中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2016年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
そこだよ、絶対活路はそこにある
先日のダウンタウンDX(日本テレビ系)で、
腹筋を割るべく厳しいトレーニングを積んでいる女性タレントさんが
周りの共演者に「女の子はそんなバキバキ(なお腹)にしない方がいいよ」
と止められていたら、司会の松本人志さんが、

そんなん君のお腹、モナ王(アイスモナカ)みたいになんで

とボケたのには思わず爆笑してしまいました。
ストイックに徹しないと絶対にならないであろう“腹筋バキバキ”の例えが、
バキバキへの道を高確率で阻害する糖分の高いモナ王。
面白すぎでしょ…。

脱線から入ってすみません、本題。

今号のリサイクル通信に、古いオーディオ機器の修理で依頼が増えている
業者様の話が大きく載っていました。
電化製品とかは日進月歩で良くなっているから、中古品の入り込む隙間なんか
皆目無いような気がしますが、ことオーディオは昔っから音の出るメカニズムが
あまり変わっていないようなので、古いスピーカーでも結構欲しがる方が
いらっしゃるんですよね。いわゆるヴィンテージ志向。
古い機械の方が音が良いみたいな?
気のせい…という訳でもないんでしょうね。

決して安くない修理代金にも拘わらず、月100件以上の依頼があるのだとか。
先様は元メーカー出身の方が7人いらっしゃるそうで、
発売元が匙を投げたものでも修理できるらしい。
そりゃヴィンテージオーディオマニアには何より頼りになる駆け込み寺でしょう。

当店が入っているテナントビルの2階の同業者様(携帯)は、かなり前から
「今後はこっち(修理)をメインにやっていきます」と仰ってたし、
修理修繕受付等が今後の古物商売業における一大転機になりそうです。
物を大切にする日本人の気質にもマッチしているしね。

…ウチもなにか、修理できたりする分野が新たにできたらいいんだけど。
でも、研鑽を積む余裕が今まったくねえわ~。
店勤務、介護、病院付き添い、市場、同業者様巡り、背取り…
背取りくらいしか余暇削れないわ。いやーでも背取り削ってもたかが1日浮く位。

文字通り、寝る間も惜しんでやらんとアカンのかなあ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-30 15:49 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ちょっぴりラッキー
「テレビを見てきたんですけど…」

お買取りのお客様でした。
え? ウチまだテレビCM打ったりテレビで取材されたりはしてませんよ。
                                             
と思った時、ふと“あの事”が頭を駆け巡りました。

それって、古巣社長がお出になられた地元テレビ局の番組のことですよね。
ウチじゃないです、そこは。お隣の会社。
厳密に言うと「そこから暖簾分けで独立」。

事情を説明し、お客様が弊社査定でもいいとの事だったので無事、成約。
非金券だったんで結果オーライです(金券は買っちゃダメ→湖プカーのルール)。
こんな事もあるんですねー。

(業務連絡 古巣の皆様へ)
今回リベートはありません(古巣の顔を立てる為、超高額買取したから)。
悪しからずご了承下さいませ~。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-29 18:08 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
お断る!(日本語変)
ふだん絶対来ない、弊社も入っているビルの管理会社の人がふたりも、
笑顔でおみえになった。
いつもこんな能動的に近づいてこないでしょ、3セクさん(失礼)、絶対厄介ごとだ。

「大した事ではないんですが…」

来たよ来たよ。絶対アレだな。もう言いたい事は分かるよ。
商店会の役員になれ」っていうんでしょ。

「いや、年1回の会計監査の役に…」

乗るわけがない。それってまさに死へのエスカレーター。
会計監査なんてよくやって2期。それから先は理事になり、
役付きになり、下手すりゃ副理事長か理事長くらいやらされて
次の代が決まらずズルズル行くパターンに決まってる。

母の介護でパツパツなんだよー。頼むからこれ以上何かを背負わせないで。
…といっても3セク職員、他の理事からかなりネジを巻かれたらしく
全くこちらの聞く耳を持たない。そりゃそうだ、
彼らは私が死のうとどうしようと、自分の責務さえクリアすればいいんだから。
あんなに聞いてもらえないの、2013年にやった自治会長の時以来だわ。
だから言ってやりました。

「介護を“やり切る”」
「母が観念して老人ホームに入る(まずあり得ないが)」
「まかり間違って花嫁さんを得る」

いずれかのフラグが立ったら即、こちらから会計監査させてって言うから。
嫌なんじゃない、やりたくないんじゃない、
今の現状では会計監査にせよ理事にせよ、無理だもん。
役目も果たせないし、軽く命がけの活動になっちゃう(大げさじゃなく)。
自分では何にもやらないのにブツクサ言う平会員なんか、
どんだけ2013年の時に対決したか。だから私は平の時は何にも言いません。
今やって頂いている理事の皆様には本当に、本当に感謝しております。

だから、今はちょっと待って…。
母の大暴れで一睡もできない事、あるから(最近だと一昨日あった)!
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-27 18:47 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
粛々と
古物商ならではのとある商慣習があり、本日粛々と段取りを進めました。
理解はしておりますが、釈然とはしておりません。

簡単に言ってしまえば、
私が車を運転していたら、歩行者の方が死角から突然飛び出した的な?
それの“古物商”版と言ったら、業界人ならお分かり頂ける筈。

釈然としませんよねー(しつこい)。
でも、私は浪速商人の血を引く近江商人の古物商。
売り手よし買い手よし世間よし。これでいいんだ、これで…。

…今晩母が元気だったら、飲みに行こうかな、ひとりで。
普段滅多とやらないけど。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-26 19:01 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
それ正論! 全面的に支持します
今熊本の地で、地震のどさくさに紛れ他県から「火事場泥棒」ならぬ「地震泥棒」が
頻発しているのは皆様も耳にされているかと思います。
インタビューで被災者の方が、

(犯人は捕まえて)処刑してほしい

と仰っていましたが、まさにそうですよね。窃盗くらいの微罪(ではないが)とは思えない。
なんでわざわざ今、熊本で泥棒するんだと捕まえて聞いてみたいよ。
家電とか盗んで換金してもさほどにはならんだろうし。
被災された方はむしろ見舞金をお渡しするべきなのに、その傷ついた方々から奪うとは。
軽トラ数台でドロボウする輩もおるらしい。完全な窃盗団やん。

これで救援物資を運んだりボランティアをかって出て下さる方々の
行動もより慎重になる筈。不用意に動いて泥棒と間違えられたら辛すぎる事故だし。

泥棒って、被災者から盗んだ物品を即座に古物商で売却したりするんですよ。
めっちゃ迷惑。盗品は私ども買っちゃいけないので。
勿論我々は細心の注意を払って日夜盗品換金阻止に努めています。 
ただ、事情を知らない人が代理で持ち込むと“盗品の看破”は極めて困難になる。
仔細を知らない人と相対していくら“空気と間合い”を図っても、
導き出される答えは「お客様は正直に仰って下さってる」になるんで。

おい窃盗する人。車持ってるくらいなら、まだ少しは余裕もあろうに。
まずはバイトからでも就職しようよ。
せめて、せめて今熊本にドロボウ行くのはやめて。いくら何でも残虐すぎる。
そして盗んできたものを古物商で換金しようとすんのは、やめて。
片棒なんか担ぎたくない。

先日ビートたけしさんが仰ったように
災害時のどさくさで空き巣入るやつは特に厳罰」にならないものだろうか?
極刑はさすがに無理にしてもさ。
ほら、江戸時代も「夜に十両以上盗むと打ち首、ただし昼間ならムチ打ち」
とか極端な量刑だったし(たしか)。
なら現代も
「通常の窃盗なら刑法235条に則る。ただし災害時の窃盗は量刑を2倍とする」
くらいならできるんじゃない? だってどう考えても人間の所業じゃないもの。
容赦無いくらいで丁度良いよ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-25 14:08 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
意識高い系の人
最近テレビで見た、お笑い芸人「アルコ&ピース」さんが扮する、

意識の高い系IT社長・瀬良」が超ツボにはまりまして。

何が笑うって、
「ほぼ瀬良社長まんま」と言えそうな社長さんが、私の知り合いにいる。
残念ながら古物業界の人じゃないんで、ここに詳細書いても読者様には???だけど。
(そういえばITもやってはります)
ネットで動画検索するとアルコ&ピースさんのネタがちらほら出るので
興味がある方はそちらを。

実際その社長サンに会うと、痛いと凄いのちょうど中間。痛凄い(そのまんまやんけ)。
刺激にはなるけど、雇い主や取引先にはいて欲しくないかもー。

矢沢永吉氏のごとく「成り上がり」が至上と言う人もいれば、
私のように牛歩でゆっくり、お客様をびっくりさせてはいけないと思う人間もいます。
私がいきなり「成果至上主義」に宗旨替えしたら、まずスタッフに造反されるわ。
「もう社長信じられません 付いて行けません」って。

同業者様は大体半々くらいなんだろうか。
ゆっくり堅実派」と「成果こそ全て リスクってラスクの親戚か?派」って。
ブランド商は織田信長というか、松永“弾正”久秀みたいな人もいるから
半々よりは成果重視派が多いような気がするなあ。
チケット商は既にある程度の成功を見た人は堅実派が多く、
自身の能力を強く信じている人は“ドンパチ”も辞さなかったりするね。

そうなると…私は世間から見たら「意識低い系」なのかもしれません。
ま、人に何と思われようとも私はお客様とスタッフと地元の商圏だけは守ります。
それこそ何があっても…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-24 18:48 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
逃した魚は大きいけれど、そもそも釣り上げる器量もなかったかな
先日、
千載一遇のチャンス来たけど、自分のキャパに合わないから師に譲った

という話をここでやりました。その話がついに昨晩、始動。
地元放送局「びわ湖放送(テレ東系ではないけど親密な独立地上波)」で
F副理事長が同局番組の月1レギュラーになったんです。
それに伴い、古巣のCMも流れるようになりました。

昨日一瞬だけ、視聴。録画もしているので今晩あたりじっくり観ます。
師の他に知ってる顔が何人も出演されていて、あーやはり出演しておけば
会社に後々大きなチカラになっただろうに…と思いつつも、

どう考えても時期尚早だな、と改めて思い知ったワケで。

まず収録日に店から抜けられない。ルックスに究極自信がない。
番組を観て弊社にお越し頂いても、まだまだお客様をあっと言わせるような
プロならではの技量を見せつけるまでは至ってない気もするし。

チキンだなー。私が話断らなければ同業の枠がT店長(総合 もちろん滋賀)に
行かなかったかも知れないのに…まあ、仲の良い業者様で良かった。
近隣過ぎたら微妙だもんね。
あー、何でこんなチャンス断っちゃったんだろうと思っただろうし。
ただ、私がT店長のようなイケメンさんだったら、収録日休んででも出演したかも…。

今から私がイケメンさんになるのは不可能なので、イケメンさんか
テレビに出てくれる別嬪さんを新規スタッフで探します。
(残念ながら弊社スタッフ2人は写真撮られるのも逃げちゃう恥ずかしがり屋)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-23 09:30 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
日経新聞の「迷走セブン&アイ」が超面白い
昨日くらいだったかな? から日本経済新聞で連載している記事、
迷走セブン&アイ」が面白すぎる。

今回の騒動でお辞めになる鈴木会長は、普段私情を挟まず
とにかく会社の未来を見据えて部下を厳しく叱咤する方。
ジョブズ的な? ちょっと違うのか。とにかくおっかないらしい
(私がコンビニ業界の末端にいた時も、そう漏れ聞こえてはいた)。
今回井坂社長の更迭を巡って鈴木氏と創業家で意見が割れた事が
鈴木氏の退任に繋がったとされているが、

あの鈴木会長ですら、最終的には私情が絡んだような気がするなあ。
記事読む限りでは。それは仕方ないか、人間だもんね。
私は業界にいた時から労働者根性丸出しで、
「もっと弱き者の声を聞け!」と、鈴木氏が心底嫌いだった。
(フランチャイジーや下請け業者から見たら、利益&負担配分がおかしすぎるので)
ただ、こんだけの実績を作った人がこうやって表舞台から去るとなると、
また一抹の寂しさを覚えるなあ。「勇退」で終われなかったんだろうか。
こんな終わり方じゃ、今までやって来た功績も霞むやん。
あと、あの立志伝マンガもセブン店頭から撤去されるのかなあ(どうでもいいが)。

とりあえず「迷走セブン&アイ」は次、何が書かれるのかしら。待ち遠しい…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-22 11:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ノー! 不成約なんと、8!
滋賀の今の雨模様と同様に、私もまた良いお天気ではありません。

はー、久々だわ不成約(販売・買取に至らないこと)連発。
古物長いから慣れっこと言えば慣れっこだけどもさー。

1日で八件不成約っていつ振りか…対して成約は、4。
そりゃあ販売は入ってきたお客様入ってきたお客様みーんな何か
お買い上げになったりはしないですよ? そんな僥倖年1あるかないかだし。
でもねー、私、買取の成約率は9割あるからね?
「無理に買わない」事を誓って9割。
どんだけ高価買取してるねんって話ですわ。

「またまた宣伝の一環で“盛って”るでしょ」と思うなかれ。
どんだけ悔やむか、後の赤字額に。

結構逸品クラスを何個か売却お止めになられた…は~、
目一杯お値段つけたんだけどなー。
販売もめっちゃ安くご案内してるんだけどなー。

私の精進が足らんのかなー…とりあえず閉店時刻なんで介護に戻ります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-21 18:58 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
同じようなセリフを近々に二回聞く(恐っ)
真贋鑑定。それは古物商においてもっとも大事なスキルであり、
素人さんとプロとを隔てる差。そして飯のタネ。

だから私どもは日夜、社外品(○ピー)と戦っています。
コ○ーでも何でも、売れりゃええやんと思っている人は業界にごく少数(おるんかい)。
残りの方々は皆、真剣に社外品を完全排除しています。
もちろん私もその一人。
正しくない商品を売ってお客様に迷惑をお掛けする訳には参りません。
ただ、膨大にある古物全てを把握するのは並大抵の努力ではなく…。

どーしても分からない商品の査定/鑑別ってあるんですよ。
何を検索しても、どんな資料を紐解いても本物かどうかわからない時が。
こんな時、私どもが良く利用するのが「」、つまり同業間の繋がりです。
ちゃんと“古物渡世”をやっていれば、仲間はきっと助けてくれます。

古物商も人間、得意不得意は様々。
例えばある人はレトロゲームが得意、
またある人は色のついた宝石が得意、
あの人は管楽器取引の大家だ…みたいな。
私にもちょっとした得意が存在し、その分野の際はよく同業者様に聞かれます。
無論そのような「ヘルプ要請」は基本断りません(接客中は待ってもらいますが)。
だってこっちが困ったとき助けてもらうには、こちらも先様を助けるのが筋だから。

でも、こちらもプロですから、いつまでも同業者様に聞いてばかりじゃ
ダメじゃないですか。こちらも研鑽を積み、できる事なら一人で全てを解決すべき。
なので時々聞くんです同業者様に。「○○はどうやって視るの?」って。
昨日もそうでした。そしたら先様、

「それ(私の専門外)は奥が深すぎて、lineとかじゃ説明しきれない

ですよねー。そんな参入障壁低くないよな。
と、思っての今日です。苦手でこれまで避けてきたある商材(守備範囲)を
もーいい加減克服しないといけないなと、意を決して懇意の同業者様に
聞いたんです。「●●(某ブランド)はどうやって見分けますか?」って。
そしたらですよ!

それは奥が深すぎて、lineとかじゃ説明し切れません

まさかのデジャヴ~! このフレーズ流行ってるとかでしょうか。
2人の先様はほぼ絶対、一面識もない筈。
それだけ私がずけずけと「秘伝のタレ」を味見しようとしているのか…?
まさかのKYか…いや、違うな。
やっぱ軽~く聞きかじったくらいじゃ「分かったような気になる」だけで、
商売ができるレベルまでにはおいそれと達しないという事だね。

はー、また明日から“痛みと屈辱”の毎日か~。
こわーいコ○ー品の日本流入と、これからも何十年も戦い続けるのかと思うと、
気が滅入るわ。どうかこれ以上スー○ー○ピーのレベルが上がりませんように!
(もちろんこれからも戦うけどね ズルはダメ!)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2016-04-20 18:40 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 恐ろしい絵面ですね…..
by kinkenya-kobutu at 01:10
↑ 結局はその確認作業も..
by kinkenya-kobutu at 09:37
↑ 恐縮です。同業者様に..
by kinkenya-kobutu at 09:36
↑ 左近! いいですねえ..
by kinkenya-kobutu at 09:34
↑ 世界最強国が既にそれ..
by kinkenya-kobutu at 10:21
↑ あー、18きっぷ貸し..
by kinkenya-kobutu at 21:45
↑ あっそうか。地上波に..
by kinkenya-kobutu at 18:00
そこでBSですよ。旅番組..
by サンライズ竹島 at 15:05
↑ 隙間って埋められる宿..
by kinkenya-kobutu at 10:35
↑ 貴重な情報ありがとう..
by kinkenya-kobutu at 10:34
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク