中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2012年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
まさにまさに、「アリとキリギリス」でした
とは言っても普段遊んでいたわけではないのですが…。

今日は棚卸日。
元々金曜は忙しい上に月末、棚卸とくればもう相当ハードなんですが、
相方K君と私の逼迫度には明らかな違いがあって…。

月末最終日は在庫を相方(&WEB関連担当T女史)、
非現金(通帳など)出納チェックを私が担当しております。
実は昨日まで私、かなりハードで。
ちーっとも月末日に向けた準備をしておりませんでした(言い訳)。

ハイ、そんな私めにしっかりバチが当たりました。
もーう、通帳上の振込を追いかけるのに時間が掛かること掛かること。
経理帳票への転記だけでもうクタクタ。
弊社はネットバンクも利用していて、これは履歴をエクセルファイルに起こすのですが、
思わず、

「何枚出んねーーーーん!」
と、全力でツッコミたくなりました(普段はほんの数枚)。

だってホラ、あれでしょ? 「50円×200枚=煉瓦?」のシーズンでしょ?
それこそあの「紙製煉瓦」は全国から来ますからね。
たまーに、読み方分からない金融機関あるんですよ。
「地元由来の漢字とか難易度高いって、せめてルビ振って(泣)」と思ってしまったり。
それらを含めて毎日毎日、大量に。
届いたからには振込させて頂かにゃならない。
振り込んだ限りはちゃんと社長&税理士さんに見やすいよう、所定の様式で
転記しなきゃならない。

まあさっき終わりましたけど。
他のみんなは仕事終わっている中、自分だけ延々チェック作業してました。
まるで給食がなかなか食べ終わらない小学生の気分…。

教訓
進研ゼミ中学講座は1日15分、経理帳票への転記は1日5分(でもすべきだったぁぁぁ)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-30 23:32 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
来年度予算すか
弊社の決算は12月末です。
なので、社長からこの時期必ず「来年度の予算を報告するように」と、
全責任者に通達があります。

商品課の長は私なのに、課の予算はいつ頃からかK君が組んでくれています(感謝)。
他セクションの予算も今年からN係長が担当。
これで私もラクになるなあ…と思うものの、
旅行業務管理者を務めている姉妹会社の方の予算はさすがに
人に振れないので自分が組みます。

こっちはこっちで「水物」な商材もあるから難しいなあ…。
蓋開けてみないと出るか出ないかわからない、みたいな。
まあ金券の方だって、
券の発行が無くなったり止まったり仕様が変わって再販できなかったり…

もう無くなるなよ紙媒体(怒)。これじゃあチケット商の方が先に無くなっちゃうぜ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-30 09:32 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
今年も「アレ」に勝てなかった…
今朝は健康診断でした。
10時間以上絶食の「縛り」がキツくてキツくて、
検査待ちの時にえらい大きな腹の音が鳴って赤っ恥かいた…。

おかげ様で今年も何とかクリア。
採血とかの結果がまだだけど、今年の調子ならそこまでダメ数値は出ないでしょ。
てゆうか、出ないでお願い。

弊社のような小さな会社は、健康診断ひとつでも結構工夫しないと受けられません。
まず年末年始を除いてお店は営業しているので、検診を受けるのも交代制です。
しかも1日では全員が受診できないので2日がかりです。
今日は初日で私が検診、その間相方K君はお仕事(私の検診が済めば2人勤務)、
逆に明日はK君が検診で私がお仕事になります(その後棚卸)。

検尿、身長体重、視力、血圧、採血、聴力、腹囲測定、心電図、医師による検診、
胸部X線、胃のX線だったかな、全部で。

何がイヤって、最後の「胃のX線」がツラくてツラくて。
私、非常に「げっぷ」しやすい質なんですよ。
バリウムもめちゃくちゃ嫌いだけど、あの「発泡剤」がどーしてもダメで。

「台」に乗る前に発泡剤と水をもらうでしょ、
「一気に飲んで、げっぷを我慢して」って係の人に言われるでしょ、
もうそれを聞き終わる前に「ゲーーーっ」ってなっちゃうんです私。

コントか。
人の言う事全く聞かないヤツか。

ちゃうねんちゃうねん、違いますねん。
私あれで全力我慢してますねん。別に係の人の事をバカにしてるわけでも
軽く見てるわけでもないんですわ。
で、さんざん「げっぷ」するから胃が膨らまず、必ずもう1回飲まされる。
そしてその際は絶対に係の人の態度が冷たくなっている。
めちゃめちゃ怒られる事もあるからね。
だから最初に「私、どうしてもげっぷしてしまって…」って前置きしてますやん。
誰しも得意不得意ありますやん。

バリウムや発泡剤を飲まずして、勿論鼻や口からカメラを飲まずして、
簡単正確に胃の検査が出来る日を切に切に願う次第。
たぶん相方K君も同じ気持ちのハズ(K君はバリウムが超苦手)。

「50円の紙重過ぎ&来過ぎ」とか言ってる普段が幸せに思える1日でございました…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-29 21:48 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
駐車場で「はぁ?」と言われて気づいた
先日、有料駐車場を利用した際、
所持していた無料駐車券の時間キャパを超えて停めていた為に
追加料金を払う事になりました。

そもそも追加が出る事を認識していなかったので小銭の準備が全くなく、
やむを得ず「すいません細かいのがありません」と恐る恐る1万円札を
駐車場係の方(老齢の女性)にお渡ししたら、

ハァー?

と、眉間に思いっきり皺を寄せて凄まれました。そして、
「こ、細かいのはちゃんと準備してもらわないと。ここには両替分はないんですからっ」

みたいな、小言というか大言を言われました。
すげえ、確かに小銭用意しなかった私が悪いけど、時間的な勘違いで起こった事故だし、
申し訳なく思っているから最初からこちらが謝っているし、
何より支払っているのは私の方だし。
ぶっちゃけ、このお金でアンタら飯食ってるんちゃうの?

で。言われた当初は気分悪かったのですが、
このやり取りのおかげ(?)で、ちょっとハッとする事がありまして。

古物商も知らず知らず、こんな接客してるんじゃないかなーと。
「もうこの時間は昼特使えませんね!」とか、
「これはメッキだから買い取れないですよ!」とか。
スタッフが言っている事は真っ当でも、
お客様は数あるお店から「わざわざ」当店をお選び頂いているのだから、
何かをお伝えする時は丁寧な物言いを心がけなくてはいけません。

私の場合は立場上、自分が出来ていたとしてもそれだけじゃマルじゃないからなー。
スタッフへの気配りや指導も超重要任務。
ただ、「その場」を目撃しないと、どのスタッフがどんな接客しているかは把握し辛い…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-28 09:32 | 古物商としての葛藤 | Comments(4)
 
オープンイノベーションって!
心斎橋のホテルに自腹泊り中です。
だって混む電車嫌やもん(子供かっ)。

今ベッドに寝そべりながら
ワールドビジネスサテライト(テレ東系)観てるんですけど、
最近巷はえらい事になってますね。

オープンイノベーションて何だか分かります?
社外からアイデア、ノウハウ、技術などを取り入れて
革新的な製品やビジネスモデルを造る事だそうです。

ここで驚くのは2つ。
パクるのではなく、ちゃんと頭を下げて対価を払うこと。
そして優れた技術ならライバル社にも技術提供を依頼すること。

すげえ。
さしずめ弊社なら自販機のメンテナンス術?
○○の仕入れ先の帳簿(他社様には謎らしい)?
あかんあかんあかん、いくら積まれても共有できひんて。

なぜユニ・チャームさんはP&Gさんに「吸着シート」のノウハウ提供したのか謎だ。
大金積まれたんかなー。
ある意味自社研究者の「魂」を売るっちゅーことでしょ?
まー某国に無断でパクられるよりは数億倍マシかも知れへんけど…。

苦労して編み出したモンなら、私は対価じゃなくて他のノウハウと「交換」がいいなー。
それならまだ納得できる。
ノウハウの「優劣」は誰が決めるの? という話はひとまず置いといて。

まあ昨日もたまたま書いてたけど、パイオニアやフロンティア、先達に
リスペクトする心配りさえあれば案外何でも上手く行くのかも知れませんね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-26 23:09 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
同業者様からお得な話がもたらされました、貴方ならどうする?
当ブログで再三書いていますが、チケット商は一般のお客様向けの販売以外に
同業、つまりチケット商同士の売り買いがあり、お店によってはエンドユーザーの
売上総額より断然業者間取引の方がボリュームあるという事も珍しくないです。

なので、
同業者さまからの「こういうのあるよ、仕入れてみる?」みたいな話は
しょっちゅうあります。
しょっちゅう聞きますし、たまにはこちらから促す事もあります。

ところが。
ものすごく得になる話、今まで気づかなかった割引仕入れを
同業者さまからもたらされたチケット商、仮に10人いるとしましょうか。
この10人、実はリアクションが色々あるんですよね。
いろんなタイプがあるんで、思いつく限り今回はご説明します。
(話の満足度は「断る選択肢は考えにくい、そこそこのお得」と仮定)

①即時話に飛びつく(3人)
  文字通り先様の話を呑んで仕入れを開始するチケット商。
  お得度が高ければもう2人くらい増えるでしょうが、「全員」にはなりません(後述)。

②他社に話して、仕入れのカラクリを探る またはもっと安い業者を探す(4人)
  結構このタイプ多いです。こればかりする業者にはいずれ良い話が行かなくなるので
  結果的にあまり良い行動とはいえません。
  中間マージン抜かれるのが単純にイヤだ、という人と
  その中間マージンは本当に適正か? と調べたくなる人がいます(これは理解できる)。

③面倒くさがって引き受けるも断るも言わない(2人)
 案外チケット商は面倒臭がりが多いです。道端にどんな「お宝」が落ちていたとしても
 「換金面倒くさい」みたいな人がいます。1円2円で商売してるのに…。

④調べて先様の「テクニック」に辿り着き、中間マージンなしに仕入れを行う(1人)
  これ、見た目に一番スマートな選択肢だと思うでしょ? 大間違い。
  先様から話を聞く前に動いていればセーフだけど、話を頂戴してから
  アイディアだけパクって「商売敵」にチェンジする事はある意味「裏切り」です。
  先様はこちら側がお得になるからと好意で接してきてる訳ですから。
  それを「間」抜かれるのバカ臭いからって…。
  こーゆー事すると、仕入れそのものが両社とも出来なくなるケースが多いんです。
 で、先発組は後発の業者を激しく恨む事になる。最悪戦争ですわな。
  経験則でこういう時は、
  「テクニックを知りつつも先様から仕入れて、頃合いを見計らって自社仕入れに変更」
  すると角が立ちません。恩を返せば後は自由競争ですから。

まあ色々意見も考え方もあるでしょうが、相手へのリスペクトが無いと
「ガツガツしてんなーあの人」と思われちゃうので弊社が「受け」の場合はほぼ①ですね。
それこそ社長の「美意識」に抵触しちゃう…④とかしたら「湖」にプカーですよ、弊社なら。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-25 09:47 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
実は「初」、乗っちゃいます深夜バス!
北海道の有名なローカル番組といえば、
「水曜どうでしょう」を思い浮かべる人が多いと思います。
私も大好きなテレビ番組です。
これで一躍人気になった大泉洋氏の
スケジュールを押さえるのは最早不可能だろうけど、
また週一ペースでやって欲しい所。
この番組の企画で最も有名と言えば「サイコロの旅」になるのかな?
檀ノ浦パーキングだったかで大泉氏が絞り出した一言、
「俺達バスじゃ寝れねーんだよ!」は、
気の毒ながら最高に笑えました。
そしてこのセリフを思い出すたび考えます、
「ホントに深夜バスは寝れねーのかな」と。

てなわけで今度乗ることにしました、仕事の移動で。
横浜→地元を深夜移動し荷物を会社に置いたら
一旦自宅に帰ってシャワーを浴び、また出社。

品川でのお仕事が超タイト&超遅いので(他セクションの競り)、
京急→深夜バスの選択肢しかありませんでした。
都心に戻ることすらできない始末。
京急がバスを一旦「追い越して」、やっと乗れます。

「デビュー戦」は4列リクライニング無し…を選べなかったので
(怖い&隣が気の毒)、三列独立シートを選択。
少し高いけど、それでも一泊+新幹線を考えたらかなりお得。
齢43にて初めての深夜バス、どうなることやら。
恐らく「きたぐに(寝台急行)」の電車三段一番上よりは快適なのでは…。
狭いしうるさいしアレは強烈だからなー。
プライバシーはギリあるけど。

ちなみに、バスの席は先頭でした。そこしか空いてなくて。
皆様「万一」が怖いんだねー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-24 02:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
刀折れ矢尽き…でも弊社スタッフは奮戦してくれました(感謝)
f0064937_833132.jpg

一昨日の営業終了後、価値が「0」になってしまった某株優です。その数70枚。

前期配当分はそれこそ、「ウチなら何枚でも行けんだろー」という私の驕りが、
「ホンマに何枚でも行けるんだろうなぁ」という皆様のご期待、お叱りが混ざった

怒涛の買取ラッシュにより、もうダメかと思うほど在庫が集まりました。

一時は絶対、5ケタ枚は「腐る」なあと覚悟(というより狼狽)したものですが…
結果はギリッギリのギリに同業者さまからのヘルプ要請を4ケタ引き受けての
「討ち死に」が70枚。手前味噌ではないですが、上出来ではないかと。

このアイテムは絶対に弊社が(買い)支えないといけないんだという責任を、
改めて思い知った次第。
他社様の為に汗をかけないチケット商は、正直、一人前と言えませぬゆえ(断言)。
ギリッギリのギリに腐る覚悟で上記旧株を引き受けたのも、
普段から助けて頂いているが故の当然の「恩返し」。
だから少しばかり残って腐っても、先様(方)にグズグズなんて言いません。
きっと見返りはあるから。それがこの業界の常識。

たまーにいらっしゃいます。自分は頼るくせに他社からのヘルプ要請は冷たくあしらう方。
そのうち「しれっと」、実名書いてやろうかな(ダメか)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-22 08:50 | 商品の説明 | Comments(14)
 
初めて聞いた、古き良き時代の古物商
昨日はオフ。
先日他界した伯母の納骨法要を執り行いました(私が法要主)。
奈良にある当家の墓に故人ゆかりの親族が集まり、
伯母と最後のお別れを致しました。

前もここで書きましたが、伯母さんは一族でも特に秀でた商売人で、
祖父と一番上の伯父から引き継いだ質屋を切り盛りし、
都合で店を畳んだ後も定年を延長してまで百貨店に勤めていた方です。
まだ私が駆け出しの頃しかじっくり話せていなかったので、
まだ長生きして欲しかったなあ…
今ならちゃんとした商売談義できんのになあ…と
しんみりしていると、
お墓の管理事務所の横にある本堂で休憩している時に、予期せぬお話が。

「ノブちゃんな、昔もそんな紛い物持ってくる人いっぱいいたんよ」

ふいに昔話をしてくれたのは、故人の妹、亡き父のお姉さんです。
ご高齢かつ静かな方(しかも専業主婦)なので、
自らそんな話をして下さるとは思ってなかった。
うんうん、私が聞きたかったのはまさにそんな話。
もっと聞かせて。
「流行りの金の時計に似せたやつ、テンプラ時計が…」
へ? テンプラ時計って何。
「偽物の時計とかを昔はテンプラ言うてん」

ほう…それは初耳(後で調べたら結構認知された言い回しらしい)。
衣(外見)は立派でも中身はアカン、という感じやろか。
それから時間の許す限り、おじいちゃんの事、
質屋の事、幸子伯母さんの事を伺いました。

新事実多数。
末っ子の息子とはいえ、私は一族の事何も知らんなあ…。
昔テンプラ、今コピーか。当家はこういう所から逃れられない宿命かも知れん。
まあ逃れる気なんかさらさら無いけど。

ちょーっと、定価50円の紙を運ぶのはエスケープしたい気もするけど。
なんぼ来るねん、無限か。

もうええやん社長、「逃げ遅れた方」は。
そない高めで買い支えなくてもさ。ダメ?

うーん、こんな調子じゃあ商家としての当家を復活させる日は
まだまだ先の話かなあ…
困っている人から率先して買い叩いちゃダメだよな。
反省反省。

一族に誇れる、立派な古物商にならんとあかんよな。
質屋は性格的に無理やけど(年利96とかありえへん)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-21 23:15 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
売れるモノはしっかり買い取り値段をつけましょうっ(自戒)
くあー、ゲソり過ぎた~。
(注:ゲソる、とは競り用語で不当に安く買い叩こうとする行為のこと)

昨日、とある食事系の株主優待券が2種類来たんですよ。
普段取り扱っていないんで、一応本店スタッフ(店長&副店長が休みだった)が
私に買い取り可否と買えるならいかほど? を電話で訪ねてきたんで、
私にその商材の相場感が無かった事もあり、発行元情報をホムペとかで調べつつ
応じていると、

「お。ここジェフグルメ使えるやん」

片方の優待券に重要情報を発見。
食事券系の株主優待券は、「ジェフグルメ」か「ぐるなびギフト」が使える場合、
総じて買い取り価格が「それ」に準じたものになりがちです。
だってジェフ等と同性能と仮定するなら、企業限定&有効短い分優待券の方が不利。
だから、

「うーん、サンパチ(380円 76%)でヨンゴ売りかな」

と少し安めのレートを付けてみました。有効もそんなに長くないし。
さーて、これで19日のネタは「金券の説明」で鉄板だなーとか思っていると、
本店から報告が。

「●●(フジオフード等に代表される、小鉢等をセルフで選ぶタイプの飲食店の他社)、
ご自身でお使いになると…」

あちゃー、安すぎた。額面80%くらいは出さないとダメだったか。
あー戻ってきて私のひとネタ~(そっちかい)。

でも正直、480売りとか難しいと思うんだよね。
せいぜい475か、ストレスなく売るなら460とか。
500円食事系優待最強(あくまで金券ショップ店頭でのお話)の王将ですら、
ぐるなびが出てからはそこまで高騰しないのだから…。
でも勿体無い事したわ。常に同じテンションで価格付けるのって難しい。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-11-19 09:14 | 古物商としての葛藤 | Comments(4)


最新のコメント
↑ そうでしたか、同志が..
by kinkenya-kobutu at 17:43
↑ いえいえいえ、体がで..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ 私母の介護関係で2度..
by kinkenya-kobutu at 00:25
⬆️ お疲れ様です。かの..
by kinkenya-kobutu at 03:09
↑ お疲れ様です。私が現..
by kinkenya-kobutu at 00:53
↑ 私どもが正しく理解さ..
by kinkenya-kobutu at 22:27
お久しぶりです。 少し..
by 旧券愛好家 at 18:56
↑ もう既に一人気になる..
by kinkenya-kobutu at 22:57
↑ 楽●インフレポイント..
by kinkenya-kobutu at 22:55
↑ 二択と思っていたこと..
by kinkenya-kobutu at 22:54
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク