人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2019年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
 
前触れなく急にお見えになるからいつもビックリします

今日は営業中、警察の方がこられました。ちなみに所轄ではなく、本部。


めっちゃ緊張した。古物商やって24年め、こんな事は数限りなく

経験しているにも関わらず、いまだにドキドキする。何でやろ。

ちゃんとルール守っているからやましいこと何にもないんですけどね。


必ず警察手帳を出されるんですよ(それが古物営業法のルールなので)。

今回は捜査ではなく、弊社がどんなところかと聞きにこられたとの事で、

「真面目にやってます、弊社はこういうものをお買取りしています」、

みたいなことを正直に受け答えしました。

特に問題なくお帰り頂きましたが、やっぱり警察関係者は緊張するなあ。


古物営業法違反=私の死、なんでね。「≒」ですらない。


今、古物営業許可取り消されたら古物市場入れないし、お買取りできないし、

業者間取引もダメになってしまう…古物できない私なんか、生きてけない。

もっともっともっと、仕事頑張りたいなあ…中古屋として。

運転免許証はそのうち返納するだろうけど、古物許可証は死ぬまで持っとく。


運転はジジイになったらスッパリやめるべきだろう(危なすぎて)。

でも古物ならば、ジジイはジジイなりの商売があるハズだ…。

死ぬまで成長してやりますぜ。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-15 23:54 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
まるでエサの皿を死守する為に威嚇するネコと同じ(言い過ぎか)

どっか都会のセレブな土地で、子どもの養育施設を行政が

建設しようとしたら住民が大反対したってこと、先日ありましたよね。

行政側の説明不足、治安の心配とか、集会の中で唸っていたけど、

地価が下がったら、住んでるブランドが下がったらどうすんじゃい

という住民のホンネ、見え隠れしまくってました。

ヨソで作れとか言ってる激怒住人、けっこういたし。

もう貴方達は絶対セレブじゃねえ(冷静な方もいらっしゃいましたが)。

じゃあいきなり自分の隣に刑務所ができてもいいんかい的な

極論を吐く人もいるだろうけど、もしそうなっても他の住民様がOK出したら

自分だけ反対を唱える気はないですね。殺されるわけじゃなし。

住むところで人の価値なんて変わるもんか。

いつの時代の認識なんだ、ちょんまげ結ってんのか?


ところで今日、この話に触れたのは偽セレブたちの本音(?)を

暴露するのが目的ではなくて、

人は得た権利に固執しやすいという事をちょっと言いたくって。


たとえば、古物業界で今まで秘密にしていた真贋情報を全国で共有し、

偽造品の流通を食い止めましょうという話が出るとしますよね。

これ、必ずと言っていいほど反対意見出ます。優位性失うから。


みんなで情報を出し合って、新たな商材を見つけ出しましょうって誰か

音頭を取るとしますよね。情報は貰うくせに自分からは出さない人や、

なんなら知らなかった事を秘匿するため、情報を提供されても

うん、そんなの知ってたよ」って誤魔化しつつ、

その裏では必死に聞いてくるダサい同業者、いっぱいいます。


いま、ブランド業界は海外に中古品を送り出すことに熱心です。

もしこのカラクリを知らない同業者に手取り足取り教える業者がいたら、

たぶん血みどろの争いになるでしょうね…なに人の食い扶持晒すねん的な。


もーほんと、狭すぎるんですよ、度量が。どっかのセレブ町住人とおんなじ。

もう少し業界の未来の為に考えて行動すればいいのに、みんな抱え込む。

他社にやるなんてもったいない、取り分減る…そればかり。悲しいです。

もうちょっと先の事を見据えて、古物業界を引っ張って下さる傑物は

どこかにおらんものか…私のその器量があれば喜んでするのですけど。


まずは「かおっとくさつ」の地盤を固めないと一歩も前に進めない…。

ただ、同業者様に助けてと言われたら今までも手を貸してましたよ。

そしてこれからもそうします。「持ちつ持たれつ」は師の口癖ですし。


だって「クレクレ君」なんて、死ぬほどダサくないっすか?

よーそんな矮小な感覚で古物商なんてやれるよなあ。意味不明。

ま、価値観の違いなのでしょうが…。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-14 23:53 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ハマってハマって、良化する

先日、某同業者様のだいぶ後輩に当たる子がお店に遊びに来てくれました。

私とは20歳以上年齢もキャリアも違うので、気分はわが子のような感覚

(結婚したことないですけど)。とても真面目な性格なので見てて聞いてて

とっても微笑ましく思っております。

あー、おんなじところで躓いてるなー、あーそういう感じになるよねーとか。


この時もそうでした。

守秘義務があるのでざっくりとしか書きませんが、内容は

買取査定でかなり頑張って価格を提示したのに、お客様のご希望が遥か

上だった。どう考えてもそのお値段は出せないのに」と、

職場の先輩とのゴタゴタ話(書けない)。

まあ…流すしかないですよね。古物商の先輩として言えるアドバイスは。

こちら側が絶対に赤字になるようなお客様の高いご要望を飲む必要はないし、

いくらこちらが正しくとも、お客様がこちらの理屈に付き合う必要もない。

そこはイーブン。

「買います」「売ります」が揃ってこその古物商取引です。

だから、お客様のどう考えても理解できない高いご希望も、

こちらが無理矢理飲む必要がないなら、悩まないでスパっと忘れるべき。

私もそんな時クヨクヨしますから、いつも全力査定しています。

たとえお叱りを受けても、最悪唸られたとしても(お金絡んでいるから真剣)、

自分の持っている力ぜんぶ出しての査定なら、諦めもつき易いというもの。


あと「先輩のゴタゴタ」は、お客様を巻き込んだ朝令暮改の超短いバージョン。

これも「あるある」ですよねー。部下は上司を選べません。

嫌なら不利を承知で戦うか、もっと上の役職に報告するか。

もしくは辞めるか。サラリーマンなら辞めるのも有効な選択肢ですよね。

私なら、意に染まぬ上司ならバトりますね。待遇とかでは揉めなくとも、

お客様と交わした約束を反古にしてお客様の不利になるよう仕向ける話なら

クビ確定の覚悟で戦います。自分が本気であり、間違っていなければ

ガンガン意見を言うべきです。ただ…先様にはこの話、言えなんだ。

煽って本人さんの立場が危うくなるのも、転職されるのも申し訳ないから。


ま、こっちが常時車の運転手、理不尽かます諸々の問題は歩行者と仮定すれば

じゅーぶんあり得る話。どんな事になっても自分が悪いと思っていた方が

若干イライラも収まるような気もしますね…経験則上は。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-13 23:43 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
辛くとも経営者がいいです

今の時代、経営者よりも従業員の方が幸せになれる」と、

私の知る、ある経営者は仰いました。主張はだいたい分かります。


どう贔屓目に見ても、今は経営者に厳しすぎる法律が多い。

そこそこマトモな会社に正社員で雇用されていれば、

超強力なアマアマ法律で頑張らなくても生きていける…

ブラック企業認定のハードルもどんどん厳しくなってきてるし。

こんな経営者ばっかりに厳しい世の中なら、雇われの方がよくね?

ワークライフバランスとか、経営者にはそもそもねーじゃん、

先述の経営者さまはたぶん、そう仰りたいのでしょう。


まあ、私はそうは思ってませんけどね。

経営者のいいところって、従業員さんと違って、

意に染まぬことはしなくてもいい」という一点だと思います。

でないと弊社が掲げている「全てのお客様にこっそりハピネス」が

実現できなかったから。

組織の利益優先なら、お客様にハピネス提供できないっしょ。


例えば、お客様って誤ったご判断をされる事が時々あるんです。

使わないものを買ってしまい後で後悔したり、

売ってしまってから後悔して返してくれと仰ったり。

私どもは商売をしています。お客様が「買いたい」と仰ったら

本来なら売るべきだし、「売りたい」を仰ったら喜んで買い取るべき。

でも私はあえて、「絶対に」お客様のご用命が失敗である場合、

まだ揺れているなと感じた場合、後々トラブルになりそうな場合は

きっぱりご用命を断ったり、お止めになるよう説得したりします。


お客様の為にならないことを、なぜ敢えてしてまでお金儲けすんの。

世の中にいっぱいあるでしょ、むしろそれがスタンダードで

マジョリティでしょ。マジありえない。お客様をないがしろにして。

お客様の間違った選択を知っても会社の利益追う? 私それ無理だ。

私はマイノリティでも全然いいんですよ、周りからバカにされようとも。

そりゃあ全然儲からないですよ?

お客様の幸せをど真剣に最優先してますから。スタッフの皆さんには

マジで申し訳ないとは思っているけど…ここだけは譲れない。

好きなように生きて、肉体はそれこそボロッボロですけど、

なかなか幸せです。近江商人としてやっと今、生きてる実感がある。


そのうちまぐれ当たりでホームラン打つんで、もう少し待ってて下さい。

早くスタッフさん達に報いてあげたいわ…。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-12 23:58 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
ブルーオーシャンを夢見ながら赤潮で泳ぐ
ブルーオーシャンを夢見ながら赤潮で泳ぐ_f0064937_01332064.jpg

こんなのありましたね。

今年50のおっさんがこれ買って喰うんかい、と思わないで。

名乗らずに視察した同業者様のお店で、売りも買いもしない時、

何か買って帰ろうとするとこんな感じになります。

総合系の同業者さまだと、土日は特に家族連れのテーマパーク的な

役目も果たしますから、来客数やレジ通過数に貢献するんで

こういうのも置いているんです(たぶん)。

で、私のカラダには悪そうなこれ、何で帰りのガソスタでわざわざ

写真に撮っているかと言えば、大きさを確認したんですよね。

ちっさくなってないですか? これだけじゃない、食料品系は

軒並み内容量が減っている気がするんです。

まあ今のご時勢値上げ値上げはお客様のご理解が頂けないでしょうから

苦肉の策なんでしょうけど。


我ら古物の世界でも同じです。


中古品が減る

高価買取合戦がはじまる

商品代金に仕入れ高が丸ごと転嫁される


みたいな。そもそも適正価格の売り買いって決まりがないですから。

売れる商品はとことんまで高値で釣って、

売れにくい商品は信じられないくらいの安値で買い叩く。

この流れに本当は、乗りたくないんですよね、私。


8日、市場の下見終わりにマクド行った時同業者様に言われたんです。

ブルーオーシャン見つけたいですね」と。

ほんと、ヨソが知らない未知なる商材で思う存分大勝負がしたい。

でも我らの眼前に広がっているのは…血で血を洗うような濁った世界。

でもこんだけ常時奪い合っていると、まるで赤潮だらけの海ですよね」と

返答しました。先様、笑ってましたね。

万一ブルーオーシャン(新商材、転売地など)を発見できても、

自由に漁が出来るのはほんの少しの間だけ。

あっという間に密漁船なり海賊(横取りを狙う同業者様方)が現れて

すっかり赤潮状態になっちゃうんですよね…。

早くオリジナルの古物商売考えて、いい加減赤潮の海で戦いたくない…。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-11 23:31 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
自責と他責か…

一昨日ある同業者さまから、「自責と他責」についてのお話を伺いました。

事が起こった際、誰の責任と考えるか。


自責は、自分の責任と考える。

他責は、他人または他の状況、とにかく責任は自分に無いとする考え方。


字に書くと他責は最低ですね。よくいますよね。

私、絶対謝れない人って軽蔑します。どう考えても周囲に謝らないといけない

状況になっても意固地になって頭を下げない、もしくは逃げる、

そもそも自分が悪いと認識できない(もはや何かの病気レベル)人とか。

チケット商にもいますよね、中部地方の某所に(誰かはバレバレか?)。

典型的に他責の人です。ちなみに私は徹底的な自責主義者(だと思う)。

だからこんな年中無休で働くハメになるのですが…。


このお話をされた同業者様曰く、他責の人ばかりの企業は絶対に衰退するとか。

ま、そうですよね。責任取らんのは官僚さまだけでじゅーぶん。

ただ、気になって「自責他責」をネットで調べたら、こんな一文がありました。


いったん他責で考えることも大事」と。


仕組みやルール、環境などの他要因が、自責オンリーだと出てこないらしい。

もちろん他責オンリーなんて、人の上に立つものとして最低でしょう。

「インパール作戦」そのものになってしまいます(あの方は最後まで他責でした)。

うまく使い分けることが大事なんですね。


ふう、人のせいにしない事が最善と思っていたけど、もう少し柔軟な視点で

責任を放棄しないままいろいろ考えないといけないんだな…難儀だ。

当方不器用なもんで。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-10 23:41 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
好事魔多し…?

しばらく更新しておりませんでした。つまり結構、進行がギリ。

出張やヤフオク出品&発送などが被り、めちゃめちゃ忙しかった…。

何とか巻き返して行こうと思います。


7日の時点で、「雪が…」みたいな話は予報であったんです。

ちょっと行くの怖かったけど、この予定だけはキャンセルできん。


毎月やっているルーティン泊まり出張は、

7日「かおっとくさつ」閉店後に金沢行って宿泊(ほぼ吉野屋が夕食)、

8日は朝から「ブランドバッグ大会」の下見、途中2時間半会場から

外に出て昼食などを摂り(会場設営中は外に出る決まり)、

16時半から業者同士による競り開始。昨日は20時くらいの終りかな。

競り人数も商品も少ないのにめちゃめちゃ難易度が高かったものの、

欲しい商品はなんとかゲット(した筈。指値届かずで入荷しない事多々)。

懇意の同業者様数人と夜の楽しみ、パチンコへ。

パチンカーあるあるの「旅先打ちは、勝ち負け度外視で楽しい」なので

さっきまで必死こいて競り合ったライバル(先様達とは実力違うけど汗)と

一旦バカになってパチンコを打つのは本当に楽しくて。

滋賀じゃパチンコ打てるチャンス皆無ですからね(仕事と介護で)。

で、好きな台をのほほんと打ってたらですね、

好事魔多し…?_f0064937_23305560.jpg

これからまた一回当たって、閉店間際の時点で18000発以上の貯玉。

金額で72,000円分くらいですか。差し引き6万の大勝利。

無欲だったのが良かったのかな。で、

好事魔多し…?_f0064937_23310360.jpg

懇意の同業者様と焼肉食べて(勿論私の全払い、気持ちいい~)、

今朝はルーティン通り5時起きなので早めに宴を切り上げ、

朝起きたらすぐに出発できるようお風呂に入り、着替えを準備して

目覚まし2個セット(これはマスト)を忘れずに行って就寝しました。

有用な情報ゲットしたし、競りは何とか善戦したし(勝てはしてないが)、

パチンコは大勝利で仲良し同業者様とおいしいお酒飲めたし(壺ハラミ最強)、

心配していた雪はさほどでもない…てなわけで気持ちよく目覚めて、

金沢始発の「しらさぎ」に乗って滋賀に戻ろうとしたわけですよ。

そしたら、

好事魔多し…?_f0064937_22350043.jpg

これ敦賀です。雪じゃなくまさかの「前を走る普通電車が車両点検」…

動き出したの定刻の40分遅れですよ? 敦賀じゃどうにもならん。

すぐ戻ってお店開けないとお客様お待たせしては申し訳なさ過ぎる。

しかも昨日は定休日だ。

もーすんげえハラハラしました。何とか定時の10分前(9時20分ごろ)に

草津駅に着き、無事定時にお店は開けられたのですが、お腹痛かったっす。


やっぱこの強行軍無理あるなあ。でも金沢行かないと情報入らんし、

私がリスク背負って突き進む以外ないんですよね。電話やメールじゃダメ、

かの地で嫌になるほど商品下見して、嫌になるほど競り負けて(負けんな)、

ちょっと引くくらいパチンコ負けて(なぜか最近ほとんど負けない不思議)、

うまいもん喰ってバカ騒ぎしないと入ってこない情報があるんです。


ちなみに旅費交通費以外は全部自腹。接待交際費なんか私如きにありませぬ。

自分でルール作れる(一応社長)からといって自分を甘やかすなんて事は

私の美意識に反するので。「なら2928で体絞れ」とか言われたら

泣いちゃいますけどね。食べられないのは仕事できないと=でキツいわ。

食べることと仕事が私の両輪です。どっちか失ったら間違いなくジエンド。

めっちゃノーブルな美女に迫られたとしても、この2つだけはやめられん。


なんとか1日でも長く、お仕事を続けたいですわ…。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-09 23:50 | 行動中 | Comments(0)
 
ちなみにビールグラス2杯でぐでんぐでんでございます(弱すぎ)

ちなみにビールグラス2杯でぐでんぐでんでございます(弱すぎ)_f0064937_09122668.jpg
さっきまで同業者様と飲んでました。場所はまさかの7581


先様も私もだいぶ酔いました。いいですね、ファミレス飲み。

めっちゃ食べました…少食の同業者様に割り勘は失礼だったか。

(画像は食後デザート中)

昔は「飲み」なんて意味ないよ、なんてスカしてましたけど、

やっぱりアルコールって重要だ。本音がデロデロ出てくる(言い方っ)。

今日もすげえ勉強になりました…静かに飲むならファミレスはアリ。

すんげー話が盛り上がっちゃって、知らぬ間に先様が乗る予定だった

東行きの電車が無くなりまして。

偶然超安いホテルが見つかったから良かったけど、何だか申し訳ないです。


もっともっと勉強せんといけませんわ。先様と飲むと特に痛感する。

表現の仕方、モノの捉え方、ふつーにパソコンのスキルも足りな過ぎ。

どうやったらこの仕事(作業)漬けの日々を脱却し、

自分磨きに時間を投資できるのか。介護はそれなりにしんどいけれど、

私が勉強できないのは母のせいじゃない。サボっているだけ。


もう2019年も2月やん。早く何とかせんとあと9ヶ月で50だぞ。

天命をどうやって知るっちゅうねん…何も知らん癖にね。あー恥ずかし。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-06 23:45 | 行動中 | Comments(0)
 
勉強ばっかやっていて、脅され慣れていないご様子…もう辞めた方がいいよ
https://togetter.com/li/1314857

もう多分、袋叩き状態だろうから、あえてここで触れる必要はないですが。

決してそこに居たかったわけじゃなく、辞令で淡々と従事している彼らに

こんな難しいことはできないような気がする。


それでも警察は呼んで欲しかった。


古物商なんて、修羅場結構あるよ? だって相手様のお金と面子が絡むもん。

25歳の時、あまりに恐ろしくて(相手はお体に模様が入っている泥酔者様)、

失禁したもん。どーしよーもないじゃない、相手は脅すのがお仕事だし。

でも怖いから古物台帳渡します、とかはさすがにないわ。たとえ脱糞しようとも。

最後の一線は守らないと。文字通り死守でしょ普通

(泥酔者さまの要求は時間外の買取でしたけどね 後に来た奥様一喝で解決)。

今回の「亡くなった女の子のアンケート渡せ」もそうでしょ。なんで渡すかね。

これで加害者の父親が有期刑だったら切ないわ。どうか厳罰が下って欲しい。


そして全国の教育委員会と児童相談所はこれを教訓として襟を正して。

難しいことは分かっている、でもすがってきた子供を見殺した、

落ち度だらけの行政って、本気で納税意欲失うわ。

商店とか民間企業なら、嫌いなら利用しなきゃいいけど行政は一択だもんね。

大津も、取手も、野田も…何度やったら気が済むの。


亡くなられたお嬢さんの冥福をお祈りします。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-05 18:58 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
無謀なことはしちゃダメ!
無謀なことはしちゃダメ!_f0064937_22533225.jpg

(画像はサンプルです)

いやー、昨日は本気で怖かったです…。

幾重にも連なったミスと不運、誤算が絶妙に絡まって、絶体絶命のピンチ。

もっと余裕持って行動しないとダメっすね…。


昨晩は母の夕食を朝のうちから作り置きしていたので、

「かおっとくさつ」の閉店後、割と早くから母の介護を終えて寝かしつけて

同業者様巡りをしようと、車に乗り込んだんです。


ミス1(おや、あんまりガソリンないな…)


わかってはいたのですが、予定が押し迫っていたのでそのまま目的地へ。

1軒めの馴染みのお店でコ●ー商品(書けない)の情報をお伝えし、高速へ。

あまり混むこともなくスムーズに移動できました。2軒めのお店で見学し

3軒め、4軒めと見て回って帰路につきました。


ミス2(ここで1000円分なりとでもガソリン入れた方が…)


私の愛車、インサイトは航続可能距離が出ます。まだ、ナビが示す

距離と車が示す航続可能距離には乖離がありました

ミス3 この表示は結構あてになりません)。


どうせなら、勝手知ったる県内でも一番安いガソリンスタンドで入れたい。

どうしてもヤバくなったら新名神のスタンドで入れたらいいやん…

で、航続可能距離を見ながら高速乗ったんですね。そしたら

高速を降りる距離より航続可能距離の方が短くなっている…これマズいやん。

もう勝手知ったるガソスタなんて言うてられん。確か高速でガス欠って

違反やなかったか(2点減点 9,000円罰金)。あかんあかん、

次のサービスエリアで給油や給油…って、


次停まれるサービスエリアって、ガソスタないやん(ミス4)、


航続可能距離0になってから、10キロ以上走らんと着かんぞこれ。

もうドッキドキですよ。たぶん前回やらかした時(0でだいぶ走った)、

10キロくらいは問題なかったと思う。だから高速降りてすぐガソスタに

駆け込めばまだ大丈夫だ…よし。これまでにないくらいのエコ運転するぞ。

で、もうアクセル踏んでも加速しない感じを持ちながらこわごわ、

下道に到着。急いで最寄のガソスタをナビで検索…よし、近いな。

国道1号線を走ること、しばし。ガソスタのマークが…あれ!


ガソスタ潰れてなくなってる(ミス5)、

次のガソスタ24時間じゃない(ミス6)、


あーなんだかんだ言ってもう、行きつけのガソスタまであと1キロくらいだ

…こんな時に限って、国道1号のメイン側直進で赤信号捕まりまくり。

もー本気で疲れました。やっとの思いで辿り着いた行きつけガソスタで

給油したのが37リッター。私はセルフ給油が自動で止まったらそれ以上

入れようとしないので、結構軽めの「満タン」です。

…インサイト、ガソリンタンクって40リッターなんですよ。危ないわ。


やっぱ、あんまりカツカツで運転するのは良くないです。疲れました。

少なくともこれから高速道路乗る前に満タンにしときます…。


by kinkenya-kobutu | 2019-02-04 23:42 | 行動中 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク