中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2014年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
棚卸が終わると8日の出張までまったり…それがアカンのやって!
先ほど、I女史と2人で棚卸終了…今月も在庫の過不足はゼロ。行方不明者(?)なしです。
創業してからまだ1個も過不足を出してません(まだ創業半年ですが)。
これはとっても嬉しいこと。現金の過不足も一切なし。
店頭の販売買取は言うに及ばず、市場・業者・委託の売買件数が結構多いので
「あ、あれどこいったかな?」という事が古物商だとありがちなのですが、
ここまでは何とかうまく運べています。
顧問税理士に毎月の提出物を郵送したら晦日のドタバタはほぼ完了。
これから次の定休(=金沢への出張)までが私の「まったり期間」です。

…手が空いている時こそ、次のステップに昇る為の準備期間なのにね。
手付かずに放っている仕事むちゃくちゃあんのに、
「忙しい忙しい」で逃げている自分がマジで嫌だ。

以前とある自営業者さんに言われて「あるあるー」と思ったのが、
「家でのんびりしていると(もったいない)気持ちが湧く。で、結局仕事しちゃう」と。
本当はオン・オフをきちんとできる経営者の方が成功しやすいのだろうけど、
「儲ける方法」がおぼろげながら分かってきはじめると、
カラダが勝手に動いたりしません? あーいつの間にか仕事に向かってるーって。
(→自営業者の皆様)

こんな状態でもし奇跡的に結婚できたりなんかしたら、
配偶者にぶっ殺されても仕方ないよなー、だって仕事以外殆どしないもの。
…その仕事ですら中途半端なんだけど。
読みたい本もめちゃくちゃ家に溜まってるし…家のデコーダーもパンパンだし。
それよりも何よりも、もっとバリッバリのがっつがつで仕事したい。

何故動かんこの駄目ボディーが…月に1日も休み無いくらい、何だよ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-30 16:18 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
あー、カッコいいっす
昨日はお店はお休み。だからこそ意欲的に動きます。いつ休むんだ私。

朝イチ母の買い物に付き合ってから、最寄り駅から電車で1駅乗って古巣の支店Bへ。
時折は顔を出しておかないと、「顧問」として忘れられてしまわないか心配で…
というのは勿論冗談ですが、権力一切なしの顧問であっても、
「現状確認」だけはちゃんとしておこうと。
会議だけ出て「ちゃんと顧問してますー」ではカッコ悪過ぎるんで。

その後また1駅電車乗って寄った支店Aの方もそうだったけど、皆さん朗らかだった。
ひょっとして私が抜けた方が職場の空気良くなったとか? だとしたら超凹むなあ~。
まあ、自分が抜けて会社がダメになるよりはずっといいんでこれはこれで良しか。
私も頑張らなくては…。

大阪に着いてからブランド品のリペア依頼を出し、チケット商やブランド商の
同業者様方とじっくりお話。土曜で超忙しいのにホント申し訳ないです(→皆様)。
業者間取引もだいぶ「男前モード」にして頂きまして。
先様方の本業である「金券」で業販できたらいいんですけど…ちょっと先約というか
「血の掟」みたいなファミリー内の約束事がありますんで(←マ○ィアか)。

私が尊敬して止まぬ方のひとり、K様(大阪第2)に私が
「顧問なのに、連れてけと頼んだのに、暖簾元の社員旅行に参加できなかった」
と愚痴っていたら(何やってんの私)、さすがはK様、考え方が違いました。

もうLさん(古巣)のスタッフじゃないですやん?
ノブさん(私)が10人くらい従業員雇って、自社の社員旅行連れて行かはったら

スケールデカいなあ。
10人雇うのっていつになることやら…ううむ、自社で社員旅行かあ。

「ボーリング大会したり社員旅行したりした時、(ああ頑張ってきて良かった)と思う」
そう仰ってました。
そういうものなんですねー。
私の知る限り、社員旅行時の経営者は色々気を遣ってクタクタになるような…。
いやはや、まだまだ私は大きくなれないみたいです…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-29 17:57 | 行動中 | Comments(0)
 
分かってるなら持ってきちゃダメっす
お持込みされるお客様ご本人がよーくご存知なのに
「あわよくば…」とチャレンジされる方、おられますよね?(同業者様なら分かる筈)
私はあと何人、そういう方と出会うのだろうか…いかに職業上避けられない事とはいえ。
それって結構よくないことよ? 知りつつ「実行する」のは。
あー辛い、明日の定休日はやっぱ梅田行くしかないなこれは。

パチスロのプロはストレス解消に収支関係なしのスロを打つらしい。
私も古物業務のストレス解消は、古物商とまみえるしかないと思う(なんじゃそら)。

とりあえず明日梅田行ったら、同業者様方と「あるある」やろーっと
(お時間付き合ってもらえたらだけど)。
ここ最近だとコレがストレス解消に一番効果ある。
そして今回の話、思いっ切り愚痴ろー(迷惑だっつーの)。

明日は土曜か…帰りの新快速がダルいなあ(ほぼ満員なハズ)。
新大阪からこっちまで運行してる「はるか」乗って帰ろうかなあ(贅沢な気もするが)。
そうと決まれば古巣で「特急回数券」買うべ買うべ。どうせ遅くなっちゃうし。
遅くならないならならないで、また駅ビルでたこ焼食べて時間潰せば…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-27 18:45 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
それはただ単に幸運が舞い込んだだけなんで、私の実力ではありません
昨日は嬉しいことに、複数のお客様から2回も褒められました。

「ここはいいお店ね、とっても価格が良心的で、モノも綺麗だし」
午前中にお越し頂いたお客様から頂戴しました。ありがとうございます。

「あと今日はいないけどあの女性スタッフ、上品で丁寧で感じいいわよね」
I女史の事ですね(昨日は公休)、お客様のお言葉伝えたらきっと喜ぶと思います。

「正直、他のお店さんの女性スタッフ、言っちゃ悪いけど○○(書けない)でしょう?」
そ、そうかも知れませんね。
求人紙に広告載せると確かに、「そういう方」からいっぱい応募ありますが…。

「その点あの方(I女史)は落ち着いてて…良い方を雇っていらっしゃいますね」
…すみませんお客様、彼女が弊社に来てくれたのは全くの偶然です。
彼女に関して言えば、恥ずかしながら私の努力はゼロに近い。
店頭に「求人募集してます」とポスター1枚貼ってたら向こうから来てくれただけで。
接客スキルも最初から備わっていたんで、特別指導したりしてないし。
ご本人のやる気が半端ないから安心して任せられます。
人の血までは入れ替えられないんでね、ほんとラッキーでした。
同業者様方の従業員さんに対する苦労は、よく飲みの席とかで聞くんで…。

「お兄さん(私)の説明もわかりやすくて良かったわ、また来ます」
めっちゃ嬉しい。
福本清三先生の仰る通りでしたわー。

頑張っていれば、必ずどこかで誰かが見ていてくれている

「太秦ライムライト(福本先生主演)」、見たいなあ…でも時間ないんだよねー。
夕方、別のお客様に褒められた話はまた後日にでも。これもレアなお話でした。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-26 11:03 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
市役所職員もそれくらいリスク背負ってよ、プロなら
サッカー日本代表、負けちゃいましたね。
1戦目を落としたのが最大の敗因なんでしょうが、あまり選手や監督を批判せずに
素直にグループリーグの奮闘を称えましょうよ。
どうせ「ならお前がピッチに立ってみろよ」って選手に反論されたら
なす術なく「ごめんなさい」としか言えないだろうし。

サッカーに普段興味が無くっても、こういう時は日本って一丸になるんですね。
私はリアルタイムで一切見ませんでした。気にはなってたけど、
リアルタイムで観戦してクタクタになって仕事するのはプロじゃないと思ったんで。
どうせダイジェストで良いシーンは後で何度も見れるし。

…で、そこまで大好きな日本なのに、こと納税となると極端に渋るのは何故なんでしょう。
今のところ「1円でも少なく納税額を抑えたい」とあれこれ知恵を絞る
経営者にしか出会ったことがありません。
そして「税金を納めることは金をドブに捨てることだ」と明言する人に結構出くわします。

それなら日本人辞めちゃえよ(喧嘩になるんで本人には言えないけれど)。
学校で「国民の3大義務」くらい習っただろうに。
どこをどう考えたら「納税」が金をドブに捨てることになるんだ。
考え方が下品過ぎるわ。

確かに私も「余分に納めたくない」とは思います。
ただ「誤魔化してまで納税を免れる」のは何があってもできない。やりたくない。
私の美意識に反する。
企業がピンチに陥っても国や行政が助けてくれるわけじゃないから、
最低限の「保険」は掛けておくべきでしょうけど。
あと、「ゴッソリ税金でもっていかれるくらいなら、従業員に還元しよう」は
とても良い考えだと思います。

確かに、市役所の会計課に行って直接住民税納めても「受付してやってる」的な
態度取る職員みたら、首根っこふん捕まえて、
あの小窓から全身を引き摺りだしてやろうかと、黒い感情が湧き上がりますよ?
何でこんな奴の為に大金納めなくちゃならんのかと嫌にはなります、確かに。
公務員の多くは、
「自分が一生懸命働いていない事が労働者の納税意欲を著しく削ぐ」事実をご存知ない。

でもね。

きちんと納税して初めて、文句も言える筈なんです。
経営者なら誤魔化して誤魔化して誤魔化して、
一般家庭ならありとあらゆる補助控除を受けて、それで更に国や行政に文句言います?
本来なら感謝すべきでしょう。
払いを極端に抑えているのに行政サービスはきちんと受けているのだから。
日本に住み日本を愛し、日本がずっと平和であって欲しいと願うなら、
ちょっとおかしい、いささか不満だと思ってもまずは自分の襟を正すべきです。

「ふるさと納税」、いいシステムですね。
どうせなら「お土産付」の上限1割と言わず、
「地元職員が怠慢過ぎるから半分を他自治体に寄付(お土産なし)」位できればいいのに。
破綻する自治体が続出するから無理でしょうけどね…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-25 09:28 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
「まずは道具を揃える所から入る」は基本ダメパターンですが…
先程、懇意の同業者様K氏(九州)から電話がありました。

「コレはアリか無しか、分かりますか?」
買取査定品の真贋判定依頼でした。じゃあ2、3質問するよ。
○○(鑑定道具の一つ 非常に安価)は(使用して)大丈夫だった?
「いや、ウチ持ってないです」
じゃあ◆◆(鑑定道具の一つ 大昔から使われているメジャーなもの)はどうやった?
「ごめんなさいそれも持ってないんです」

画像だけで判断せえってかー!

「クイズヒントでピント」の浅井キャプテンやあるまいし、
画像のみで100%正解導き出すのはいくらなんでも厳しいってー。
とりあえずLINEの画像見た限りは大丈夫っぽい(?)んで、
一応買取OKの判断を出しておきました。

全く…この話確か昨年9月に彼にした筈なんだけどなー、違ったかなー。
まあ放っておくわけにもいくまい、メール便で「安い方」を送っておくか。

高い方はちゃんとご自身で揃えるように。分かった?
コピー食らった時「ああ、あの時ちゃんと鑑定道具揃えとけばっ」
と思ったら、もう遅いんだかんね。
食らったその一発分のマイナスで、鑑定道具一式が何十個と買えるのだから…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-24 13:12 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
「私は正しい行いを広めている」と、まず自分が信じないと
まだ自分自身がプレイングマネージャーとして1店舗だけを運営している弊社。
自分ひとりパートひとりの現状では、到底「2店舗め」なんて目標にすべき文言ではなく、
まだ夢の範疇、いや妄想のたぐいと言ってもいいかもしれません。

ですが私はいつの日か、2店舗目をオープンさせたいです。
「さらに儲けたい」わけじゃありません。
私の思う、実践しようとしている古物商のやり方が正しく、
より世の為人の為になると信じて疑わないからです。

ヨソさんがシェアを伸ばすなら、弊社が店舗を増やしてお客様のお役に立ちたい。
別に他社様が間違っている、私の方が優れているという話じゃないです。
(高価買取 お買い得満載 接客完璧というお店も稀存在します)
残念ながら古物商は、お客様の事を軽く見てるお店が多い。
(どうせ何にも知らんだろ)とか、(買い取ってやってる)とか。悲しいことです。
そんな方々よりはまだ私の方が幾何か、お客様に寄り添えるのではと思っているだけで。
会社経営をする以上、綺麗ごとばかりでは世の中渡れない事も承知しておりますが…。

ただ、「しっかり漏れなく間違いなく納税しよう」と固く心に誓っている私は、
経営者としてかなりのレア(≒●態)らしいというのは色んな人と話して思い知りました。
この「甘ちゃん経営」がどこまで通じるか、只今全身全霊をもって実験中です。

…会社、潰さないように頑張ります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-23 11:01 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
滑らない話と同じくらい、うまいラーメン屋さん情報は必要
私にはあの反則としか思えない“奇跡”、「前橋の悪夢」のネタ(実話)があるので
「滑らない話」に関してはいささか自信があるのですが
(関西人は滑らない話を求められる事多いので、ひとつくらいはストックしておかないと)、
割と周囲にグルメと認識されている割に、「うまいラーメン屋情報」を持っていません。
結構ブランド商はラーメンに拘る方(出張多く外食中心だから)が多いんで、
「あそこがおいしかったですよ」という情報を提供できれば、皆さんに喜んで貰える筈…
でも、ぜーんぜん知らない。出張先はおろか地元でもよくわからない。
私があまり、外食でラーメンを選択しないからなんでしょうが…。

ラーメンは嫌いじゃないです、我が地元滋賀にはかなりの件数のラーメン店が
ひしめきあってますから、対人口から考えたら激戦地と言えるでしょう。
でも、「ここすげー、うめー」という感動を覚えた事は正直、ないです。
「おいしー」くらい。で、その「おいしー」が結構あるんですよね滋賀は。
この前、管理者ミーテ(古巣)が終わった後に元部下達を食事に誘ったら
3人連続で断られ(突然じゃ無理か)、
失意の中一人で食べた塩ラーメン(が看板のお店)は結構おいしかった。
結構遠出した甲斐ありました。

スープが湯(味が全くしない)だ

というところも以前はありました(さすがに閉店しました)。
ああいうところも「ネタ」で残ってて欲しかったですが…さすがに無理でしょうね。
自信もって薦めたお店が先様に不評だったら怖いし、
人にラーメン店を勧めるのって怖くありませんか?

地道に食べ歩くしかないか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-22 09:38 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
取り置き、取り置き、取り置き…うおっ、今日は凄いね
「お取り置き」
前職(チケット)ではあまりなかった事です。
某企画切符をお電話当日だけお取り置きしたりとかはよくしていましたが。

ブランドショップはお取り置きが多い商売です。
金券1枚よりは断然高いし、ゆえにご購入の決断にも時間が掛かるでしょうし、
基本すべて1点ものですから、取り置きでもしない限り2度とお目にかからないお品だし。
でも今日のお取り置きは多かったなあ…かおっと創業初の点数。

全てお買い上げ頂けたら嬉しいけど、いくつかはキャンセル入るだろうなあ。
まあ「無理に売るな」は近江商人十訓に説いてあるし、
本当にお客様がご決心になったものだけお買い上げ頂ければ、弊社は十分です。

3回お取り置きして、3回キャンセルされたら4回目は聞こえないフリしますけど…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-21 17:45 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
足るを知る者は富む?
エキサイトにさっき書いた長文ブログをふっ飛ばされました。微塵も残ってないでやんの。
何書いたかも定かじゃありません。とりあえず思い出しながら書き進めます。

ついさっき、I女史が色石宝石の勉強会(大阪)から帰ってきました。
いいなあ…私も行きたかった…。店は空けられないから泣く泣く諦めたけど。
もし、きちんと基礎から宝石の事を勉強し直したら、
吉野家のねぎ玉牛丼の(頭の大盛り)を1100杯以上注文できる
くらい、一個の色石査定で損しなくなるのだろうか…?

いや、それは悔やんでも仕方ないことだな。あの時はあの時。今は今。色石は水物。
これからも「査定のアクセル」は目一杯踏んで、お客様にできる限りハピネスを。

あっ、あ~急に足がつって、何故かアクセルが踏めない~

と、極稀ですが発作が起こるのは、ここだけの秘密にしておいて下さい…。
「ねぎ玉牛丼のデジャヴ」を振り払うのにもう少しリハビリが必要みたいでして。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-06-20 18:24 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ お疲れ様です。それ、..
by kinkenya-kobutu at 22:54
↑ お疲れ様です。やっぱ..
by kinkenya-kobutu at 21:31
↑ お疲れ様です。今は余..
by kinkenya-kobutu at 14:55
↑ 宣伝になる的な意識は..
by kinkenya-kobutu at 06:26
私は、この裁判の話が新聞..
by サンライズ竹島 at 22:41
↑ お疲れ様です。  ..
by kinkenya-kobutu at 21:59
↑ 出てくるもんなんです..
by kinkenya-kobutu at 23:21
↑ こ、コメントありがと..
by kinkenya-kobutu at 10:42
↑ あっそうなんですか!..
by kinkenya-kobutu at 01:08
今年のインフルエンザは、..
by サンライズ竹島 at 21:05
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク