人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
 
記念切手とダンボール
弊社に限らず、金券ショップは記念切手を買取ります。
ただお客様がお持込みになる「量」はバラバラです。

20枚1組のきれいなシートをいくつかお持ちになる方もいれば、
長い年月保管され湿気を含んだファイルから出したとたん「くりんくりん」と
丸まる切手をダンボール箱単位でお持込みになる方まで。本当にさまざまいらっしゃいます。

「ファイル内のくりんくりん」はツライっすよ。ホントつらい。
いや、会社的にはすごく助かるんです。儲けの大きな買取ですから。
ただ現場レベルでは素直に喜べないです。
あまりにも手間がかかって他のお客様にご迷惑がかかるから。

お客様が保管用に使用していらっしゃる「切手ファイル」が曲者で、
(空ファイルをお客様に)返却しないといけないから中身を全部出すんですが、
これがまさに小宇宙と化していて不思議がいっぱい。

なぜ台紙にくっついているの?
なぜさりげなく使用済み切手も混ぜているの?
なぜさりげなく「見本」を混ぜているの?
なぜさりげなく外国切手を混ぜているの?
なぜ何枚も重ねて入れているの?
なぜ「まず全部検品して金額を出せ、安かったらヨソで売る」とか言うの?
そしてなぜこのボリュームを目の前にして「30分ぐらいでできるやろ?」とか言うの?


楽な仕事はそうそう無いというお話でした。

あと、記念切手って付加価値(プレミア)の付いているものは非常に少ないですよ。
少なくとも金券ショップでの売却では期待しないほうが無難です。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-18 09:41 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
農協券で買えるのは野菜だけ?
農協商品券というのがあります。
全農が出しているもの、地元農協の発行のものと種類はいくつか出ているので
皆様の中でもご覧になった方がおられるのではないでしょうか。

私の中では、農協券は結構好きな金券にカテゴリーされます。
以外に用途が広いんです。

春は庭の除草剤を買いますし、
夏はすいかを買います。これがまた美味で。
秋は「幸水なし」を食べ、
冬は灯油。
そして通年、車の給油はもっぱら農協券で支払っています。
年中余すことなく使える農協券、けっこうイケてませんか?

でも高速道路のパーキングエリアにある農協スタンドでは
「ここは特別ですから現金のみのご利用です」とか言われるかも…
不覚にもまだ未確認です。だって高速内のスタンドやたら高いでしょ?
給油したことがないもんで。

天下り役人のサラリーが高額だからですかね。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-17 09:36 | 商品の説明 | Comments(0)
 
新券と旧券
金券も長い年月発行されていると、仕様が変更されることがあります。
去年発行が終了した図書券も、よーく見るとその年代で絵柄が微妙に違っていたりして、
観察するとなかなか興味深いものです。

ただ、絵柄が変わるぐらいならまだしも、昨今の金券は絵柄が変わるとともに
バージョンダウン」するものが多いんで、金券屋さんは困っています。

まず有効期限のついた券が増えた。
ゆうえんち券、ビール券、文具券。多分これからも期限付き券に移行するものは
どんどん増えていくでしょう。恐らく、以前触れた「商品券法による供託金」を
少しでも減らす意図があるのではないでしょうか。
(有効期限がないと、お客様の手元にある金券額面の半額を延々供託したままになるから)

「使えない条件」が増えた。
大手旅行会社の旅行券は、以前使えなかったものといえば定期券ぐらいだったのに、
平成15年ぐらいの発行分から新幹線の回数券が買えなくなっています。

また、ここでは詳しく書けませんが、発行会社側が支払いを遅延したり出し渋ったりして
使用可能店舗から総スカンを喰らい、実質使用不能に陥っている金券も…
まあこれは「バージョンダウン」以前のレベルですけどね。
発行するなら最低限の義務を果たして頂きたいものですが。

ポピュラーな旅行券、JTBのナイストリップについて少し。
JTB券裏に「JR回数券買えません」の一文がないものは九分九厘「旧券」です。
東京、大阪界隈なら97%以上で買い取ってもらえるので、
(買い取ったらすぐ仕入れで使います。殆どが新幹線回数券に化けます)
それより安ければ他の金券ショップに行きましょう。
「日本交通公社」表記のすごく古い券でも買取には不利になりませんので、
強気で押して大丈夫です。
ショップの店員さんがどんな表情で接客しているかはわかりませんが、
内心はきっと欲しくてたまらないハズです。
ホントは弊社にお売りいただきたいのですが…。めっちゃ欲しい。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-16 09:55 | 商品の説明 | Comments(0)
 
似ているようで違う券
UCギフトカードとKCギフトカード。

ナイスステイとナイスグルメ。

ナイスジョイと全国ゆうえんち券。


この3種類に分類した金券、見た目も使えるところも似ていますが、
それぞれどちらの方が金券ショップで高く売れるでしょうか。

答え 全部先に書いた方。

KCよりUCの方が利用可能店舗に魅力的な場所が多いから。
ホテルでの需要は「食事」よりも「宿泊」の方が圧倒的に多いから。
ナイスジョイは現地でUSJパスが買えるから。


券の性能を知るのは金券業者にとって基本中の基本。

性能のいい券 → 販売しやすい券 → 買取が高くなる券

となります。お分かり頂けたでしょうか。

もし皆様が利用方法の分からない券を持っておられたら、
金券ショップに持って行き、店員に見てもらいましょう。

「この券もらったんだけど、どこで使えるの?」と言えば
店員は恐らく、丁寧に教えてくれる筈です。
(忙しそうな時は遠慮してあげて下さいね)

そして「もし売ったらいくらになるの?」とか
「もし買ったらいくらになるの?」とか聞いた後、
「じゃ検討しときます」と言ってお帰りになればOK。
この方法なら無料で金券鑑定してもらえます。
勿論買い取り価格が高ければ売ってくださいね、一応私共も商売なんで。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-13 09:24 | 商品の説明 | Comments(0)
 
百貨店共通券
全国の百貨店が発行している「全国百貨店共通商品券」。
皆様も一度はご覧になったことがあるかと思います。
ビール券と並び贈り物としてポピュラーな金券として有名ですが、
「使用不可能」な券があるのはご存知でしょうか。

倒産した百貨店が発行した券は使えません。「一定時期」を過ぎれば1円も戻ってきません。
紙切れと化します
お客様に何の落ち度もないにも関わらず
本来1000円の代わりとして通用する筈の金券が無価値になってしまうのは
非常に腹立たしく感じますね。

専門的な話を少し。
逃げ道も多少あるものの、現金を徴収し代わりに権利行使できる額を明記した「金券」を
発行する会社は、券発行額(この場合は発行したけどお客様の手元にある状態の券)の
半額を指定機関に「供託」する義務があります。
(百貨店共通券には逃げ道はなく、絶対供託させられます)
だから倒産しても金券の一部は還付を受けられる可能性があるのです。
ただし還付には手続きと期限があり、倒産したら素早く手を挙げないと
やっぱり紙切れになった、となりますのでご注意下さい。

今「紙切れ」となっているのは、

上野(宇都宮)
丸正(和歌山)
大黒屋(いわき)
松菱(浜松)   *津にある松菱は使用可能です
松屋(大牟田)  *東京銀座、浅草の松屋は全くの別会社です


の5つ。皆様が今、全国百貨店共通商品券をお持ちでしたら、券表面の中央下にある
発行会社名をご覧下さい。もし不幸にも、上の5つの名があれば残念。
それは行使不可能になっております。

以前弊社にも誤って買い取ってしまった(丸正)や(浜松松菱)がございます。
買取後しばらく経ってから、私個人の引き出しに入っていたりなんかして。
私にだけ(十字架)背負わす同僚連中はホント腹黒いです。

ちなみに債務がかさんでいて、「この百貨店ヤバいんちゃう?」と金券業仲間で
囁かれる名前も知っていますが、
思い切り営業妨害になるので話せません。
マイナーな名前の百貨店券は、すぐに使うのがベターではないかと。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-12 09:33 | 商品の説明 | Comments(0)
 
払い戻しという選択
昨日の営業終了後、私の携帯に仕入れに行っている部下からの連絡が。

「お預かりした1000円オレンジカードに5000円オレカが混じっていて、
なぜかこの券が券売機に入りません」

…あのな、君もこの業界そこそこ長いんだから、
大昔に5000円と10000円のオレカが使えなくなった事ぐらい覚えておきなさい。

この高額オレカ、以前偽造云々の理由で使用不可となったわけですが、
金券的な価値は無くなっておりません。
JRのみどりの窓口で今使用可能な券(1000円か3000円)に交換してもらえます。
しかも今回のように5000円+付加300円のカードの場合、300円分のカードが
存在しないので、この部分だけは現金にて戻ってきます。これはちょっとお得です。

また、JR東日本にイオカードを持ち込めば無手数料でカード内残金を返してもらえます。
JRではありませんが、ハイウェイカードも払い戻しが始まりましたね。
(ハイカ使用期限は3月末まで イオカードは券売機でのみ使用可)
いずれのケースも、払い戻しの方が金券ショップで売却するよりお得になるでしょう。
(金券ショップでは全ての選択肢を認知しつつも、今使えないという理由で安く買い取るから)

前述の高額オレカやイオカードの場合、絵柄によってはプレミアがついている事もあるので、
払い戻しより金券ショップ売却より「鉄道ファンの店」などで売却した方がいいケースも
稀ですがあります。
いずれにせよ、いろいろ事前に情報収集した方が懐に戻る率は多いですよ。

とりあえず高額オレカのルールを知らなかった弊社スタッフには再度研修を行います。
ああ恥ずかしい、スタッフの商品知識にはちょっと自信があったのに…
by kinkenya-kobutu | 2006-03-11 09:32 | 商品の説明 | Comments(0)
 
もみもみ回数券
弊社には、近所のクイック整体で使用できる回数券が売っています。
1枚920円。10枚単位のまとめ売りで8900円。1000円額面の券だから
最高11%割引でマッサージが受けられる寸法です。

この券、弊社でしか購入できません。いわゆる「タイアップ」というヤツです。
こうした券はホント、販促に効果があると思います。

お客様は安く利用できる優越感が得られるし、券があるから他の店に浮気しないし。
発行企業様は回数券の受け渡し時に代金徴収できるから運営的にとっても楽だし。
弊社は新たな人気商品ができて助かるし。

金券ショップによる宣伝効果も結構すごいですよ。
お客様は消費する為の「理由」を探されているふしがありますからね。
口コミでどんどん券が売れ、店の名前も売れる…最高じゃないですか。

だからロッ●リア様、ハンバーガーとかが食べられる金券、作って下さいませんか?
マッ●カードやジェフグルメカードの様な、おつりの出る500円券希望。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-10 09:44 | 商品の説明 | Comments(0)
 
弊社の社長
昨日から、弊社の社長が東京へ出張に出ています。予定2泊3日。
任務はフランチャイズショー視察、新規事業立ち上げの為の研修、提携先との会合、
懇意にしている金券ショップへの挨拶まわり、情報収集、商品の仕入、売却等々…。
さすがに仕事内容が、私の出張時とは比べようもないくらい重大です。
しかし…

「往復のぞみグリーン」
「宿泊先新宿センチュリーハイアット」
「夜は連日宴会(しかも歓待を受ける側。)」


経費をたっぷり使っていたり役得もあるようですから、気の毒には思わないようにします。
でものぞみグリーンは「JR東海の株優」使っても高いのに…ブツブツ。
普通車(指定席)との差額払ってよ、ブツブツ…。

皆様、経費節減は大切ですよね、ね?
by kinkenya-kobutu | 2006-03-08 08:47 | 行動中 | Comments(0)
 
金券ショップの重要な買い受け先に、「クレジットカードでの購入者」の方がいらっしゃいます。
もうポピュラーになりつつありますので説明を簡略にすると

お客様がクレジットカードで金券ショップの望む商品を購入

金券ショップは持ち込まれた商品を超高値で買い取る

どこの金券ショップでも行っているサービスです。
近畿エリアなら、新幹線回数券かJスルーカードを指定する業者が大多数で、
お買取り価格は97%~98%ぐらいだと思います。

なぜお客様は3%程度も損して金券ショップを利用するのか?

支払いが最低でも翌月だから買取金を当座の生活資金などに使えるから。
カード利用ポイントで、ギフトカードなどの払い戻しが得られるから。
消費者金融の利用を躊躇する人が多いから。

理由は人それぞれあるようです。

毎月多額の換金に来られる方もいらっしゃいます。月々段々と買受け額面が増えて行き、
最終的にはお見えにならなくなる。そんな方に今まで大勢お会いしてきました。
パチンコの負けかも知れません。会社の運転資金かも知れません。
お体を壊されて治療費が必要なのかも知れません。
もちろん我々には知りようもありません。詮索も勿論しません。
我々はただ古物商として「身元確認」「偽造判別」「盗品情報参照」を行い
自らの商売の為、お買取りをするしかないのです。

お金ってホント怖いなと思う今日この頃。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-07 09:33 | 商品の説明 | Comments(0)
 
重すぎ
本日は店舗勤務ではなく、外営業でした。
とはいっても新規開拓などのそれではなく、出張買取に。

古物法上、「行商」といいます。何かお魚を売っているおばあちゃんを連想するのは
私だけでしょうか。
弊社の場合、先方(企業さまや商店主さま)から「取りに来て」とお声が掛かれば
都合を合わせてお伺いに行くというシステムです。

今日はいつになく大漁でございまして、しめて●百万也。
寄った件数の割りに結果が出せました。
野球で例えるならエンタイトルツーベースぐらい(分かりにくい?)。
ほくほく顔で帰社しようとしたところ…

「ビキッ」

荷物のあまりの重さに、腰のどこかが鳴ってしまいました。
何せ、

買い受けた金券(めちゃ大事)
用意したお金の残り(これも大事)
ノートパソコン(買受を公正かつ迅速に行う為 大事)
備品(輪ゴムの缶や帳票類、偽造鑑定グッズなど やっぱり大事)
札検数機(作業時間を早くするのに大事 しかし重くて高価)
自分の私物カバン(免許証と行商許可証以外はあんまり大事じゃないけど必要)


をいっぺんに持っているんです。そりゃあ脆弱な私のボデーは悲鳴あげますよ。
先方様にある程度置いておいて、何往復するわけにはいかないので
(先方様方で万一何かが無くなれば、それの損害は当然請求できない。
それ以上に今後出張買取のお声が掛からなくなるのが怖い)、

どうしても無理するハメになるんです。

台車が使えたらこんな思いしなくていいんですけどね。
今回の現場、昇り降りが階段でして…

とりあえずクイック整体で36分ほど揉まれてきます。
by kinkenya-kobutu | 2006-03-06 20:36 | 行動中 | Comments(2)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク