中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
 
ビットコインの行方と田舎のガソスタ
ビットコインを預かっていた一組織が民事再生法適用とか。
「ほら見たことか」という話ではありません。

私は社会人として、ほぼ一貫して古物商で食ってきました。
基本、「目に見えない」ものをお買い取りできない生き物です。
だからこそ、ビットコインには成功して欲しかった。
悲しんだり財産を失う人が出てきて欲しくなかったんですよ。
新しい世界が始まるんじゃないかって、少々期待していました。
古物商としての我が身としてビットコインに資産をつぎ込む気は
毛頭なかったものの、時代は動いて欲しかったですね。
まだビットコインの全てが破綻した訳ではないでしょうが、
これでかなり世間にネガティブイメージがついちゃった気がします。

今日、ガス欠ギリギリまで車を動かしてしまい冷や汗をかきました。
車に表示される「走行可能距離」が0になってから相当走る羽目に。
ちゃんと計器見ながら乗っていたつもりだったんですが、
名神で追い越し車線から動けない時に、猛スピードで煽られまして。
「吹かす」しかなかったんですよね。ベッタリ付かれるの嫌で。
そしたら自宅まで余裕で帰れる筈の
ガソリンがみるみる無くなってしまい。
慌てて高速を途中で降りてガソリンスタンドを探したものの、
さすがは田舎、近くに全然なくて。
アクセル踏んでも反応が薄くなった時はさすがにヤバイと思いました。
ガス欠で周囲のドライバーに迷惑かけるなんて(しかも国道1号で)
絶対やりたくないですよね。
ビットコインを払い出せなくて「預金者(でいいのかな?)」に
迷惑を掛けるのは、ガス欠の何倍辛いんだろうか…。

自分で責任を取れない仕事はしたくないです。
所詮私の「器」はそんな程度。そりゃビッグにゃなれねーわ。

来て下さるお客様に喜んで頂ける事だけを念頭に、頑張ります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-28 20:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
帯付きでか
ここのところ、「払い」が重なってる。
お客様への買取代金なら大歓迎ですけど、単なる「支払い」が重なると、ちょびっとだけ

「ウチの会社は大丈夫なんだろか」

みたいに思ってしまう。今日は遂に金庫にあった「最後の100万束」に手を付けた。
これで今日、買取がドッと増えたらATMに走って口座から抜かなきゃなんない
(実際、今日は地金屋さんが貴金属買取に来るから大丈夫、と見ています)。
世間の皆様、ブランド商って言っても実情はこんなもんです。
だってたくさん現金置いてたら泥棒とかあったら怖いもん…。

さっき帯の束を数えてたら、こんなの出てきました。
f0064937_1125465.jpg

何よこの105000って。税込み10万5千円か。
トビゴ(ブランドの競りでよく使う応札のかけ声 10,500、10万5千、105万の意味)か。
こんなのお客様にお渡しできないやん。
またどっかで自分が使わないといけない。あー、なんかモラルない人に見られるの嫌だ。
こっそりATMに入金しようかなー、元々銀行から受け取ったお金だし。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-27 11:29 | 古物商としての葛藤 | Comments(4)
 
過保護?
f0064937_10441594.jpg

昨年12月27日に退職したんで、今朝はその確定申告分を支払いに行きました。
税務署には行かず、全部顧問税理士さんまかせ。

税理士の先生「じゃ、これだけ郵便局で払ってきて」
ノブ「ハイ」

こんだけ。
折角会社で顧問提携結んでるんだから、お願いしなきゃ損でしょ。
ていうか、税務署なんか行きたくない。
「ちゃんと払うから行くの免除して」みたいな。
納税には一切文句ありません。亡父の「変な拘り」な教育方針のおかげで、

払い、提出は出来るだけ早く、遅れるとかギリギリは問題外

が己に染み付いていますので。
子どもの頃の給食費なんか、1日でも封筒親に渡すの遅れたら、
「払いが遅れたら、ウチがお金に困ってるみたいやないか!」
と怒鳴られまくったんで…ちなみに親父は退職直前を除いて(その頃だけ給与良かった)、
ごく普通の転勤族サラリーマンでした。
質屋の末っ子で何不自由なく暮らしてた若い頃よりは後半大変だった筈だけど。

大丈夫だよ親父、私は結構アナタと違ってお金儲け、上手だと思う(親父は職人肌)。
商家ノブ家の血の力が今後、炸裂するかも知れないよ。
…が、費用を抑えるのは苦手なんだよね(元金券屋のクセに)。
だってホラ、私昔からオフェンス一辺倒でディフェンスはからっきしだしさ。

…お金残すつもりなら節約家の嫁がいるなあ、確実に。
できればガミガミ言わない方で。見た目と考え方に「品」があったらなお良し。

「ノブが条件出すなんで図々しいにも程がある」と、知人友人から言われまくりそうだ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-26 11:03 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
チケット商協同組合の予備選挙投票用紙が来た
弊社は皮革ゴム製品商なのに、所属する業界団体は日本チケット商協同組合です。
ブランド商系の業界団体(組合、協会、互助組織)は結構あるけど、
弊社はあえて日本チケット商協同組合(JTA)。これは前にも書きましたが、

① 前職がチケット商で、ブランド商の仲良しよりチケット商の仲良し同業者様が多い
② 暖簾元の社長が組合現職理事で、入会に助言頂いた
③ チケット商の中では「ブランド商」と認識され、ブランド商の中では「チケット商」と
   見られる現状に、「商機となる隙間」を感じた
④ 店内全商品を「金券」で購入できるようにするには、組合の持つ真○情報、
   △難情報が不可欠だから

という目論見があったんで「こちら側」に居ます。
で、勤め人時代は滅多と見なかったFAXが、昨日お店に届いていました。
「日本チケット商協同組合 西日本地区 予備選挙」の投票用紙。
勤め先では大概こんなの、社長か部長しか目を通さないからなー。
ウチにも来るんだー(当たり前だろ)。

とりあえず何も考えないで、暖簾元の社長に電話。
ノブ「誰に投票すりゃいいんですかね?」
社長「俺にも(組合をこうして行きたい)という思いはあるよ。でもアンタに言うべき
    事じゃないし、アンタが(誰々に組合役員やって欲しい)と思う人にマルを
    つけたらええやん。好きに書きーや(原文ママ)」

ほう、他の組合員様方は社長の事を「事実上2票持ってる」と認識されていると
思っておりましたが、「自由投票」でよろしいのですね? 分かりました。
じゃあ自分の意思で投票してFAX(組合事務局宛て)します。

…というわけで、私の投票に他社様の意見要望は一切入っておりませんので。
ヤラセなしのガチです。
私が逆の立場(暖簾元の社長で、独立した元部下から質問を受ける立場)だったら、
「(FAX用紙)よこせっ。俺がマルを付けといてやるっ」くらいはするかも。
自分で役員はやらないにせよ、なって欲しくない人には邪魔するかなー(人間ちっさ)。

やっぱ、元ノブの雇い主は自分の美意識に生きてはりますなー。
もう業界内では周知の事実っぽいけどね。
変なところで頑固、変なところで律儀。ま、さすがは私の目標とすべき古物商ですわ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-25 09:20 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
早朝まで苦労した分のご褒美?(安っ)
な、何とかギリギリ、市場への出庫及び自治会報原稿(最終回)準備が整いました。

会社で全ての商品を梱包し終わったのが21時45分、
そこから帰宅して自治会報を編集、PDF化したのが午前4時。
母がその約1時間半後に激しく咳き込んだ為(大事はありませんでしたが)、
正味寝れたのは1時間くらいでしょうか。でも、何とか終われた。
プロとして&素人自治会長として、納期を遅らせるワケにはまいりませぬ。

出社後、フラフラしながらルーティンワークをこなします。
弊社の場合、最初は必ず検収口にあるポスト(鍵付き、守衛さん常駐)の確認。
社長になってからこれが特に怖い怖い。
支払い期限が短い請求書を見逃したりすると「ひょええええ~」となります。
で、次が…ダンボ-ル探し。これ大事。

弊社はブランド・貴金属の業者売却が営業収入の大半を占めます。
よってダンボールは「出ていく」ばっかりなんですよね。いくらあっても足らない。
市場向け売り商品として送付用ダンボールを使うのが1度に3箱としたら、
市場で買ってきた商品を入れたダンボールが戻るのはせいぜい1箱。もう減る減る。
弊社の主力商品は「ブランドバッグ」なんで、箱はどうしても大きくなりがちです。
ベストはいわゆる170cmサイズ。これにみっちりバッグを積めると鬼のように重い…。

検収口に話を戻します。
で、170cmサイズのキレイな箱がダンボール置き場に無いか探すのが
私の日課になっているのです。
食品関係が入っていない、綺麗で分厚く、破れていない外見もカッコいいダンボール箱。
「かぐや姫」並みの無茶要求を己に化しているので、中々見つからないんですよね。
買うと高いんです(3~400円します)。さて…今日もないだろうなあ~、っと!
f0064937_1111951.jpg

ありました! 恐らく食品系は入っていない、綺麗、ぶ厚く丈夫そう。
そして…カッコいいロゴ入ってんじゃないですか。これなら使える。
結構たくさん置いてあったんですがウチは倉庫スペースが2坪弱…全部は入らない。
泣く泣く特にキレイなものを3箱選って持ち帰りました(守衛さんの許可後もらって)。
これで月初の横浜にはもう少したくさん送れそうだ(今月雪で遅れた商材)。

頑張ってると良いこともあるなあ(私の超過労働報酬、安っ)…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-24 11:19 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
残念なこと
明朝までに市場への荷物作りと自治会報原稿、自治会総会資料を
仕上げなければならないノブでございます。プレッシャーがパないです。
(やっぱり無理だったんで、総会資料は〆切遅らせて頂きました)

とはいうものの自治会絡みばかりも書いていられないので、
今日は貴金属買取の話をします。

我々貴金属をお買取りする業者には、様々な鑑別道具がございます。
ちゃんと金銀プラチナを判断しないと商売になりませんので。
その中でも特にシンプルで分かりやすい鑑別道具が磁石です。
それも超強力なものを用います。
金属に含まれる微量な鉄分(強磁性体)を判別するには、強力な磁石が必要です。

簡単に言うと、磁石に付いた金プラチナは基本買い取れません。
たまーにあるんですよ、「K18」と書いてあっても磁石にピチっとくっ付くものが。
弊社では磁石に反応の出る金製品、プラチナ製品は買い取れない決まりです。

じゃあ、磁石に付く金製品・プラチナ製品は偽物って事? ではないです。

ただ単に地金精錬業者が買い取って下さらないから買い取れないんです。
売り先がないからお買取りもできない、という訳。
磁石にくっ付く貴金属の中にも、多分ちゃんと刻印通りの金プラを含有している
製品もある筈なのですが…。

先日もありました、K18と表記されているのに磁石が微妙にくっ付くの(微妙にね)。
ルール通りお買取りをお断りしました。お客様は大変ショックを受けておられまして。
このケースはこちらもとっても悲しいですね…お客様何にも悪くないし。
ただただお買取り出来なかった旨をお詫びするしかなくて。

ホント製造者、酸化する鉱物なんかを貴金属に混ぜないで欲しいわ…。
(普通K18は金、銀、銅、パラジウム等の合金で、強磁性体ではない)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-23 14:09 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
来て頂いていて本当に良かった
今日は2014年度の自治会役員会初回。
次期会長さんが30才と非常に若いので心配になり、
お節介で会議の資料を作り、前半の司会を務めさせて頂きました。
オブザーバーとして三代前の自治会長さんに来て頂いたのですが、
これが思わぬ伏線になりまして…。

当自治会は、来月の総会に向けての議案を今期の役員会で作ります。
今回は新しいものを二つ用意しました。
しっかり準備したつもりで、ある意味自信満々で新役員会に
提出したところ…

結構、議案に穴がありまして。
私自身知らない事もあり、オブザーバーの前々々会長からの
的確なご指摘もあり、新役員会からもツッコミを頂戴し、
会長11ヶ月目なのに初心者から全然成長していない事が露呈され、
恥ずかしいやら、情けないやら。
でも今判明した分、命拾いした。まだ…軌道修正できるかな?

出来なくても修正やりきらないと、このままじゃ総会で
「つるし上げ」を喰うよなあ…。
まだまだ自治会、知らない事ばっかりだわ。

あー、住民自治は古物の真贋と同じくらい奥が深すぎるぜ。
叶うなら絶海の孤島から「どこでもドア」で通勤したいよ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-22 23:36 | 行動中 | Comments(0)
 
買取から読み解くのが一番早い古物商の売り上げ
このブログでは何度も何度も「古物商は買取が生命線」という話をしました。
プロから仕入れても(特に時計と鞄類は)儲からないんで、店頭でのお客様からの
お買取りが一番確実に利益が残ります。

なので買取件数(≒金額)が凹んでくると、もう不安で不安で仕方ない。
店で商品が一個も売れなくたってちっともビビらんけど(おい)、
店でのお買取りが減ってくると「たま」がヒュって縮こまっちゃう(今度は下ネタか)。

弊社の場合、当月の買取総額がモロに翌月の粗利益額に正比例します。
店頭販売よりも同業者間の「競り」で売却する事が多いんで、
商品の売却が翌月に回っちゃうんですよね。

12月は営業日数も少なかった(暖簾分け期間があって暫く閉めていたので)から
買取は奮いませんでした。
よって1月は粗利益こそ少なかったですが、買取は好調でした。
なので今月、粗利は月初から「予算」を超え一安心した次第です。
たださっき、昨日までの営業数値をエクセルに入力したら…

案外買えてない! という事実を突きつけられてしまいまして。

やばい、やばいよ。来月また予算未達? うっはー。
そういや今月の競り、売りは絶好調だったけど買いは散々だったからなあー。

売上は仕入れ。売上を増やすには仕入れを増やすしかない

かー、懇意の同業者、K猫様(八街)の言葉が重い、重いっ!
せめて「競り」の出席回数を増やせれば、そっちで少し挽回できるんだが…

弊社の場合はズバリ、「売上を増やすにはスタッフを補充するしかない」だ。
早く何とかしないとなー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-21 11:05 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(0)
 
やってもうた…これから始まる後悔の日々
f0064937_1142141.jpg

いきなり44歳おっさんの汚い指画像からですみません。
昨日やらかしてしまいまして。

写っているのは私の左中指です。黄色っぽく変色しているのが分かるでしょうか。
古物商なら一度はやらかす(?)ミス。
金かどうかを調べる為に使う「硝酸」を、作業中に誤って指に付着させてしまいまして。
硝酸の使い方は割愛するとして、こういう「どんくさい」事をするとどうなるか。

後日指の皮がめくれます。とても見栄えが悪い。
昔スタッフにはゴム手袋をするよう指導していたのですが…私は基本、素手。
手を滑らせるなんて凡ミスするとはなあ…。

皆様もお気をつけ下さいませ(硝酸使う機会がある方は)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-20 11:15 | 新米社長の悪戦苦闘 | Comments(2)
 
古物商に「ダイレクトメール」は必要か?
○井あたりのコンサルは、DM(ダイレクトメール)を打つことを奨励していますよね。
勿論ご購入のリピーター様向けのものでしょうが。
私は古巣の社長から、

お買い取りのお客様にこちらから連絡を取るような真似したら、湖に浮かす
(誇張あり でもホントにこの言いつけを守らなかったら古巣ではドえらいことになる)

と繰り返し繰り返し聞いて従事してきたんで、
たとえ販売のリピーター様にもDMを打つなんて事は出来ないのですが。
古巣社長は常に「お客様の立場、面子」を重要視しておられるんで、
外部は勿論、特にお買取りのお客様のご家族に
「モノを売却している」事をこちらから告知してはいけないと考えていらっしゃいます。
これは私も心から納得していて、弊社でも絶対の掟にしている次第で
(従業員今はいませんけど)。

販売はいいのかなあ。
中古品をお買取りすること、お売りすることに強い誇りを持っている自分だけれども、
まだまだ世間には中古車ほど認知されているとはいい難い、中古ブランド品。
どうなんだろ、販売のDM…DM…。

やっぱり弊社には合わないな。地道に買い取り頑張ります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2014-02-19 10:20 | 古物商としての葛藤 | Comments(3)


最新のコメント
↑ そうでしたか、同志が..
by kinkenya-kobutu at 17:43
↑ いえいえいえ、体がで..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ 私母の介護関係で2度..
by kinkenya-kobutu at 00:25
⬆️ お疲れ様です。かの..
by kinkenya-kobutu at 03:09
↑ お疲れ様です。私が現..
by kinkenya-kobutu at 00:53
↑ 私どもが正しく理解さ..
by kinkenya-kobutu at 22:27
お久しぶりです。 少し..
by 旧券愛好家 at 18:56
↑ もう既に一人気になる..
by kinkenya-kobutu at 22:57
↑ 楽●インフレポイント..
by kinkenya-kobutu at 22:55
↑ 二択と思っていたこと..
by kinkenya-kobutu at 22:54
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク