人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
カテゴリ:新米社長の悪戦苦闘( 651 )
 
もはや落語家と化してない?

古物商はお客様にお金をお渡しする仕事なので、

普通の物販とは一風変わった出来事が起こります。


今にして思えば笑い話でしかない事でも、起こった当初は双方大慌て、

双方エキサイトなんて「そこそこ」あったりして。

溜まるんですよね、「ネタ」が。もちろんお客様のプライバシーには

万全の注意を払っています。まあ殆どが「買取あるある」ですね。

おそらく同業者様にもいっぱいエピソードあると思います。

今日のお客様の査定もそんな感じでした。

まあ題するなら「新品同様と呼べる“範囲”とは」ですかね。

これは定番中の定番。お客様に過去のお買い取り査定と今起こっている

現状を並列でお伝えして、ウケた(納得された)ので無事成約できたのですが、

一歩間違えたらまずアウトでした(不成約&お客様がっかり&風評低下)。

あと買取査定中によくする「ネタ」というと、ざっと思いつくだけでも


怒らないから、というフリとオチ

上限と下限を言っても、上限しか残らない

動くって言い張る

過去の査定を記憶操作

あいみつブラフ大作戦

イケメンならいいのかよ

代替わりあるある

幸せになれますか?

情けはマジ人の為にならず

食べかけのバッテラ

横繋がりの“網”にまんまとかかる

片棒を担がせないで

ヤジ飛ばす人ほど実は欲しい

無償回復請求権って超切ない

お上も人の子

古物やってて“死んだ”と思ったベスト3

市場は理不尽

某世界的企業に嫌われています

結婚し出産し養育を無事終えた女性が束になるとどうなるか

ハイリスクノーリターンを依頼するメ●カリ族

認知症、同●愛、クレーマー…もはや数え役満


…無限にあるなあ。古巣関連と母介護関連除いてもこれか。

もし良かったら査定の時リクエストして下さい(誰得?)。

新ネタも日々増えていきます。だって渾身の力で仕事に向き合っているもの…。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-19 22:59 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
数手先まで呼んで師を守る元相方が素敵過ぎる点について

昨日は古巣の幹部会議でした。出席者は私含め6名。


まだ私が退職してから入ったスタッフで幹部会議に呼ばれたスタッフはおらず、

恐らく一番歴が浅い子でも8年目くらいかな…古巣は離職率低いかも。

有り難い事です。彼らがいなかったら私は独立できなかったから。

安心して後を任せられる状態じゃなければ、私も退社しなかっただろうし、

師も快く私を送り出しては下さらなかったと思います。


特に、長い間私とコンビを組んでいたK部長(現在スタッフ筆頭)は

本当に立派になりました。もう従業員の最後の方は

「あれ私よりK君の方が仕事うまくないかい?」という状態で、

競うというよりも私がブランド部門をやって、金券は一切合切彼に任せた方が

いいのではと思っていたくらいで。

だから彼に古巣を任せてさえいれば、私も要らん心配などせずとも

勝手に古巣はおっきくなっていくだろうとの予測だったわけですよ。


でもやっぱりちょいちょい、一応古巣顧問として気になる事も出てくるので

会議が終わった後、昨晩2人きりで話したんですね。

内容は詳しく書けません。まあざっくり言うなら「彼は昔と変わってないか」。

私の知っているK君とは別人だったら、また新しい関係を構築するしかないし

古巣幹部の必須条件、「いつも心に小さな師を存在させる」が現在もできているか

ちょっと確認したかったんですね。


会長(師)ならどう考えるか

会長はこのケース好きか、キライか」等を自分の脳内に飼っている(おいっ)

小さな会長”に問いかけ、会長の美意識に反する行為をしないよう

徹底できなければ、古巣の大幹部には到底なれません。


そんなわけでちょっと2、3個、K部長に質問してみたのですが…

まあよくできた弟子だこと。私にはそこまでできんな。絶対噛み付く(おい)。

師の意向を聞くまでもなく汲みとり、師の弱いところを把握し、

たとえ何があろうと師の思し召しには最大限寄り添う覚悟ができていました。

もうだいぶ“チケット商の深淵”が見えている筈、見えている以上“個”も出る

“我”も出るのが普通です。だってお仕事できるし数字作っているから。

それでも彼は番頭として、師を立てるべく日夜奮闘しています。


片や私は、自らが経営者であることを曲解して“我”、出しまくりやわ。

職権乱用に近い。「会社は公器」なんだからもっと丁寧な行動しないと…。


K君、これからも古巣と私をよろしくね。

どうかこの“へなちょこ顧問”もうまく活用してくれると嬉しい。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-17 23:48 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
受け入れられないケースと受け入れてもいいかなというケースは正直あります

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00024602-asahibcv-bus_all

ついに双方が訴訟ですか。フランチャイザーとフランチャイジーは本来

一心同体WINWIN関係のハズ。どうしてこうなっちゃうかなあ…。

十中八九、フランチャイジーが負けるのではないでしょうか。

で、それが正しいと考えます。3382(今回は)頑張れ。


本題。

私どもはお客様からお品物をお買取りするので、成約、不成約といった

「成否」があります。お客様には“無駄足”を踏ませたくないので

できるだけ100%の成約を目指すのですが…

私どもも商売、ボランティアではないし、お客様によって大きくお値段を

変える訳にはまいりません(常連様には少しだけ優遇しますが)。


普通にお店で買った方が安いくらいの高額要求、

壊れているお品物なのに、良品状態と同額での売却を希望される、

同業他店様を何軒も回ってから

一番高い店に戻ってさらにもう一段高い金額を求められる…


上記の感じだったら、

お買い取りできないですよね普通。残念ながらお断りしています。

丁重にお断りするんですけどね…普段なら。

でも「売り言葉に買い言葉」ってあるじゃないですか。

小説、マンガ(あとパチンコ)で人気の「花の慶次」で

有名なセリフがありますよね。


人には触れてはいけない傷みがある

其処に触れたら後はもう生命のやり取りしか残らない」(真田幸村)


まあお客様と命のやり取りなんて恐れ多くてしませんけどね(捕まるし)。

そこ、触れます? それ、言います?」という事はごく稀にあります。


正直にやる以外に商売のやり方を知りません。

正直にやるとどうしても食えないなら、師に店を返して商売は諦めます。


古物商はお客様にお金をお渡しする、いわば物販の逆をやる仕事です。

だからこそ、色々ありますよ、色々。頑張っているつもりなんですけど。


…あああの時、もっと丁寧な言葉を使うべきだった(大反省)。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-13 23:39 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
弊社の"まかない"は、食べ物でも飲み物でもありません

私は今まで、仕事にご飯がつく職場に就職した事がありません。


古物市場は昼食出ますけど、何らかのカタチ(資料代、入場料など)で

おカネ払っていますから、いわゆる

「まかない」みたいなモノではないです。私あこがれるんですよね、

「まかない」。まあ飲食業か「飯場(食事付き宿泊所利用の雇用形態)」

でもないと、ふつう食事はタダで付いてこないよなあ。

そして「まかない」は確か、タダだと「給与」になるハズです。

現物支給の類に見做され、「もしメニューだったらいくらか」を

税務署にガッツリ計算されます。そして修正申告…

何て世知辛い世の中なんだ。


だからいくら私が「まかない」に淡い幻想を抱いても、安易に

「今日からお昼に“まかない飯”を出すぞ~」なんて言えない訳です。

かといって毎回私の“おごり”では速攻で財布の中身が爆散してしまいます。

ああ、スタッフの同じものを食べて和気あいあいなんて年1の忘年会だけか。

なーんて思っていたのですが、弊社にもありました、“まかない”。

しかも税務署にツッコまれない系。


私、よくスタッフから「お悩み相談」的なものをよく受けるんですね。

ウチには2人(正社員1、パート1)しかいませんから、当たり前ですけど

欠かせない貴重なスタッフさん達です。だからいつも相談は真剣に聞きます。

私は現場大好き仕事大好きのワーカホリックです。月の休みがゼロでも

「あー、散髪行きたいなあ」とか、

「以前お世話になった紳士服屋さんで背広新調したいなあ」とか、

「ゆっくり背取り(他店様で商品を買って転売する行為)したいなあ」とか、

それくらい。母の室内徘徊(認知症の症状)にビクつく(気配消して接近)

くらいなら、会社(お店)で仕事していたいわーって感じなので、

普段からスタッフと居る時間がめっちゃ多いんですよ。

だからスタッフさんからの相談も長時間に渡ること、たまにあるんです。


まかない飯、食べ放題」は無理でも、

お悩み相談、し放題」なら弊社でも(というか私でも)できるかも。


今度求人した時書こうかな、「業務に支障がない範囲なら相談し放題」って。

3人ぶん全部引き受けたらさすがに業務に支障出るか…。

まかない相談始めました的な? 確かに「まかなう」には「とりはからう」の

意味もあるからな。ちょっと頭の隅に入れておこう(明記するかは置いといて)。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-11 23:43 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
こういう時男社員がもうひとりいると戦略的にも戦術的にもラクになるのですが

こういう時男社員がもうひとりいると戦略的にも戦術的にもラクになるのですが_f0064937_02253585.jpg

滋賀県警のマスコット、“けいたくん”です。

草津駅前に来てました。奇しくも弊社と同じ狸のキャラクター。

“中の人”は警察官なんだろうか。それとも外部の人なんだろうか。

NHKのプロフェッショナルで見たけど、くまモンは物凄く考えられた

キャラクターなんだそうだ。あの中身も地方公務員、けいたくんも同じ。

やってやれないことはない…?ともかくお疲れ様です。夏は大変でしょうね。


本題。

18日にイベントが被りました。栗東市と甲賀市で、今回どちらも外せません。

栗東はD女史の尽力で得たお仕事で、甲賀は私が開拓したお仕事です。

ここ数ヶ月は2人で甲賀のイベントをやっていました。

弊社は全員でも3人。そのうちパートさんは保育園からお子さんを

お迎えにいく時間があるので同行できません。


…ワンオペかあ(栗東の催事は元々D女史のワンオペ 甲賀は初ワンオペ)。

もちろんやり抜く意外無いんですけど、ちょっと不安だなあ。

何かあった時、かなり心強いんですよね。、2人って。

店もそうです。お手洗いはもちろんのこと、両替、複数同時接客、電話、

ちょっとしたイレギュラーでももう1人いれば概ね楽勝です。

ワンオペは経費的に楽ですけど所詮一人なんですよね。


もうちょっとワンオペでも対応出来る省力化のセキュリティ強化を

あと何日も無いけど考えなきゃいけないなあ。

マネキンさん(催事を手伝って下さる派遣スタッフの総称)呼ぶのもなあ。

うーん、どうしたらいいか…。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-10 23:57 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
もう最近、加盟店だらけですね

https://cashless.go.jp/

最近、街のあちこちで見るようになったコレのポスター。


弊社も4755のキャッシュレス決済をやっている兼ね合いで

コレが始まってからしばらくして何とか始めることができました。

販売が伸びたかと言われたら「うーん…?」てな感じではあるけれど

キャッシュレス決済自体は凄く伸びました(その分現金決済減った)。

5%はデカいよね。で、零細企業の私どもにもありがたいこの制度、

今さらですが今年6月まで財源って保つの…?


財務大臣は確か「予算が底をついてもその時点で制度を止めることはない」

と仰っていた。私の脳みそ程度ではこの5%(2%もあり)の還元が

9ヶ月でどれだけ行くかは想像できない。

無い袖は振れないような気もするが、あと半年、何とか持ちこたえて欲しい。

そして還元が無くなってからの商いがいったいどうなるのか、

そっちの心配もしなくてはいけない。

いわば「ドーピング」でしょ。いくら5%でブーストかけても

いずれは息切れするのが関の山。今のうちから7月以降も

お客様のご用命が頂戴できるよう、準備しておく必要があるでしょう。


今から気が重い…。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-05 23:12 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
今のご時勢なら従業員の方が絶対得なれど、それでも経営者やっていたい今日この頃

いま50歳になって振り返って見ると、私のキャリアはそのほとんどが

中小企業または零細企業の勤め人で、転職歴も多めです。

終身雇用に憧れがあったわけじゃないものの、ビビりで屁垂れのくせに

自分を曲げる事もできず社内で衝突をしては飛び出し、

大バトルをしては抜け出し、を繰り返しておりました。

恐らく師(金券)にあのとき拾って頂いていなければ、

私の人生は間違いなく一切陽の目を見なかった事でしょう。

そんな私の前に現れた仏様のような師の元も、私は離れてしまった…。

独立して収入も休みも減りました。ここで散々書いてきた

コンビニフランチャイザーの加盟話を鵜呑みにするオーナーにも非がある

的な話も、何のことはない私も長時間働いてるやんレベル。

つまり、人の事など何一つ言えない立場なんです。


一方、経営者は従業員より自由が効きます。過半数の自社株を持っていれば

年老いたからといって身を引く必要性もない。

よっぼよぼで全く戦力にならなくても大きな顔で会社に居座れる…

まあ私は「仕事で通用しなくなったら引退」を掲げておりますので

“老害”にはならないであろうと思っているのですが…。

もう60歳で定年だとしたら、丸10年切ってるもんね会社勤めも。

そんなの勿体無くないですか? 60くらいなら問題なく普通に現役、

70歳過ぎてから「ちゃんと体動くか」チェックでもいいと思う。


1日でも長く経営できるよう、これからも精進を重ね、

甘味を控えるようにいたします。だって経営者、ずっとやっていたいもの。

もう師以外の人に仕えたくはないわー。


by kinkenya-kobutu | 2020-01-04 22:30 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
今年最終営業日です

本日は「かおっとくさつ」2019年営業最終日。そしてヤフオク出品日。


フルメンバー(といっても3人ですが)で挑みましたが…大変でした。

今はもう閉店30分前ですからお客様も誰もいないのでのんびり

ブログなんぞを書いておりますが、今日はレジの数字以上に忙しかった。

支払いとか年末の挨拶だとか、とにかくイレギュラーが目白押しで。

お買取りや販売のご用命は大歓迎なんですよ?

ただお金にならないイレギュラーが多すぎる…これが年末なんでしょうけど。


今年も弊社ハピネスポッド及び直営店「かおっとくさつ」のご愛顧、

誠にありがとうございました。御礼申し上げます。

2020年は東京オリンピックがあります。真に危惧すべきなのは

オリンピックが終わってからの消費の冷え込みだとか言われていますが、

買いたいものが何もないなら、ぜひ古物商にご不要のお品物をお売り下さい。

不景気であればあるほど、古物商は元気です。

仕入れ(買取)も転売(販売)も、どんどんやっていくでしょう。

だって私どものマーケットは、世界ですから。

まだまだ日本には「ゴミ」として処分される「お宝」が

ゴロゴロ眠っています。それらに光をあて、価値を見い出すのが古物商。

これからもあらゆる可能性を模索し、リサイクル、リユースをもって

社会に貢献、還元していきたいと思っております。


2020年も何卒よろしくお願いいたします。


by kinkenya-kobutu | 2019-12-27 20:04 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
意外にテンパってました

12日に古巣に招かれたのが2019年最後の忘年会だとばかり

思っていたのですが…幸運にも今晩もう一度ありました。

意外にテンパってました_f0064937_02173886.jpg

尊敬して止まぬ同業者様とのサシ飲み(モンテローザ系)。

飲み放題の方が良かったかな…お手軽居酒屋のハズが結構使った。

まあこの方との語らいなら料金が倍でも水でも大歓迎ですけど。

きっちり割り勘、経費使わず。勉強料とすれば明らかな激安。

ちょろっと教えて下さった話なんか東証一部の巨大企業が

ヨダレ垂らして導入しそうな慧眼としかいいようのないアイデア。

その道で食べていけそうだわ…うらやましい限り。

本題。

意外にテンパってました_f0064937_02180835.jpg

コレは弊社で使っているipad。銀色が初期型。黒カバーはminiの1かな。

初期型は基本クレカ端末として持ち出さず、miniは出張用やインスタグラム、

フリマアプリなんかに活用しています。

今日はお客様の来店予約(販売)があったので、電池が切れかかっていた

初期型をバックスペースで充電していたんですね。

さあそろそろお約束の時間だ、充電これくらいなら大丈夫だろう…あれ?

初期型を手に取ると、明らかにいつもと違う。

「パスワードとID(だったかな)」入力して下さいときた。

えー、これなんだっけ…えーっとえーっと、思いつく限りのパスワードを

入力しまくってたんですがどうしても起動しない。

いやもうすぐお客様きはるから、洒落になってないよ。

めっちゃくちゃ焦りました…が、私にはこんな時の秘策が。

こんな事もあろうかと、miniにもクレカ決済アプリ、ダウンロードして

いたのです。こっちでクレカ決済アプリの管理画面出せばいいだけ…

どれどれ…はぁ?


「かおっとくさつ」のショップコードどパスワードは通ったのに、

ユーザIDとパスワードなんて、今まで入力したことないよ?

あわててパソコンでも管理画面に入り、「よくある質問」を読んだのですが

よく分からない。するとPC画面にチャットが出てきたので

「ユーザIDってなんぞや?」的な質問をしたんですね。そしたら

「ショップコードとパスワードを入力して…」と来たから、

「それはもうやってます!!」ってちょっとキレましてね。

後でよーく見たら確かに正解だったんですけど、わかりにくくて。

それでなくともイレギュラーで頭パニクってるんで冷静な判断が

全くできなくなっている…何度も何度もオペレーターさんとやりとり

してから何とかログインできまして、カードリーダーとプリンター、

非接触プリカ検知機をブルートゥースで繋いで何とか終了。

お客様をお待たせすることなく無事代替機にすることができました。


…結局、常連様は今日のご来店をキャンセルされたんですけどね。

今のminiが壊れた時用に、私のスマホにも決済アプリ入れとこうかな。


by kinkenya-kobutu | 2019-12-26 23:25 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
マニュアル遵守かアドリブ全開か

ある同業者様(代表は顔見知り)が、また同業を傘下に収めるらしい。

これで何度めかな。もう何社も吸収してる。そして先様流の改革は

概ね良い方向に進んでいるとの事。元々代表は過去1度しか会った事のない

私すら覚えていた(しかも場所まで)ほど記憶力の良いお方。

元々は官僚だったらしいし、相当お仕事がお出来になるのでしょう。

うらやましい…私は弊社ひとつ経営するだけでヒーヒー言ってるのに。


本題。

私どもは古物商ですので、毎日いろいろなものが持ち込まれます。

弊社はここで何回も触れた通り、貴金属とブランド品の売買が生業です。

ただお持ち込みされればいろんなものに“挑戦”します。


昔のゲーム、

カメラ(フィルムカメラはライカ以外結構厳しくなっています)、

古銭(昭和から平成の記念硬貨は厳しいです)、

あと骨董ね。市場も入っていますので「さわり」くらいは分かります。


ただ本当にいろいろなモノが持ち込まれるので、正直、

(えっ、これをお買い取りするの…?)と絶句してしまうお品物も

あったりするんです。私は無駄に業界歴長いんで、ここで

こんなの持ってきちゃダメだよ」と突き返したりはしません。

例えお買い取りが不可でも、無価値でも、お客様を責めるような発言は厳禁。

出来る限り何とかしようとは考えます。ネットで調べたり、同業者様に

LINEor電話して何とかならないかと相談&質問してみたり。

まあそれでもお買い取りをお断りせざるを得ない場合がほとんどです。

どうしても転売できない等々。そんな時はどうするか。

ちょっとだけお値段つけてお買い取りするんですね。

だいたい「弊社の専門とは大きく違うお品物」をいきなりお持ち込みに

なるお客様は年配の方が多いです。

もし大きな査定品を持って弊社までお越しになり、

これは弊社では買えません申し訳ございません、ってなったら

どうなりますか。ご不用品を自宅に戻すのがまず一苦労ですよね。だから、

「次はお買い取りできませんのでこのお品物は今回限りに…」とご説明して

「損から先」でもお値段はつけます。

「タダ」にしちゃうと色々と危険です。

でもこの気遣い接客が「ここまではOKなんだ」という道標になり、お客様は

延々ご自宅からご不用品を集めて持ち込まれます。それはもう何回も何回も。

そして「前お約束しましたよね。今回限りでもうお買い取りしないと」と

こちらが申し上げたらもう修羅場ですよ。「遠くからわざわざ来てるのに!」

もう激昂されちゃってどうにもならなかった事が過去2度ほどあります。

思い出してもアレは理不尽だったなあ…いろいろな面で。


買い取りの「線引き」は本当に難しい…マニュアル通りに全て

買い取れません買い取れませんと言ってしまえば店の評判はさがります。

でもお客様の要望を100%聞いてしまっては殆ど利益は出なくなる。

難しいところです…。


by kinkenya-kobutu | 2019-12-25 23:33 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。値段交..
by kinkenya-kobutu at 20:52
↑ お疲れ様です。いやい..
by kinkenya-kobutu at 20:51
↑↑ ↑  お疲れ様で..
by kinkenya-kobutu at 16:51
↑コメントありがとうござ..
by kinkenya-kobutu at 16:22
↑ お、お疲れ様です。い..
by kinkenya-kobutu at 12:46
↑ ご指摘誠にありがとう..
by kinkenya-kobutu at 21:01
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ とりあえず安いよりは..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 21:20
↑ その通りでございます..
by kinkenya-kobutu at 13:36
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク