中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2014年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
腕引き千切れんばかりの渾身の一投がエラーを帳消しに?
いやあ、先日は肝が冷えました。

お客様のお買取り査定をした際、お話が盛り上がってしまい、
肝心の「身分証明書の確認」をうっかり忘れてしまいまして。

あかんやんあかんやん、
お客様からは絶対身分証明書をご提示頂かないと。
警察の方が捜査される際に警察手帳を出して求められれば(ここ大事)
古物商は「古物台帳」を開示する義務があるのですが
(逆にそれ以外は個人情報保護の観点から開示してはいけないと言っていい)、
警察の方の捜査は細部まで確実に見ておられるので、今回の「漏れ」も絶対分かります。

この方の本人確認はどうやって行いましたか?

あああ~怖いぃぃぃ。絶対捜査の時指摘されるぅぅぅ。
今回は故意ではなく、完全な過失なんでお叱りで済みそうだけど、
やはり警察関係の方々には信用して頂きたいし、
できれば信頼して頂きたい。ならばミスは極力無くさなければいけません。
お客様には目一杯査定したし好感触だったから、近い内またお越し頂けると思う。
と、次回ご来店時には絶対証明書ご提示の件を忘れないよう、
毎日見るチェック表にその旨を書いて準備すること、数時間。

「まだ家に使わないものがあったから、何度もすみません」

(よっしゃー! 全力査定のおかげで、古物の神様キタ~)
何とお客様、当日2回目のご来店。
私が心の中でガッツポーズしたのは言うまでもありません。
そして無事、証明書と記載事項、お顔を確認しナンバーを控えて2回目の査定終了。
勿論「フルスロットル」買取しました。ちょっとやり過ぎた感あれど、あの
「この方の本人確認はどうやって行いましたか?」のご指摘頂戴する事考えたら
全然無問題(実は前々職時代にやらかした事があるので ご指摘ホント怖いっす)。

それにしてもあぶねーわ、これから話が盛り上がる前に証明書はチェックするべ。
やっぱり古物商の本質は忘れちゃダメですよねー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-30 10:34 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
有線管理と無線管理
またまたテレビからの引用で申し訳ないです。

先日夜、「今でしょ」のフレーズでお馴染みの予備校講師、
林先生による「授業形式」のテレビ番組をたまたま見ておりました。
(番組名は「生きざま大辞典」だったかな)
内容は有名進学校「開成」出身という異色の経歴を持つ
日本中央競馬会調教師、矢作先生のお話でした。

私栗東市在住30年なのにこの方知らない…。
まあ大好きだった「異次元の逃亡者」こと、サイレンスズカ最後のレースに
当時なけなしの1万円を単勝1点で突っ込み、予後不良という結果で負けて以来、
競馬には深く関わっていないものですからやむを得ないんですけど。
あの1万円で「競馬ってコワい」と分かったんだから安いものかもしれません。

調教師を頂点とする「厩舎」は中小企業そのものなんだそうです。
矢作厩舎は「1円でも多くぶんどる」「よく稼ぎ、よく遊べ」をモットーとし、
厩務員や調教助手などの部下達を「ファミリー」と呼んで心を配り、
スタッフのやる気を最大限引き出す事に注力しておられるんだとか。

ここで林先生の「造語」が出てきます。「有線管理と無線管理」。
組織を纏めるにはこの2種類があると仰っていました。
20名までの組織ならひとりひとりと心を通わせ、「俺はいつでもお前を見ているぞ」と
常にアピールする事でみんなが信頼し付いてきてくれる「有線管理」が断然効果的…
矢作先生はこの「有線管理」の達人なんだそうです。
だから矢作厩舎の皆さんは、辞めずにずっとお勤めされておられるとの事。
(予備校で例えると小教室なら有線、大教室やテレビ講義は無線管理が必須だとか)

先生のお言葉が深いです。
「私達の仕事は馬を育てること。でもその馬を育てるのは人間」
つまり馬と同時に人間も育てないといけないという事ですよね。
人間を育てるには馬以上に時間と手間が掛かります。
コロコロコロコロスタッフが入れ替わっていたら育つものも育たない。実に非効率。
だから「有線管理」を行い、スタッフを大切にしておられるのですねー。

チケット商、皮革ゴム製品商、そして時計宝飾商。
業界の暗部をぶっちゃけちゃいますけど、業界経営者の多くは、
「長居されるとその分サラリーが上がる。出来たら少しずつ新陳代謝を…」
と考えています。
やる気が漲っていて謙虚かつ従順で会社を愛してくれて常に向上心があって
だったら三顧の礼で迎えてそこそこ人件費が増えようとも絶対居てもらうけど、
そんなヤツなかなかおらへんてー、みたいな感覚が経営者の間では
結構蔓延しているんですよね。

そんなスーパースタッフに育つかどうかも、経営者のやり方次第だと
矢作先生と林先生は仰っておられるような気がします。耳が痛て-。
にしても林センセ、やっぱ授業うまいなぁ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-29 12:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
やはり1人より2人の方がいい
毎月「27日」が弊社にとって一番忙しい日となります。
この日は弊社が最も出荷している市場の発送締切日。
もうドタバタ。

「何故もっと早くやっとかなかったの!」

オカンならこう言うでしょうが、夏休みの宿題とはかなり状況が違います。
ギリギリまで「打順(品物を出す順番 私の勝手な造語)」を組み替えるのって
結構大事なんですよね。売却額に結構影響するんですよ、出し方ひとつで。
最後の最後まで店頭買取分を組み込みたいですしね。
ただ出荷は量出さないと利益出ないし、出荷し過ぎると店頭のニーズに応えられない。
この辺の塩梅が本当に難しい。
お客様は見ていらっしゃらないようでしっかり見ておられます。
ちょっと現金ポジションに重心置こうと商品を「外」に振ると
あら、今日はモノが少ないわね
ってバッサリ切られるから、ホント怖い。
実際は圧縮陳列を少し間引いたくらいでもすぐバレちゃう。

現在は弊社スタッフが大分慣れてきたので、逐一私がチェックしなくても
梱包/出荷が進む為、かなりラクが出来るようになりました。
おかげでさらに仕入れる余裕、他の市場へ出荷できる余裕ができたので
結果的に月単位の出荷量がどんどん増えてしまっています。
の割には実入りは正比例していない(ホントですよ)。

こうやって会社は大きくなっていくのかなあ…身体、超辛いんスけど。
どっかで歯止めしとかないとそのうち倒れるなー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-27 18:51 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
バージョン上がっただけでもう原始人化
まあ元々はそんなに強くないんですよね、パソコン関係。

でも昨晩、従業員時代から仲良くさせて頂いているパソコン/広告関係の業者様に
パソコンのクリーンアップ(というのですか?)をお願いしたところ、
画期的によく動くようにはなったのですが、

新しく入れて頂いたソフトの使い方が、もー全然わかんない。
分厚い説明書読めばいいんでしょうが、ひとつひとつ読むのは超面倒。
「前のバージョン使っていたから楽勝っしょ」とか思ったら大間違い。

エクセルの時点でもうわからない。
何が分からないって、「印刷」ボタンが分かんなかったんだから
私がどれだけ原始人かという事ですわ。
おいおい、何十年使ってきたエクセルなのに、ここでまた究極まで退化かいな。
印刷に戸惑うなんて(一応できましたけど)。

…これは「イラストレータ」開けるのが怖くなってきた。
でも開けないと仕事できないし…どうしよ。
おそらくこのバージョン、ハイスペック過ぎて私には勿体なさすぎるだろうなあ。
私がやってる事なんか、おそらく「イラレ10」でじゅーぶんなんじゃないだろうか。

私がフォトショップまでたどり着く前に最新型が発売される、に1票。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-26 10:13 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
不注意でタイヤの腹を破る
夜某飲食店に行った際、駐車場に停めようとした刹那、

「プッシュー」

という猛烈に嫌な音が足元からしてきました。
おそるおそる車から降りると、どうやら縁石にタイヤの側面をこすってしまい
パンクしているではありませんか。

「ウチは脇からパンクしているのは無理です」

すぐ側にあったガソリンスタンドには代案もなく断られたので、
たまたま近所にある高校時代の同級生の独立系カーディーラーの2代目に
電話しました。

「ああ、いいよ、いま行くわ」

あーありがとうM君。持つべきものは頼りになるタメ友だね。
彼がお酒飲んでなくて(会社はお休みの筈)ホント良かったわ。

飲食店に「ここでタイヤ交換するけどいいですか」と了解を取り、
慌ててご飯を頂き(気持ち高いものを注文した)、
やってきてくれた同級生(1級自動車整備士)の手早い作業を見て、
彼の会社に行って車を預けてきました。だから今は代車を借りています。
たまたま来月が車検なんです。そしていよいよスタッドレスにしようかなと。
車検は同級のよしみで彼に頼もうと思っていたのですが、
スタッドはヨソに金券込み(株主優待券にいいのがある)で
ヨソに「浮気」するつもり満々だったんだけど…仕方ない。スタッドも彼から買おう。

そして今回今履いている夏タイヤは全部捨てよう(元々交換時期だった)、
そしてスタッドレスに換えてもらって車検を通してから、
3月位にアルミホイール込みで夏タイヤに…株優使ってヨソで(罰当たりめ)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-25 10:34 | 行動中 | Comments(0)
 
15kmの渋滞に巻き込まれてきました
昨晩、どうしても三重県に行く用事があったので、
NEXCO中日本の「リアルタイム交通情報」を見てもなお、
店を閉めてすぐ新名神に乗りました。
閉店直前に見たリアルタイム情報によると、渋滞は18km。
なかなかの混み具合です。
それから少しは緩和されてるんじゃないかなと思った私はかなりおヴァカでした。

甲賀土山ICから殆ど動かなくなっちゃって。
これまで何度もここは通っているけど、まさかここまでひどいとは。
東名阪に至るまでの道路の構造をちゃんと覚えていれば、
ここは走行車線じゃなくて追い越し車線にいるべきだった…。
伊勢道との分岐が左側(伊勢右、東名阪左)だから、
走行車線にいないと東名阪に入れないと勘違いしてたんです。ほんと記憶力ねーわ。
結論から言うと、走行車線でも追い越し車線でも東名阪には入れるが、
そのうち走行車線側が「車線減少」を起こしちゃうんですよね。そこで混んじゃう。
あーしくった。15分以上はロスしたかも。

結局、鈴鹿ICから四日市JCTまでの間、何にも無いところから突然渋滞はなくなり、
目的地には21時30分くらいに到着しました。
多分1時間半近くロスしたと思う。渋滞恐るべし。

で、目的を終えて帰宅しようと来た道の逆で移動してたんです。そしたら、
渋滞殆ど無くなってやがんの。
なんだよー、そりゃ確かに渋滞ってーのはそんなもんかも知れんけどさ。
トンネルで悠久の時間(大げさ)を過ごした私の悲しみを、
トイレ行きたくなって漏れそうになっていた(パーキング全然無くて)、
私の恐怖をちょっとでも分かち合って頂きたいわー、
今上り線を走っているドライバー様方に。

…と、対向車線を走りながら一瞬思っちゃいました。すみません。
今度は渋滞緩和の一助として、渋滞情報で長いのが出てたら移動取りやめます。
45歳で漏らしたら恥ずかし過ぎるし(そっちの心配かい!)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-24 10:31 | 行動中 | Comments(3)
 
己の職業を明かした貴方に私は感動しました
またNHKネタですみません。
テレビ番組「ドキュメント72時間」は先日、
木更津で24時間営業をしている弁当屋さんに密着していました。
その番組内で、早朝4時くらいに弁当を買いに来た30代半ばの男性に番組スタッフが、
「何のご職業ですか」と聞いた時の事です。

「ちょっと変わった仕事ですけど、いいですか言って?」
男性はちょっと言うのを躊躇したような表情でした。
お堅いイメージのNHKですから余計そう思われたのでしょう。
「ええ、いいですよ」とスタッフは返しました。すると男性は意を決して、

「デリバリーヘルス…」

テロップにはデリバリーヘルス経営者の文字が。
ナレーションも「派遣型風俗店の…」と説明していたと思います。

この人すげー! そしてNHKも変わったなぁ!

誤魔化しもモザイクもなし。
確かに職業に貴賎はないけど、公共放送の電波で
「デリバリーヘルスの経営者です」とはなかなか言えない。
もちろん経営者ならばサービスを提供する「嬢」の方みたいに、
従事した事実が露呈することによりご家族や将来の結婚等で
深刻な問題が発生する恐れはないかも知れないが、それでも明言するんだー、
というのが私の考え。
男性は「(世間に)いい風に見られないじゃないですか? でも世の中に必要」
と仰っていました。己の仕事に誇りをお持ちなんですね。

私は…私の最初の古物キャリア、中古ゲームショップで店長(正社員)をしていた時、
中、高と一緒だった同級生(町役場勤務)から、

お前いつまで“こんなこと”やってんの?

と言われた時、何も言い返せませんでした。
あの頃は若かった…今思い出しても悔しくて情けない。
ゲームショップの店長を一生の仕事にしたら公務員に卑下されなきゃいかんのか?
もしこれがNHKからインタビューを受けた男性なら、即刻言い返してるだろうなあー。

こっちは稼いで納税しとんじゃ、1円も稼がない穀潰しの分際で何様のつもりだ
くらい唸ってるかも。
もちろん「町役場職員が穀潰し」と言う意味じゃないですよ。
納税者のやる気を殺ぐ事は役場にとって自殺行為なんじゃない? ということ。

デリバリーヘルスだってそう。
きちんと法に則って仕事を進め、きちんと「嬢」の安全とプライバシーを守り、
きちんと納税していればそれでいいじゃないですか。
隠れて悪いことする大企業の方より、よっぽど世の為になっていると思う。
インタビュー受けた男性、素晴らしいです。感動しました。

私もこの次に古物商をバカにしたり卑下したりするヤツに出くわしたら、、
今度こそ思いっきり戦いますよ。
特に公務員が古物商についてトンチンカンな事言ったら滅茶苦茶反撃するつもり。

え? こ、公安の方にでも古物バカにされたら反撃するかって? 
…い、いやいやいやそこは特別。そこは触れてはいけないサンクチュアリ!
「古物商許可証」のない私なんか、期限切れの株主優待券くらい価値無いもん…。
今更他の仕事なんてできないよー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-23 11:01 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
指入りお味噌汁
昨晩は外食。
金曜夜だったので結構どこも食べ物屋さんは混んでいて、
とりあえずハラに入れば何でもいいやと牛丼チェーン「○屋」へ。
牛丼と生野菜セットを注文しました。

まつことしばし、お歳を召した女性従業員の方が牛丼やサラダを
私の前に並べて下さったのですが、
その際お味噌汁が揺れてしまい、
彼女の指が思い切り汁に浸かってしまいました。
私もはっきり見ているし、従業員さんも認識したと思います。

「あっ、ごめんなさい」

と言って0.3秒ほどフリーズした後、その味噌汁はそのまま私に供されました。
ラーメン屋でよく聞く話ですよね、器に指が入るのって。私はこれが初体験でした。
私はどちらかと言えば神経質な方ですけど、従業員の指が入ったくらいで
「ゴラァ」と咆えるほどピーキーな性格でもないので、そのまま黙って飲みましたが、

松○のマニュアル、大丈夫か…?
あの0.3秒で私が「替えてくれ」と言うか言わないかを計ったんでしょうが、
それが正規マニュアルの指導方針だったらちょっと怖いな。「反応見ろ」とか。
この店の独自ルールだろうか、おばさんの経験則だろうか。
謝ったら替えなくてもいいのか。おばさんの指から出汁が出るのか。
指を入れたせいで味噌汁一杯無駄にしたら、店長にめっちゃ怒られるのだろうか。
それなら許せるけど。これ位でめっちゃ怒られるのは気の毒だから。

もう一回味噌汁出すのがめんどくさい」だったら、かなり嫌な話になるなあ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-22 09:18 | 行動中 | Comments(0)
 
まだ今はそっとしといて~
昨日は何故か、大きな支払系の話が次々舞い込みました。

タウンページ
各種損害保険
野立て看板(これは高過ぎたから追い返した)

これにファックスと電話の営業が3件。

儲かってるように見えます?
も~ちょっとだけ猶予して下さい。今は経費を抑えて体力つけたいから。

そのうちしっかり使います。
だって近江商人十訓にもある通り、
「商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ」
なんですから…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-21 09:25 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
人によって「妥当ライン」は違う
先日ある同業者さまが、

「そんだけ(買取額)出したのに(成約しなかったのはお客様が)贅沢だ」

みたいなことを仰っておられました。
確かに我々には商品ごとの「相場」が存在し、それに沿ってお買い取りをします。
その買取レンジを逸脱することはできません。
だって相場より安く買おうとすればモノが集まらないし、
高く買えば利益が取れず、最悪再販の行き場を失ってしまう。
だから我々はお互いの業者をチェックし合い、
どこも似たような値段になってしまうのです。
特に金券は利が薄いからアドリブが効かない。

ですが。
お客様からすれば、ご自身の想定売却額を下回れば
商品を売らずにお持ち帰りになりますよね。
私どもがどうなろうとあまりご興味はないでしょうし。

それを「贅沢だ」だって…。
とてもあのお方の発言だとは思えない。
誰が言ったって? いやぁ~

今はもう琵琶湖の水も冷たいんで、言えません。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-11-20 21:17 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。結果は..
by kinkenya-kobutu at 09:51
↑ その会社の営業の方…..
by kinkenya-kobutu at 20:08
↑ かの“天才”、道脇裕..
by kinkenya-kobutu at 17:39
↑ “全く別物”な「押し..
by kinkenya-kobutu at 09:02
↑ あわわわ…精進します..
by kinkenya-kobutu at 09:27
↑ そうなんですよそうな..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ 士気が高いと精度も高..
by kinkenya-kobutu at 15:56
↑ 2万回復って…ねえ。
by kinkenya-kobutu at 15:54
↑ 最近は全くテレビで見..
by kinkenya-kobutu at 15:54
↑ 分かる~。やはり担当..
by kinkenya-kobutu at 09:19
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク