中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2015年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
心からお祝い申し上げると共に、「拡散」させて頂きます
昨日は朝、介護施設に顔を出したので夜はゆっくり。
たまたまやっていたNHKテレビ、「ドキュメント72時間」を途中から見ておりました。
北大の話だったかな? なかなか「味」のある学生が多く、
さすが旧帝大は来てる人が違うなあと思ったりしてたらもう番組が終わって、
(あちゃー、もっと早くチャンネル回すべきだった)と後悔していたら次回予告で

なんかすごく見た風景が広がってる…。

ビックリしました。
だってこれ、金券ショップの話ですやん。
しかも映ったのって池袋のJ様(東京・神奈川)だよね?

Yさーん!(先様の幹部 関東ながら梅田の会メンバーでもある素敵兄さん)
何これ、ちょっと羨ましすぎるんですけど?
国営放送のドキュメントで金券ショップが取り上げられるのもさることながら、
放映される番組が凄いって。まあ今の国営放送は良質のコンテンツ多いけど、
「ドキュメント72時間」はヤバいって。凄く面白いのよ、これ(前ブログで触れましたね)。
どんだけ店の宣伝、ひいてはチケット商業界のプラスになるか…計り知れないってば。
「リサイクル通信」の取材でJTAの宣伝した私とは比べものにならん位の貢献度よ?
素晴らしい! 業界にとって、とても良いお話です。
これを機に、チケット商が何やら仄暗い怪しいビジネスではなく、
ただ純粋にお客様がお得になるよう努力している健全な商いであることを
世間に猛アピールしていきましょう。

放送は2月6日金曜日、午後10時55分からです。
一般の方は良かったら視て下さいませ。
チケット商以外の古物関係者は、できるだけ視た方がいいですよ。
チケット商は…みんな視ようね? 試験に出るぞ(何のだ)。

この1回の放送で画期的に変わるかどうか、と言えば何も変わらないかも知れない。
ただこの1回の放送を業界全体が「認識」すれば、
メジャーな商売に持っていく「とっかかり」になる筈です。
例えばお客様が「こないだテレビでこんな商売やってたね」と仰れば、
「そうなんですか?」より「私も見ました、面白かったですねー」の方が絶対いい。
なにかうまい手があるんじゃないでしょうか。
金プラチナ買取の業界だって、千度チラシ打ってCM打って効果がない時でも、
テレビで「今、金が高いです」って流れれば即、昼飯食えなくなる位忙しくなるんだから。
(だから今、金相場マジ高いしテレビで“高い”って言って~お願いっ)

「金券ショップなんか知らないし、一生使わない」方々を一人でも減らしていけば
チケット商業界の未来も開けていく…かも。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-31 10:56 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
私どもが重要視しているのはただ一点、成約するかしないかはその後の話
そんなん安い安い安い、置いといた方がマシや

先日も、お買取り査定のお客様を心底ガッカリさせてしまいました。
店の外に出てからもお経のように「安い安い安い」と呟いておられたので、
たぶん弊社の事を周りのお友達に厳しく喧伝されるでしょう。仕方ありません。

お客様とお会いした瞬間、
たぶんこうなるだろうと、最初から日本一価格でご提示しましたので。
もう、なれっこです。

その後すぐに精錬業者の方
(金・プラチナを古物商から買取り、インゴットに精錬する会社 宝石にも明るい)
がお見えになったので、正確に査定品の状態を説明すると、その業者さんは

「そんな(高い査定金額)ん、どこのお店も出せませんよ?」
と明言されたので間違いないと思います。
あのお客様が他の業者様に査定を出して初めて、私の真心が分かる…
これが私の考える「陰徳」。うまく実を結べば良いのですが。
一次流通業者のボッ●クリまではこちらも責任負えません…。

お客様の多くは「購入時いくらだった」が売却する際の「基準」になるようです。
まあそれしか指標はないし、相手は失礼ながら素人さん。
地金価格がいくらだ、メレダイヤがこのクラスならキャラ買いいくらだなんて、
分からないでしょう。
ただ私どもの買取り価格のお値つけは、ほとんど全てただ1点のみを考えています。
それが、「次いくらで売れるか」。このブログでも何度も書きましたね。

私どもは、買い取ったモノを転売しなくては生きていけません。
だから(コレは買い取っても売却できないなあ)と思えばお値段を付けないし、
(コレは売れずに残る可能性が高いなあ)と思えばリスク回避の為に
比較的抑えた査定金額にするし、
(コレは黙っていても即売れする!)と思えば目一杯の提示をします。

ま、古物商の何割かは「モノを見ずヒトを見る」ので、
珠玉の逸品が査定に来ても感情を「おくび」にも出さず、しれっとお安く付ける
可能性も、なきにしもあらずですが…。

そこは、お客様が「身銭」ならぬ「身モノ(?)」を切って、
このお店はちゃんとお買取りしてくれるのか、ダメなのかを
見極めて頂く必要があります。
パチンコ屋さんと一緒です(しない人はごめんなさい分からないですよね)。
競合ひしめく激戦地の「新装開店」なら勝って当たり前、
片や温泉地にぽつんとある古びた小規模店なら負けて当たり前。
お買取りはどこでも一緒じゃないですから、よくよく選んでご活用下さいませ。

弊社はどうか、って?
自慢にもならないですけど、これだけ後輩&年下の同業者何人もに、
「ノブさんお人好しすぎ」ってたしなめられる古物商って、私くらいじゃないですか。

しょうがないですやん、私のお人好しは多分、不治の病かなんかです。
そしていろんな方からの情けを頂戴して生きている事も重々承知しております。
助けて下さった方に直接恩を返せないなら、誰か他の人に仕事でご奉仕する。
それで「ほぼチャラ」になると思うのは、私だけなのでしょうか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-30 11:05 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
とっても濃いメンバーから元気を頂きました
昨日は朝から母の付添いで病院へ。
幸い単純骨折で、患部を安静にしていれば1か月くらいでくっ付くとの事。
ただ左腕固定時は1人でトイレに行けなくなるので、家での日中独居は不可能です。
また介護施設に預け切りになるのが心苦しい…。

診察が終わり、母が介護施設に向かうのを確認してから私は京都へ向かいました。
市場の下見に入り、時計と宝石の「見取り稽古」をする為です。
これを定期的にやっとかないと、鑑定眼が鈍るんで。
案の定稽古を始めてからしばらくはダイヤの4C(のうちの3C)がブレてしまい、
うまく鑑定ができませんでした。
最後はちゃんと石を見てカラー、カット、クラリティがきちんと出せるよう
「修正」出来ましたけど、短い時間でルース百個以上見るのは目がツライ。
ダイヤ見て、色石見て、客注(お客様のご注文の事)探して、時計見て
下見は終了。後は「買い手」のI女史に任せよう(彼女も別の日に下見して競り参加)。

そのあと、京阪で大阪へ移動。
「特急」って書いてあるのに、「おけいはん」遅い。
特急のカッチョええ外観からはいかにも速く走りそうなイメージなのに。
準急から途中乗り換える時間はあったものの、小一時間掛かりました。
そう思うとJRは何気に速くて便利な乗り物なんですねー。

淀屋橋から大阪駅前第3ビルまで歩いたらもう夜7時を回っていました。
大慌てで委託商品の精算をして、鑑定依頼の商品を拝見して、
もう閉店前なのにF社長(大阪駅前第3)の事務所に押し掛けて話し込んで、
行くことを約束していたK社長(同第2)からやんわり促しのLINE頂戴して、
慌てて移動して…。

K社長とのお取引を終えてから、私含め6名で宴会を催しました。
K社長が私の疲弊ぶりを気にかけて、酒宴を設けて下さったのです。
古物商6人、いろんな境遇の中キャリアを重ねてきたので
「あるあるある~」もあれば、「え? そんな事あったの?」みたいな
驚愕の真実ありで、とっても楽しかったです。
家に帰ればまた厳しい現実に戻ると分かっていても、
あのひと時は束の間私の心を弛緩してくれました。
お付き合い下さり本当にありがとうございます。
f0064937_10414678.jpg

0時前の北新地でパチリ。
こんな強めのモザイク&ノイズで誰かわかる人は、ブログに載せづらいなあ…。
ともあれこのうち3名様は、朝方まで飲んでいらっしゃったとか(帰宅朝6時て)。

できればそのバイタリティも分けてもらうべきだったか。皆様元気過ぎだってば。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-29 10:43 | 行動中 | Comments(0)
 
プロの仕事が出来ないんなら、せめてプロの応対しようよ
昨日夕方、デイサービスを利用していた母が、
転倒を防ぐ為に付いているヘルパーの目の前で転倒し、骨折しました。
担当者会議で
(担当医、担当相談員、担当デイサービス所属看護師、担当ケアマネージャー、
ヘルパー代表2名、介護用具担当者、親族代表の私が出席)、担当医から

宏江さん(母)で最も危険なのは、血糖値でも認知症でもなく転倒による骨折

と散々ねじ込まれたのが5日前です、5日前。それで転倒、骨折ときたもんだ。
独居でコケたならまだしも、転倒を懸念しビッチリ見張っているハズのヘルパーがいての
転倒ですからね。

でも、だれだって過失はあるじゃないですか。
母は痛がっているし、母は痛覚から逃れる為に認知症を進行させるきらいが
ありますから担当者を唸りたい気持ちはありますけど、そこは仕方ないと思うんです。
ですが、その思いを飲み込んだとしても、

担当のヘルパーがね、あんまり事の重大性を認識していないのはどうなんだろと。
こっちはスタッフにお店任して駆けつけて慌てて段取りしてんのに鷹揚としているし、
ケアマネへの連絡もこっちが促さないとしないし、その電話で笑ってるし、
母の痛がりよう(母は痛覚がかなり鈍っている)から去年11月の骨折と同症状なんで
ヘルパーに「これ、たぶん骨折してますよ」と言っても「そうですかー」だって。

他人事か。

これで母が「寝たきり」になったら、当家は崩壊するんだよ?
アンタ、どこまでプロ意識ないねん。
なんであんなちゃんとしてる介護施設に、こんな人が雇われてんのよ?
そういえばケアマネから「ヘルパーはヨソからの派遣もあります」って聞いたから
もしかしたら他の施設からの文字通り「ヘルプ」かも知れない。
今まで見た事ない人だし。
国から介護報酬カットの話が出てるから、これからもっとこういう事が起こる可能性は
大いにありそう。昔在籍していた運送業界を思い出します。こんな事ありました。
運送料を荷主がガンガン削るから「孫請け、ひ孫請け」みたいな運送業務が増え、
結果サービスの質落とす、事故に繋がる、みたいな。

その後、ケアマネと施設管理者からの謝罪はありましたけど、
当該ヘルパーからは「すいませーん」の一言だけ。
こんなんで店失ったり刑務所入りたくないし母もそんな事絶対望んでないんで
どうにか思いとどまったけど、せっかく親子水入らずで暮らせて軌道乗ってきたのに
たった18日で頓挫するなんて…切ない。できれば骨折は代わってあげたい。
肩付近の骨がボッキリ折れているらしいんで。
右肩の時世話になった病院は緊急入院断ってきたんで、
あと2日痛みと固定による拘束に耐えてもらわなきゃいけない。
不憫すぎる。今回は完全な人災じゃねーか。
神様は私ら親子にガンガン試練与えるなあ…。

古物商同業者の皆様、我ら業界人はお客様に「こんな風に」ガッカリされないよう、
プロならではの高いスキルと矜持をしっかり持って、
「さすがプロやな」と思って頂けるお仕事、しましょうね。
ただでさえ世間からダークな印象を若干持たれてるんで…。
失敗したら、挽回するべくベストを尽くすのは万国共通の常識だと思っていたけど
どうやら違うみたいですね。またひとつ勉強しました。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-27 11:11 | 行動中 | Comments(4)
 
それは聞いちゃいけません
「昨日から今日にかけて、●●(某商材)の持ち込みってないですか?」
名乗られもせず、電話口の人はそう聞いてきました。
私が「買い取ってないです」と答えると、そうですかと電話を切りました。

当ブログの読者様はこの電話を掛けてきた人の「行為」が
何を意味するか、ご存じだと思います。
恐らくは紛失などして、古物商に売られてないか自分で確かめているんですね。
(日にちを指定しているから間違いないでしょう)
ちなみに、警察の方は絶対に名乗られます。そして、具体的には聞きません。
古物台帳を見る場合は、警察官が直接古物商店舗(または事務所)に来て、
警察手帳を出してから捜査を開始されます。
古物商を管轄する公安委員会ですらそんな厳重なセキュリティなのに、

名乗らない一般の方に、こちとら守秘義務がある買取内容なんか
電話で話せる筈ないでしょ(名乗ってもダメですが)。

応対の感じで「お分かりでない」「お分かりになれない」方だと思ったんで、
本当にそれは1年以上買い取っていないから「ない」と正直に答えて
おしまいにしました。
恨まれるのも疑われるのもご免こうむりたいんで。
ちなみに、古物商は普段100%「素人捜査」に協力しませんからね?

盗まれた、紛失されたのは誠にお気の毒ですが、
そちらのトラブルをこちらまで飛び火させないで頂きたい。
漏洩なんかで信用失いたくないし、下手すりゃ廃業だってあり得る。
お客様の個人情報流失&冤罪だったらと思ったら、背筋凍るわ。
盗難届出して、正規の手順踏んで下さればいいだけじゃないですか。

「警察は紛失・盗難届出しても探してくんない」

とかたまに聞きますけど、なら何でしょっちゅう警察の方があちこちのお店で
「古物台帳見せて下さい」ってお見えになるのか? ちゃんと捜査されてますよ。
どうしても見つけたい時は、まず警察に相談して下さい。それが唯一の道です。

あ、無理やり古物商に買取情報を聞こうとしない方がいいですよ。
この件では激昂される同業者さま多いんで…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-26 18:03 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
分かってなさすぎる
日本一の売上を誇る、某外食産業が深刻な状態です。
聞けばチケット商業界で「主力商品」のひとつと言えなくもない
メジャーな「株主優待券」が、今期はあまり売れていないと聞きました。
確かに、発行元が経営するお店も結構ガラガラだったりします。

あの外国人社長は何を考えているのでしょうか。
最早あの方の首ひとつで事が収まるとも思えない。

「日本ユダヤ」を自称していた前の前の前(くらい?)の社長は、
アクは強いしケチだし最終的には「本体」から一族もろとも三行半もらった方だけど、
(まだ食材調達で付き合いあるんだっけ? でも昔みたいな“吸血”はないよね)
それまでの実績はハンパなかった。
もし今ご存命であれば、早急に解決策を打ち出すかも知れない。
前社長(現ヨソの社長)だって画期的な手は思いつかないにしても、
ここまで「大火事」にはしなかった筈。

潰れはしないでしょうけど、ブランド力は地に堕ちましたね。

昔「デン社長(書いちゃった)」は仰っていました、
人間は12歳までに食べてきたものを 一生食べ続ける」と。
これが間違いない事実と仮定すれば、
食の安全が揺らぎ、今のお父さんお母さんが子供に安全じゃない某社製品を
避けるようになったら、この某社はそのうち無くなるという事でしょう?
今は何故か株価も大暴落起こしてないですけど、
「円安による目減りの方が(異物混入・工場のモラルハザード)よっぽど甚大」って

本気で思ってんの?

消費者をナメたらアカンよ。
とりあえず何で雲隠れしてるのかよく知らないが、
社長はきっちり公の場に出てきて話しなよ、部下に任せないでさ。
従業員だってめちゃくちゃいるんだし、その分の責任もめちゃめちゃ重いんだから。

ホント、エアバッグ作ってるどっかの会社といいココといい、
「従業員のコトより我が我が」のトップって、ものごっつーカッコ悪いわ。
会社が正常化するなら社内クー●ター(書けない)でも起きないかなあ?

それこそ昔の▲越みたいにさ…。
T社の「天皇」と崇められている社長が役員会議で解任され
何故だ!」とか言ったら面白くない?

ないよね、普通は…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-24 12:01 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
ビーバップハイスクールじゃないんだから
結構「皮革ゴム製品商」である期間も長くなってきたつもりなんですが、
まだ「分かった~」「極めた~」なんて感覚は全くありません。
ま、1番を目指しているったって「同業者で規模1番、売上1番」じゃなく、
あくまで「お客様の満足度1番」ですから、同業者様に倣うつもりも全くないし、
何かで同業者様に少々小バカにされようが、そんな事はどうでもいいです。

ただ、古巣業界である「チケット商」はそうじゃないんですよね。
店舗数、売上とかも関係しなくはないんですが、
多くのチケット商が一番大事にしている「基準」が、実は、

強さ

なんです。
自分の商圏に進出してきた同業者をいかに「商戦」で追い出せるか。
ズルはダメっすよ? 同じ土俵(商圏)で競い合い、相手を追い返してこそ

「あー、○さん強いなあ~」となる。
恩恵は計り知れません。
強い業者さんには業者間取引が自然に集まります。
いつ無くなるか分かんない弱っちい同業より、
強くてレートの高い同業に荷物を卸します。仲良しが増えます。情報も集まります。
だって仲良くなっていないと、その強い同業者様が自分の商圏に来たら困るもん。
(取引をしている同業者の邪魔になる出店はしない、がチケット商業界の不文律)

で、逆に負けて店を畳んだお店は同業者から心配されます。
さらにみんなクチには出さないですが(あそこ、お金持ってるけど商売ヘタクソだ)
と軽く見られてしまいます。
次に他の土地で競合した時も激しい抵抗にあうでしょう。
みなさん長くチケット商やってたらそれなりに自負ありますから。
出店が超強いところだったらそれこそ戦闘回避(値段合戦しない、提携を持ちかける)
の選択肢も頭に浮かびますが、ガラだけ大きくて中身スカスカの相手ならそれこそ、

生まれてきたことを後悔させてやるわぁぁぁ

くらいボコボコにしてくるでしょうね。
それを切符や商品券みたいな「紙」で文字通り「殺し合う」んだから恐れ入ります。
先日とある同業者様から、

撤退するとカッコ悪いから、意地で赤字垂れ流して競合店を続けている

お店があると聞きました。
プロが外から見れば、業販が絶対に無い現場オンリーのお店が儲かっているか
赤字なのかは3分以内に分かろうものなのですが…。

それなら「看板」代、高くないっすか? バレっバレの「ヅラ」みたい(大変失礼)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-23 10:10 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ちゃんと「脳内変換」しないとエラい目に…
昨日は会社にベッド(折り畳み式)が届きました。私物、自腹のモノです。
いつ届くか分からないし、母は受け取りに不安があるしと言う事で
会社を届け先にしたのです。
ちなみに使うのは25日に泊まりに来る叔母(母の妹さん)。
客間は用意してあるけど、さすがに床に寝て頂くのは気がひけたんで。
母は借りている介護ベッドだし、客間もこれでベッドになった。
私はまだ床に寝てますけど。もう寝れりゃ何でもいいっス状態…。

それにしても想定よりかなり大きいような。
馴染みの佐川ドライバーさんだったんで、受け取りサインをする際質問しました。

「重い?」
「…そこそこ」

こう言われた時点で私はちゃんと「覚悟」しとくべきだったんですよね。
体が資本、しかもけっしてラクな仕事じゃない佐川ドライバーさんが
「そこそこ(重い)」と言っているのに、私が簡単に運べるわけない事を
あの時点で認識していなかった私は、アホ以外の何者でもありゃーしまへん。
せめて検収口(複合商業施設なので)の守衛さんから台車借りればよかったー。

店の業務を終え予約していた病院に母を連れて行き、調剤薬局で薬をもらい、
閉店前タイムセールの見切り品を同テナントのスーパーで購入してから
闇にまぎれて「ベッド搬送作戦」を開始。
会社のセキュリティを外してまずベッドを店外に運び出します。
店から新居は歩いて2分、いくら重くて運びにくいからって…。

ぐ、ぐおおおお~

めちゃくちゃ重い。佐川さんの「そこそこ重い」はこんなに重いんだ!
総木の下駄箱を軽く命がけで旧家から出した時でもこんな絶望感はなかったぞ。
やっべー。でもこんな駅前にベッド放置できないし…。

ちょっと歩いては休み、ちょっと歩いては休みを繰り返す事、20分。
通常の10倍掛かって自宅に運び上げました。あーもう絶対やらねー。

皆様も、「感覚」は人それぞれだと覚えておきましょうね(お前だけだってわかんないの)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-22 12:45 | 行動中 | Comments(0)
 
責任の取れる範囲で行動すべき
日本人人質おふたりが人質に取られ、法外な身代金を払うか、
さもなければ処刑されるかの動画が公表されましたね。
とても残念な事です。

私は昔から、「責任の取れない言動はしない」事をモットーに生きてきました。
自分の身ひとつ失う以上の事を自らが起こすのは、どうしてもストッパーが掛かる。
人様に迷惑を掛けるな」の教えは最早時代遅れなのかも知れませんが
(実際巨万の富を得る人は、他人の迷惑より己の信念を優先する傾向があるらしい)、
でも、人がどうなっても構うもんか、自分は自分のやりたいようにやる!
…って、基本ケモノの考え方じゃないですか。
いや、ケモノだって群れを作るタイプは「安全の為の掟」がある筈。

詳しくは知りません、間違っていたらごめんなさい。
確か捕った方のひとりは
「自らの意思で行き」、
「現地コーディネーターの警告を無視」して捕まってらっしゃいますよね。
もうひとりも、この方を救出する目的(+報道関係)で同地に入ったとか。

これ、本当に日本政府が2億ドル払ったら…帰国した時何も無ければ良いのですが。
死んでは何もなりませんけど、生きていても壮絶な日々が続くような気がします。
自らの娯楽で雪山に入り遭難して救助されて帰ってきた人達ですら、
厳しい世間の目に晒されるのに、あんな危ない場所に行って
身代金積んでもらって帰るなんて…。

「相手」が無償でふたりを解放してくれると一番いいですね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-21 13:37 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
近くの他店様にはとにかく味方になって頂くべし!
昨日お買取りでご用命頂いた初めてのお客様に、
「当店をどちらでお知りになりました?」と伺ったんです。
そしたら、

「2階の○さん(守備範囲の違う若干同業の他社様)に、▲売るならココがいいよと」

何と他店様からのご紹介でしたかー!
先様とは利害関係ないのに、こんなご厚意を賜れるとは。
これはめちゃくちゃ嬉しい。なので、閉店後すぐにお礼に行きました。
(お客様のお名前、お買取り金額、お品の詳細は当然守秘しました)

すると先様も大変喜んで下さいまして。
ありがたいですねー、守備範囲が違うとケンカしなくていいですからね。
今現在も当店のお客様には時計の電池交換はMさんに、携帯電話買取はKさんに、
お着物のお買取りはWさん(3社様とも同ビル2階)をお勧めしているんで、
先様にもしっかりアシストせねば。

ただ嬉しい事ばかりの「紹介」も、紹介者様の顔を潰せないから
「しっかり」お値段出さないといけないんですよねー…そこだけはプレッシャーです。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2015-01-20 10:55 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 結局はその確認作業も..
by kinkenya-kobutu at 09:37
↑ 恐縮です。同業者様に..
by kinkenya-kobutu at 09:36
↑ 左近! いいですねえ..
by kinkenya-kobutu at 09:34
↑ 世界最強国が既にそれ..
by kinkenya-kobutu at 10:21
↑ あー、18きっぷ貸し..
by kinkenya-kobutu at 21:45
↑ あっそうか。地上波に..
by kinkenya-kobutu at 18:00
そこでBSですよ。旅番組..
by サンライズ竹島 at 15:05
↑ 隙間って埋められる宿..
by kinkenya-kobutu at 10:35
↑ 貴重な情報ありがとう..
by kinkenya-kobutu at 10:34
ご返事、ありがとうござい..
by びわこエクスプレス at 00:44
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク