人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2019年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
意外や意外、私って案外ツキあるかも

サッカーくじのBIG1等の当選確率は約478万分の1。

ドリームジャンボ宝くじ1等の当選確率が約1000万分の1。

まあ普通に考えて、当たる筈ないですよね(誰かは当たるのですが)。

でも昨日の「偶然」は、そうそう無いような気がする…。


昨日は店休日でした。なので朝から外営業に。弊社から車で小一時間

走ったところにある某市が目的地。結構早い時間帯です。

実はこの時やろうとしていたのは「飛び込み営業」。

縁もゆかりもないこの土地で、弊社と提携して頂ける企業さまに

「当たって砕けろ」の精神でアポなし訪問をしようと思いまして。

でも、ぶっちゃけビビリの私、目的地寸前のところで尿意をもよおします。

営業先にお手洗い借りるわけにはいかない…ならば直近のコンビニで

お水買うからトイレ貸して的な?(何も買わずにトイレだけ借りれない派)

感じで車を停め、無事用を済ませてから車内で「いろはす」を

飲んでいたんですね。


(あーここから1分で先様着いちゃうよ、ちゃんと営業できるかなあ)

ってドキドキしてたんです。そうしたら、ここで超偶然が発生。

(あれ、この横顔は…)

すっごく前に勤めていた会社の同僚でした。会うの何年ぶりだろ?

知人友人に道端でバッタリ会うなんて珍しくもないやろ?

と思われるでしょうが、これって超レアです。ありえないです。

だって私、営業先の●●市で、知り合いこの方しかいないし、それが

コンビニでバッタリですよ? この方超多忙なんで、まず会えない筈。

そもそもこの方も仕事中くらいの時間でしょう…偶然にも程がある。


Tさん?


思わず声をかけました。確かこの辺りに引っ越したとは聞いたな昔。

別段用があるわけじゃないけど、ここで知ってて素通りするのも

水臭すぎるので。すると向こうもすぐ私に気づいてくれて

ああカネちゃん(私)~久しぶり何してんのここで?

気軽に話してくれたのです。


そこで私は、これからここからすぐ先の企業様に営業をかける、

ツテもアポもない、営業内容は●●だ…みたいなことを

Tさんに話したんですね。するとTさん、向こうに知っている人

いるで? 一緒に行ったげようか? 的なことを言ってくれたんです。

すがりつきたい位の大チャンスでしたが、ここは素直に遠慮しました。

Tさんと旧交を暖めたおかげで、さっきまでビビってた自分が

ウソのように落ち着いてきたから。よし、これならいけそう。


それに営業内容をTさんに言っちゃったから、もう引けないわけです。

成功しようが失敗しようが、営業しないと恐らくTさんにバレる。

言ってたのに営業しーひんかったんか。カネちゃん口だけやなあ、

なんてなったら最低だ。よし…やるしかねーわこれ。


…と、企業様に飛び込んで、先様の代表者様と一対一で話せました。

こちらの思いもすべて、お話しできたと思います。

こちらの提案を、前向きに検討下さるとのことでした。

成功したら最高だけど、うまくいかなかったとしても私的には満足。

ちゃんと、飛び込み営業できた。ちゃんとトップとお話出来た。

半歩どころか三段跳くらい進んだわ。後はファウルじゃないかだけ。

…そうだよな、社員ひとりパートひとりに要介護3の認知症患者ひとり、

私はハピネスを提供しなきゃいけないんだ(勿論お客様にも)。


こんなところで立ち止まっていられるか、

こんなところで終わってたまるか。

何がなんでも成功して、週1休むぞ私は(目標ひくっ)。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-19 23:31 | 行動中 | Comments(0)
 
師匠のパワハラレベルが上がった! 駆け出し近江商人ノブに痛恨のいちげき!

我が師匠(古巣代表でノブの大恩人 概ね酔ってる?)と弟子である私には、

絶対と言っていいルールがあります。それは、

師の“思し召し”には逆らわない」というもの。所謂忖度です。


だから師が「●●さん(他業種)には営業掛けるな、ウチがやるから

と言われれば「御意」と、指を咥えてただ見ているだけになり、

この文章、代わりに考えて書いといて」と言われれば

「御意」と夜なべして作成し(しかも最近は内容ノーヒント)、

このセカンドバッグ、借りていくぞ」と仰れば「御意」と、

弊社商品といえどお貸しする他ありません。


まるでジャイ●ンと、の●太の関係ですが、師はある意味

「リアルジャ●アン」で、「映画版」のような男気も見せます

(歌唱はホゲーじゃないですが)。

出来の悪い弟子ほど可愛がって下さいます。


もともと私は師に拾って頂いてから運気が向いてきました。

「金券屋ノブ」としてちょっとは有名になれたし、近江商人のイロハを

背中で教わったのも師匠のおかげ。おまけに暖簾分けまでして頂いて

6年も生きながらえている。師に会っていなければどうなっていたか。

ご恩は伊吹山よりも高く、琵琶湖よりも深いのは疑いようがない。

ただ、最近パワハ…もとい、「思し召し」が厳しくなっているような

気がするのですが、気のせいなんでしょうか?


きっかけは先日、私が師に行った「陳情」です。

師が「ナワバリ」を主張したとある企業様の営業を、私に譲って欲しいと

お願いしたのです。師も多忙で古巣スタッフ達も手が空かない、

なら私がやっても良くないですか? と。師はあっさり許して下さいました。

ああ良かった、ならば師の代わりに頑張って営業かけよう…

そして営業の進捗状況を師にお伝えした時、「それ」は起こりました。

「社長(実は会長なのですが、癖で社長と呼んでいます)、先様と

コンタクトが取れ、当該担当者様の電話番号を教えて頂けるそうです」

すると、

「おお、良かったな。それよりも俺が“ヴィトンのコロコロ”持ってくの、

土曜やで? 金曜までにちゃんと用意しといてや

この話は「前」があって、師がルイヴィトンのキャスター付鞄を

欲しいので、用意してくれと先日仰ってたのです。

しかも詳しく聞くとものすごく条件が厳しい。とてもとても飲める話では

ありませんでした。定価40万弱のバッグを中古の綺麗なので9万台までと。

そんなんあったら、プロである私が逆に仕入れたいですと。


…と、その時は師の冗談だと思っていたんですね。そしたらガチだと、

足らん分はカネちゃん(私)が涙を流して補填すればいいだろと。

あそこの営業、譲ってやったやろと。

もうパワハ●を超えて●喝になってますやん。昔の血が騒ぎましたか?

「オラ、飛んでみい」ですか? 私今年50歳だからオヤジ狩りですか?

まだ父親はおろか夫にもなったことないんで、私の給料より高いシロモノを

強奪しようとすんの、止めて頂けないでしょうか…?


でも忖度せなアカンねんな…私もこの金額ぜんぶ補填できひんからなあ。

とりあえず緊急で仕入れて、ウチの在庫にしてから一旦師に貸すか。

あの調子じゃ、仕入れ代金と同額でもお受けしてくれへんしなあ…。


うん、それでも付いていくしかないねんな。我ながらこの犬体質、かなんわ。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-18 23:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
いつか、みんなが一瞬でも一緒に笑える未来を望む

仕事を終え、電車に揺られること約50分。

いつか、みんなが一瞬でも一緒に笑える未来を望む_f0064937_15295543.jpg

急いで着座すると、もうすでに皆さんはお集まりでした。

いつもいつも、お待たせしちゃって申し訳ない…。

先日予告した通り、昨晩はチケット商有志の宴「梅田会」でした

(すでにチケット商ではない人も私を含め2名ほどいますが)。


今回は開催に向けての準備期間が短いこともあり、従来の会よりも

若干少ない人数でのスタートだったのですが、今回はゲームで言うと

「隠しキャラ」「レアキャラ」的な同業者様がおられたのです。

I社長…金券屋ならほぼ知っている、ある意味チケット業界の「顔」。

長年チケット組合の重職を担って来られたお方。

まさか、梅田会にお越し下さるとは思わなかった。

ちなみにI社長は我が師であるF某理事長とはタメ。普段から

仲良くさせて頂いているそうですが…タイプが違うなあ~。

い、いやどっちがどうという訳じゃなくって師匠「湖」だけはヤメテ~。


冗談はさておき。

思わぬ大物登場に参加者が色めき立つ…なんてことはなく、普通に

新ゲストさんと歓談ができました。このノリが私よりもちょっと年上の

I社長に受け入れて頂けるか少し心配でしたが、

概ね喜んで頂けたような気がします。

2次会はいつもの、バンドセットのある飲み屋さん。

いつか、みんなが一瞬でも一緒に笑える未来を望む_f0064937_15304924.jpg

今回は参加者が多くないので苦肉の新技、「金券屋しかいない階段」を

披露します…皆様いつも被写体になって下さってありがとうございます。

ここでチケット商ではない梅田会会員の一人、K社長(梅田/心斎橋)が

合流(時計宝飾商/プロマジシャン/大衆演劇役者…いくつあるの肩書)。

普段はカラオケ次に誰が歌うか争うくらいなのに、今回は話に集中してて

ほとんど歌っていませんでした。

まあ話したいことは山ほどありますからね。昼間特割きっぷは廃止、

新幹線や切手の相場下落、次々現れる●造の金券…。

シリアスな話始めたら、正直何十時間あっても話し足りない自信あるわ。

3次会でついに、ニ手に別れました。

いつか、みんなが一瞬でも一緒に笑える未来を望む_f0064937_15341223.jpg

私はI社長、T“アウトロー”大幹部、K社長の4人でラーメン

食べてました。なんで飲み後のラーメンって染みるのだろうか?

チケット商の裏話とか聞けて大変面白かったです。

いつか、みんなが一瞬でも一緒に笑える未来を望む_f0064937_15344366.jpg

で、4次会でまた合流してお好み焼き屋へ。1人を除いてお腹パンパン

だったから飲み物だけを注文して本日何回目かの乾杯。

時刻は1時を回っておりました。

相変わらず盛り上がってはいるのですが、何かが足りない。

やはり中核的な立ち位置の常連参加者様が何人も欠席されたのは

ちょっと残念でしたね。私も幹事を引き受けて下さった

先様の為にもと、拙い情報をほんの少し、お話しさせて頂きました。

参加者の皆様の「気付き」や「刺激」になると良いのですが…。

ともあれ参加者の皆様、夜遅くまでお疲れ様でした。


このブログには普段からお客様はもちろん、多くの同業者様にも

ご覧頂いております。

なので最後に、ここで今回触れた「梅田会」の今後について、

ひとつ提案をさせて頂きます。


梅田会はそもそも、JTA(日本チケット商協同組合)加盟社の一部が

相談し合って、「組合ではない人も誘って、懇親と向上を図ろう」という

コンセプトで始まった飲み会です(たぶん)。

私は発起人(K大幹部、F社長、Tアウトロー氏)ではないものの、

愚ブログを書いていた縁で初回からお呼ばれして、今までとても仲良く

させて頂きました。今回も勿論楽しかった。この催しが、いつまでも

続いて欲しい、新陳代謝をしつつ、チケット商ここにありというのを

示し続けて欲しいと思っています。ただ…古物商、中でもとりわけ

チケット商は「しがらみ」、多いですよね…誰と誰があーだ、あそこは好かん、

アレが来るならワシは行かん…みたいな。私もかつては「金券屋ノブ」と

呼ばれそこそこ有名だったチケット商、皆様の想いはよーく存じております。


でも…どんな裏事情があろうが、我らはどこまでも同業者である筈。

今回は事前準備の期間が短く、十分な根回しができなかったと聞きます。

いろいろな思惑、いろいろな立場で今回出席を見合わせた方もおられると

後から聞きました。それは仕方ない、私だって●●さん(絶対書けない)が

次回の梅田会に参加されるのであれば、私の思いはどうであれ、私の立場上

自主的に「行っていいですか?」と師にお伺いを立てる必要がある。

師の返答はわかりきってる、


カネちゃん(私)の自由にしていいけど、できれば行かんといて


そしたら私は、忖度するしかないですよ。欠席になっちゃう。

この感覚です。わかりますよね? これをいずれ、なんとかしたい。


梅田会を、「緩衝地帯の飲み会」にできないものか。

梅田会の飲み会会場だけはケンカしない。何があっても一旦棚上げ。

どんなドンパチしてても、どんな神経戦してても、相手がどんなに

嫌いだったとしても、梅田会の「おひらき」の時間までは楽しく飲む。

真剣にチケット商の未来について語り合う。それがルール。


もしかしたら、飲んだら戦争が回避できるかもしれないし、

もしかしたらビッグビジネスの種火になるかもしれない。

…業界を揺るがす怪獣大戦争になるかも知れませんがね。

ともかく、「クレクレ、言うだけ大将」になるのはイヤなんで、

まずは私から「NG」を外していきます。


私はK社長(北千住)が大嫌いで「来世でも敵」と公言して

もう10年くらいになりますか。彼のやらかした「イタズラ」は

今でも絶対許せないですが、本当に梅田会が業者の枠を超えて

本来以上の機能を持ってくれるならば、梅田会の時だけですけど

K社長と同席しても構いませんよ? 優しくできるかはわかんないけど。

人に「みんななかよく」と言っといて私だけ「アイツだけは許さん」って

頑なに飲み拒否したらダサいですやん? だいぶ譲歩したつもりです。


あとは皆様のご英断をお待ちするのみ。ちょっとずつ、前に進みましょう。

今すぐでなくとも良いので…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-16 15:31 | 行動中 | Comments(0)
 
お客様は神様ですが…

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000005-asahi-soci

切ない話ですが、これがサラリーマンの宿命です。

残った社員さんは、何をもって残っているのか。私なら会社に

要らない」と言われれば「そうですか」と、高額な退職金貰って辞めます。

守るべき家族がいるから? 会社が好きだから? 意地? それがなんですか。

「要らない」とまで言われた組織なんかに1秒でも居たくないですよ。

破綻後の9201でベテランのキャビンアテンダントが「不当解雇」だって

唸ってたのもそう。働く権利はあるかもしれない、コンプライアンスや

社会通念からは逸脱しているかもしれない。でも「要らない」のよ。

少なくとも会社からそう言われた。私なら屈辱で絶対出勤できないわあ。

正しいか、正しくないかってこと? 正しかったら会社にしがみつくの?

会社が倒産すれば1円も入らないこともあるのよ?

私は今までのキャリアで組織に「要らない」と言われたことないけど、

早期退職促されても組織にしがみ付く人の感覚は全く分からない…。


本題。

昨日もまた、お客様の応対で平常心を失いました。猛反省です。

既に何度か買取査定にお越し下さっているお客様に対してでした。

私は初めてお会いした時から「このお客様は厳しい要求をされる」と

すぐに察しました。そして予定通り、お客様のご要望は果てしなく厳しかった。

一度お帰り頂いたんです、それが1週間位前かな。

で、昨日再度お越しになられて、買取価格は上がらないかとの交渉でした。

既に私としては目一杯ご提示したつもりなんです。

それこそ買い取った後、貴金属相場が下がり基調となれば赤字になるレベル。

「いやあ、もうこれ以上お出ししたら赤字になるので…」

と、やんわりご説明いたんですけどね。


損して得取れって言うでしょ? ここは損しといてよ


もー、これですわ。これ言われたらもーどうしようもない。

損を強要されるならもういいです、

私には従業員も認知症の母もおります。どうぞお帰り下さい

はー、結構な勢いで言ってもうた…言葉のアヤだとは思うんですけどね。

何も本当にこっちが赤字になれ、とまでは思っておられない筈なんです。

やっちゃったなー、お戻りになるだろうか、あのお客様。

次はもうちょっと大人な接客しますんで、良かったらどうぞ。


私は古物商として買取人として近江商人として、

どこから見てもらっても恥ずかしくない高価買取査定を貫いております。

あんまりいじめないで頂ければ幸いです…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-15 17:49 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
参加する事に意義がある…ちょっと燃えてきた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000010-mai-soci

ケースワーカーと生活保護者のあり方について考えさせられますね。

加害者に脅されて犯行を手伝った市職員の苦悩はいかほどだったろう。

警察に相談? 同僚に打ち明ける? 言わせないように圧力かけるのが

「それ専門」の奴らの手口。そんな単純じゃないって。

せめて異動願いが聞き届けられたら良かったのに。市職員には温情判決を。

そして報道の通りなら2人の死に関わった主犯にはぜひとも厳罰を。


本題。

明日はいよいよ、チケット商の宴「梅田会」です。

すっげー楽しみなんですが、ちょっと参加人数がいつもより少ない。

なかなか皆さん忙しいのでしょうか、切ないものです。

どーせなら、有益な情報でも出しましょうか、当日私が(出したくはないけど)。


遠くからお越しの同業者様の為にも、

幹事を引き受けて下さった先様への感謝を、何かカタチにしなくちゃね。


「あれ欠席? 残念でした」にしたい。絶対したい。だって梅田会なんだから。

盛り上がってナンボでしょ。「有益情報」がショボかったらすんません…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-14 18:56 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
とりあえず甘く見ない、こちらからはケンカしない。そして狙うは…

今日とある同業者様(かなり後輩 大手の従業員さん)が、

他部署の人が、○○(同業者様の持ち場古物)なんて簡単にできる、

とか思ってて腹立つ。本当は奥が深いのに」と、憤慨されていました。


まあ、「あるあるネタ」ですよね。古物に限らず、他部署の仕事は汗をかく

力仕事でもない限り、「アレ楽そうだなあ」って思われがちです。

で、自分の仕事はキツくて難しい仕事だと思う。だって日々精進してるから。

でもこれは「お互いがお互いの仕事に就いてない」事による認識不足で、

仕事なり部署なり作業なりを「かえっこ」すれば、万事解決しやすい。


特に古物はこれ、ひどいですよ。部署間の認識と温度差がハンパない。

私は店頭もやっていますが、本業は経営者で仕入を担うバイヤーです。

古物市場と呼ばれる「競り」では、全国から集った凄腕の買い手とやりあいます。

ま、ほとんど負けますが…それでも買い手として競りの空気を吸ってる者は

店頭しか知らない他社の鑑定士と比べるとアンテナの立ち方が明らかに鋭い。

店頭に査定でお持ち込み下さるお客様と違い、プロのバイヤーは油断も隙もない。

だいたい毎月15日も20日も古物市場を回っている買い手なんか化け物です。

反応速度がニュータイプ並み。そらー私なんか「踏み台」にされますって。

そんな知識も経験もズバ抜けた、言わば社の代表選手として競り場に行ってる

バイヤーに、店頭スタッフは辛辣だったりします。

大手とかでもそうですよ? 大手で前の席に座ってるバイヤーなんて年に何億とか

買い付ける凄い人揃いなわけです。考えに考えて槍を突き(応札すること)、

悩んで悩んで商品を仕入れてくるのに、現場は


なんでこんなの買ってきたんですか

なんでもっと安く仕入れてこないんですか

なんで現場の意見、無視するんですか


そら、殺意湧きますわな(弊社じゃないですよ、弊社は今理解してもらえてます)。

それ言ってる大手現場の子らがどれだけ仕事できるかは分からないけど、

下見会場、そして競り場では後ろから拝見する限りの当該バイヤーさんは、

一所懸命されてるよ。現場で「いい品物入荷しねえかなあ」なんて待ってる

現場スタッフに、あの鬼ばかりいる鉄火場の苦労など分かるものか。

欲しいなら店頭買取強化して自力で仕入れろやと、先様バイヤーさんに

代わって私が言ってやりたかった。


で、ここで本題。

こうやってブランド商(骨董商や家電、家具、自転車とかもそうかな?)は

手競り(現地で実際に競合すること)」の現場がたくさんあるので、

他社と深い部分で交流できるんですよね。そりゃ犬猿の仲だったら

双方出入りする市場には行かなくなるでしょうが、大抵は市場に「商材」が

ある限り、誰とケンカしてても商売は別、という事なのでしょう。

私はブランド商(皮革ゴム製品商、時計宝飾商、美術品商と道具商)になって

久しいのですが、魂はまだチケット商(金券屋)です。

だからすげえ嫌いな業者が競り場にいたら、その市場には行かないかな。

商売は商売で別だとしても、嫌いな人に神経が持って行かれて競りができない。


で、そのチケット商なのですが、入札やネット上の競りは存在しても、

直接顔を合わせて応札する、手競りはほとんど存在しません。

金券組合内での寄り合いや勉強会、総会、忘年会はありますが、

ブランド市場のような頻繁な顔合わせはないのが実情。

額は大きいけど「率」が少ないですからね、金券は。そしてコンディションで

価値にそれほどの上下がない。だから目視検品しなくていい。

そらー、手競りにはなりませんわな。

この辺だと思うんですよね、チケット商が今イチ盛り上がらないの。

ほんと、店だけみて「ここは全然ダメだ」っていうチケット商の多いこと。

確かに賑わい、来客数、雰囲気は店の外で張ってれば分かるでしょう。

でも、それが全てじゃない。ネット売買もある、業者間取引もある、

大きな組織からの入札などは全くのクローズドで目視できません。

私も所属する「梅田会」はありますが、あくまで業界のごく一部。

なにかもっともっとチケット商が集まって、商売のことを真剣に話し合う

機会が設けられないものか。もー好きとか嫌いとか、隣に店あるとか

わかりますけどここはひとつ、「相手のノウハウパクったろ」位の気持ち

プラス、「俺はこれくらい前を見据えてるぞ、どーだスゴいだろ?」

くらい啖呵を切って欲しい。それでみんなが「なにくそ舐めんなよ」と

奮起してもらわなくちゃ、チケット商の未来は危ういと思います。


一人で考えて「正解」まで辿り着けるチケット商なんて、全国に3人?

4人? それくらいでしょ。あとはなんとなく立地がハマッたか、

お化け商材がハマったか、それくらいじゃないですか。

ホリエモン氏は自分がプロデュースする飲食店のデザインTシャツを

インスタグラマーに買ってもらって、ある意味タダでお店の宣伝が

拡散する仕組みをやってるみたいですよ(違ってたらゴメンなさい)。

別にチケット商のユニフォームが超カッコいいTシャツで、

切符や商品券売ってる横でそのTシャツ売っててもいいじゃないですか。

それ着て街を闊歩してもらうだけで無料広告塔(しかも動く)ゲット。


たぶん私も含めて、チケット商みんあ頭が硬くなってるような気がする。

とにかく一度、集まりましょ。組合非組合関係なく。

そして議論ぶつけて刺激もらいまくりましょ。梅田会だけじゃない、

東京でやっても北海道でやってもいいじゃないですか。

今の今ならSNSで複数の飲み会繋げることもできないですかい?

他社を憶測で考えず、甘く見ず、下手に出ていいところを勉強させて

もらうくらいのスタンスで、皆さんぶつかってみましょうよ。


幹事ノブやれって? 無理ですがな招待者選ぶ時点で胃潰瘍確定だよ…。
by kinkenya-kobutu | 2019-06-13 23:39 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
経営にこんな落とし穴があるなんて不覚

今朝は何気に、会社が潰れないまでも大きく傾いてしまいそうなレベルの

大ピンチがやってきました。私はちょっと想定してなかった系でした。

ネットと電話が繋がらなくなったのです。ああ、そんな事かと思うでしょ?

会社のネットが繋がらないとめっちゃヤパいんです。


ネットバンクからお金動かせない、

ヤフオクの入金が確認できない、

ヤフオクの納品書が作れない、


相場やネットでの売れ具合を確かめるのに時間が掛かる(スマホで代用)、

HPがいじれない、メールも見れない、お客様からの電話が取れない、

ある程度の機能は私のスマホで出来ましたけど(ヤフオクストアの閲覧)、

サイトサービスを受けるためのパスワードがPCからしか見れず、

とりあえずネットを繋がないとどうにもならない脆弱さも露呈しました。

で、NTTさんがフレッツ光とひかり電話を直してくれたの、

いつだと思いますか?

回線につながらないと分かったのが朝の8時半。

ビル管理の3セクと私からNTTに修理依頼して来てくれたのが

13時か14時くらいだったかな。で、直ったのいつだと思います?

21時っすよ。もー営業終わっとるっちゅーねん。

まあ機械もんやから、こんなに困難な時もあるでしょう、

でもねー、ウチを含む9店舗(うち2個は古巣の本部と本店)が

朝から晩までネット繋がらなかったんだよ? 修理に7時間かよ。

これ、NTTに被害分請求してもいいと思うんですが…。


ま、被害を受けた他社様が何かアクション起こしたら、

私も続こうかな。頑張って下さった現場作業員さん達には申し訳ないけど、

酷い経営者&管理者を見てるとイライラすんだ…仲間だろーが。



追伸

同業者様から「緊急用にWiMAXを導入してみては」とご提案頂きました。

ちょっと真剣に考えたいと思います。あったほうがいいよなあ…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-12 23:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
確かに経費使っただけで「あー今日は仕事したした」感出す人いるよねwww

経営とはやたら、お金の掛かるものです。

人を雇えば人件費や交通費がかかる、家賃や光熱費、必要な消耗品や税金は

払うのが当然ですけど、リース料や広告代、商店会費や福利厚生費、

保険代(私の生命と火災/地震と社用車と盗難は入らないわけにはいかない)が

結構バカにならない額で掛かってしまいます。

「おお、今月(の粗利)はちょっと内部留保に回ったかな?」とか

POS月報見て微笑んだら、税理士のセンセに帳票類渡す時には

てんで残ってない、なんてしょっちゅうあります。

そんな中、懇意の同業者さまはこんな事をおっしゃっています。


経費使って(仕事したー)とか言う人は、変。お金払ったらお客様やん


深い言葉です。さすがに人件費払って「こちら(経営者側)がお客様」

とはならないでしょうが、象徴的なものを挙げるとすれば

広告宣伝費。SEO対策でもその手前のホームページ刷新でも

新聞折込でも各メディアのCMでも、ほぼ絶対お金が要ります。

もちろん安くはない広告を打てば、反響は必ずお店で集計を取っています。

やめるとなると、この反響を捨てることになる…どうしても心配になる。

だから広告宣伝は非常に難しいんですよ、年間経費の配分的に。

でも先述の先様はこうもおっしゃいました。


ウチは広告費ゼロですけど、お客様いっぱい並んでいますが?」と。


ぐぅの音も出ませんよね…だって確かに、広告ゼロで多数のご来店。

つまり要は、「経営者は財布の紐を解く前にすることあるやろ」という事。

そんな正論で突かれたら、私そのうちバクハツするからね?立場無くて。


まあ「金払ってラクしてんじゃねえ!」とか仰りたいのでしょうな。

耳が痛い、耳がいたいわ~。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-11 18:55 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
50歳目前で、取引先の幹部から叱咤を受ける社長ってどうなのよ?

今日突然取引先の営業さんがやってきて(普段来る曜日と違う&アポ無し)、


ちょっとボス(所長)がノブさん(私)と話したいらしいんで


と言い出しました。え、貴方めちゃめちゃ忙しいでしょ?

ボスから直接、店なり私の携帯なりに電話したら済むやんか。

なぜ電車賃と貴重な時間使ってメッセンジャー役するの。

百歩譲って営業さんから電話かLINEで「ボスから電話あります」って

言えばよかったのに…たぶん、私が忙しいかどうかの確認も込みだろうな。

変なところで繊細なんだから、ボス(長らく仲良くさせて頂いてマス)。


しばらくして、ボス(以下所長で)から電話。

お久しぶり~

営業さんの携帯を借りて電話を受けているんですけど、所長声デッカいから

営業さんにも話し丸聞こえ状態。ナチュラルスピーカー機能みたい。

もちろん耳、ごっつ痛いんですけど…。


内容は守秘義務もあるのでボヤっとごまかします。結論から言えば、叱咤

取引先から叱咤される経営者ってどうなのよ? とは思ってしまいますが

所長は大先輩(キャリア的にも年齢的にも)。そんな先達から、

しかも他社の幹部から叱咤を頂けるなんて本当にありがたい事です。

しかし、頂いた金言を「反映」するのは実際のところ、ちょっと困難です。

勇気」と、私が師から受け継いでしまった(失礼)「美意識」が絡みます。

でも、ネジ巻かれちゃったしなあ。無視もできんし実行も躊躇う内容だ。

どうなんでしょうな…ちょっと気合入れて、やるしかないんかなあ。


10月で50歳とは思えないメタメタぶりよね…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-10 23:25 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
業界の(一応)後輩が、勇気を振り絞って業界に一石を投じた件について

https://www.youtube.com/watch?v=Rj0drGEFQDE

youtubeで超有名な遊楽舎の店長さんの動画です。

私も店長さんと同じコンシューマーゲーム→アーケードゲームの業界人

でしたから(店長さんは私の逆でアーケード→コンシューマー)、

話の内容はよーくわかる。


私がアーケードやってた時はそれこそ基盤交換で別作品に換えられたし、

汎用性の低い車ゲーや大型筐体でもソフト変えられたものが多かったから

そこまでゲーセンの負担は少なかったと思う。

私が現役の時は「ストⅡターボ」「ガロスペ」「キングオブファイターズ」、

そして「バーチャ2」と対戦格闘が全盛期でしたから、

ちょっと格闘ゲーム大会とかしたら恐ろしいくらい人が集まってた。

ボロ儲けしてたんと違うかな(当時のオーナーですよ。私は…)。


今のゲーセンって、ほんとしんどそう。今は近くを通れば入るくらいで

滅多にやらないですけど、どーしても見ちゃいますね。

あー今はこんなのが流行ってんだとか、客層はこんな感じなのねとか。

もっかい業界入ろうとは全く思わないですけど、気にはなるんです。

だって日本が海外にも負けない産業ってマンガとアニメとゲームでしょ。

その一翼を担うゲームが今、滅びようとしているんですよ。

このままじゃゲームセンター業界は潰れます。要らない? とんでもない、

結構産業としてゲームセンターは必要ですよ。

ヤンキーがたむろして風紀を乱していたのはもう過去の話。

いまゲーセンの主力って高齢者ですし(メダルゲームの方ね)。

だいたい大型の商業施設行って、ゲーセン流行ってるところは大体強い。

土日満杯になるならどんなライバル施設来てもそうそう負けないと思う。

土日満杯になるモール内ゲーセンって、若い家族連れが多いんですよ。

そらーお金使って下さいます。めちゃめちゃ有望ですね。


…で、ここでようやく本題です。

最初に触れた遊楽舎の店長が動画で、名指しで「ダメなゲーム制作会社

を糾弾しています。これ、ご本人も仰ってますけど、とんでもない危ない

告発です。どれくらいヤバいかと言えば、

3382のフランチャイジーがフランチャイザーの悪どさを公に糾弾

よりは若干マシくらい。さすがに3382FCが楯突くのはヤバすぎます。

本部がすぐ「ドミナント売上グラビデFFネタだけに)」唱えますから。

グラビデだけなら死なない筈なんですけど、

SV人でなしバイオ」も同時詠唱ですし(わかる人だけ笑って下さい)。

そらー潰れる。跡地がデイサービス施設や家族葬会場に変わっちゃう。


9684が仮に、この超有名店長に何かあからさまな圧力をかけたら

四方八方から会社が責められますから、たぶん大丈夫でしょうけど、

それでも勇気ある行動です。

恐らく…というか間違いなく、店長さんはゲーム業界が好きなんでしょう。

このままじゃいけない、店側もメーカーの金づるに成り果ててはいけない、

イエスマンになってはいけないという部分と、

もっとメーカーも開発や運営をしっかりしてもらって、

店側の利益とファンの権利を守ってよと言いたいんでしょうな。

ええ、ゲームをしなくなって6年くらい経ちますがよーくわかります。


上場企業なのは理解するけど、株式会社が誰の為にあるかは知ってるけど、

株主にだけ尾っぽ振るなら今すぐ上場廃止しろやって。

誰の為に会社があるのかといえば、筐体にコイン入れて下さる

ファンの皆様が支えてるんとちゃうの?

そらー7974の山内元会長の時(コンシューマーですけど)は

鬼ほど「クソゲー」出ましたわ。初心会(詳しくは各自調べてね)絡みで

死ぬほど抱き合わせ喰らいましたわ(お客様には出来ずとも店にはやる!)。

でもあの頃は、挽回できるチャンスもいっぱいあった。今は違う!

本当に良いもの、お客様が満足するものしか生き残れない!

開発の不手際も、運営の下手も、全部店とお客様に負担すんのかという話。

少なくとも「近江商人の三方よし」では絶対ないよね?

開発費用回収することだけが仕事じゃないよ。わかっている?9684よ。

今は関係ない業界なのにだんだん腹が立ってきた…。


で、店長さん「ロクでもない企業」と動画冒頭で仰ってるんで、

9684ともう一社あるのは分かっているんですよね。

で、ゲーマーやゲーム関係者、疎くなってる私ですらコレはどこか分かる。

店長さんが「6460」と「7832」は信じてる、とわざわざヒントくれてるから

9766」しかないでしょうな。でもこれ店長ぶっちゃけるのだろうか。

店長さんの主力事業はカードゲーム。カードゲーなら「アレ」は外せない。

アレの生殺与奪って、原作者サマか9766しか持ってないよね…?

「やる(動画UPする)かどうか、分からん!」と仰る店長さん。

でもここまで言っちゃったら上げるしかなくないですか…?


ご無事を祈ります。どんだけ頑張っても、古物商は二次流通。

「水源」には勝てません。彼らがダムで堰き止めたら終わり。

24年の古物キャリア、いろんなことがありました。

おしっこチビるくらい怖い「トールハンマー」がありました。

製造元は怖いです、そして尊いです。彼らが創造して下さらなかったら

私どもが「2回転目」を起こせないですからね…でも酷い、そんな話です。

だらだら書いてしまってすみません。次からはもうちょっと纏めます。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-09 21:57 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク