人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2009年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
指折り数えて…
いよいよ年の瀬。同業者様におきましては、年末年始の「仕入れ」は目星つきましたか?

…というのも、金券ショップは年末年始が一番「仕込み」の面倒くさい時期なのです。

年賀状は売り切れたりしないか(年始も需要があるので、3日ぐらいまでは残したい)。
新幹線の在庫は爆発しないか(年末年始、新幹線回数券は大半利用不可になる)。
カード類はなくならないか(マックカードなどを切らすと最悪)。

いろいろお金を工面して、「在庫を薄く持つ商品」と「分厚く持つ商品」の区別を
しておく必要があります。
ただこれも、経験則だけだは乗り切れなかったりするんですよねー。

新幹線が不発(買取が増えない)だったり。
青春18きっぷが膨大に余ったり(中古ならともかく、新品は被害大きい)。
年賀はがきがこんなに余ってるのに、官製はがきの大量注文が来たり。
業販で無理無理言われたり。

ああ、今年も穏便に終わって、録った「M1グランプリ」を家で繰り返し見たい…。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-20 09:30 | 行動中 | Comments(10)
 
どうしたらいいんやろ…
今、一本のWEBメールに悩んでいます。
今月15日に頂いたお客様からのお問い合わせメールなんですが、
何度やっても先方に返信できません。すでに7度トライして全滅。

慎重に「返信(送信メールアドレスでそのまま返す)」してもダメ。
開封確認つけてもダメ。
別アドレス(2つ)でトライしてもダメ。

全く届いてないようなのです。
向こうのセキュリティー関連ではなく、アドレスが存在しないと表示されるのです。
存在しないアドレスからどうやってメールが届くのか?

ともあれ、先方は弊社の確認ミスと思い、再度返信の催促メールを送られました。
せめてお電話番号を書いて下されば…。
お名前と用件とメールアドレスしか書いてないんで、
私では手の打ちようがありません。
このままだと「あそこはいい加減だ」みたいなレッテルを貼られてしまう。どうしよう。
お客様が気付いて、ご連絡を下されば良いのですが…。

まだ、「電話番号も銀行口座名も書いてない商品送付」よりは深刻じゃないけど…。
(何年かに1回あります これは本当に困りますので皆様ご注意を)
by kinkenya-kobutu | 2009-12-19 08:30 | 古物商としての葛藤 | Comments(11)
 
今年も忘年会をすることができました…
一昨日の話になりますが、全店の営業終了後に弊社の忘年会をとり行いました。
普段1円2円の粗利とか言っていても「年一回のこれくらいは」との社長の仰せで、
大分費用の掛かったイベントとなりました。

目玉は、某同業者さま(元マジシャン 現金券商従業員)のイリュージョンショー!
ウチのスタッフの中には食い気にばかり走る者もおりましたが、
私はしっかり全種類見ましたよ。こんな機会滅多にないから。
(テーブルごとに手品の内容が違うため)
意地悪く横や後ろから見て「タネ見えないかなー」とか企んだりもしたものの、
全く仕掛け分からず。昭和30年代の無垢な小学生のように
「うわぁー」とか、「ほげー(とは言ってないか)」みたいなリアクションをしてました。
KO様、誠にありがとうございます。
また商品卸します(これが一番喜ばれるでしょうから)。

社長はこのような催し(社員旅行、忘年会)を「スタッフを労うため」
と言っていますが、やはり一番大事なのは

離れたスタッフ同士が会う機会を作る

でしょう。離れていると、どーしてもギクシャクしちゃう。
仕事以外で能動的に集まろう、といっても難しいでしょうし。
ホント、何店、何十店とある同業者さまは、この辺どーしてんだろうか…?
by kinkenya-kobutu | 2009-12-18 15:49 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
真実は、「概ね」ひとつ
先日、ある同業者さまが、
(こんなことを言ったらご気分を害するのは承知しておりますが)と前置きした上で、

「ボクに御社の運営を全部任せて頂けたら、○年で売上を○倍にする自信があります」
(倍数は詳細不明 整倍数なのは確実)
と言っておられたそうです。

それを耳にした相方K君(性格はかなり温厚)はカチンときたらしく、
そしてそのことを「また聞き」した私もカチンときてしまいました。
当たり前ですよね。
言葉だけを羅列すれば、

「俺の方がアナタ達より優れていて、アナタ達は怠慢だ もっとやれる事があるだろ」
と言ってるように聞こえかねない。
少なくとも私たち2人はそう感じてしまったし、
金券屋としては一流じゃなくても、類稀な器量を持つ弊社社長を愚弄することは、
「社長の犬(ただしバカなのでよく主人を噛む)」を自称する私には耐えられなかった。

前日のブログを書いていた「皆様の想像を超える、面白イベント」の肝はここ。
決して馬鹿じゃない、チカラのある経営者がなぜ、対象をイラつかせることを承知で
そんなことを言ったのか。私は一番、この部分が知りたかった。
昨日、その発言をされた同業者さまにアポ取ってお会いしました。
もちろん本人さまには昨日、そんなこと一言も言ってません。
さて、結果は。

なにごとも自分の目で見、自分の言葉で語り掛け、自分の肌で感じないと
リアルなことは何一つ分からない、という事。

そういえば、私は金券屋でした(何言ってんだと思わないで下さい)。
どこまでいっても、「ものは見てから(当ブログ2009年11月12日分参照)」なんです。
(人はものではありません あくまで「喩え」としてお知りおき下さい)
僕らは「近々、全共(全国不足気味)が1億円入ってくる予定です」と
先方様から言われても、口では「わーい、入ったら一番に連絡して下さいね」
と返答しながら、実はそんなにワクワクしていません

だってまだ、ものを見てないでしょ?
入ってきていないものは入ってこないかも知れない。
「予定」なものが入ってこなかったからといって、
「なんだよー、ぬか喜びさせるなよー」というのはプロとして野暮極まりないこと。
ただ逆に、
「今、在庫で全共が1億円あります」と言われたら、
「ああっ、常々○○様はデキる方だと思っておりました。ごろにゃーん」と、
恥も外聞もなく醜態をさらすハメになるでしょう。

だから今回の結果は、
アドリブとか大風呂敷とかではなく、一挙手一投足まで考えて行動する先方様が、
「○年で○倍」と言ったら、多分事実なんでしょう。
事実を事実として言ったまで。他意も悪意もないんです。そんな人でした。
予想やまた聞きとは180度…いや、170度ぐらい違いました。
もしこっちがムキになって「そんなことないっ」なんて怒ってしまったら、
近くに出店してきて「予測を実証」されて窮地に立たされたでしょう(あーこわ)。
弊社みんなで頭を捻って、売上が○倍になる方法を考えることにします。

「憶測」や「また聞き」はホント怖いっすね。
私らは金券屋。どこまでも「ニッチ」を、どこまでも「現実」を追い求めましょうや…。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-16 09:51 | Comments(34)
 
ひっさびさの東京(ハードスケジュール)
日ごろお世話になっている師匠筋への義理を果たしていたら日付が変わり、
昨日分のブログを更新できませんでした。誠に申し訳ありません。
やっぱ更新は朝のうちやっとくに限るわ。

いよいよ明日(日付上はとっくに今日)、東京で金券業務に入ります。
売りと買い、初めて会う同業者さまと顔合わせもあり。なかなかハードです。
10時までには1軒目の同業者さまへ入りたいところ。
激戦地はどうなっているか、噂の新店はどんな感じなのか。興味はつきません。

また書ける範囲で随時アップします。
皆様の想像をちょっぴり超える、面白イベントもございますのでお楽しみに。
(自分でハードル上げるべきじゃないか)

内容を書けるかどうかは五分五分。
先方のご理解を得られるかどうかが鍵になります…。

(22時 再更新)

只今本部事務所に戻って参りました。
いやー、稀有な体験をしてきちゃいましたよ。
いろんな影響を勘案しつつ慎重に、明日更新分でお話できたらなー、と思います。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-15 02:38 | 行動中 | Comments(6)
 
昔も今も
数日前、本店からある要望が来た。

「今月27日までの東京グリーン(回数券)があるんですけど、使って頂ければ…」

やだよ。私は旅慣れてるの。
グリーン車に乗って「ふふふーんボクってセレブ~」とか、
ひとり悦に入るのは社長だけで十分。
私は指定席のでいい。がんばって売り給え。確かそんな事を言いました。
そして、昨日。

「やっぱり出なかったんで、14日の群馬行きに…」

やっぱ最近はお客様も旅慣れてきて、グリーン車は株優で乗られるみたいね。
安いし、理解できるお客様になら弊社もそっちを勧めたいしね。
(ただし、あえて回数券を所望される方もおられます 領収書の関係か)
東京の同業者さまの中には、東海道新幹線の東京~京都&新大阪の
グリーン回数券を取り扱ってないところもあるみたいだし(株優オンリー)。
元々回数券定価が割引率低いもんだから、ここ最近ホント売れてない。
買取はあるけど(「切る」のを出来るだけ短時間で済ませたいから?)。

そういや昔母親が、
「台帳に(自家使用、自家使用)と書いてあった」と言ってたっけ(親父の実家は質屋)。
売れんもんは自分で使わんとアカンのは、昔も今も変わらんみたいですな。
諦めて渋々グリーン乗ります。

弊社店舗スタッフへ。
「役得」とか、「実は喜んでる」とか言うのはホントやめてね。
乗ったら多分、即爆睡でグリーンも指定もカンケイないから。
あっ、そういやグリーン車には毛布があるわ! それはちょっとだけ役得かも…。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-13 09:07 | 古物商としての葛藤 | Comments(5)
 
実録! これがJTA(西支部)名物「猛獣の檻」
昨日はJTA(日本チケット商協同組合)の大阪講習会、及び西支部の忘年会でした。
講習会はそれこそ何回もお邪魔してますが、忘年会は3回目だったかな。
まだまだ「鼻ったれ」ですわ。

夕方4時から貸し会議室で講習会。
だいたい会場はこんな雰囲気。
実録! これがJTA(西支部)名物「猛獣の檻」_f0064937_921498.jpg

(貴金属買取について講義するI社I専務 諸事情により画像を加工していますが男前)
今回はこれとPOSレジの説明(ちけっとB頭開発者、M様)、
携帯本体の売買について(岡山K社長)、
緊急融資の話(I理事長)など盛りだくさんの内容でした。

そして6時から忘年会。去年に引き続き中華料理を頂戴しながら、
同業者同士熱く、仕事の話をしていたのですが…
実録! これがJTA(西支部)名物「猛獣の檻」_f0064937_995237.jpg

(モザイクかけても簡単に特定できちゃう人がいるのはなぜだろう…? キャラ濃すぎ)
ほとんどの円卓に、音に聞くスゴイ業界人がいっぱい。
ちなみに私のいた卓(手前から2番目の卓)には、

K様(大阪 C社の統括責任者)
I様(名古屋 I社の専務)
T様(神戸 E社代表)

若手に分類されるであろう金券商の中でも、かなーり有名なお三方が同席。
こんな面子、滅多に揃わないよ普通は。
3社とも面識なく、取引したことない同業者さまがいたら、それはかなりレア。

あちこちでコワい話(書けない)がポンポン飛び出すのは毎年恒例。
そして私がいわれのない事でイジめられるのもお約束。風物詩かも。
特にS社長率いるT社(京都)の皆様からは、毎年私をイジりに来るのが主目的では?
と思ってしまうくらい可愛がって頂きました。
ありがとうございました(…何でお礼を?)

そしてこの後場所を変えて2次会。
連れて行った相方K君、支店店長代理Y君もいろんな人と名刺交換、歓談が
できたみたいで、いい経験になったんじゃないでしょうか。

こうゆう時は「儲けネタを探る」とかするのは野暮ですね。
この業界なりの最低限の礼儀があるでしょうし。
酒の勢いで「情報ポロリ」を期待するのは誰も彼も一緒でしょうが…。
そういえば「ブログ楽しんで見てる」というお声掛け、たくさん頂きましたわ。
同業者さまがこんなに私のブログをご覧になっておられるとは。ちょっと感動。
その中でも一番笑ったのが、

私のこと、あんまり悪く書かないで下さいね」とM氏が仰ったこと。
(当ブログ2009年10月27日分参照)

POS導入の為なら全国を飛び回り、
隣同士の同業店にも双方設置する仕事の鬼(失礼)、
Mさまにまで読んで頂いているとは…光栄ですな。

でも、このブログで御社のアシストはしないよ…ふふふ。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-12 09:38 | 行動中 | Comments(10)
 
めっちゃ気になる他社様の「あて」、そして「ひき」
金券ショップは金券を買い、それを再販する商売です。
「何をいまさら」と思うなかれ。
業界人の中でも、真に「これ」が分かっている方は何人おられるか。
私も理解度は70%くらいでしょうか。いや、不得意な方面も含めれば半分ぐらいか。

他社より商品をより安く仕入れられる時、場所、人(いわゆる天地人)を知っていれば、
それは「超」強力な武器になり、
商品をより高く手放す「天地人」を知っていても、やはりそれは非常に心強い。
はっきりいって組織が強固に、潰れにくくなる。
特に「他店との戦争」の際は、「立地」と「従業員の質、士気」と同率位で大事です。
(どうも、「これ」の道を断つタイプの戦争も存在するらしいですね、怖っ)

私はこれを安く買う、高く売る「あて」と呼称しています。
そして先方から良い売買話が舞い込むことを「ひき」と言っています。
この「あて」、「ひき」は各金券ショップによってかなり異なります。
ちなみに弊社で言うと、

大阪の大多数が知っている仕入れ方法を実は知らない(参入できない)
私と社長、相方、上得意のお客様2名しか知らない無敵の仕入れ方法がある

こんな感じですね。だから、
本当にレアな仕入売却方法」は各社、聞いても聞いても教えてくれません。
案外タネを明かすと、
「たまたま金券商の旧知だった人が稀有な組織の幹部だった」位の真相なんですが…。

宝くじと同レベルかも知れませんね。ただ、「呼び込む腕、運」も金券屋の実力のうちです。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-11 10:08 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
名刺を渡すタイミング 「帰ろう」と言うタイミング
相手が大物だったり、お忙しい人に名刺を渡すのって難しいですよね。
少なくとも私は上手じゃありません。
逆にウチの社長はこの手においては稀代の達人だったりします。
他人との距離を図り呼吸を合わせ、一気に相手の懐に飛び込む術をお持ちでして。
あのスキルを盗めたら、もっと仕事が円滑に進められるのになー…。

今日、同業他社の「御曹司」さまと名刺交換をしました。
トイレ(小)におひとりで入ってる隙を見計らってやっとこさ声を掛けることに成功。
俺ってばこの状態に持って行くまで最初にお会いしてから1年半も掛かってやんの。
いくらなんでも遅すぎ。
そういえば、小中学生の頃は大縄跳びが大の苦手だったっけ。
20ウン年経っても変わらんとは…我ながら鈍くさい。
まあ兎も角これで、またちびっと横の繋がりが広がった。
これからもできるだけいろんな人に出会って、少しでも商機を窺わねば。

夜は夜で、仲の良い同業者さま2名と居酒屋閉店まで飲み食いして、
話し足りなかったんですぐ近くのマクドナルドでべったり業界話して。
(ほとんど内容書けない)
いやー楽しかった。明日早いんだけど、ついさっきまで喋っちゃいましたわ。
明日の「大事」、大丈夫やろか俺?

それにしても例の「コーヒー無料券(大晦日までの有効)」は便利やなー。
ここ3日で2杯飲んで6枚進呈したわ。
これからもずっと配布してて欲しい…。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-09 03:08 | 行動中 | Comments(12)
 
求められたらお売りするしか
出先「図書券で泊まれるホテル」です。
このチェーンで泊まるようになってから何年も経ちますが、
年々朝食の内容が充実しているような気がする…。
前はおにぎり味噌汁お新香ぐらいだったからなあ。
今回なんて焼きそば、マカロニサラダ、卵焼き、オレンジジュースまであった。
やっぱ「顧客満足度1位」とかになった「スーパー…」を意識してるんだろうか。
やはり少年マンガみたく、ライバルがいると進化するものなのか。

…自分は弊社の近くに金券ショップとか来てほしくないけどね。

さて本題。
今日は80円から90円の間を激しく上下している米ドル等の外貨のお話をば。
金券ショップも数年前から(厳密には為替関係の法律が変更されてから)
外貨両替を始めるところが増えてきました。
JTA(日本チケット商協同組合)でも講習会などで能動的に外貨両替の説明をして
組合員さまに実施をお勧めをしているところであります。

ところで皆様、外貨両替って儲かると思います? 難しいと思いません?
だってお客様は為替が動いてから両替をすることができるんですよ?
つまり、「正解が分かってから答案用紙に記入する」ようなもの。

こないだの急激な円高なんて、どんだけ電話が鳴ったか。
どんだけドルをお求めになられるお客様がおられたか。
で、それは両替をさせて頂いて儲かるのかということですが、もちろん

ノー!!!(by魂の叫び)でございます。

我ら金券商は、よほどのことがない限り何日分か纏めて外貨を仕入れています。
(外貨→日本円の両替が多い時は外貨を「おおもと」に売却)
一晩で何円も動いたら、その瞬間は儲けられるハズありません。
そして円が安い時は、近々に海外へお出かけになられるお客様でない限り
円→外貨にはして下さらないのが現状。

しかもですよ! ここ結構核心に触れちゃいますが、
我らもどこからか外貨を「仕入れる」必要があるわけですけど、業者様によっては

今、出過ぎてて1ドルと20ドルと50ドルと100ドルの在庫がないんです

とか、注文しても両替してくれない時がありますからね。
「パパから貰ったクラリネット」じゃあるまいし、何でそんなに何種類も出ないんだよ!
もちろん本当にない時もあるでしょうが、たぶんですよ、たぶん、

(ドル安いなあ、チャート的にすぐ戻るだろうから、ここは在庫的に居留守を…)

てなことあるんちゃうん? とか思ったり思わなかったり(真実はわかりません)。
僕らはたとえ丸損してもお客様に売らなきゃいけないのにね…。
ま、ここも結局「読み」がよくないとなかなか勝てないっちゅうことですわ。
逆張りが成功して「ヤホー!」な時もありますしね。たま~にですけど。
by kinkenya-kobutu | 2009-12-08 08:35 | 古物商としての葛藤 | Comments(4)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク