中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
カテゴリ:古物商としての葛藤( 1702 )
 
まずは置いていかれないよう付いていくところから

同業者様がおいでになり、営業中ですが雑談などをしておりました。


先様はとんでもなく頭の切れるお方。ノブも精一杯背伸びします。

たまたま今日はヤフオクの出品日なんで、弊社スタッフと机並べて

商品の説明文などを打ちながら先様のお話に耳を傾けました。


「●●(某商材)は、こうした方が利益に繋がると思うんですよね」

「△△さん(某他社の同業者様)はこういうタイプの方じゃないかな」

「もし□□さん(某他社の同業者様有名人)が渡る(同業間移籍)なら

◎◎さん(某他社様準大手)が一番しっくりくるんじゃないですか」


ぐぇぇ…何でこの人こんなに“視えて”んの。

私も話している間にいつの間にか丸裸にされとるんやろなー。

なんならこんがり焼かれてベーコンになっとるかも知れん。

いちいち納得できる。特に△△さんは先様より私に近い人物なんで

ほぼほぼ二、三回しか会ってない先様が何故そこまで分かるのか。

鋭すぎる分析に寒気すら覚えるわ。


先様が帰ってから、弊社スタッフが一言。

「社長って凄い方と仲良いんですね」

でしょ? でしょ? 私自身が凄かったらもっと良かったんだけどね…。

まあ、心配しなくていいよ。このままじゃ私も終わるつもりない。


負けっぱなしの人生だけど、私にも貫きたい想いはあるんで、

いつか追いついてみせます…五十歳目前でもまだまだ修行中の身。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-23 23:52 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
そもそも完璧な甘柿も完全な渋柿も存在しないのではと、いち渋柿は思うのです

NHKでやってた「知恵泉」からの完全受け売りですが、

かの武田信玄公は、


渋柿は渋柿として使え


と仰ったそうですね。

人材を柿に例え、渋柿を何とかして甘くしようと努力したり、

最初からはぶくのではなく、渋柿ならではの良さを見つけてそのまま使えと。

上に立つものとして、これ以上ない名言だと思います。

そんな事を考えると、以前師は私のような「渋柿中の渋柿」に番頭職を与え、

好きなように仕事させて下さいました。本当にありがたかったです。

あの経験がなかったら私は今、暖簾分けで独立していないし、

今のような介護もできなかったと思います。


今、日本はまさに人不足の真っ只中。求人しようとも人が集まらない。

甘柿を捜し求めようとも、もう巷で見つけることができない、

渋柿を何とか登用しないと…信玄公のお言葉を現代社会に照らし合わせると

そうなります。ただ、本来人は「甘柿であり、渋柿でもある」と言った方が

より正確ではないでしょうか。渋いところは一旦置いておいて、個々が

持っている「甘い部分」をうまく見つけて活用するのがベターでしょう。

まあ…檄渋だと甘みを打ち消すような気もしますが。

完璧超人なんてそもそもいないですよね。何かひとつは欠点が必ずある。

みんな渋さを抱えて生きている筈。

私なんか己の渋味が濃すぎて、時々嫌になりますもん自分自身が。


これからは我が身を振り返りつつ「“甘い(優れた)”部分を見抜く力

見守る優しさ」「芽が出るまで待つ辛抱強さ」を養っていきます…。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-21 16:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
正直、憧れます

今朝は母の介護度認定更新に伴うチェックの日。

市職員さんが母とケアマネージャーさん、私に質問をされました。

母は「朝ごはん食べてない」「薬飲んでない」「インスリン打ってない

デイサービス行ってない」と、とんだおとぼけぶり。

よいぞ、よいぞ、これで介護度が上が…もとい、ちょっとガチ心配です

(母のおとぼけは演技じゃなく、急速に認知進みました)。

もちろん上記の日常生活は、私が魂込めてきちんと実施しております。

私をどんな親不孝者と思ってるんだオカンよ(泣)。


本題。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000022-mai-soci

90歳で経営者とか個人事業主なら分かるけど、正社員ですか。

天晴れとしかいいようがないな。

そもそも、何で人はリタイア・引退するんでしょうね。

体力の限界、病気怪我、通用しなくなるとか? まあそれなら分かります。

でも仕事選ばず健康であれば、何かはできるっしょ。

誰も雇ってくれないなら自分で会社を興してもいい。

ていうか、そんなに休みたいの? オジイになって諸外国回る?

絵を描く? 盆栽いじる? 現役のままやったらええやん。

老害? 若い人に道を譲らないと? 実力が通用するなら譲る必要なし。

実力で排除されてるのに居座るのは老害以外何者でもないけど。

あー、私は何歳まで古物商通用するんだろ。

こないだ行った道具市には確実に70歳過ぎてるであろうおじーちゃんが

ちらほらいらっしゃったしな。老獪だよー、競り。ほんと老獪。

ウチのマスコット“かおっと君”も信楽焼のたぬきだし、

私もちょっとは周りを翻弄するテクニックを身に付けたいところ…。

ま、今は翻弄するより日夜翻弄されまくっていますけどね。


母だったり介護認定の市職員さんだったり師だったりお客様だったり…。

なんで私がダミエのバッグ2個目買って師に献上しないといけないんだ。

師よ、あれいくらするとお思いか。それはもうカツアゲの世界ですやん~

(まさか本当に巻き上げられないとは思いますが、一応予防線張っとこ)。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-20 13:32 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
陣頭指揮か、作戦室でどっしり構えるか

昨日は旧家の最終片付けの為、地元業者様と打ち合わせ。

あり得ないほど中がダメになってる…こりゃ困った。

めちゃくちゃ費用掛かるだろうなあ。古物商が何でこんなガラクタだらけの

家に住んでいたのやら。あ、もちろんお金にならないガラクタね。

もっとうまく立ち回れなかったものか…猛省。


本題。

旧家の打ち合わせが終わってからは梅田に行ってブランドリペア巡り。

何せ滋賀ではブランドがコーチ(草津近鉄と竜王アウトレット)しかない。

昨日は1社ゼロ回答されて唸り…もとい、反論したい気持ちをグッと抑えて

粛々とブランド巡りを続けました。

で、昨日は日曜です。私がよく出没するのは大阪駅前ビル界隈。

ここはがっつりビジネス街なんで、日曜やっていないお店多いんです。

ビジネスマン居ないから、飲食店もやっていない図式。

もちろんいくつかは開いているのですが、人気店には長蛇の列が。

予定は詰まっているし、そんな悠長に待ってもいられません。

あ、そうか。


梅田に来ています、おすすめのランチってありますか?


梅田会のグループLINEで聞いてみることに。するとほどなく、

「中央軒おいしいですよ」との返答が。行った事ないわー。

基本私、金券屋かブランド関係の入っている商業施設じゃないと

近寄らないんですよね…(中古レコード店はあった 今度また行こう)。

で、K大番頭&K社長の師弟コンビと皿ちゃんぽん等を頂きました。


K様は業界の超有名人。単にキャリアが長いだけではなく、その辣腕で

複数の会社を上昇気流に乗せ、実績を上げてきた剛の者です。

そのK様、私とごはん食べる直前まで回数券を発券してきたとの事。

これ、会社によっては絶対あり得ない話なんですよね。

だって普段切符買いって新人か、手の空いているパートさんの役目です。

切符買いの作業って、切符に詳しくない人にはとても勉強になるから

古巣も積極的に新人を向かわせてました(少なくともノブが現役の頃は)。


実は、私もK様と同じく切符買いを厭わない人間です。

職制がどーとか実績がどーとか年齢がどーとか、関係ないんスよ。

やれる人間がやればいい。それに、K様も私も金券屋であることに&

金券屋の仕事にめちゃめちゃ誇りを持っていますからね

(私は今、金券屋をリタイアしていますが)。

逆に、逆に、創業時や会社がちっちゃい時は率先してやったであろう

作業レベルの単純仕事を(それは私のする事じゃない)的な

拒絶の仕方する経営者役員の方、散見しますよね。

大将は黙って後ろに控えていればいいと。まあそれも正解なのでしょう。

ただ…自分がやらんと完全には分からなくないですか?

店に全く出ない経営者経営者してる社長サンよりも、

陣頭指揮とってなおかつスタッフの誰よりも仕事できる

プレイングマネージャーの方が、私はカッコいいと思う。


自分が自分がと、何でもやって部下が育たないのは×だと思うけど

(私がけっこう、やりがちです反省)。

世の社長様役員様は、どちらのタイプですか?
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-19 18:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
“温度差”の先に金脈がある

突然ですが、私ども古物商はどうやって利益を出しているでしょうか?


不躾な質問でごめんなさい。これって皆様、一発で答えられますか。

古物は大きく分けて13種類あります。古物商の性格は様々です。

そんな中、一発で正解に導けるか…まあ、ホントの事言うと無理ですよね。

ただ分かっている分かっていないに関わらず、古物商達は日夜、

「それ」を体現して儲けを生み出しています。


利益は「温度差、ギャップ」からしか生まれてこないんです。


仕入可能な商材は別として、我ら古物商はお客様から商品を買います。

古物市場や業者間取引といったって、源流を辿ればお客様からの売り分。

つまり、「売ってもいいや」という「所有熱が低い事」が大切なのです。

もちろん売る理由は様々。要らないから売る場合もあれば、

どうしてもお金に換えたいと苦渋の決断で売却されるケースもあるでしょう。

でもそれは確かに「買われるお客様」よりは所有のテンションが低いんです。

そのお買い取りした商品を、より「欲しい」と望まれる、

つまり所有欲の高いお客様を見つけるのが我ら古物商の仕事なわけです。

おかしいと思いませんか? 券面に「1000」と書いてある信販ギフト券、

自分で支払いに使えば100%有効に消費できるのに、

3%4%引きで現金化することに疑問を持つお客様は多いです。

それもまた「温度差」なワケ。行きたいお店はギフト券使えないとか、

出すのが面倒くさい、財布がかさばる、恥ずかしいという方も中には

いらっしゃるんです。


だから世の中の多くの方、古物商側の人間でさえも

こんなん要らんわ」と思う商材を買い取り、転売ができれば

その古物商は億万長者になります(量とスピードによりますが)。

手順、ノウハウさえ知ればカンタンに転売できるものはダメですよ?

あっと言う間に他社に真似されて、巨大資本投入されて、

あまつさえ真似した後発の人間なのに「俺が思いついた」と吹聴したり。

怖い世界ですよ…ホント。パイオニアはせめて敬って欲しい。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-16 23:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
もうお客様が店側の事を忖度しなければきちんとサービスが受けられない時代がすぐそこに?

先日行きつけの食品スーパーのレジで並んでいたところ、先客が

執拗にレジ係のお姉さんを罵っていた。たぶん私より5つくらい年下。

しかもここに書くのがバカらしいくらいの些事で。

袋入れろとかヨーグルトのスプーン要るやろとか。ネチネチネチネチ。

店員さんからしたらとんだとばっちり。どうもこの男、常連らしく

スタッフさんの表情が「またか」みたいな感ありありと出てました。

確か支払いは400円くらいで、細かく時間かけて出してた気がする。

何様やねんとまでは言わんが、職業知りたいわー。

接客業だったら面白いね。“因果応報”って言葉知らんのでしょうね。


私が接客一筋(物流は普段内勤でしたが、営業も行ってました)だから

店側の肩を持つわけではありません。

レジ係がちょっと可愛かったから味方したかったわけでもありません。

正直思うのです。どこの世界でも、自分が強者の時だけ居丈高で、

自分の旗色が悪い時は誤魔化す人間はどこまでいっても二流以下だと。

はっきり「一流だ、傑物だ」と私が思う方々は誰にでも優しかったり

他者に厳しく接しておられてもそこには「許し」があったり、

思いやりがあったりするものです。だからこのレジの先客は残念な人。

なんでヨーグルトのスプーンくらいで唸るのか。

今日びレジ係長期間やって下さるスタッフさんって少ないねんぞ。

アンタのネチネチでここのスタッフ減ったらどないすんねん。

「お客様には店側のことなんか関係ないやろ」って?


もうそんな時代じゃないと思うんだけどね…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-14 23:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ほんとにできたら大したものだが

なーんか某フリマアプリが、


古物商許可を持たず、違法に利益を上げる出品者を見つけたら利用停止に


とか仰っておられるとか。

何の寝言ですか? 貴方がたはエスパーか何かか?

分かるわけないやん。まっさか、ひとつのアカウントで売り買い両方やる

営利目的出品者はおらんやろ。ライブだっけ? 実演販売なら

古物商でもフリマアプリ使っていいよ的な話は見たけどさ、

こーんなカオスなアプリにしたのは他ならぬ貴方がたでしょうに。

はー、これは見ものだわ。ほんとーに古物商許可を持たない営利目的の人を

ピンポイントで見つけて「利用しちゃダメ!」と排除できるのか。

排除する気なんかさらさらないような気がするのは私だけかしら…。


世論とか法律とかタテマエだけで、

やれもしないことを宣言するのはカッコ悪いぞ、●●カ●さんよ。

やっぱどーやっても営利目的の人だけ抽出なんてできないと思うけどなー。

仕入先なんて、誰にも分かるかいな…。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-13 18:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
一回、誰にも邪魔されず思い切り爆睡したい今日この頃

昨日介護しながら(喉詰め防止見守り中)のテレビで

睡眠負債」というものが放映してました(あと肩こりと高血圧の特集も)。

人は1日7時間の睡眠が必要で、これより少ない人の体には

様々なマイナス面が出てくるのだとか。まーそうだよな。

平均睡眠時間4時間あるかないか+睡眠時無呼吸症候群の私は

睡眠負債だらけで破綻寸前かも知れない。でも、どーにもならん今は。

確かに、


睡眠不足→仕事/介護の効率ダウン→仕事溜まる→長時間残業→睡眠不足…


の永遠ループだからなあ。なんか肩こりにはアボカド、睡眠導入には

キムチが良いとの事だったから(あくまで番組内での説明ね)、

あわてて買ってきちゃったよ、アボカドとキムチの素。

アボカドが柔らかくなり次第アボカドキムチ作るわー。

そして毎夕食食べるわ。高血圧はピーナッツがいいらしいからそれも

時々食べるわ。あんまり食べ過ぎると鼻血でちゃうんで。

万一、お店や競り場で鼻血なんか出したら最後、


まーた、エッチなこと考えてたん?」とか言われるのは必定。

中学生か私はっ!

こちとらもう高校生くらいの子供がいてもおかしくない

48歳のおっさんだっつーの。でも…食べ物くらいで睡眠負債が

少しでも“返済”できたならば是非是非やってみたいですねー。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-11 14:33 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
玉座から転げ落ちた元王様を、臣下でもない人が罵倒しちゃ可哀想でしょいくら何でも

最近は家に居てもテレビを付けず、Youtubeを見ることが多いです。

スマホって便利。そしてYoutuberの皆さんの動画面白い。

今日はそのYoutube動画でちょっと気になった話をば。


他業種の元社長サンがその業界の天変地異的な激震で会社を手放した後、

借金を背負って一人過酷なロケをしながら動画を撮り続けているそうな。

前にも1、2回見てたので「あ、またUPされてるわ」的な感覚で

再生してみたのですけど今回は番外編らしく、演者の生い立ちとか

借金背負った理由とかを告白するみたいな話でした。


私も独立して5年目。周りがドンドンレベルアップしている中、

ひとり取り残されてる感満載で毎日七転八倒しているわけですが、

社長が一番偉いのではなく、会社の単なる一ポジションに過ぎない

という説は自分自身激しく同意しているので、誤解なき様お聞き願いたい。

その上で言いたい。「従業員しかした事ない人が責めちゃダメだよ」って。

今回のその演者さんの動画、めっちゃコメントがネガティブだった。

誹謗中傷に近い。そりゃあこんな失敗した話したって、お涙頂戴か、

自業自得だろ、炎上商法かいと思われても仕方ないさ。

でもよく聞くよ? こういう匿名性の高いコメント欄にボロカス書くのは

実生活でほとんど主張できない気弱の一般人が多いって。

気に入らなければ見なきゃいいし、黙って(アホやな)って思っとけばいい。

わざわざちゃんと動画見た上でボロカスコメントしなくてもいいやん。

私はYoutube上でしかこの元社長さんを知らないけれど、

動画見ただけで彼の無念がひしひしと伝わるよ? 逆風吹けば明日は我が身。

ぜーんぜん彼の失敗笑えないし、責められない。


本当を言えば彼は経営者向き、代表向きではなかったかも知れない。

でもやってみな分かりませんやん? 私自身、王より王佐向けなのは

よーく分かっていたつもりだから。それでも状況が独立に行ってしまった。

独立せざるをえなかった。だから収入や休みが減っても文句は言わない。

倒れるかもと思ってもこうやって生きてる。

いまだに人から「社長」と呼ばれても「誰のこと?」状態の私。

偉いとも凄いとも全く思わない。全くのニュートラル状態。

私はただ、自分と関わるお客様とスタッフ、そして母をハピネスにしたいだけ。

それが叶うなら自分なんかどーなってもいいのよ。

この演者さんも仰ってた、元スタッフに対する申し訳なさ。分かるわー。

私も20代の頃、潰れかけのちっちゃな会社に居たことあるから。


まあ動画見て思うのは「弊社は絶対潰したくない」と

演者さんにもいつかハピネスが」かな。ご無理なきよう…。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-10 23:17 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
信用できない9021、信頼に足る古巣の元部下と同業者さま

まずはお詫び

本日はJR北陸線の運休、遅延のため当店「かおっとくさつ」の開店が

約1時間半遅れてしまい、お待ち頂いていたお客様に多大なご迷惑を

お掛けしました。お詫び申し上げます。

いやあ、まさか滋賀から金沢に行くだけで、東海道新幹線と北陸新幹線で

往復するとは(しかも行きは新宿で一泊!)。


いやあ、こんな経験はもう一生しないかもしれませんね…。

何日運休してんねん9021。確かに前職では神に等しい存在だったけどさ。

往復とも代替輸送を許さず、他の多くのお客様には東海道~北陸新幹線分の

運賃負担したくせにさ、私には1円も助けてくんなかったのはひどいよ。

まあ昼特を復活して下さるならまた崇め奉るけどさ(あり得ないけど)。

7日の19時前(競り真っ只中)に「おでかけネット」上で

「9日も運休しまーす」って出た時、目の前が真っ暗になりましたよ。

あー、店開けられんて(店の鍵を持つのは現在ノブのみ)。

でも嘆いてもいられない、最善を尽くさないと。

まずは古巣本店の店長、N氏に電話。

「今から“2月9日、正午オープン”と貼り紙して」と依頼。

7日(出発日)に(ひょっとしたら9日、開店が遅れるかも)と

一瞬頭をよぎったのに、貼り紙の準備を怠ったのは不覚でした。

かおっとの網シャッターに手書きの貼り紙を張ってくれるものとばかり

思っていたら、朝(というか昼前)のかおっとには。

f0064937_23485478.jpg

急拵えでどんなクオリティやねん。

あー良かった、東京駅の新幹線→新幹線の超短い乗り換え時間の隙を突いて

古巣スタッフ用の「東京ばなな(新味)」を買っといて良かったよ。

礼を尽くすって超大事。


時間は戻って金沢の競り場。買い手は明らかに少なかった。

特に福井の買い手はほぼ全滅。隣県なのに。

聞いたところ、「家から出れない」方もいたとか。そりゃ来れん。

37年ぶりの大雪ってやっぱりパない。

福岡の買い手さんは羽田まで飛行機、東京から新幹線とか、

大阪や私は東海道新幹線→北陸新幹線とか、

あのドカ雪の中、お車で強行した方もいらしゃいましたね。

そんな気合の入った方々の集まりだから、結構高かったですよ、相場。


昨晩はM社長(千葉 フリーになったばかり)、F部長(茨城 仲良し)の

久々三人飲みしました。お2人は金沢バック市場の現センターと元センター

(競り中、同応札時に最も優先される席に座っているという意)。

一方私は不動の最後尾…と実力差は見るも無残なのにこうやって同テーブルで

飲めるのは、ほんとーにありがたい。めちゃめちゃ勉強になりました。

定時にお店開けられていれば今回、100点の出張だったなあ。

普段より4万くらい出張費掛かったのはプレミアム飲み会の席料と思えば

安いもんだったかな? ともあれM様、F様、ダメダメな私ですけど

見捨てずまた飲みに連れてって下さいまし~。


[PR]
by kinkenya-kobutu | 2018-02-09 23:48 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ かいと様、貴重な情報..
by kinkenya-kobutu at 09:58
番組を録画してたので見ま..
by かいと at 09:51
↑ 無駄にしないことが一..
by kinkenya-kobutu at 17:08
↑↑ お疲れ様です。実は..
by kinkenya-kobutu at 16:52
↑ あー、私もあれ応募し..
by kinkenya-kobutu at 11:13
↑ ああっ、T様、ありが..
by kinkenya-kobutu at 23:43
↑ 21時までだったか、..
by kinkenya-kobutu at 23:26
MVで買ったのにクレジッ..
by サンライズ竹島 at 13:54
↑ いや、影響ありますよ..
by kinkenya-kobutu at 00:04
↑ こんなので運を浪費し..
by kinkenya-kobutu at 18:15
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク