中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2014年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
 
くー、ホントは私が行きたい…
今日は弊社にとってビッグイベント、古都で行われる大きな時計宝石市場の開催日。
そしてI女史が市場デビューする日でもあります。

弊社が入場可能な古物市場では明らかに最高難度の場所なので、
(過去、本気で下見して本気で応札したのに私が1個も落とせなかった苦い経験あり)、
デビュー戦のI女史に「落として(買って)きて」というのは、鬼以外の何者でもない。
(ミッションインポシブルにも程がある)
だから今回、「見学」の態で行ってもらいました。必要な経費だと思っております。
せっかく本人がやる気出してくれているのに、費え理由で水をさすのは野暮というもの。

あー、ウチの全力出品は高く売れるかなあ…ドキドキ。
ある意味、今回の落札価格如何で9月末決算の良し悪しが左右される…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-31 11:17 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
お誘いを受けて、初メンバー初飲み! 潤滑油はやはり「あるある」
昨晩は県内の同業者様お2人(総合の店長様、買取専門店のオーナー様)と
3人で飲み会でした。
総合の店長様が私を誘って下さいまして
(店長様と買取専門店オーナー様はご自宅がご近所同士との事で元々お知り合い)。
最初ちょっと緊張しましたが、そこは同業同士、

「あー、それそれ、あるある-。この前同じシチュエーションあったー」

みたいな「業界あるある話」ですっかり(?)打ち解けました。
「私が何故関東弁で話すのか」は必ず初見で聞かれるなー…自分でも何でだろと思う。
基本私がお客様に話す「敬語」は標準語「風(関東の方には関西とバレる)」です。
だから初飲みの同業者様にお話しする際も当然標準語風となります。
まだそんなざっくばらんに話せません。
ホントに「胸襟を開く」レベルじゃないと関西弁なんてとてもとても…。

私の話し言葉はともかく、楽しいひとときでした。
総合、買取専門、ブランド貴金属売買(私)。
改めて古物商もいろんな業態あるなあ…と思った次第。
もっと交流を広げて、古物商を満喫したいです。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-30 09:39 | 行動中 | Comments(0)
 
もうそろそろ、毎月28日の行動を改める必要がありそうだ
昨日(店休日)のスケジュールです。

朝、大奮発して買った「マキタの電動草刈機(36V式)」を組み立て。
「不器用ですから」と1時間費やす。
「チップソー」を家の庭で使うのが嫌だから、最初からナイロンコードカッター式を装着。
その後、母の買い物の送り迎え(これをしないと絶対店休日は外に出れない当家掟)。

朝10時に駅でI女史と待ち合わせ、京都へ移動。
11時、京都の時計宝石市場下見に参加、会主様にI女史を紹介し、
次回彼女だけ来ても会場入場させてもらえるように根回しする。
2人でしばらく宝石&時計のお稽古(本物を見る目と相場感を養う ひたすら見るのみ)
会主のご厚意でお弁当を頂き、食す。

14時前、I女史を下見会場に残して京阪電車に乗り淀屋橋へ、御堂筋線で心斎橋へ。
精錬業者様から腕の良い宝飾職人様をご紹介頂く。
職人様とご挨拶→仕事依頼。菓子折りでも持って行けば良かったと猛省。
工房はオートロックマンションの(しかも何号室かは外側からはシークレット)某階。
紹介無しで辿り着けるハズがない場所だった。
帰り道に宝飾関係の備品(ケース、トレイ、ジュエリー用小袋、磨き用セーム皮)を
取り扱うお店にふらっと入り、散財。誘惑の多い危険な店と認識。
欲しい備品なんてそれこそ無数にある。

17時頃、徒歩で難波に移動し某同業者様に入店。販売価格の高さに恐れおののく。
これが難波価格か…でも1つだけ「失投値付け」を見つけたのでこっそり購入。

18時。御堂筋線で梅田へ。○Vでリペアをお願いするも、「部品ないんで直せません」
と言われ愕然とする。持ち込んだお品の中で、それが一番原価高いのに…。
残りのお品は何とか当日リペアをしてもらえたので行った甲斐はあった。

19時前。各同業者様から委託商品の売却代金を頂戴する。
第1、第2、第3ビルで少しずつ情報交換。
2ビルでカレーを食す。3ビルで久々お会いしたF社長(私と同じ暖簾分け組)と
お話しし始めた時点で、時間的に第4ビルにもう行けない事を覚悟する。
申し訳ございませぬK部長、いつも顔出しているのに今回は行けませんでした
(K部長は先様の素敵御曹司。イケメンで頭切れる。神様は不公平だと思う)。
その後同業者様のお店で先様のご迷惑も顧みず、閉店過ぎても居座ってしまい、
「特急びわこエクスプレス」の出発時刻が迫り慌てて大阪駅へ。

地元に戻って大事の荷物を会社に収め、再度施錠と警戒装置を掛けてスーパーに行き、
母が喜ぶだろうとスイカを1玉購入。
帰宅は22時半くらいだったかな。

メタボ、睡眠時見呼吸症候群、10月には45歳。前回の休みは、元旦。
(しかもその日は自治会活動あった)
ちょっと…考えないといけないかも知れない。
でもそんな割にはちっともやつれないなあ…。

ちなみに今朝になって、
母が昨日が誕生日だったことを思い出し、スイカ及び大阪で買ってきた宝くじを
「誕生日プレゼント」という事にするも、こじつけ臭いので(実際こじつけだが)、
昨朝組み立てた草刈り機の初陣を突如開始。庭の草を9割方刈る。
おかげさまで母も上機嫌になったので、安堵して出社。

昼くらいまで二の腕がプルップルだったのは運動不足か、母の誕生日を忘れたバチか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-29 19:43 | 行動中 | Comments(0)
 
一喜一憂している自分が嫌
本日、そして昨日と、結構良いお品をお客様からお買取りさせて頂きました。
他社ブランド商様によくあるタイプのブログなら、

「本日お買取り致しました○○、全力で査定しました ○○売るならブランドショップ△へ!」

みたいな内容になると思いますが、ウチはやらないですよ?
だってここ田舎だもの。仮にお売りになった商品が凄いレアなお品で
それをお持ちだったのがたまたま地元の方だったら、周りの人がブログを見て、

「あーら、◆◆の奥さん、アレ売らはったんやない?」

みたいな話になりかねない…お客様のプライバシーは絶対守らないと。
考え過ぎかも知れませんが…。
だから、「買取自慢」は当ブログではやりません。

本題。
ぶっちゃけると数日前あたりが非常に苦しい時期でした。
査定しても査定しても成約まで至らない。成約しても僅かの利益。
近江商人なんで利益が少ない事を憂いてはいけないのですが
(近江商人十訓にその戒めがあります)、
さすがに薄商いが何日も続くと「あらー、もしかして閉店のピンチ?」
みたいな超ネガティブモードに突入しかねない(というか、半分そうだったかも)。
そんな中、この2日連続好調。
ばっちり売れ筋が買い取れた時なんか、思わずI女史の前で鼻唄歌っちゃいましたよ。
I女史に心の中で(社長、薄っ)とか思われていないだろうか。
まあ事実薄っぺらい男(中身の方ね)なんで(バレたか)くらいの感想ですけど。

いいお品を買い取れると嬉しいですよね。いつまででも愛でていたくなる。
でもそんな事を思いながらも、
結局は毎回、予算達成の為に泣く泣く手放すハメになるんですが…。
「古物商はお金回してナンボ」この鉄則には逆らえません。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-27 20:40 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
なりすまし詐欺っていつの世もある
先日、県職員を騙り酒屋さんやお米屋さんから金券を騙し取っていた男が
逮捕されました。余罪ぼろぼろ。私どもにとっては、信じられない凶悪犯です。

どうせ換金には私ども古物商を使う腹ですから。

そんな犯罪に巻き込まないで欲しい。
事前情報がない状態で、金券を盗品と見抜くのは至難の業です。
だって本物の券に本物(偽造の場合もあり)の身分証明書では防ぎようがない。
(警察関係、業界団体の盗難注意情報により、逮捕に繋がった事例も多々あります)
ホントに酷い話です。自分さえ良ければあとはどうでもいいという典型。
生活に困ってやったとの事ですが、人が困るのは構わないんですね。
詐欺を働く人の神経が分からない…人に迷惑を掛けても構わないという考え方は、
獣の世界での話、だと私は思います。少なくとも現代人の考え方じゃない。
一生懸命生きても誰も喰えない境遇ならまだしも、ここ平成の日本ですよね?

一部上流階級向けの啓蒙書に「人に迷惑を掛けることを恐れるな」みたいな文言を
見たことありますけど、正直理解に苦しみます。
ならジャングルの奥地で一人で生きろって。
社会生活するなら最低限のルールでしょ、「他人に迷惑を掛けないよう配慮する」のは。
人を不幸にして、人を踏みつけにして大金欲しいですか? ステータス欲しいですか?
私は要りません。
恐らく先の啓蒙書が言いたいのは「他者に迷惑を掛ける事を過大に恐れてはいけない」
だと思うのですが、「他者を気遣う」順番が2番以降の成功例なんか私、興味ないし。

脱線が過ぎました。本題。
私が20年くらい前、まだ中古ゲームショップに居た時の話です。
支店のひとつに若い男の子が店長で任されていたお店があって、
そこに詐欺師が「お前のとこの社長に金を貸している、今すぐ持ってこい」
と脅迫めいた電話を掛け、社長の危険を回避したいその店長は
レジからお金を持ち出し、待ち合わせ場所で男にお金を渡しました。

その後ゲーム店の社長が詐欺に気付き、警察に通報したのですが時すでに遅し。
後日聞いたところ、当時同じ詐欺で他社様にもたくさんの被害があったそうです。
あまり「最初の師匠」であるゲーム店社長の悪口を書きたくはないのですが…
感謝もしてますし。でも今日はあえて書きます(お店ももう全店ないですし)。
実はこの時、当時のゲーム店社長は

「なあ課長(私)、この場合は○(男性店長)に弁償してもらってもいいよね?」

そう仰いました。聞いた時私、頭が真っ白になってしまって。
他人がどうなってもいい犯人、店長の過失を庇わない経営者、
そして社長が心配でアクションを起こした店長。
確かに事の真偽確認を社長に取らなかったミスはあるものの(焦らされてたので)、
この中で唯一、他者を慮った店長が責めを負うなんて…。

そうこうあって約20年、今、私がいます。幸運に恵まれ1店舗ですが社長になりました。
「いつどんな時も他者を気遣える組織」を作り上げたいと、強く強く念じている毎日です。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-26 10:57 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
アドリブの裁量って、人により違いますよね
「とりあえず古田さんのサインには首を振るなと言われてます」

元ヤクルト、石井一久投手がルーキーの頃に発したコメントです。
1学年違えばガッツリ先輩後輩のあるプロ野球界で、8学年違う上に
既に球界の代表的なキャッチャーだった古田敦也捕手のサインを
首振る(その球種は投げません、投げたくありません)なんて
当時の石井投手ができる訳ないでしょう。

今は部下ひとりの私ですが、一番多い時で50名弱の部下を抱えていた
時がありました(物流の庫内管理者時代)。
力量も様々、やる気も様々、仕事に対するスタンスも様々。
勿論生まれ育った環境が違うんですから当たり前です。
同じ「仕事の出来る」括りの方々でも、

「普段平穏な時は安心して任せられる」
「アドリブが効き、トラブルやイレギュラーに強い」
「型にハマった時の爆発力は凄い」

と、ちょっと思いついただけでも色んなタイプがいらっしゃいました。
この人は任せておいても問題ない、あの人は好きにやらせちゃダメだ、
みたいな事ってありません?当時は結構それで頭を悩ませました。

これから会社を強く大きくしようと思ったら、雇用は避けて通れない道。
いつまでも零細企業的な「何となく、こう」みたいな方針では
不満を持つスタッフも多いでしょう。
でも私は、従業員の能動的なアクションを静かに見守っていけたらいいと思っている…

雇ってもいないまだ見ぬスタッフの心配するなんて、不毛ですけどね。
いやヨソの仕事ぶり拝見してたら、ふとそんな事が頭に浮かんだんで。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-25 12:47 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
「頑張り過ぎちゃう」の桁が違った…あーハズかし
昨日営業中、ポカーンとしている所に(おい)、ふいにご来店下さったのは同業者T様。
このブログで他社様の事に触れる時、かなりの頻度でご出場頂く兵庫の「兵」です。
予告無かったんで完全に弛緩しておりました。

ポカーンしてたのは聞いて下さいよT様、私またやっちゃいまして。凹んでたんです。
店頭お買取りの金額、また「頑張り過ぎ」ちゃったんですよ…
もっとお安くてもお客様ご納得されたのに、絶対他店が出せない査定額提示してしまって。
商売で仕事してるのに、「赤字の可能性がある」レベルまで追いかけちゃダメですやんか?

…と、お客様として来られているT様にハナっから質問&懺悔モード全開の私。
何て失礼な奴なんだろう私。
でもさすがは私みたいなダメ人間ですら憧れる「尊敬して止まぬ存在」T様、
彼の一言で我に返りました。

いやあ、僕も結構頑張り過ぎちゃう方なんで…

ああぁ~、めちゃめちゃ恥ずかしい。
「兵庫のT様」といえば、チケット業界をよく知る「中の人」なら10人が10人、
「もっと利幅取ったらいいのに」と言われちゃう、極めてストイックなお方。
ストイックは「禁欲的」と和訳できるんで、まさに彼の代名詞と言えます。
彼の頑張り過ぎと私の頑張り過ぎでは意味が違う…。

私の「頑張り過ぎ」が「保育園の劇発表会での演出担当を張り切る保育士」レベルなら、
T様は「世界のニナガワ」レベルでしょう。
厳しさのレベルも出来上がるモノも全くの別物。
そりゃあ園児の一所懸命も鑑賞すれば微笑ましくて感動はするだろうけれども、
こちとらプロですからね。
儲けありきでお買取りに臨んでいますからね。
これからはもっと精進して、「プロとしての頑張り」を目指すことに致します。

業務連絡)古巣社長へ
T様が昨日当店にお越しになったけど、あえて連絡しませんでした。
事後承諾だけどお許し下さい。
ほら前回社長は、私がT様と楽しく話している最中なのにT様連れ出しちゃったでしょう?
T様とお話しする時間が減るのが怖かったんでねー。

い、いやっ決して御社に含むところがあるなんて、そんな滅相もない…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-24 09:43 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(2)
 
トップダウンとボトムアップの按排
昨日は古巣の営業推進会議にいつも通り「顧問(二代目)」として出席しました。
無報酬なれどガチのガチです。
自分が「特にありません」といえば少しは早くミーティング終わるのに、
むしろ積極的に発言して会議を長引かせる私。
べ、別に寂しいからじゃないんだからね(ツンデレかっ)。

会議中少し、「トップダウンとボトムアップ」の話が出ました。
古巣はどちらかというと「トップダウン」の会社です。
私が時々揶揄する「帝国」という訳じゃありません、あれは単なる冗談。

古巣は黎明期から「発言は(実績)順」の不文律があり(何となく)、
過去、飲食系で結構な規模の失敗をしたりもしてるものの、「得点圏打率」的なモノは
やはり社長がダントツ高いので、みんな社長の言うことを素直に聞くだけだと
「外様」に回った私は見ております。
結果、「社長の指し示す方向向いて行けばいいんだ」と考えるスタッフが多くなり、
実質トップダウンの会社になっている、という感じでしょうか。
ただし古巣社長はよっぽど拘りのある部分(所謂美意識)以外なら、
割と中間管理職はもとより、いちパートアルバイトの話にも耳を傾けるし
良いアイデアや改善策は即実行するので、ボトムアップも大好きな方です。
…拘った時(トップダウン宣言がごく稀にある)はハンパないですけど。

対して、弊社はどうでしょうか。
唯一の従業員、I女史は「ボトムアップは従業員の務め」と思っている能動的な方で、
「あれはどうですか」「こうするのはどうでしょう」と、勤務中はかなりの頻度で
提案や質問を下さいます。私は元々古巣よりボトムアップ寄りの職場を
構築するつもりだったので、この点はラッキーでした。
でも仮に私が「トップダウン式の組織以外ありえない」タイプだったりしたら、
労使共に疲れちゃうだろうなあ…。

「常時、部下の意見に耳を傾ける」「スタッフと一丸となって知恵を出し合う」

字面は綺麗で正論です。でも完全に実行しようとしたら相当な覚悟が要るでしょう。
一度「ボトムアップ優先」に舵を切ったら、意見を吸い上げ続ける以外ないですもんね。
(全部は実践しないとしても。果たして全ての意見を吸い上げ反芻できるだろうか?)
吸い上げなきゃ間違いなくスタッフのモチベーション下がるでしょうし。

「トップダウンを尊重しつつ、ボトムアップも随時行う」管理者を育てるのが
経営者本来の責務なんでしょうね。
出来るのか? 自分自身が完遂出来なかった事を指導するのはかなり心もとない。
まあ名選手がみんな名監督になれるわけじゃないし、深く考えるのはヤメます。
悲しくなっちゃうんで。

…こちらが促さずに、スタッフさんの意思でボトムアップのチャンスが貰えるなんて
本当ハッピーな事ですよね。最近しみじみ思います。
遠くの他社さんとか拝見する機会があると、特に。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-23 13:04 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
飲み会に誘われた~
メールに知り合いの同業者様から、

「○○さん(この方も同業者様 ただし面識なし)も会いたがっているし、是非」

と飲み会に誘われました。予想外、でもとってもありがたい。
ただ私、三度の飯より同業者様との語らいが大好きで、
その次に三度の飯が好きだから、飲み会で一度も「割り勘負け」した事ないっすけど
(飲み物より料理の方が概ね料金高いから)よろしいのですか、私なんかを混ぜて ?

まあ「滑らないネタ」なら「矢筒」にみっちり入ってるし、いくらでも放てますんで
飲み代を上回るオトク感ならご提供できると思いますが…。
ま、古物商のストレス解消法は古物商と飲みながらやる「あるある話」だと思うんで
「渡りに船」ですがね、私には。とっても楽しみです。

飲み会と言えば、恒例の「梅田の会」も近くなってきた。これも超楽しみ。
しっかり体調整えとかないと、イイ話聞き逃しかねん。夜更かしし過ぎだわ最近。
「月曜から夜更かし」なんか、録画して後から見ればいいやんかいさ。
でもあれ面白過ぎるね。特に桐谷さんは。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-22 10:35 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
そ、それは絶対言えません!
先日、ある有名な方がご来店されました。
愛用のお品を「もう使わないから」という事で弊社にお売り下さったのです。
ウチのスタッフさんがお客様がお帰りになった後、

「同業者さんに自慢できますよねー」

と言ったので私は即、
「お客様の個人情報は絶対誰にも晒せないから、無理やね」と返しました。
そりゃースタッフさんが思ったのと同じく、私も同業者さまに自慢したいよ。本音はね。
これは結構スゴいことだもん。
ご用命頂けたのは弊社の信用があったから、と大喜びすべき話だ。

だからこそ、「この一線」は超えちゃいけない。私ら古物商なんだもの。
買取情報を公安の正規な求め(警察手帳を出して所属を言わないとこちらも出しません)
以外で情報を晒してしまうのは、

路頭に迷う事を覚悟しないといけないくらいのリスクが付きまとうってば。

古物商から信用を取ったら、後はしょうもない金儲けテクしか残らんやん。
全ての人にこっそりハピネスを目標にしてるんだから、
名誉だ快挙だと思っても、ここはそっと心に仕舞っとこ、ね?

って、このブログを間接的に自慢に使っている私もどうなん? ということですが…。
でも真面目にやってるといい事もあるもんですね。これからも精進します。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-07-21 18:46 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。結果は..
by kinkenya-kobutu at 09:51
↑ その会社の営業の方…..
by kinkenya-kobutu at 20:08
↑ かの“天才”、道脇裕..
by kinkenya-kobutu at 17:39
↑ “全く別物”な「押し..
by kinkenya-kobutu at 09:02
↑ あわわわ…精進します..
by kinkenya-kobutu at 09:27
↑ そうなんですよそうな..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ 士気が高いと精度も高..
by kinkenya-kobutu at 15:56
↑ 2万回復って…ねえ。
by kinkenya-kobutu at 15:54
↑ 最近は全くテレビで見..
by kinkenya-kobutu at 15:54
↑ 分かる~。やはり担当..
by kinkenya-kobutu at 09:19
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク