人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2018年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
 
ラーメン屋の店主が勝手に休む真の理由(?)

実際には私、これを見た事ないんですが、実在するんですよね?


今日はスープの出来が納得いかなかったので休業します」って。

いかにも頑固一徹のラーメン屋さん風ですが、これって何なのでしょうね。

私は職人の矜持で「こんな納得できんもん客に出したら恥かしい」的な、

アーティストに似た理由だと思っておりました。

もしくはただ休みたい、遊びに行くぞという時に

「社員研修で…」とか「全体会議で…」とかのやつかな?(いわゆる方便)。

ちょいちょいこの理由で臨時休業挟んだら、レア感高まるとか?

そんな中、昨日「他説」を頂戴したので、今日はこちらを紹介します。


まず、開店する臨時休業するをプラス、マイナスで考えましょうか。

臨時休業すると、仕込んだスープや食材、あと職人の労力がマイナスですよね。

楽しみにして来て下さったお客様にはご迷惑(マイナス)をお掛けしますね。

じゃあ、逆に今イチのスープをお客様に出して営業したとしましょう。

食材と労力はちゃんと利益を生みます。ここはプラス。でも、


「ここ味落ちた」と口コミが広がったら、かなり長期間マイナスですわな。


下手したら取り返せない。マイナス効果が出る位なら店閉めた方がマシ…

もし店主がここに主眼を置いていたら、頑固一徹のたたき上げ職人ではなく

優れた経営センスを持っている社長サンだと思いませんか?

もちろんお客様に無駄足を踏ませる事はよくありません。失礼です。

でもお客様の真の満足は、こちらが全力を尽くして制作した一杯であり、

期待を裏切らないことではないでしょうか。

常連さんがいきなり、悪い風評を流す、いきなりアンチに回る。

結局は、妥協していつもよりおいしくないラーメンを出してしまった自分に

原因があると言えるでしょう。


ウチも、「目の調子が悪いから今日は臨時休業します。

いつもの買取査定ができません」…というのもアリなのか?

…イヤ駄目だ。これって「己の全力が出せればいつでもお客様で大混雑可能

という確信がないと絶対やれない。


私も経営者として、一皮むけたいと思ってはいるものの、

まだまだ“頂”なんか、見えてもいないですわ…。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-20 17:04 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
分からないので、同業者様方に聞いてみた(当たって砕けろ)

昨日は店休日。1日空いていれば地元で外営業のつもりでしたが、

ちょっと目の調子が悪く、「これはいよいよなにか深刻な眼病が…」と

怖くなってしまったので、3年前にも検査して頂いた有名な眼科で

診てもらうことに。

眼圧からはじまり、視力や眼底出血のチェックなど、たくさんの項目を

しっかり検査して頂きました。果たして、結果は。

白内障、緑内障、糖尿病の合併症、加齢黄斑変性(はまだ早いけど)等々、

現時点ではおよそ危険な眼病に罹ってはいないらしい。とりあえず一安心。

「ヘモグロビン A1cの値を減らすように心がけて下さい」との事でした。

万一視力を失ったら廃業確定なんで気をつけます…。


昼から梅田へ移動。ブランドリペア(キャンセル分受け取りと新規受付)、

業販を少々してから今日の主目的に取り掛かりました。それは、

ぶっちゃけ今、どう思ってはりますのん?

主力商品の販売終了、法律改正、消費税も上がりますよね。

激動の時代、古物商としてどうやって生き、どの道を進むのか。

腹割ってお話しできればなー、と。

お忙しいにも関わらず、いろんな同業者様からいろんな話が聞けました。

これで私の心中にあるモヤモヤや心配が霧散するわけじゃないですけど、

断片的なピースをいくつも頂いたので、自分なりに組み立てたいと思います。


最後は前から行きたかった元町の同業者様のお店を見学。

先様は今、非常に面白い取り組みを進められていて、

全てが完成したら、文字通りオンリーワンのお店になりそうです。

皆さん本当にいろいろ考えておられるなあ…。


あ、そうそう。帰りにコンビニ寄ったんですよ。

ちょっと買い物してお支払いに進んだんですけど、

分からないので、同業者様方に聞いてみた(当たって砕けろ)_f0064937_18551352.jpg

無意識に「当該コンビニ専用」のクオカード出しちゃったんですよね。

わざとじゃないです。完全にウカっとしてました。

出して模様見たとき(あっココじゃない)と思ったんですけど…そしたら。

「コレ、●●●●(コンビニ名)、チガウ」

って返されちゃった。すっげー、この留学生バイトさんちゃんとしてる。

今まで返された事なかったな(おい)。あっ、使えたとか後で思ってた。

これからはちゃんと専用のとこで使います。お仕事と勉強、頑張ってね。

帰る際、舞子駅だったかな、架線にビニール袋が引っ掛かったらしく

電車がダダ遅れ。草津までジャスト2時間。

疲れました…休みが休みじゃない。どこかでオフ作って目を休めよ。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-19 18:55 | 行動中 | Comments(0)
 
金券とブランドの狭間に揺れるノブ

金券とブランドの狭間に揺れるノブ_f0064937_00140283.jpg

業者間取引で賜った切手査定を「日跨ぎ」でようやく終え、

一息ついたノブでございます。切手仕分け、腕鈍ってたー。

現役の頃はもうちょい、仕分け早かったんだけどなあ。

かーんたんに「金券屋に復帰します!」とはいっても、いきなり店屋はムリ。

「かおっとくさつ」どないすんねん、「ブランド/貴金属」の仕入れどうすんねん、

そもそもお金どないすんねん的な話がありますからね。

でも。なーに、古巣はともかく、私の古物人生は省人力省資本が常だった。

ゲーム屋の時も今も、少ないエネルギーで何とかするのが私の持ち味。

お金借りるのも好きじゃないしね。


明日病院さえなければ、1日がんがん営業入れるんだけどな。

梅田行って鞄リペアも行きたいし、どのみち晩は母の介護で一旦帰宅せねば。

どうやったら効率よく回れるんだろうか。少ない店休日、動きまくるとするか。


そういえば、もうちょっとしたら日本チケット商協同組合の総会ですね。

一度も参加したことないけど(現役の時も、加盟店の現在も)、

どんな集まりなんでしょうな。西の理事監事はほとんど知ってるし、

「しゃしゃり出る」参加者に超苦手なタイプいるし、行ったら行ったで厄介か。

本来5期目の今なら毎日出勤しなくて良くなっていて(番頭さんヨロシク)、

総会にフラっと参加してI理事(三虎)に

ここは金券屋の集まりなんで、(中古)ブランドの方はご遠慮下さい

とか意地悪言われて小競り合いになってる筈だったのに(意地悪されたいのか)。

まあそれでも「ぼっち」だった開業時から考えたら3人になっただけ前進か。

あと一人、あと一人仲間が現れて「4人パーティ」になったら

魔王城はムリでも、最初の盗賊砦くらいは攻略できると思うんだけどな。


あー、スタッフ来て欲しいわ~。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-17 23:49 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
仕分け中を古巣スタッフに見られて「謀反にござるー」とならない為の更新(苦笑)

2006年の2月以来ブログを書く際、何度も何度も言っているのが

横(同業者様)との繋がりは超大事」。

横のパイプがあるのとないのとでは、もし登山に例えるなら


普段着、装備なしでトライ、

登山用完全装備+経験豊かなガイド+万一に備え医師看護師同行、


くらい違う。なんなら麓からヘリコプターで登頂レベルもある

(登山じゃないやん…というなかれ。それくらいイージー取引もあります)。

知ってるか知ってないか、繋がっているかいないか、たったそれだけで

大きな商いにありつけるか、ありつけないかが決まったりするんです。

で、私は幸運にも「金券屋ノブ」というキャラクターを得、

尊敬して止まぬ同業者様(現在8名様)」や

すげーと思う同業者様(現在4名様)」の出会いもあり、

普通一般の同業者様よりはネットワークが広い方だと思います。


そんな中、ある同業者様からご紹介頂きました。ありがたい事です。

真面目にやってきたご褒美と思っております。

ご紹介で知り合った同業者様から依頼を受けたのは、これ。切手です。

仕分け中を古巣スタッフに見られて「謀反にござるー」とならない為の更新(苦笑)_f0064937_12363493.jpg

あれノブ、古巣から「金券扱ったら“湖にプカーの刑”じゃなかった?」

と仰る読者様もおられるかも知れません。確かに店頭で一般のお客様に

「切手金券株主優待券、お買い取りするなら“かおっとくさつ”で!」

みたいなことをしたら、翌朝どころか今会社のシャッター降ろされて

琵琶湖岸に強制移動になりますよ。A部長(かつての上司)あたりが

鼻歌歌いながらスコップ担いで私を捕まえに来ますってマジでマジで。

古巣に弓引く気なんて全くないです。私がきちんと数えて、仕分けて、

古巣の好む額面商品に「加工」して、うやうやしくお渡しするんですよ。

さすがに浮気はアカンので。手間隙はこっちがして、その代わりできるだけ

高くお買い取りして頂く事で大恩に報い、湖に浮かばなくて済む理。

私がいなければこの流れは起きないのだから、さすがに献上じゃないです。


さあ、明日には査定結果を先様にお伝えしないと。仕分け頑張ろう。

最近はLINEでパッと添付できるんでラクですねー。

これからもブランドやジュエリーの売買は「かおっとくさつ」で、

商品券切手印紙株主優待券のご用命は古巣で、よろしくお願いいたします。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-16 12:37 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
その部分だけは、「安売り厳禁」

漫画村と呼ばれるサイトが閉鎖されてしばらく経ちます。


閉鎖は当然と言う人、閉鎖自体が違法と言う人、いろいろいらっしゃいます。

私個人としては、漫画家や出版社の方々が苦労して苦労して世に出すのは

発信したいという欲もあるでしょうけど、やっぱ「お金」なワケで、

それをタダでもってってなおかつ広告収入まで取っちゃうという事に

違法性うんぬんというより、「人の奥さんの入浴を覗く」位の

悪い&みっともない行為だと思っております。

編み出した人へのリスペクトはないんかと。

もうまったくそのコンテンツが絶版になってて、出版社も作者も

まったくフォローしていないとかならまだ分からなくもないけど、

タダ読み、タダ乗り、タダ儲け」とかありえないわ。

識者の一人はこの件について、こう仰っていました、

もう違法サイトを運営しても旨みがでないくらい

コンテンツや情報の価格を下げれば、違法業者は霧散する」と。


一方、古物業界ではAIなどを使って、古物商における一番大切な部分、

「正確な鑑別/査定」を誰でもができるように研究をすすめています。

将来的には全くの素人でも難しい商材の買取ができるようになる事が

目標なんだそうで。でもこれってさっきの識者が仰った、

価値を下げて違法者を駆逐する」にちょっと似ていませんか。

研究開発している同業者様はこれを開発すれば人不足は解消し、

業界内でも大きな力を持つようになると青写真を書かれていると

思われます。しかし、誰でもできるということは、

他業種からガンガン進出されてしまう可能性が非常に高くなるのでは

ないでしょうか。プロと素人を分ける最大のアドバンテージを

自ら捨てるって、どうなんでしょう。もちろん自動化は良いことです。

でもその技術、それこそいつかパクられます。

いつまでも優位性が続くと思ったら、少々甘いかと。


古物商は商売人であり、職人でもあります。

最後に頼れるのは己のみ、のような気がいたしますが…どうなんでしょう。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-15 03:16 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
売れたら勝ちなの? 私はそうは思わない

お客様からは様々なご用命を賜ります。

その中でも対応に困るのが「見ていないお品物の買取査定」です。

口頭でブランド名とコンディション(かなり上方修正入りーの)を仰って


「いくらで売れるか」

「だいたいいくらか」

「最低でいくらか」


といった、事故フラグ立てまくりの恐ろしいイベントがやって来るんです。

見ていないものに買取値段を付けるのって、全国百貨店共通商品券だって

そこそこ危ないんですよ?(倒産した発行元で紙屑になった券もあるから)。

ましてやモデルや状態、持ち込まれた時の相場、得意不得意なども考えたら

未見のブランド品宝飾品に、買取価格をお付けするなんてできません。

が、今回のお品物は流石に分かりました。


1 パック旅行中、バスが目的地と関係のないお店に立ち寄った

2 2人で同じ商品を購入すると値引きになるシステムだった

3 分割払いだった(つまり超高額)


ここまでヒントがあれば、ドンくさい私でもさすがに。

古物商かつ時計宝飾商、そして総合旅行業務取扱管理者として申し上げます。

この度は本当に、お気の毒でございました。

それ、宝飾業界そして旅行業界におけるかなり根深い闇です。

まだそんな事する業者いるんだ…という思いでいっぱいでございます。

私が取扱管理者/添乗員見習いしてた時はせいぜい、

赤●本店と組んで、ツアー参加者様にお土産いっぱい買って頂こう作戦」で

すこーし「キック(バック)」を頂戴したくらいです。

お客様に全然ご迷惑かけないし、出来たてをバスまで持ってきて貰えるし

どの道内宮にお参りして△福買わないなんて選択肢ないだろうし。

でも□□県(某目的地)、その高額商品と縁もゆかりもあらへんやん。

旅行代金で利益取れなくなってきてるから、「その他」で補填するスタイルが

間違っているとは私も思わないです。ただ、ただ。


組むところは選ぼうよ。まだ見ていないけどお品物の筋はだいたい想像付く。

皆様も、旅行中で気分が高揚している時こそ、ご注意を。

いつか査定依頼のお客様が、当該品をお持ちになる日が来ると思います。

目一杯査定して、お客様の悲しみが少しでも癒される事を心から祈念致します。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-13 18:24 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
社長で代表で創業者で全株式持っていても、何をやってもOKではありません

今私が生業としている皮革ゴム製品商/時計宝飾商はもちろんの事、

古巣のチケット商や恐らく古美術商に至るまで、おおよそ古物商の全ては、

販売や買取の額を多少変更できる“裁量”を持つ人がいます。

ちょっとおまけしたり、ちょっと値引きしたりする事ですね。

チケット商は高額な株主優待券とか、業者間取引とかに限りますが、

「人によって査定基準が異なる」我らブランド商は、

一般社員は一般社員の、管理者は管理者の、経営者は経営者の裁量で

お値段を付けていきます。もちろん、基準の値は弊社にもあります。


しかし弊社が立ち上げてすぐ苦しい時期からお売り下さっている常連様と

今日お見えになったお客様のお買取価格が全く同じとはいきません。

たとえ1%でも優遇しなければ申し訳ないというもの。

で、お客様の中にはこんな事を仰る方もおられます。


あんた社長やろ? 別にいくらで買っても誰も怒られへんやん」と。


怒られる、怒られないではないんですよね。

結構、ここ会社運営で大事な部分なんです。

スタッフには全員、数値目標があります。もちろん私にも。

それによって給料が変わります。そんな中、

社長である私が勝手して、極端に利益を薄くしたりしたらどうなるか。

…スタッフさんのやる気が削げますよね。

私達がこんなに頑張っているのに社長が台無しにする、になっちゃいます。

当然です。コレがきっかけで、会社傾いたり人材が流出したりします。

株式会社は、内部留保を作る為に存在しますが、スタッフの幸せや働きやすさも

重要な点です。私の「ええカッコしい」がスタッフの迷惑になってはいけない。

チームですから。社長っていっても単なる1ポストに過ぎませんから。


もう既に精一杯の営業、やっています。お客様におかれましては

お手柔らかに、温情を持って接して頂けると幸いです。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-12 19:03 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
滋賀県草津市大路から一歩も動かずとも、私は毎日大冒険です

今日は難しい判断を迫られるお品物が多かったです。


守備範囲でもいわゆる“難モノ”、そして守備範囲外の初見商品。

もちろん無下に断れません。

チケット商時代は「これは(買取)対象外ですねー」って、

即断っていたのですが(チケット商の商慣習でもある)、

今はハッキリ「雑食」を標榜する皮革ゴム製品商なんで、

基本断らないです。でも、守備範囲外はハッキリ安い。

知らんのに大冒険はできません。事実、お客様への義理を優先するあまり

ビックリするくらい赤字になったことなんて数限りなくあるし(おい)。

まあ私が書物や人から聞いた知識でレベルアップする天才なら

こんな危ない方法採らなくてもいいんでしょうが、

所詮私はキャラクターありきのたいした事ない古物商(涙)。

経験(というか痛い目)」でしか変われません。

自分でも嫌になるものの、これしかないんだよねー。

今日のアレ(難あり品)とアレ(初見の対象外)も、値段付かないんだろな。


ま、いいか。お客様がハピネスであればいっかこっちにもいい事あろーて。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-11 23:52 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
お客様から新たな賛同を賜るには、それこそとんでもない努力と幸運が必要です

先日古物市場の下見会場で気になるお話を聞きました。


●●(超一等地)に新店出したんだけど、上司が地域性を考えず

姉妹店から商品かき集めたら、来店数は凄かったのに全く売れなかった


●●がどことか、どこのお店さんなのかは絶対書けないですけど、

どこでオープンしようと、お客様が大勢お越しになっても全く売れないって

現場かーなりキツいよ?

商品は先様のお店なんで美品良品オンリーなハズ。商材が客層に

“合ってなく”ても、来店数の分母である程度は何とかなると思っていたけど、

そんな甘くないのねー。


「合っていない商材」と言えば。

30代の前半くらいに行ったきりの、深夜営業の同業者様店に寄ったんです。

それこそ当時(運送屋を辞めて師に拾われたくらいかな)は深夜行くと

駐車場にいっぱい車が停まってましてね。満車だから今日はヤメよかと思う時が

ちょろちょろありました。でもいまは2018年。

お客様、ひとりもいらっしゃいませんでした…。駐車場は店員さんのものと

思われる1台のみが停まってて。こりゃ凄い凹みっぷりだなあ…。

店内を見て驚愕。めっちゃ商材増えてる…こんなに増やして大丈夫?

中古店なのに新品比率が多い。「種を蒔く(中古で買い取り収穫)」意味での

新品販売ならOKなれど…これは中古、買えてない+定着していない。

買っても買っても“回らない”から値段で買うの拒否ってる系だ。

それで商材広げてヒットするのを待つ戦法だね。


でもこれやると、終末は近いよ? あんなに流行っていたのにな、めちゃ残念。

ただ、先様の業種は「通信買い取り」と「インターネット」がモロ逆風だった。

それは否めない。でもそれだからといって「ネットですぐ落とせるやん」とか

通信買い取りの方が簡単で、みんなそっちに流れてくよ~」では

ダメじゃない? 流れは流れ。逆風は逆風。新たな商材の開拓や良し、

でも先様のお店でかなり浮いてるやん…合ってない。もし出張系で買い取るなら

自社に合わない商材は買い取り専門にしようよ。で、ネットで流す。

自社に合ってる商材だけ、店頭で売り買い両面すればいい。

惜しいなあ…ちょっとの工夫で変わっていくと思うけどなあ。

まあ士気は低くなさそうだし、これからの奮起に期待します。


明日は我が身。気合入れてまずは今の商材を極めて、そして新たな軸を考えます。


by kinkenya-kobutu | 2018-05-10 23:28 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
古物商23年めにして突きつけられる真実かつ現実

先日、同業者様がこんな事を仰いました。

ノブさんて、存在そのものが“キャラクター”ですよね

な、なんですとぅ。でもこれを聞くのは、実は2回目。

最初はウチのスタッフさんでして、

社長っていいキャラしてるんだから、それで売り出しましょうよ

って言われた時、ピンと来てなくて。で先日同業者様が仰ったので、

こりゃあ私自身が“ゆるキャラ”や“ご当地キャラ”という事?

と初めて理解したというか何というか。


そうかー、顔出しなんて恥ずかしいからと、チラシにも自分の顔を

載せて下さいとめちゃめちゃ広告会社に懇願されても

こんなブサイクの写真載せても恥ずかしいだけやん

と、ギリギリ顔イラストで誤魔化してきたのですが…。

私が実力ではなく、キャラで生きてきた古物商なら仕方ないか。

まー実力で渡りぬいたなんて口が裂けても言えない。


スタッフに助けられ、

お客様に助けられ、

同業者様に助けられ、

そしてこのブログの読者様にもめちゃめちゃ助けて頂いた。


そろそろもう一段、発信力のギアを上げていくべきなんでしょうな。

いつになるか分かりませんが、どの媒体で行くか迷っていますが、

そのうち「顔出し」で皆様の前に出たいと思います。

どうしても発信したい事ができたら。

「こんなの買い取りました~」なんてしませんよ、流石に。

ちゃんと読者様や閲覧者様に有益である、見て頂くに価値のある

コンテンツを考えて皆様の前に出て行きたいと思います。

いろいろアイデアは湧いているんですけどね。いかんせんマンパワーが…。


まだ見ぬ私の愛弟子は、一体どこに現れるんだぁぁぁ(切実)。
by kinkenya-kobutu | 2018-05-09 18:41 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク