中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
2014年 01月 14日 ( 1 )
 
チケット商とブランド商における、近隣新規出店における反応の違いについて
チケット商をほぼ12年、平行してブランド商を7年やっていました(それは今も継続中)。
同じ古物許可商を得て行う商いなのに、2業種の性質は大きく異なります。
一緒なのは買取が大事なこと、偽●と▲難に苦慮するくらいでしょうか。
あとはそれこそ「英語とロシア語」くらい違います(たぶん)。
本日はその中でも最も異なる、ある事に対する2業種の「反応」を比較してみます。

その「反応」とは、「自社の近隣に他社新店舗が出来た時」のそれです。
もうびっくりするぐらい違います。

ブランド商は市場で隣同士に座り、仲良く話し、なんなら飲みに行ったり
ゴルフコンペに相互が行き合うくらい昵懇の交わりをしても、
しれっと隣とか、はす向かいとか、下手すると「前からある店舗」の社運が
決まってしまうような有利な立地でも、しっかり新店を出します。
当人同士にどんな紳士協定があるのかは存じませんが、
とにかくあっさりオープンします。
今一番有名なのは□宿あたりですかね。もう乱立しています。
で、仲が悪いかといえばそんなことはない。やっぱり飲みに行ったりしておられますね。
(私が鈍いだけかも知れませんが)

チケット商はそんな事ないですよ。
一面識もない両社ならともかく、一度でも業者間取引している会社が
先様の近隣に出店するのはほぼほぼタブーです。地雷です地雷。
もちろん商慣習的な「暗黙の掟」なので、別段気にしなくてもいいんですが、
ま、普通はやらないですね。
だって「信用ならないヤツ」の烙印押されたら、業者間取引もう永劫無理ですし。
(当事者間だけじゃない、かなりの範囲ダメになることも)
チケット商には「市場(競り)」がないから業者間取引なくなるのはかなりキツい。

ここまで書くと「ブランド商、太っ腹。それに比べて金券屋は肝、小っさ」と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。そんな事は決してないですよ?
だってブランド商とチケット商は扱っているモノが違いますから。

チケット商の商材は、そのほとんどが
額面があるもの、もしくは価値が容易に推し量れるもの」しかありません。
だからお客様がお売りになる際、「●●円くらいかな」と想像ができます。
その期待を裏切ることはできないし、そこにはテクニックも何も割り込めない。
そう、チケット商の商いに「値段で戦う」選択肢はほぼないんです。
だから近隣に競合店が出来たら命がけで戦うしかない。
そりゃ全国のチケット商が立地に胡坐をかいていれば競合は必要でしょう。
でも普通、金券屋の看板上げて「全共92%買取」とかしなくないですか?
競合による相乗効果は明らかに他業種より少ない、あるのは残酷な総力戦のみ。

しかもチケット商が扱う商品は消耗品です。
一度お買い上げになれば殆どが消費され、再び店頭に持ち込まれる事は少ない。
これが競合店出店にピリピリする大きな理由です。
各店の個体差を見せるには、「品揃え」と「立地」が大きな力を持ちます。
もちろんスタッフの笑顔や熱意も営業に影響は出ると思うけど…
さすがに「圧倒的な立地差、資金量」まではひっくり返せないのではないでしょうか。

ブランド商は違います。
バッグも時計も宝石も、定価はあれど状態の違いが千差万別な為、
ほぼ誰にも「適正価格」が読めない。プロにおいても例外ではありません。
さらに商品は全てリサイクルが可能です。戻って「もう一往復」がある。
ヨソが安く売ってしまった商品をこちらが高く買い取れば、
汚い言い方をすれば「シェアを奪う」ことも十分可能。
そう、ブランド商の商いは相互の「スキル」が大きくモノをいうのです。
だからヨソがきても表向きはウエルカムでも(ウチの方が実力は上だ)と思える、
まだ余裕があるんですよね。だから近隣の新店にそこまで過敏にはならない。
(逆に腕に自信がなければ過剰な反応するかもだけど)

お客様からすれば、さほど移動せずに色々買えたり、高く買い取ってくれるお店を
探せたほうが間違いなく便利でしょうね…。
難しいですわ、「中の人」としては。特に精一杯やってるとね。
(えー、こんなキツイ商売してんのに出店してくんのー? こっちを軽く見てるなぁ~)
って、虚脱感と闘争心が入り混じった何ともいえない気分になるんで…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-01-14 12:16 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。こちら..
by kinkenya-kobutu at 23:46
↑ 確かに。養殖か天然か..
by kinkenya-kobutu at 18:22
一番気になったのは東大の..
by サンライズ竹島 at 18:19
↑ お疲れ様です。 ..
by kinkenya-kobutu at 21:07
↑ お疲れ様です。その"..
by kinkenya-kobutu at 21:28
↑ いつも貴重なお話、あ..
by kinkenya-kobutu at 11:10
↑ 都市伝説だとばかり思..
by kinkenya-kobutu at 18:27
ノルマはありません(キリ..
by サンライズ竹島 at 20:23
↑ これだけで済まないの..
by kinkenya-kobutu at 20:13
9月末で新幹線自由席用早..
by サンライズ竹島 at 16:40
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク