人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
 
ああー、そのご希望に沿いたいがっ!
今朝は母の介護を一通り終えてから投票に向かいました。
あんまり積極的に投票したい候補者さんがいないのだけど…でも棄権はヤダ。
借家の現在であてがわれている投票所は旧家のそれよりも近いので
自然と足が向きます。以前だと(もういいっか)みたいな事もあったんで。

投票所に行くといつもいらっしゃるのが、玄関で手板を持って立っている人。
そう、新聞社等による「出口調査アンケート」ですね。
(ああ、いはるねやっぱり)といった感じなのですが、今回は思わず2度見してしまった。

かわいい…。
やるな、●●新聞。これはアンケートに協力したくなってしまうがな。

投票所で(渋々)候補者と政党名を記入し、さあ帰るかと思った刹那、
やはり近寄ってこられます、かわいい調査員さん。
くぅぅぅ~書いて差し上げたいけ、ど、も。
店の開店時間をトチるわけにはいかんのよねー。
もう一回自宅に戻って母の様子も確認しなきゃだし(バテ気味だったので)。
かわいい調査員さんとのひと時<責任。仕方ない。

「ご、ごめん」とアンケートを受けず、その場を立ち去りました。
あんなかわいい子と一瞬でも係れるのは捨て難い魅力だったけどねー。
そもそもそんな目的じゃないからね、あれ(雇い主的には“狙い”かも知れんが)。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-10 11:04 | 行動中 | Comments(2)
 
それでも前を向く同業者様は凄い!
イギリスのEU離脱、世界経済の混乱、そして円高、さらにお買取りの全国的な減少。
我々古物商(特に時計宝飾・皮革ゴム製品商)は混乱の最中にあります。

そんな中、昨日参加させて頂いたブランドバッグ市場。
さぞかし競りはお通夜状態(誰も買いたがらなくて応札しないという意)だろう、
すっごく安かったら買いに回ろう…なんて思っていたんですよ。
そしたら、
f0064937_1385886.jpg

テレビ撮影は来てるわ、会主様(市場主の事)はしっかり場を支えるわで
結局は「普段よりチョイ安」くらいで落ち着きました。
すっごく安くなる事を想定していた私は、それこそ指を咥えて競りを見てるハメに…。

恐らく、というか間違いなく同業者様、今皆さん大変だと思うんですよ。
「おくび」にも出していないだけで。でもここで縮こまって売れない買えないと
チーチクパーチク言ってるくらいなら、攻めろと。
これで喰ってくならいっぱい仕入れていっぱい売るしかないだろと。
同業者様方の、もの凄い気迫を肌で感じました。

私も店頭頑張ってお買取りしなくっちゃいけませんね。
ドシドシお買取り&査定、お待ちしております!
by kinkenya-kobutu | 2016-07-09 13:17 | 行動中 | Comments(0)
 
100回の折込チラシより1回のテレビだったりします
今朝、某テレビ局で同業者様の貴金属買取についての番組がありました。
私は気付いていなかったけど他の同業者さまがlineで教えて下さいまして。

“おすそ分け”があるといいね

教えて下さった同業者様と私の思惑が綺麗に一致。思わず2人して笑ってしまいました。
ここで言う「おすそ分け」は、お買取りに関するテレビ番組をご覧になったお客様が、
近くに当該のお店がないので、代わりに近所の同業店でお売りになるケースのこと。
番組に出演された同業者様が取材協力していなかったら、新たなご用命が
なかったかも知れない。お客様に感謝、同業者様に感謝、
…という「おすそ分け」なんです。

ありがたい事に、「テレビ見ました」と仰って下さったお客様、おられました。
弊社にとってはとてつもないラッキー…ちょっとお買取り金額張り切り過ぎましたが。
確かに今、金は高い。売り時かも知れませんね。良いお品物ありがとうございます。
この流れで2件、3件とお買取り成約したいなあ…他力本願すぎかな?

でも、テレビってやっぱりすごいや…誰だもうテレビはオワコンって言った人。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-07 15:49 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
ああ言いたい、言ってみたい!
昨晩は急遽、同業者様との飲み会。
誘って下さった方が当駅まで来て下さったので、弊社の近所を会場にしました。
集まったのは先様のお二方、古巣の元相方、そして私の4名。
楽しくも勉強になるひとときでございました。
その中でも今回もっとも心に刺さった先様のお言葉は、

「接客に関してなら、スタッフに聞かれたら何でも答える。だって答え全部持ってるもの」

あああああ~。言ってみてぇスタッフに向けて(魂の叫び)。
私は最近、何だか知らない事が多過ぎるような気がしていて、
特に自信を失っている分、一層心にグサっと突き刺さりました。
これまで自分なりに一生懸命やってきたつもりだったんだけど、まだまだだったなー。
本来、できる経営者だったら「ドンと来いっ」みたいな事言えなきゃおかしいよなー。

もっともっと研鑽を積まなきゃダメっすね。気合入れて頑張ります。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-06 13:04 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
商売が元々根本から違うけど
日本の製薬大手各社が、特許切れ薬の権利(だと思う)を売却し、
入ったお金を新薬開発費用に充てるらしい。

元々どこかしらの国が「新薬はとにかくエラい、後発医薬品ではラクに儲けさせない」と
全世界に向けプレッシャーをかけてる流れみたいですね、これは。
もちろん人類の為、新薬を開発するのはハッキリ“是”でしょう。
薬の権利売って他社様に安く薬を売ってもらい、より多くの方々の病を治すのも良い事。

ただ…新薬開発競争して得するのは、やっぱりあの国じゃない?
コーンベルトで世界を支配した頃と戦略がまったく一緒では。
牛肉おいしいでしょ? その病気、この新薬でしか治せないよ?
開発費がどデカくかかるのは聞いてる。それでも創薬事業はマネーだけじゃなく
博愛に基づいた人道を頑なに守って欲しいなあ。新薬だからってバカ高は良くない。

弊社もお客様の事を軽視して、我が我が内々知らん知らんしたらどんなに儲かるか…。
でも、できないんですよね性格的に。
古物商はそんな拝金主義の巣窟であってはいけない。

お客様のご不要品を買い取りお金をお渡しし、本来捨てられるものに価値を見出して
エコに繋げる、もう手に入らない廃盤の逸品に光を当て新たな消費を促す。
それが古物本来の道ではないでしょうか。甘いですかね…。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-05 12:28 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
無理に買わないのが我が心情…だがしかし
結局モノは「どんな理由」で売れるのか、って事です。

必要だから? 欲しくなったから? 安いから? 普通はそうですよね。
「イライラしたから何となく」というのも結構経済動かしているような気がします。
でも私はこう思っています。

モノは名前で売れます。ネーミングと製造者の名声・ブランド性、そして宣伝。
誤解を恐れず言ってしまえば、
正直大多数の人々は、モノの目利き、真の価値をノーヒントでは見抜けません。
結局は、名前に頼ってしまう。
ノーブランドのダイヤリング買うなら、高くなってもカルティエのリングの方がいいわねとか、
どこのメーカーか分からない綺麗なバッグ買うなら、傷んでいてもヴィトンにするわ、とか。
残念ながら私もその一人です。たまたまやっている古物の一部分が分かっているだけ。
守備範囲外だと、ともすれば古物に携わっていない一般の方よりも知らないかも…。

だから先日、お客様がお持ち下さったノーブランド(ブランドと認知されてない)のお品を
査定させて頂いた時は少々心が痛みました。
お客様は買った時のお値段と、少々甘めの使用頻度(自己判断)しか仰いません。
ここに至る経年劣化使用劣化、相場の変動、商品のブランド性、再販売時の相場等は
なかなかご理解頂けないのが現状です。

私は社是に「無理に買うな」と厳命しています。“引き剥がす”買い取りは元々大嫌い。
だから誤解を恐れず、(お客様がお値段を聞いて傷ついてしまうかも知れない)という
内なる恐怖と戦いながら正直に、お買取り査定価格を出します。
今回のお客様もだいぶ落胆されました。
すぐに「今回は一旦お持ち帰り頂いても大丈夫ですよ」とお伝えしました。
決してこの査定品にふさわしい価格を付けられていない自覚はございますと。
ただ、名前の無さが再販売に大きく影を落としてしまう…。

ご決心にお時間は掛かりましたが、最終的にお客様とは成約させて頂きました。
お値段にご満足頂けなかったのは残念。でも、何とか前をむいて
頂戴したこのお品を再販売したいと思います。モノ自体は悪くないと思うので…。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-04 11:32 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
失敗した時のことは考えてなかったんだって!
ちょっと前に見た「クレイジージャーニー(TBS系テレビ番組)」で、
エアレースパイロットの室屋義秀選手が

無職で飛行機購入するのに3000万借金した。失敗した時のプランはなかった

と仰っていたのを聞いてちょっと度肝を抜かれました。
エアレースで操縦技術世界一になりたい一心なのは分かりますよ、でも
失敗したらとは考えないんだー。すっげえ度胸…というか、10G/370キロの世界で
戦う事に躊躇しない人には借金の恐怖なんて、無きも同然かも。
元々生きるか死ぬかの世界なんだから、お金の心配なんて些事かもね。

今、ジュエリーも時計もバッグも相場下がり気味だから、弊社は世の流れを逆張りして
いっちょ銀行からの借り入れ増やしてガツンと商品仕入れて、
お客様が来店されるだけでハピネスになれる展示にしようかなあ…思い切って。

…ダメだ、墜落コワイ墜落コワイ!やっぱ私にはエアレース無理です(当たり前だろが)。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-03 11:35 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
信じて任せる
「これも●●店の副店長が考えてくれたんですよ」

懇意の同業者様はそういって、目を細めておられました。
私と社長様が見ていたのは、先様のお店にあったキャッチコピーの掲示物。
なかなか見たことのない、斬新で頭に入りやすいフレーズが印象的でした。

1人で始めた弊社ですが、今は2人の仲間がいるのだから
当然彼女たちの知恵やパワーを活用しなければ勿体無い。
そこは私も重々承知しているんです。

ただ、「信じて任せる」というのは言葉にするほど簡単ではありません。
無論、弊社スタッフは「悪さする」とか「なまける」とかが一切ないので
(そこは信頼しています)一見ノープロブレムのようにも見えるのですが…。
やはり男性的である私の考えと、スタッフの女性的な考えは
違いがあったり隔たりがあったり。
「じゃあ、任せた!」とはなかなか言えないんですよね。
任せても、責任は漏れなく私1人に集まるのですから、経営者なもんで。

また「任せる」のと「丸投げ」の差も、結構表裏一体だったりするじゃないですか。
私は従業員時代から「抱え込む」人だったので、当然今もスタッフのそれとは
段違いに多い仕事を抱えています。
ちょっとずつは振っているものの、スタッフが消化できないままどんどん移管すると
それはそれで重圧だろうと…。

ちゃんとマニュアル作ってから雇用すべきだったなー。
ノープランで「やりながらルール作りしよう」とか思ってたのが甘かった。
スタッフに迷惑&心配かけてる気がするなー。
もうちょっと数字追って、きっちりルーティンワークを確立すんべ。
「誰がいなくても回る会社作り」とは、師に100回くらい聞いた言葉。

まあ古巣も師がいなきゃ回るハズないが…85歳くらいまでは働いてもらわないとね!
by kinkenya-kobutu | 2016-07-02 18:51 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
あれ、あの方もこの方も同じことおっしゃってるぞ?
「ノブさん、今月…どうでした?」

閉店間際(というか閉店直後くらいか)に掛かってきた電話は、
とある大店の責任者様でした。もちろん同業者さまです(誰とは明かせないですが)。
普段電話など滅多に頂かない方だったから少し驚きつつも、
(月末までこんな話ばっかりだな…)と、同時に何だかもどかしい気持ちになりまして。

「お買取りでしょ? 芳しくなかったですよ」私はあえて、正直に答えました。
前年同月が良すぎた事もありますが、先月昨日までの販売・買取額は去年より少なく、
今後が少々心配になってしまいそうな位でしたので。

「でしょ、でしょ。なんででしょうねえ」
先様、ちょっとホッとされたようです。不安になるのも無理ないっすよ。
先月に限れば、私の知る限り「お買取り多い」というブランド商は殆どおられません。
良い商材が減っているのです。そして何より量が減っています。
いくら中古品の輸出が昨今盛んとはいえ、ここまで減る? 貴金属、ブランドと。
それが局地的な話ではなく、全国的な兆候だというのが恐ろしいところで。
関東2軒、弊社、県内1軒で同日に「ぜーんぜん」という事態ありましたから。

私どもは“横のつながり”により買取相場にあたりを付け、最新の査定を見極めます。
困ったら仲間、困ったら同業者、もうその習慣が身についているんです。
そうすると、ここまでお買取りの総量が減ってきたら…皆様そりゃ相談しまくりですよ。
私のところにもいっぱい来ました。「どうしよ」って連絡。電話でスカイプでLINEで色々。
私もそう思います、「どうしよ」って。みんな同じ。
で、みんな励ましあって商いを続けるんです。
業界1位すら昨対落として株価暴落してるのに、今は飛ぶ鳥を落とす快進撃なんて
そうそう達成できません。お客様をないがしろにしない限りはね。
地元でやる以上、お客様にハピネスを提供しない商売はできない。ここは譲れない。
ならば…凪からまた追い風が吹くまで、ひたすら耐えるしかありません。

だから全国の同業者さま、不安に思わず堂々とお仕事続けましょうね。
また貴金属買取がありすぎて昼飯食えない~、みたいな事きますって(たぶん)。
by kinkenya-kobutu | 2016-07-01 15:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)


最新のコメント
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
↑ 私も次の車は自動ブレ..
by kinkenya-kobutu at 00:57
↑ ありがとうございます..
by kinkenya-kobutu at 08:39
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク