に、

「社長、たかっ。そんなに(お買い取り金額)出して大丈夫ですか?」

って即座に聞かれましたもんね。スタッフもプロです、見間違いません。

そのスタッフにすら超速ツッコミを受ける程の最高買取(査定)、

なんでお持ち帰りになったのやら…おかしいなあ。


どーも弊社の常連様、私を叩けば「ピコーン、ピコーン」って

買取査定額がどこまでもアップすると勘違いしておられる。

私はマリオの登場キャラじゃないですから! コインは出ません。

結局、その後はお買い取り成約もできたんで、「0~」って

悲しい帰宅にはならなかったんですけどね…ああ、午前中の逸品ふたつ、

どうしても成約したかったなあ…。また明日も頑張ろ。

いつかお戻り頂けると信じて。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-24 22:37 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
日本は絶対、再犯被疑者にあまい(と思う)

嫌な噂を耳にしました。


最近県内で、中古販売店に次々泥棒が入っているらしいです。

まあ珍しい話ではないのですが、恐ろしいですね。

何で他人のを狙うのさ。弊社も一応、動産保険は入っているけども

一度やられたらヘタすると取り返しが付かなくなるかも知れない。

(保険金はいつ支払われるか分からない&戻るのは精々原価まで)

弊社の10歩先には交番、車で突っ込む事はできにくい段差構造、

店の眼前にタクシーがほぼ24時間待機している現状では

極めて泥棒しにくい環境が揃っているものの、

やはりやられる可能性がゼロとは言い切れない。マジ怖い。

なぜなんでしょうね。ヒトの物を盗んで平気な感覚がマジ分からん。

しかも換金に別の古物商使うんですから開いた口が塞がらない。

捕まっても前科が増えるだけで反省もしなければ弁償もしない、

刑務所で懲役刑を受けて出所したらまたすぐ泥棒を始める(泥棒は再犯多い)。

前科18犯とか聞いたことありますよ。法務省は何を更生してるの。

確か窃盗罪の上限って懲役10年のハズ。累犯加重で「2倍以下」が

適用されたら、懲役19年10ヶ月くらいは可能なのだろうか。

18犯前科あって2倍以下の懲役を普通に受け続けたら生きて出れないよね?

実は結構、刑が軽いのかも。ありえないでしょー。

こっちは生きるか死ぬかの瀬戸際かも知れないのに、モノ盗ったハイ窃盗、

しばらく刑務所で反省しといてー…じゃ到底納得できねーわ。

手口を聞いたけど、「そこにあったからつい魔が差して…」じゃないのよ?

盗難車で店シャッターに突っ込んで高いもの限定で奪って即売り払うのよ?

これを“悪い”と言わず何て形容するのさ。


商いに深刻な影響及ぼすから前科10犯以上の窃盗犯はもう終身刑にして。

(希望 切なる願い)

被害に遭われた同業者様の1日でも早い復旧を、心より祈念いたします。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-23 23:40 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
認知症患者を看たことない人が断じて欲しくない…気持ちもあります正直

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00238372-kyt-l25

私にとってはかなり堪える判決でした。

認知症の妻が施設に入ると孤立するから老人ホームへの入所を断り続けていた、

という一点が「身勝手」とされ、被疑者の高齢と介護疲れを考慮に入れても

懲役10年が言い渡されたみたいですね。これ、死出の旅よね。

10年懲役打たれて娑婆に戻った時96歳ですか。普通に生活できんでしょ。

まあ仮釈放されるにしてもだ、償うものが大きすぎるね。


池袋暴走の一件が生ぬるすぎると思うのは私だけかしら…。

86歳から自由奪われて10年ムショで強制労働させられるのよ。

今回の一件、私に置き換えたら、


母は食べたこと忘れて徘徊するでしょ、

介護(と経営の両立)大変でしょ、

「自分でトイレに行けるうちは施設に入れない」という約束だから、

他の事で「施設入居を…」とケアマネから言われても拒否するでしょ…


私が置かれている現状と、そこまで違わない気がしてきた。

この50のおっさんでもしんどいし、判断に迷うことあるのよ、

86歳のオジイにこんなキツいの、パーフェクトにできないって。

無罪とか、執行猶予じゃなくていいから、もっと軽めにしてあげて欲しい。

人ひとり死んでるけど、懲役10年て被疑者にしてみたら終身刑だし、

ある意味死刑判決に近いものがあると思うよ。


今回の一件は故意で殺意があったのは間違いなく、

池袋の事故は殺意ないでしょうよ、確かに。でも運転がおぼつかなくなっても

頑なに免許を返納していなかったのはある意味「故意」でしょう。

将来事故を起こすかもといった「前兆、予兆」を感じ取っていた筈。

私は古物商だからお買い取り成約時に身分証明書拝見するの多いんです。

運転経歴証明書」を提示されるお客様、いまめっちゃ多いんですよ。

池袋の時も早くからそうしてくれたらよかったのに…。


とにかく被害者のご冥福お祈りすると同時に、

司法が正しい判断をして下さる事を切に祈念いたします。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-22 23:30 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
今度こそ頂いた金言をスマホのメモに記録する!(寝ると忘れるから)

今日は図らずも閉店後に同業者様と飲みになりました。


先様からは非常に的確なアドバイスを頂けるので、いつも本当に

助かっています。経営者同士、どうしてこんなに差が付くのでしょうか。

私は自分自身が傑物とは程遠い、凡庸な男である事を熟知しています。

昔からそうだった訳ではありません。昔はそれこそ「俺凄い俺偉い」と

勘違いしておりました。その勘違いでどれだけ恥を掻いた事か。

たぶん常人の3~4倍は大恥掻いてます。

Y社長(チケット中央線)に

「いま一番有名な金券屋はノブさん(私)、キミだろう」

と言われた頃が最後のピークかな。それからはずっと謙虚に生きてます。


でも、だからといって「どうせ私なんか」と投げやりになったり、

諦めたりはしません。だって私最大の武器はこの「執念深さ」。

仕事は超、うまくなりたいんです。他人からどんなにキツい事言われても

バカにされても、私の為になるなら聞く耳を持っています。

もう50歳、つまんない意地で成長を逃すなんて余裕ないし。


今日の金言は金言どころじゃなかったです。ダイヤモンド言くらいかも

(なんじゃそら)。あーここに書きたいなー。でも勿体ないなー。

まあ忘れないように、ひとつだけ。

私催事買取(仮設店舗)の方、実はあんまりうまくいってないんです。

ご来店のお客様には喜んで頂いていますよ。でもいかんせん量は少ない。

お借りしている商業施設様では限界…ということも少し考えました。

でも同業者様はおっしゃいました。


古巣でやった時の成功体験で物事を考えていませんか?

 今来て欲しいのはその商業施設様のお客様でしょ?その立場で考えないと


頭が割れて脳髄が飛び出さないかと思ったくらいの衝撃…。

あの忙しかった古巣イベントを基準に考えてたわ。あーそりゃそうだ。

言われると「そりゃそーだ」なんだけどねー…それがなかなか出てこない。


ここに書かないあと2つは、明日の社内ミーティングで話そ…

ヨソに出したら先様に申し訳ない&勿体無いし。よーし頑張るぞ!


by kinkenya-kobutu | 2020-01-21 23:57 | 行動中 | Comments(0)
 
“同志”よ、わかる、わかるよ今度飲みに行こう(社交辞令的なモノではなくガチで)

さっき仲良しの同業者様からLINEが来まして。

買い取りのお客様、そっち来てはる?」って。

まあこれ、「小規模買い取り店あるある」です。


私もめっちゃやりますこれ。近隣のお店に連絡して、

いや最近お買取りのお客様が減ってて、何だか不安だ。そっちどう?

みたいな。今回はたまたま先様側からの連絡だっただけで。

だってつい先日も「市場出品物の中でもっとも高額で落札されたお品物

を出品していたり、すっごい上得意様のハートもがっちり掴んでいる

オーナーさんなんで、よく考えたら「ちょっとヒマな時期があっても…」

という感じなんですよね、他社から見れば。


でも、お客様がお見えにならないのは本当に肝が冷えます。

古物は仕入れが大事、仕入れはお客様からが最上。これが鉄則。

その鉄則が崩れると…古物商の自信と誇りも崩れかけるんですよね。

大丈夫ですよY社長、でも万一クローズの際は上得意様を何卒弊社に…

ゲンキン過ぎるな。ま、こんな軽口が言えるくらい先様は盤石です。


問題はむしろ弊社にある。もっともっと買い取って、

忙しすぎて毎日ヒーヒー言いたいです(切実)。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-20 19:03 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
もはや落語家と化してない?

古物商はお客様にお金をお渡しする仕事なので、

普通の物販とは一風変わった出来事が起こります。


今にして思えば笑い話でしかない事でも、起こった当初は双方大慌て、

双方エキサイトなんて「そこそこ」あったりして。

溜まるんですよね、「ネタ」が。もちろんお客様のプライバシーには

万全の注意を払っています。まあ殆どが「買取あるある」ですね。

おそらく同業者様にもいっぱいエピソードあると思います。

今日のお客様の査定もそんな感じでした。

まあ題するなら「新品同様と呼べる“範囲”とは」ですかね。

これは定番中の定番。お客様に過去のお買い取り査定と今起こっている

現状を並列でお伝えして、ウケた(納得された)ので無事成約できたのですが、

一歩間違えたらまずアウトでした(不成約&お客様がっかり&風評低下)。

あと買取査定中によくする「ネタ」というと、ざっと思いつくだけでも


怒らないから、というフリとオチ

上限と下限を言っても、上限しか残らない

動くって言い張る

過去の査定を記憶操作

あいみつブラフ大作戦

イケメンならいいのかよ

代替わりあるある

幸せになれますか?

情けはマジ人の為にならず

食べかけのバッテラ

横繋がりの“網”にまんまとかかる

片棒を担がせないで

ヤジ飛ばす人ほど実は欲しい

無償回復請求権って超切ない

お上も人の子

古物やってて“死んだ”と思ったベスト3

市場は理不尽

某世界的企業に嫌われています

結婚し出産し養育を無事終えた女性が束になるとどうなるか

ハイリスクノーリターンを依頼するメ●カリ族

認知症、同●愛、クレーマー…もはや数え役満


…無限にあるなあ。古巣関連と母介護関連除いてもこれか。

もし良かったら査定の時リクエストして下さい(誰得?)。

新ネタも日々増えていきます。だって渾身の力で仕事に向き合っているもの…。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-19 22:59 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
数手先まで呼んで師を守る元相方が素敵過ぎる点について

昨日は古巣の幹部会議でした。出席者は私含め6名。


まだ私が退職してから入ったスタッフで幹部会議に呼ばれたスタッフはおらず、

恐らく一番歴が浅い子でも8年目くらいかな…古巣は離職率低いかも。

有り難い事です。彼らがいなかったら私は独立できなかったから。

安心して後を任せられる状態じゃなければ、私も退社しなかっただろうし、

師も快く私を送り出しては下さらなかったと思います。


特に、長い間私とコンビを組んでいたK部長(現在スタッフ筆頭)は

本当に立派になりました。もう従業員の最後の方は

「あれ私よりK君の方が仕事うまくないかい?」という状態で、

競うというよりも私がブランド部門をやって、金券は一切合切彼に任せた方が

いいのではと思っていたくらいで。

だから彼に古巣を任せてさえいれば、私も要らん心配などせずとも

勝手に古巣はおっきくなっていくだろうとの予測だったわけですよ。


でもやっぱりちょいちょい、一応古巣顧問として気になる事も出てくるので

会議が終わった後、昨晩2人きりで話したんですね。

内容は詳しく書けません。まあざっくり言うなら「彼は昔と変わってないか」。

私の知っているK君とは別人だったら、また新しい関係を構築するしかないし

古巣幹部の必須条件、「いつも心に小さな師を存在させる」が現在もできているか

ちょっと確認したかったんですね。


会長(師)ならどう考えるか

会長はこのケース好きか、キライか」等を自分の脳内に飼っている(おいっ)

小さな会長”に問いかけ、会長の美意識に反する行為をしないよう

徹底できなければ、古巣の大幹部には到底なれません。


そんなわけでちょっと2、3個、K部長に質問してみたのですが…

まあよくできた弟子だこと。私にはそこまでできんな。絶対噛み付く(おい)。

師の意向を聞くまでもなく汲みとり、師の弱いところを把握し、

たとえ何があろうと師の思し召しには最大限寄り添う覚悟ができていました。

もうだいぶ“チケット商の深淵”が見えている筈、見えている以上“個”も出る

“我”も出るのが普通です。だってお仕事できるし数字作っているから。

それでも彼は番頭として、師を立てるべく日夜奮闘しています。


片や私は、自らが経営者であることを曲解して“我”、出しまくりやわ。

職権乱用に近い。「会社は公器」なんだからもっと丁寧な行動しないと…。


K君、これからも古巣と私をよろしくね。

どうかこの“へなちょこ顧問”もうまく活用してくれると嬉しい。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-17 23:48 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
お客様の為にならないお買い取りなら、もうやめよう

今日も買取査定時の交渉でのお話。

皆様は「買取店の値踏み」ってどういうものを連想しますか?


A「相場に沿って付けるのが基本だけど、チャンスと見れば激安査定」

と思っておられる方と、


B「どのお店に持っていっても基本買取査定金額は同じ」

と思っておられる方、このA/Bパターンがかなりの割合を占めています。


まず、Aは大手・零細を問わずスタンダードな値踏みです。

店の看板(名前/評判)があるから安い買取査定はできない、

でもいつもいつもストイックな高価買取を続けていると、いつまで経っても

内部留保ができないから、

もういくらでもいいから(買い取って)と仰るとっても素敵なお客様の

思し召しには、ちゃっかりお言葉に甘える

といった同業者様は多いと思います。


Bは、お客様の勘違いですね。あの全国百貨店共通券ですら、

額面に1000円と書いてあるのに買取価格は店によってまちまちだし、

ましてや貴金属の1gあたりの買取価格、コンディションが同じものが

2つとないブランド品などは鑑定士の見解でいかようにも変わります。

「店の口コミ」と「合い見積もり」は必須と思っておいた方が良いでしょう。


ちなみに私は、AでもBでもありません。

C「お品物だけを見て、いつも目一杯の買取価格を提示する

カッコつけでしょう? だって師の弟子だもん。

そらーもうちょいっと稼ぎたいですよ…でもお客様の喜ぶお姿を拝見すると、

どーしてもね。明日もまた、正直にお買い取りします。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-16 18:37 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク