人気ブログランキング |

中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
カテゴリ:古物商としての葛藤( 1928 )
 
参加する事に意義がある…ちょっと燃えてきた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000010-mai-soci

ケースワーカーと生活保護者のあり方について考えさせられますね。

加害者に脅されて犯行を手伝った市職員の苦悩はいかほどだったろう。

警察に相談? 同僚に打ち明ける? 言わせないように圧力かけるのが

「それ専門」の奴らの手口。そんな単純じゃないって。

せめて異動願いが聞き届けられたら良かったのに。市職員には温情判決を。

そして報道の通りなら2人の死に関わった主犯にはぜひとも厳罰を。


本題。

明日はいよいよ、チケット商の宴「梅田会」です。

すっげー楽しみなんですが、ちょっと参加人数がいつもより少ない。

なかなか皆さん忙しいのでしょうか、切ないものです。

どーせなら、有益な情報でも出しましょうか、当日私が(出したくはないけど)。


遠くからお越しの同業者様の為にも、

幹事を引き受けて下さった先様への感謝を、何かカタチにしなくちゃね。


「あれ欠席? 残念でした」にしたい。絶対したい。だって梅田会なんだから。

盛り上がってナンボでしょ。「有益情報」がショボかったらすんません…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-14 18:56 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
とりあえず甘く見ない、こちらからはケンカしない。そして狙うは…

今日とある同業者様(かなり後輩 大手の従業員さん)が、

他部署の人が、○○(同業者様の持ち場古物)なんて簡単にできる、

とか思ってて腹立つ。本当は奥が深いのに」と、憤慨されていました。


まあ、「あるあるネタ」ですよね。古物に限らず、他部署の仕事は汗をかく

力仕事でもない限り、「アレ楽そうだなあ」って思われがちです。

で、自分の仕事はキツくて難しい仕事だと思う。だって日々精進してるから。

でもこれは「お互いがお互いの仕事に就いてない」事による認識不足で、

仕事なり部署なり作業なりを「かえっこ」すれば、万事解決しやすい。


特に古物はこれ、ひどいですよ。部署間の認識と温度差がハンパない。

私は店頭もやっていますが、本業は経営者で仕入を担うバイヤーです。

古物市場と呼ばれる「競り」では、全国から集った凄腕の買い手とやりあいます。

ま、ほとんど負けますが…それでも買い手として競りの空気を吸ってる者は

店頭しか知らない他社の鑑定士と比べるとアンテナの立ち方が明らかに鋭い。

店頭に査定でお持ち込み下さるお客様と違い、プロのバイヤーは油断も隙もない。

だいたい毎月15日も20日も古物市場を回っている買い手なんか化け物です。

反応速度がニュータイプ並み。そらー私なんか「踏み台」にされますって。

そんな知識も経験もズバ抜けた、言わば社の代表選手として競り場に行ってる

バイヤーに、店頭スタッフは辛辣だったりします。

大手とかでもそうですよ? 大手で前の席に座ってるバイヤーなんて年に何億とか

買い付ける凄い人揃いなわけです。考えに考えて槍を突き(応札すること)、

悩んで悩んで商品を仕入れてくるのに、現場は


なんでこんなの買ってきたんですか

なんでもっと安く仕入れてこないんですか

なんで現場の意見、無視するんですか


そら、殺意湧きますわな(弊社じゃないですよ、弊社は今理解してもらえてます)。

それ言ってる大手現場の子らがどれだけ仕事できるかは分からないけど、

下見会場、そして競り場では後ろから拝見する限りの当該バイヤーさんは、

一所懸命されてるよ。現場で「いい品物入荷しねえかなあ」なんて待ってる

現場スタッフに、あの鬼ばかりいる鉄火場の苦労など分かるものか。

欲しいなら店頭買取強化して自力で仕入れろやと、先様バイヤーさんに

代わって私が言ってやりたかった。


で、ここで本題。

こうやってブランド商(骨董商や家電、家具、自転車とかもそうかな?)は

手競り(現地で実際に競合すること)」の現場がたくさんあるので、

他社と深い部分で交流できるんですよね。そりゃ犬猿の仲だったら

双方出入りする市場には行かなくなるでしょうが、大抵は市場に「商材」が

ある限り、誰とケンカしてても商売は別、という事なのでしょう。

私はブランド商(皮革ゴム製品商、時計宝飾商、美術品商と道具商)になって

久しいのですが、魂はまだチケット商(金券屋)です。

だからすげえ嫌いな業者が競り場にいたら、その市場には行かないかな。

商売は商売で別だとしても、嫌いな人に神経が持って行かれて競りができない。


で、そのチケット商なのですが、入札やネット上の競りは存在しても、

直接顔を合わせて応札する、手競りはほとんど存在しません。

金券組合内での寄り合いや勉強会、総会、忘年会はありますが、

ブランド市場のような頻繁な顔合わせはないのが実情。

額は大きいけど「率」が少ないですからね、金券は。そしてコンディションで

価値にそれほどの上下がない。だから目視検品しなくていい。

そらー、手競りにはなりませんわな。

この辺だと思うんですよね、チケット商が今イチ盛り上がらないの。

ほんと、店だけみて「ここは全然ダメだ」っていうチケット商の多いこと。

確かに賑わい、来客数、雰囲気は店の外で張ってれば分かるでしょう。

でも、それが全てじゃない。ネット売買もある、業者間取引もある、

大きな組織からの入札などは全くのクローズドで目視できません。

私も所属する「梅田会」はありますが、あくまで業界のごく一部。

なにかもっともっとチケット商が集まって、商売のことを真剣に話し合う

機会が設けられないものか。もー好きとか嫌いとか、隣に店あるとか

わかりますけどここはひとつ、「相手のノウハウパクったろ」位の気持ち

プラス、「俺はこれくらい前を見据えてるぞ、どーだスゴいだろ?」

くらい啖呵を切って欲しい。それでみんなが「なにくそ舐めんなよ」と

奮起してもらわなくちゃ、チケット商の未来は危ういと思います。


一人で考えて「正解」まで辿り着けるチケット商なんて、全国に3人?

4人? それくらいでしょ。あとはなんとなく立地がハマッたか、

お化け商材がハマったか、それくらいじゃないですか。

ホリエモン氏は自分がプロデュースする飲食店のデザインTシャツを

インスタグラマーに買ってもらって、ある意味タダでお店の宣伝が

拡散する仕組みをやってるみたいですよ(違ってたらゴメンなさい)。

別にチケット商のユニフォームが超カッコいいTシャツで、

切符や商品券売ってる横でそのTシャツ売っててもいいじゃないですか。

それ着て街を闊歩してもらうだけで無料広告塔(しかも動く)ゲット。


たぶん私も含めて、チケット商みんあ頭が硬くなってるような気がする。

とにかく一度、集まりましょ。組合非組合関係なく。

そして議論ぶつけて刺激もらいまくりましょ。梅田会だけじゃない、

東京でやっても北海道でやってもいいじゃないですか。

今の今ならSNSで複数の飲み会繋げることもできないですかい?

他社を憶測で考えず、甘く見ず、下手に出ていいところを勉強させて

もらうくらいのスタンスで、皆さんぶつかってみましょうよ。


幹事ノブやれって? 無理ですがな招待者選ぶ時点で胃潰瘍確定だよ…。
by kinkenya-kobutu | 2019-06-13 23:39 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
経営にこんな落とし穴があるなんて不覚

今朝は何気に、会社が潰れないまでも大きく傾いてしまいそうなレベルの

大ピンチがやってきました。私はちょっと想定してなかった系でした。

ネットと電話が繋がらなくなったのです。ああ、そんな事かと思うでしょ?

会社のネットが繋がらないとめっちゃヤパいんです。


ネットバンクからお金動かせない、

ヤフオクの入金が確認できない、

ヤフオクの納品書が作れない、


相場やネットでの売れ具合を確かめるのに時間が掛かる(スマホで代用)、

HPがいじれない、メールも見れない、お客様からの電話が取れない、

ある程度の機能は私のスマホで出来ましたけど(ヤフオクストアの閲覧)、

サイトサービスを受けるためのパスワードがPCからしか見れず、

とりあえずネットを繋がないとどうにもならない脆弱さも露呈しました。

で、NTTさんがフレッツ光とひかり電話を直してくれたの、

いつだと思いますか?

回線につながらないと分かったのが朝の8時半。

ビル管理の3セクと私からNTTに修理依頼して来てくれたのが

13時か14時くらいだったかな。で、直ったのいつだと思います?

21時っすよ。もー営業終わっとるっちゅーねん。

まあ機械もんやから、こんなに困難な時もあるでしょう、

でもねー、ウチを含む9店舗(うち2個は古巣の本部と本店)が

朝から晩までネット繋がらなかったんだよ? 修理に7時間かよ。

これ、NTTに被害分請求してもいいと思うんですが…。


ま、被害を受けた他社様が何かアクション起こしたら、

私も続こうかな。頑張って下さった現場作業員さん達には申し訳ないけど、

酷い経営者&管理者を見てるとイライラすんだ…仲間だろーが。



追伸

同業者様から「緊急用にWiMAXを導入してみては」とご提案頂きました。

ちょっと真剣に考えたいと思います。あったほうがいいよなあ…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-12 23:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
確かに経費使っただけで「あー今日は仕事したした」感出す人いるよねwww

経営とはやたら、お金の掛かるものです。

人を雇えば人件費や交通費がかかる、家賃や光熱費、必要な消耗品や税金は

払うのが当然ですけど、リース料や広告代、商店会費や福利厚生費、

保険代(私の生命と火災/地震と社用車と盗難は入らないわけにはいかない)が

結構バカにならない額で掛かってしまいます。

「おお、今月(の粗利)はちょっと内部留保に回ったかな?」とか

POS月報見て微笑んだら、税理士のセンセに帳票類渡す時には

てんで残ってない、なんてしょっちゅうあります。

そんな中、懇意の同業者さまはこんな事をおっしゃっています。


経費使って(仕事したー)とか言う人は、変。お金払ったらお客様やん


深い言葉です。さすがに人件費払って「こちら(経営者側)がお客様」

とはならないでしょうが、象徴的なものを挙げるとすれば

広告宣伝費。SEO対策でもその手前のホームページ刷新でも

新聞折込でも各メディアのCMでも、ほぼ絶対お金が要ります。

もちろん安くはない広告を打てば、反響は必ずお店で集計を取っています。

やめるとなると、この反響を捨てることになる…どうしても心配になる。

だから広告宣伝は非常に難しいんですよ、年間経費の配分的に。

でも先述の先様はこうもおっしゃいました。


ウチは広告費ゼロですけど、お客様いっぱい並んでいますが?」と。


ぐぅの音も出ませんよね…だって確かに、広告ゼロで多数のご来店。

つまり要は、「経営者は財布の紐を解く前にすることあるやろ」という事。

そんな正論で突かれたら、私そのうちバクハツするからね?立場無くて。


まあ「金払ってラクしてんじゃねえ!」とか仰りたいのでしょうな。

耳が痛い、耳がいたいわ~。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-11 18:55 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
50歳目前で、取引先の幹部から叱咤を受ける社長ってどうなのよ?

今日突然取引先の営業さんがやってきて(普段来る曜日と違う&アポ無し)、


ちょっとボス(所長)がノブさん(私)と話したいらしいんで


と言い出しました。え、貴方めちゃめちゃ忙しいでしょ?

ボスから直接、店なり私の携帯なりに電話したら済むやんか。

なぜ電車賃と貴重な時間使ってメッセンジャー役するの。

百歩譲って営業さんから電話かLINEで「ボスから電話あります」って

言えばよかったのに…たぶん、私が忙しいかどうかの確認も込みだろうな。

変なところで繊細なんだから、ボス(長らく仲良くさせて頂いてマス)。


しばらくして、ボス(以下所長で)から電話。

お久しぶり~

営業さんの携帯を借りて電話を受けているんですけど、所長声デッカいから

営業さんにも話し丸聞こえ状態。ナチュラルスピーカー機能みたい。

もちろん耳、ごっつ痛いんですけど…。


内容は守秘義務もあるのでボヤっとごまかします。結論から言えば、叱咤

取引先から叱咤される経営者ってどうなのよ? とは思ってしまいますが

所長は大先輩(キャリア的にも年齢的にも)。そんな先達から、

しかも他社の幹部から叱咤を頂けるなんて本当にありがたい事です。

しかし、頂いた金言を「反映」するのは実際のところ、ちょっと困難です。

勇気」と、私が師から受け継いでしまった(失礼)「美意識」が絡みます。

でも、ネジ巻かれちゃったしなあ。無視もできんし実行も躊躇う内容だ。

どうなんでしょうな…ちょっと気合入れて、やるしかないんかなあ。


10月で50歳とは思えないメタメタぶりよね…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-10 23:25 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
業界の(一応)後輩が、勇気を振り絞って業界に一石を投じた件について

https://www.youtube.com/watch?v=Rj0drGEFQDE

youtubeで超有名な遊楽舎の店長さんの動画です。

私も店長さんと同じコンシューマーゲーム→アーケードゲームの業界人

でしたから(店長さんは私の逆でアーケード→コンシューマー)、

話の内容はよーくわかる。


私がアーケードやってた時はそれこそ基盤交換で別作品に換えられたし、

汎用性の低い車ゲーや大型筐体でもソフト変えられたものが多かったから

そこまでゲーセンの負担は少なかったと思う。

私が現役の時は「ストⅡターボ」「ガロスペ」「キングオブファイターズ」、

そして「バーチャ2」と対戦格闘が全盛期でしたから、

ちょっと格闘ゲーム大会とかしたら恐ろしいくらい人が集まってた。

ボロ儲けしてたんと違うかな(当時のオーナーですよ。私は…)。


今のゲーセンって、ほんとしんどそう。今は近くを通れば入るくらいで

滅多にやらないですけど、どーしても見ちゃいますね。

あー今はこんなのが流行ってんだとか、客層はこんな感じなのねとか。

もっかい業界入ろうとは全く思わないですけど、気にはなるんです。

だって日本が海外にも負けない産業ってマンガとアニメとゲームでしょ。

その一翼を担うゲームが今、滅びようとしているんですよ。

このままじゃゲームセンター業界は潰れます。要らない? とんでもない、

結構産業としてゲームセンターは必要ですよ。

ヤンキーがたむろして風紀を乱していたのはもう過去の話。

いまゲーセンの主力って高齢者ですし(メダルゲームの方ね)。

だいたい大型の商業施設行って、ゲーセン流行ってるところは大体強い。

土日満杯になるならどんなライバル施設来てもそうそう負けないと思う。

土日満杯になるモール内ゲーセンって、若い家族連れが多いんですよ。

そらーお金使って下さいます。めちゃめちゃ有望ですね。


…で、ここでようやく本題です。

最初に触れた遊楽舎の店長が動画で、名指しで「ダメなゲーム制作会社

を糾弾しています。これ、ご本人も仰ってますけど、とんでもない危ない

告発です。どれくらいヤバいかと言えば、

3382のフランチャイジーがフランチャイザーの悪どさを公に糾弾

よりは若干マシくらい。さすがに3382FCが楯突くのはヤバすぎます。

本部がすぐ「ドミナント売上グラビデFFネタだけに)」唱えますから。

グラビデだけなら死なない筈なんですけど、

SV人でなしバイオ」も同時詠唱ですし(わかる人だけ笑って下さい)。

そらー潰れる。跡地がデイサービス施設や家族葬会場に変わっちゃう。


9684が仮に、この超有名店長に何かあからさまな圧力をかけたら

四方八方から会社が責められますから、たぶん大丈夫でしょうけど、

それでも勇気ある行動です。

恐らく…というか間違いなく、店長さんはゲーム業界が好きなんでしょう。

このままじゃいけない、店側もメーカーの金づるに成り果ててはいけない、

イエスマンになってはいけないという部分と、

もっとメーカーも開発や運営をしっかりしてもらって、

店側の利益とファンの権利を守ってよと言いたいんでしょうな。

ええ、ゲームをしなくなって6年くらい経ちますがよーくわかります。


上場企業なのは理解するけど、株式会社が誰の為にあるかは知ってるけど、

株主にだけ尾っぽ振るなら今すぐ上場廃止しろやって。

誰の為に会社があるのかといえば、筐体にコイン入れて下さる

ファンの皆様が支えてるんとちゃうの?

そらー7974の山内元会長の時(コンシューマーですけど)は

鬼ほど「クソゲー」出ましたわ。初心会(詳しくは各自調べてね)絡みで

死ぬほど抱き合わせ喰らいましたわ(お客様には出来ずとも店にはやる!)。

でもあの頃は、挽回できるチャンスもいっぱいあった。今は違う!

本当に良いもの、お客様が満足するものしか生き残れない!

開発の不手際も、運営の下手も、全部店とお客様に負担すんのかという話。

少なくとも「近江商人の三方よし」では絶対ないよね?

開発費用回収することだけが仕事じゃないよ。わかっている?9684よ。

今は関係ない業界なのにだんだん腹が立ってきた…。


で、店長さん「ロクでもない企業」と動画冒頭で仰ってるんで、

9684ともう一社あるのは分かっているんですよね。

で、ゲーマーやゲーム関係者、疎くなってる私ですらコレはどこか分かる。

店長さんが「6460」と「7832」は信じてる、とわざわざヒントくれてるから

9766」しかないでしょうな。でもこれ店長ぶっちゃけるのだろうか。

店長さんの主力事業はカードゲーム。カードゲーなら「アレ」は外せない。

アレの生殺与奪って、原作者サマか9766しか持ってないよね…?

「やる(動画UPする)かどうか、分からん!」と仰る店長さん。

でもここまで言っちゃったら上げるしかなくないですか…?


ご無事を祈ります。どんだけ頑張っても、古物商は二次流通。

「水源」には勝てません。彼らがダムで堰き止めたら終わり。

24年の古物キャリア、いろんなことがありました。

おしっこチビるくらい怖い「トールハンマー」がありました。

製造元は怖いです、そして尊いです。彼らが創造して下さらなかったら

私どもが「2回転目」を起こせないですからね…でも酷い、そんな話です。

だらだら書いてしまってすみません。次からはもうちょっと纏めます。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-09 21:57 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
微笑ましい会見で思い知る、お笑い芸人の技量力量

昨日の山里亮太さん蒼井優さんの結婚会見。結局動画サイトで全部見ました。


山里さんは「正式に」という事を重視して会見を開いたとの事ですが、

どう考えても第一級のエンタテインメントでしたね。面白かった。

私は「心斎橋2丁目劇場」世代なので、お笑い(特に関西)が人一倍大好きで

こんな介護と経営でベロベロ状態であるにも関わらず、意外にお笑い芸人さんが

出ているテレビ番組はチェックしていて、見ていたりします。

山里さんとしずちゃんが組んでいる「南海キャンディーズ」も当然大好きで

世に出るきっかけになった2004年のM1決勝(準優勝)も

当時リアルタイムで見ていて、「これは凄い人出てきたな」と思いました。

そして数年経って、漫才は「ボケよりツッコミのキレが重要」になってから

山里さんの評価はグングン上がり、ピンの仕事が増え、脚光を浴びるように

なってきました。そんな中私が思ったのは、


相方がしずちゃんじゃなければ、漫才で1番取れたろうな)という事。


確か引退した島田紳助さんも同じようなこと仰ってましたね。

天才的な山里さんのツッコミをしても、しずちゃんでは限界がある…

コンビ解散でも休止状態でもええんやない…とか思ってたら

昨日の会見ですよ。結婚された2人の仲を取り持ったしずちゃんですが

昨日は特に、大活躍。しょーじき、


「あれ、しずちゃんこんなお笑い上手かったっけ?」と思いましたもん。


たぶん山里さんとだいぶネタ合わせしたのかもしれないですけど、

昨日の会見はしずちゃん無しでは成立してたかどうか。

見直しましたよ、しずちゃんも、やたら男前になった山里さんも、

そしてこちらもあまり好きではなかった蒼井さんも。料理うまいってさ。

素敵でしたねー。ほーんと、心から祝福できるカップルです。

末永くお幸せに。やっぱり男は、仕事ですよねー。

でも何気に山里さん、「高学歴高身長高収入」なんですよね。

それであれだけ頭切れて努力家で真面目だったら…そりゃあ、ね。


ああ、私とは圧倒的に違うなあ~ともかく古物だけは全力で頑張ろう。

女優でなくて全然いいから、真面目で「私でも良い」という伴侶が

見つかるまで…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-06 23:44 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
震えてる手、大丈夫? 取って喰うわけじゃないから落ち着いて

今日は寄りたいお店があったので、すごく久しぶりに介護が終わってから

車で出かけました。

そこは車で約10分のところにあり、私が相当前から行き慣れているお店。

とはいっても1ヶ月以上はご無沙汰かな。商品のラインナップが少し変わり、

見慣れないスタッフさんもおられました。最近入ったのかな?

30代から40歳くらいまでの男性です。私が欲しいと思ったのは

陳列ケースの中にありました。店員さんを呼んで開けてもらいます。

「すいません、ちょっと」

寄ってきたのは件の新人さんでした。

「ええっと、はい。かしこまりました。少々お待ちください…」

丁寧な接客です、ヒアリングは今イチだけど、怒られるレベルじゃない。

応対スピードが遅いのも許容範囲。間違えるよりずっといい。ただ、

終始キョドってました。よく見ると、手がかなり震えてる。

別段私が怖いわけじゃないと思うんですよ。

たぶん彼は、接客が常震え状態なんじゃないかな。

店長さんが少し離れたところで見ているんですけど、手取り足取りではない。

陳列ケースから出すときもレジ打ちも、支払いの応対もずっと震えてる。

店長さんは昔から知ってますから大体のテンションは読めていて、今日は

「もーそろそろちゃんとやってや?」的な間合いでした。

恐らく向いていない。でも「アンタ向いてない、辞めや?」という

話はしにくいし、実際問題として人不足は深刻だ。

それこそ適正とかやる気とかを測るより前に「最低限のモラルはあるか」を

厳しくチェックして、それでシフトを回す方が大事ですもんね。

新人を十分見てあげられる環境がないと、育てのリスクだけが増大して

最終的に運営側がパンクすると思います。

難しい世の中になってきました…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-05 01:51 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
小さい方が良い時もあります

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00010001-bfj-sci

これは…強烈なイメージダウンになりましたね。恐ろしいの一言。

会社がデッカくなるとこういうことも起きますよねー。

似たような事例があっても、ガマンにガマンを重ねる人もいれば、

言いたいことは120%言っちゃう人もいる。

でもこのツイート通りの内容なら、何らかのハラスメントで間違いない。

表向きは法順守するけど本音はソッポ向く」大企業は

94339434くらいかと思ってました(もっといっぱいあるか)。

何にせよ、この人材難にこの手の話はタブーといっていい。

早めの「消火」と早めの「改善」を期待したい。

人材難といえば。


某航空会社がパイロットの有給消化で欠航するってありましたね。

マジっすか? 誤解をまねくようで恐縮ですが、

欠航してお客様にご迷惑を掛けてでも、社員の有給消化って大事ですか?

と思ったら、もともとは病気欠員と飛行時間上限の兼ね合いですか。

びっくりしたわ。急にキャンセルするって、もう航空会社辞めろと思った。

そんなギリギリに「パイロットいないから飛びません、はい返金」なんて

言われたら、お客様やってられないですよね? 倍払うから普通に定時で

飛んでくれと思う人、いるんじゃないかな。

それだけカツカツでシフト回してるってことだもんね。

いくらLCCだからって…ねえ。

やっぱ私はスモールカンパニー回している方が性に合ってるみたいです。


スモールカンパニーっていいよぉ。どんな事が起こっても

自分が動けばなんとかなるもの。

これが複数拠点持ちで、遠く離れた土地で急に「シフト穴あきましたー

なんて報告聞いたら、こっちの胃に穴あくってば。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-03 22:31 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
無理に買い取っても良い事なんてほとんどありません

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190602-00000255-nnn-soci

とんでもない話。事務次官になるには、常人では考え付かないくらい

色んな苦労を背負って登りつめたハズなのに、子どもの教育は

うまくいかなかったんだろうか。こういう事があると、ますます少子化が

進むような気がする。リスクしかないやん、最近の子育てって。

なんぼでも天下りし放題だったろうに。せめて情状酌量多めに。

引きこもりの暴力息子って44歳か。引きこもる気持ちはわかるけど、

引きこもらせてくれている親への暴力は意味わからんわ。

一度躓くと、なかなかもう1回立ち上がれないもんなのかなあ…

私なんかもう一生分恥かいたから、一周回って自分に関わってくれる人全ての

幸せの為に生きようと思うもの。悟った、私今世で幸せ望むの無謀だった。

今善行積んで来世で幸せになるわ。だから今日も古物頑張ります。


本題。

前も書いたんですけど、お買取りのお客様はそれぞれ、「お買取り金額予想」と

いうものをお持ちです。で、普通はだいたい(お客様の予想はこれくらいかな)

みたいな感じで、鑑定士は察します。で、相場とお客様の予想が合っていれば

すぐに金額をお出しして成約、お客様が実勢価格より若干上を希望されて

いるようであれば経緯と根拠を説明して説得し、一度あえて不成約にして

お帰り頂いて再検討のお時間を作って頂いたり、逆に鑑定士の出す価格が

お客様の予想よりかけ離れて高額の場合はお客様に大喜びされたり、

お客様が正しいお品物の価値をお知りになって一旦お持ち帰りになられたりと

色んなパターンが存在するのですが、大変なのは、


お客様はどうしても売りたい。でも買取希望金額はチョモランマより高い


ケース。商談の初手からわかる(お店に入った瞬間わかることも)、

お話を進めていくうちに(あー、無理な価格をご所望だ)と察する、

価格提示の時点で激高され、延々お叱りを受けるパターンと、様々あります。

先日もそうでした。お店に入った時点で「不成約になる」が読めた。

結果、お持ち帰りになりました。私の査定額とお客様ご要望価格の差は4倍。

100円200円差じゃないですから。

交渉の余地は1ミクロンもありません。飲めば大赤字、でもお客様は売りたい。

かなり時間かかりました。4倍ですから私も成約に持って行こうとしません、

ひたすらお持ち帰りになることをお勧めしました。

ここで無理をしては、事前に(返品しませんよと)千度念押ししても

後日「やっぱあれ返して」になりますから。一度お買取りしたら

「返品」はしません。もう一度お買い上げ頂くしかないのです。

当然トラブルは大きく、複雑になります。ルーキーの頃ならいざ知らず、

私も散々、散々、散々(しつこい)、煮え湯飲んだクチなんで。

お買取りで無理してもロクなことにはなりません。どこかで線引は必要。


できれば、お客様のご要望には全てお応えしたいですけどね…。


by kinkenya-kobutu | 2019-06-02 23:53 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 私も次の車は自動ブレ..
by kinkenya-kobutu at 00:57
↑ ありがとうございます..
by kinkenya-kobutu at 08:39
↑ 官僚も、入省入庁した..
by kinkenya-kobutu at 11:28
↑ 拝読しました。ありが..
by kinkenya-kobutu at 11:38
↑ お疲れ様です。沖縄発..
by kinkenya-kobutu at 10:19
↑ お疲れ様です。恐らく..
by kinkenya-kobutu at 11:47
https://g.co..
by 天祥 at 02:43
↑ 私ではないですがあり..
by kinkenya-kobutu at 21:15
当選おめでとうございます..
by サンライズ竹島 at 19:31
ありがとうございます! ..
by kinkenya-kobutu at 23:09
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク