人気ブログランキング | 話題のタグを見る

壊れそうなので、少し愚痴ります(すみません)

先程、同業者様からご指摘を受けた。苦言と言うべきだろう。


理由は簡単、私がきちんとした応対をしていないからだ。

反論などある筈もない。言い訳も本来はすべきでない。

確かに今、明らかにオーバーワークが酷い。人生史上最大の負荷だろう。

今、私をとりまく環境としては、


日々の店頭業務(やや繁盛+精神系クレーム&トラブルは大繁盛)、

ヤフオク(新商品出せてない、本当にストアクリエイターProは使い辛い)、

催事買取(山賊のような催事業者を撲滅したいが、できることは限られている)、

業者間取引(業者様件数は少ない、今回ご迷惑をお掛けしたのはこれ)、

Youtube(更新できていなくて、責任の重大さから精神に若干影響が出ている)、

介護(認知が進んだため、トータルの介護時間が結構増えた)、

これに“このままじゃ生き残れない”からと、経営系の通信教育も受けている。


我ながらバカだと思う。

でも、私はプロ。できないならその仕事を手放すしかない。

手放せば二度と戻ってこない…それはできない。また集めるのは至難の業だ。

差し当たって一番自分の時間を確保できる方法としては、

「母を介護施設に入れる」だが、これも絶対にできない。

確かにあの時、母は


介護施設に入れないでくれ。おとなしくしているから家にいさせてくれ


と私に懇願したのだ。これを無視するのは私が私で無くなってしまう。

今年で53歳になる。店を閉じ、フリーのバイヤーとして生きれば

死なずに食い扶持は稼げるかもしれない。睡眠時間も取れるかもしれない。

でも師からお預かりした店を離れるなんて、できるわけがない。


儲けて儲けて、新たな弟子を取る方法もあるのかも知れないが、弟子に

向き合うには猛烈なパワーが必要だ。ちゃんと見れないなら雇うべきではない。

今さら凡百の中古屋なんてできる筈もない。やっと地元の評判が高まってきた。

SEO対策もいいね買収もせず、ただひたすら店だけで頑張ってきたのだ。

こんな店を手放すなんてできはしない。


心配して下さる方もいる、でも安心して欲しい。私は執念深さだけは業界屈指だ。

母を見送るまでは生きる」と決めているので、少なくともその日迄は

何があっても死にはしない…母もまだまだ生きると主治医に言われているし。

「その日」がきて、燃え尽きた時はどうしようかとも少し思うが…。


でも今回の苦言で自分を見つめ直すことができた。感謝すべき一件だった。

願わくば、まだ見放さないでいて下さると有難い…。


by kinkenya-kobutu | 2022-06-21 23:41 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)