中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2017年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
神戸牛と近江牛、おいしいのはどちらでしょう
昨晩は有名な神戸牛のステーキハウスへ。

ノブ的には牛といえば近江牛一拓だったので非常に楽しみでした。
ご存知の方も多いと思いますが、実は神戸牛も近江牛も肥育前の子牛って
同じ出どころ(但馬牛)だったりするんですよね(現在は違う事も)。
大々々奮発して、店で一番高いコース(フィレ)を頼んじゃいました。
でないと近江牛との優劣がつけられない…果たして、結果は。

かなり違うね。おなじフィレでも味が異なる。
神戸は素直なお肉で、近江は味が強い(あくまでノブの所感)。
どっちもおいしいなあ~。ステーキハウスはラストオーダー近かったのに
お客様かなり多かったです。まああれだけおいしい肉提供してたらね。
そら流行るわ。

宿泊は有馬で「朝食コース」を選択。ちょっと私の仕事終わりだと
温泉旅館の部屋食(夕)がまるっきり不可能なんですよ。6時チェックインとか。
そんな時間まだ「かおっと」で勤務してるっつーの。
というわけで今回はコンパクトに纏まらす、さんざん散財してしまいました。
しばらく頑張ってお金貯めます。

そろそろ老後とか考えないといけないトシなんで…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-28 22:24 | 行動中 | Comments(0)
 
「見てない人」には到底勝てません
私どもは普段から、お客様からの「合い見積もり」を受けます。
合い見積もりは「A社B社C社D社…の中から、一番高い買取店を探す」という
昔からあるお買取り査定です。最近は、車を売る際に「合い見積もりサイト」で
比較検討されるお客様もちらほら増えてきたのではないでしょうか。

「平成20年式インサイト、走行距離4万キロ ガンメタの査定価格は?」

みたいな?(私のは売りませんよ 大事な足なんで)
今は諸条件をパソコンサイトに入力するだけで複数社から見積もりの返答が
来るらしいですね。お客様の「自己申告」でほんと大丈夫なんだろか。
ともかく、ブランド商にもその「ネットで査定」は流行ってますけど
コンディションが文章ではなあ…。まだ弊社はアナログ査定に拘ろうかなと。

で、先日その「合い見積もり」、依頼がきたんですよ。
モノは守秘義務があるので話せませんが、点数はそこそこありました。
一目お品を見て私は、

これはウチが一番高いんで、お客様はまたここに戻られると思います

と、自信たっぷりに「合い見積り完勝宣言」なんか出したりして。
そして数時間後、予想通りお客様が戻ってこられたので、
「ね? そうなったでしょ」と言ったら…。

ごめんなさい、何点か減ってる

まさかの一部敗北。え、え、え? 何が無くなってるの?
ふんふん、アレとアレが「合いみつ後攻」に成約されちゃったかー。
でも何で? 私より高い値段つけたらほぼほぼドボン(赤字)なんだけど。
どうしても理由が知りたくて、
普段は聞かないけど先様の査定金額を伺ったんです。                 
そしたら私が提示した査定金額の遥か上空でした。
あり得ないあり得ないあり得ない。そのお値段で買ったら売り先ないって。
「あいみつ後攻」はちょっと知ってる同業者様だったし、ぶっちゃけ
聞いてもいいねんけど、お客様にもし何かあったらと思うと怖くてよぉ聞けん。
そこでふと、ひとつの仮説が生まれました。

向こうの鑑定士さん、傷んでるとこ見落とさはったんじゃ…。

もしそうだとしたら、買取査定額勝てるわけもない。
憶測ですけど納得できました。これだから「あいみつ」って大事よねー。
これからもっと気を引き締めて、買取査定していきます…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-26 14:36 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
リスクの取り方、掛け方に見る「覚悟の質」
YouTubeで動画を投稿するとお金がもらえるようになって何年ですかね。

今やテレビ等の王道コンテンツを脅かすどころか、何なら軽視&毛嫌いしてた
テレビ業界の方から歩み寄ってる感のある昨今ですが、

「動画を上げるだけで大金を稼ぐ」という都市伝説は、小学生に
「YouTuber」と将来の夢として抱かせるレベルにまで一部達してる。
「YouTuberが職業なのか?」とは思いません。YouTuberが職業じゃないなら
世界中全ての表現者は素人という事になってしまう。プロの定義は人それぞれ。
否定はしません(もちろん動画も他の表現方法もオリジナルが大前提ですが)。

ただ…一部フェイスブックにも書きましたけど、炎上目的で再生数を増やし、
お金を得るのは納得できかねます。
例えば先日判決が出た「ヤマト運輸を脅したチェーンソー事件」とか、
「コンビニのおでんを指でツンツン」した動画とか。
チェーンソー事件、執行猶予付きましたね。司法判断なんで何も言いませんが…。

一方、リスクと批判と他人への配慮を全て承知して過激な動画を
アップしている方もいらっしゃいますよね。「ジョーブログ」の製作者様とか。
傍目から見たら眉をひそめる人も大勢いるでしょう。
でも彼の場合、リスクは全て自分が背負ってる。人にリスクを転換しない。
そして何気に人々が見たい動画をちゃんと提供している。
ま、良いことばかりをアップしている訳でもないでしょうが…。
(チェーンソー事件が“覚悟済”と捉える見方もありますが逮捕覚悟はただの犯罪)

自分だけが被害の及ばないところに身を置いて他人だけを危険に晒す、
一方的に損害を押し付けるなんてのはフェアじゃない。
リスクなしOKは視聴者様だけでしょ(リスク犯さず面白動画見る意味で)。
動画主は自分に厳しくないとね。

私も度胸と体力と後先考えなくてもいいしがらみが全くなければ、
業界が軽く揺れるくらいの告発動画アップしたいけどなあ(絶対できないけど)。
まあそれが簡単にできないからからこそ、YouTuberの活躍を
面白おかしくかつ、ジェラシーを持って見てる人がいっぱいいるんでしょうね。
結局、私もその一人です。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-25 10:39 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
言ってあげるべきか、「“神様”なんだから」と堪えるか
先日、お若いお客様の見過ごせない“マナー違反”がありました。
少なくとも法には触れませんが、私は47年生きてきてやった事ないです。
「やれるわけがない」レベル。

とある“要求”だったのですが、普通99%の商店主なら飲まない話です。
たまたま、他の常連さんがいらっしゃる時に当該のお客様から電話が掛かったので
お店にいた常連さんも知ることとなり、

ありえない

と憤慨しておられました。ですよねですよね? 常連さんその感情正解です。
弊社に非は100%ありません。正直、単なる我儘です。
でも迷った挙句、私はその電話を掛けてきたお客様の要望を丸呑みしました。

怖かったわけじゃありません、面倒くさかったわけでもありません。
若いお客様でしたし、誰かがどこかで言って差し上げないと、
この先どこかで、もっともっと大きな“事件”が起きる。
他の商店様も、この方も絶対幸せにならない。なら私が一旦お客様の話を呑み、
何が何でも私の話を聞かなければいけない状況」を作り、
今後このような“事故”が起こらないよう、予防して差し上げることが
私の、近江商人としての使命かなと思いまして。
師から賜った教え、「イエスバット」がここでも活きました。

結局電話から数時間後、お客様が来店され、私なりのお話をさせて頂きました。
お客様は神様かも知れない、私は差し出がましい事をしたのかも知れない。
でも、私がこれだけ悔しく納得いかないのであれば、他の商売人なら
絶対呑めないんじゃないかな。だから私が、再び悲しい事故が起きないよう
弊社が泣けば、汗をかけばいいだけ。

お客様の今後に、よき光が差し込みますように。うまく軌道修正して下さいね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-24 13:01 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
シャネルグロスのCMにおける、費用対効果の謎
最近テレビを見ていると、ものすごい量の

「シャネルグロス」のCM見ませんか?

一人の外国人女性が、カックラキン大放送(古い)のラビット関根氏ばりの
「行ったりきたり」的な動きをする、正直あまり捻りのないCM。
高級感出すのに捻りは要らないか。まあとにかく恐ろしいくらい数見ます。
それこそどのキー局民放でも。
一時のバイク王とかの比じゃないです、諸般の都合でCM入れられない時の
ACジャパンなみの頻度。もう見飽きた、いいってば的な。
ACジャパンのは公共のだけど、シャネルは単なる営利企業だからね。

グロス売るのにあんな広告宣伝費掛けるの…?
おそらくウン億でしょ、だって私も最近そんなリアルタイムでテレビ見ないよ?
それであんなお腹いっぱい見ちゃうんだから大量投下にも程がある。
化粧品ってそんな儲かるんだねー。

良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
(近江十訓の六)

確かにそうだけどさ…これってどこから原資出てるかと言えば購入代金だからさ。
もうちょっと抑えて販売価格も抑えて…はい?
同社の中古バッグやアクセサリー売り買いして食ってるくせに何言ってるのって?
 
ははーっ、仰る通りでございますぅー(平伏)。
来世紀も御社が世界に冠たるハイパーブランドでありますようにぃぃぃ(切実)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-23 10:44 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
無理して食べたのに~
先日からすごく気になっていたラーメン屋さんがあったので、
いつか食べよういつか食べようと思っていました。
そこで昨晩、(今日は残業しなくてもいいか)と溜まった作業をエスケープし
(ダメやん)、母との夕食を軽めにして家事一切を済ませてから初挑戦しました。

感想は…む~、あんまりお腹空いてなかったからかなあ? でお察し下さい。
あの立地でおいしかったら、長蛇の行列でしかるべき。違うんだね。
「テクニック」なのか、お冷出されないまま飲み物勧められたから頼んじゃったよ。
セルフじゃない限りお冷出さないラーメン屋さんって、なくない?
これでもう既に評価↓↓↓だったんですが、味が良ければまた行ったんだけど。
凝りすぎか、方向間違ってるのか、私の味覚がダメなのか? いや違うな。
スタッフさんもいはるみたいだし、長く続けて頂きたいところ。

厨房機器を買い取る古物商は、はっきり言って“鬼”しかいないよ? 気をつけて。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-22 11:27 | 行動中 | Comments(0)
 
ホントはずっと、解決までメーター回してもいいくらい(気持ち的には)
昨日は幸せなことに、お買い取りが多かったです。
結構閉店ギリギリまで査定を賜っていた関係でレジ締めができず、
母の介護と食材買いを終えた後、再度会社に戻ってひたすら作業していました。
今日の段取りを考えたらもうちょっと仕事を片付けたかったのですが、
睡魔が強烈で(こりゃあ残っても逆効果だな)と諦めて戸締まりをしていたら、

目の前の交番に、見慣れないタクシーが止まっているではありませんか。
(あれ、絶対他府県のだ)と車に近づくと、やはり他府県ナンバー。
しかも草津駅から結構遠い。
交番どまん前に他府県のタクシーが運転手さんもいない状態で停車している…
これは無賃乗車か傷害、脅迫の類かなあ。とりあえず当事者の皆さんは
どこかしら~と辺りを見回すと、バス停留所のベンチに座る男性と
制服警官の方が2名、そして運転手がおられました。
身振り手振りと漏れ聞こえる話から、どうも無賃の容疑っぽかったです。
お金を持っていなかったから免許証情報からお家を調べ、
家族に引き取ってもらおう(+タクシー代支払)という流れでした。
結構ちゃんとした身なりの方だったのに…お酒って怖いですね。
運転手さん気の毒だ。ご家族は少なくとも帰りの高速代は出してあげて欲しい。

この辺にセンスというか品というものが、出ますねー。
だって運転手さんの今日の売上、ズタズタじゃないですか。
“縄張り”でないとそうそうお客様拾っちゃいけない筈だし、
トラブルでこんな時間喰ってるし。ドライバーさんも大変だ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-21 17:54 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
在庫どこも減ってるね、そしてお求めになられるお客様は逆に増えてる
昨日、そして先程と、チケット商ブランド商に関わらず色んな同業者様の店舗を
見てまわりました。何か面白いネタないかなーって。
まず気になったのは、

どちらの古物業界も、店舗の在庫減らしてないですか?という点。

あるお店はショーケースすっかすかでした(チケットもブランドも)。
あれでやっていけるのかなあ(失礼ながら)。 せめて陳列は“盛ろう”よ。
商品券も貴金属もブランドも、まずはお客様の目を楽しませないと。
「からっぽのライオン獣舎」を見に来るお客様はいないのと同じ。

やはり流れは、店頭買取→即市場で換金するビジネスモデルなのか。
だとしたら現場はほぼ放置ですね。
確かに儲かりはするし効率はよいけれど、まずはお客様だと思うなあ…。

最近、僅かの赤字や実は店頭やヤフオクよりプロ市場の方が
若干高く売り捌けそうな気配でも、あんまり大勢が変化しない限りは
地元のお客様に安くお買い上げ頂く方が結果的に正しいのでは…
とちょっと考えがシフトし始めています。

効率効率、カンバンカンバン(ト●タ)だけじゃないのが古物商なのじゃないかな。
そんな気がいたします。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-20 00:45 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
危ない危ない、“タレ”を門外に持ち出すとこだった
お店ワンオペ状態で何が困るっていえば、備品を切らしてしまう事です。

弁当は持ってきてるし、トイレの問題も何とかなるのですが、
包装紙とかティッシュペーパーなどの消耗品が切れた時、
あとこれは「備品」とはちょっと違うけど現金ね。
つり銭は勿論、買取が立て込むとお買取りの際の原資がなかったりもして。

で、先日ある備品が店に無いままワンオペ営業しちゃったんですよ。
えらく困りまして。明日もこの状態じゃかなわんと
閉店後すぐ2Fの100円ショップに向かいました。

そうそう、ここならあるんだよなと、切らさないように2個を手に取り、
これで当面は大丈夫だとレジに並びました。
店員さんは今までもよくここで接客して下さっているスタッフさんで、
今日店のコレを切らしてて、すっげえ困ったという話を
うっかり喋ったんですよ。そしたら、

何に使うのですか?」と素朴でマトモな質問がど直球で来まして。

ハッと我に返りました。あかん、これを何に使うかは“秘伝のタレ”だった
(当然通常用途じゃない)。ごにょごにょとしどろもどろでごまかしました。
このスタッフさんだけに知れるのは大丈夫でも(悪意は一切ないだろうし)、
今後どこでどう広まるか想像つかないんで。

横の繋がりと秘伝のタレ(ノウハウ)は、古物商にとっての財産です。
何かの拍子に私がそれらを全て無くしたら、たぶん餓死する。
他の業界でなんか今さら通用しっこないしね…やりたくもないし。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-17 16:43 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
この閲覧数は、ちょっと見たことない…
f0064937_10513064.jpg

弊社が出品している商品で、滅多に起こらないことがありました。
右の方にアクセス数が書いてありますよね。出品者はいつでもこれを
見ることができるのですが、都合残り2日半なのに閲覧数は何と3万越え。
通常、大人気アイテムを「1円スタート」しても弊社では2千位かな、閲覧数って。
もちろん終了時でのカウントで。それが今回残り2日半で15倍。
どうなっているのでしょうか。多くのお客様が探されていたのでしょうね。

果たしてどうなるか。これでヤフオク部門に勢いが付くといいのだけれども…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2017-03-16 11:00 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。それ、..
by kinkenya-kobutu at 22:54
↑ お疲れ様です。やっぱ..
by kinkenya-kobutu at 21:31
↑ お疲れ様です。今は余..
by kinkenya-kobutu at 14:55
↑ 宣伝になる的な意識は..
by kinkenya-kobutu at 06:26
私は、この裁判の話が新聞..
by サンライズ竹島 at 22:41
↑ お疲れ様です。  ..
by kinkenya-kobutu at 21:59
↑ 出てくるもんなんです..
by kinkenya-kobutu at 23:21
↑ こ、コメントありがと..
by kinkenya-kobutu at 10:42
↑ あっそうなんですか!..
by kinkenya-kobutu at 01:08
今年のインフルエンザは、..
by サンライズ竹島 at 21:05
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク