人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お客様といえど、共に交わす約束事はまったく一緒

以前は従業員の立場だったのでどんな事でも我慢していました。

師の顔を潰しちゃいけない、会社全体に迷惑を掛けてはいけないと、

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでいたのですが、師から暖簾分けを

受けてから徐々に“耐えること”を止めた1点がございます。


それは、「お客様が約束を破ること」。


お取り置きを取りに来ない、コ●ー品を持ち込んで「もうやめて」と

念押ししたのにまた持ってくる、忙しい時の電話はすぐに切っていいと

言ってたのに自分の要件を優先させようとゴネる…。

約束しましたよね?


「××はもうやらない」と、お客様の口から仰いましたよね?


そういう時は私、例え相手がどんなに巻き舌で唸る系であっても、

一歩も引かなくなります。「もう今日が命日でいい」とさえ思う。

まあ幸いにして、実際そこまでの荒事にはなった事は無いですけど…。


出入り禁止にしても、

電話問い合わせを禁止にしても、

お取り置きを禁止しても、

割引を一切禁止しても、


平気な顔をして来店されたり、値引きを要求したり、査定UPを望んだり、

お取り置きが当然できるものとして言ってこられます。


私、あんまり分かんないお客様には先んじて言います。

「お取り置きしててやっぱ止めるとか言う方いらっしゃいますし」とか。

もちろん聞いているお客様がそれをやらかしたご当人様です。


「お客様だぞ? なんだかんだ言ってもこっちが客だぞ?」


こういった感じが“ありあり”とにじみ出るんよねー。

そこからはエターナル塩対応です。何があっても解除はしない。


先日お見えになったお客様、お取り置き2回ドタキャンで

私から散々苦言を呈したにも関わらず、今回また

ご自身の買取査定品のつり上げを熱心にやってこられたので…、

同業他店様をお勧めしておきました。もしかしたら弊社が取引すれば

少しは利益を得られる可能性も、なくは無いのでしょうが…


これ以上関わらない方が、いいかも知れません。

信用あっての商売ですからね…。


# by kinkenya-kobutu | 2022-07-03 02:07 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)