中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
300円と踏む人もいれば、3万円だという人もいる世界

今日は朝から市役所職員説明不足からの無駄足で2往復してしまい、

戻った時は開店時間ギリギリでした。

イラっとしたけど我慢我慢、私だってミスでお客様に超迷惑掛けた事あるし。

朝からお客様と平行して地金を業者に流しつつ、

チラシの撮影とか旧家売却の打ち合わせを不動産屋さんと何度もしていたら

あっという間に、夜。

たくさんのお買い取り査定があったのは超ありがたいけど、

営業関係以外の予定、入れすぎちゃったかな…。


本題。

今日は「お買い取り査定の“塩梅”」についてご説明します。

私どもは、お品物を転売する事で利益を得ます。

「仕入れ方法」は、お客様からの店頭買取、業者間取引、古物市場落札、

あとは背取り(他店様の店頭商品を客として購入値切るのは業者間取引)、

新品未使用品とかだと商社から回してもらうこともありますね。

「転売方法」は、店頭販売、催事場販売、業者間取引、古物市場出品、

ヤフオクや楽天などのインターネット販売とかですかね。

とにかく儲けるためには、とにかくたくさん買うのが近道。

そしてできれば業者間取引や古物市場での落札といった

「割高」なお品物ではなく、お客様からお買い取りをし、また別の

お客様にお譲りするのが一番効率良い儲け方になります。

ではどうやって各社は、買取価格と販売価格を決めているのでしょうか。

私の場合は、まず名前とコンディションから、古物市場の落札実績を

見つけて確認します。

そして次にヤフオクや楽天で同型品を出品しておられる同業者様を

割り出します。経験豊かなショップの「価格」ならこの時点でOK。

これにより、再販売価格はほぼ決まり。あとはそこから逆算して

査定金額をお伝えしたらお仕事は8割方終わりです。

で、私はだいたいの粗利率を固定しています。

思いの他、利益が出過ぎたとか、これじゃ赤字だと嘆く場合もあります。

でもそれは少しだけ。普段は自分の作戦通りに話は進んでいます。

だってお客様に「あんだけ安く買い叩いて、売る時はこんなんかい

と、指摘されるの嫌じゃないですか。

もしお買い取りのお客様が以前手放された商品が今店頭にあっても

それをみて「まあ良心的ね」「向こうも商売だからね」と

納得して頂けて初めて、ようやく一人前だと思います。

他社様はいろいろですね。どんだけ「間」抜くんでしょう? という

謎店があると思いきや、「どうやってプラス出すのでしょう」

という逆の謎店(私の業者間取引よりも高い!)もあるわけです。

古物市場の落札相場を調べるのは私どもにとってごく自然の事ですし

同業者の皆様もなさるでしょうから、ある程度の買取価格は似通って

くる筈です。でも、それでも、


300円~3万円


くらい、店によって査定額のウエシタってありますから。

なんで一社が300円でもう一方が3万なんでしょうか。

300円査定の方はまだ直接あって聞けるけど…


なんだかちょっと怖いところありまして。薮蛇に注意かな。


[PR]
# by kinkenya-kobutu | 2018-05-24 23:46 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ うぉぉ、やっぱ意味が..
by kinkenya-kobutu at 11:59
「社長顔出し会社」で検索。
by 地方税取立屋 at 13:58
↑ 本当にお得ですよね、..
by kinkenya-kobutu at 10:14
↑ お疲れ様です。  ..
by kinkenya-kobutu at 17:08
↑ 人を人とも思わない経..
by kinkenya-kobutu at 20:41
↑ かいと様、貴重な情報..
by kinkenya-kobutu at 09:58
番組を録画してたので見ま..
by かいと at 09:51
↑ 無駄にしないことが一..
by kinkenya-kobutu at 17:08
↑↑ お疲れ様です。実は..
by kinkenya-kobutu at 16:52
↑ あー、私もあれ応募し..
by kinkenya-kobutu at 11:13
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク