中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2012年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
無事、会社にたどり着いております(業務連絡)
台風が到達するのが先か、乗っている電車が着くのが先か、という状態でございました。
何度も電車内に流れる台風関連のネガティブ情報が怖かったっす。
まあもちろん、もう間引き運転は始まっているのですけど…。

昨日はJTA(チケット商協同組合)の勉強会、懇親会でした。
弊社からは社長(は立場上絶対出席ですが)、私、相方、Y本店店長の4人が出席。
最初は梅田の「梅の花」で、2次会はY社(梅田)のS社長いきつけの
飲み屋さんを貸し切って(結果的に貸切になった?)飲み直しました。

梅の花ではJTA西支部初の「盆回し(それぞれが商品を持ち寄り入札しあうイベント)」を
開催、私はこの手の話はブランド関係で慣れていたものの、
皆様はほとんど初めてだったせいか今ひとつ声が出ず…様子見の感じでしたね。
全体的にだいぶ安めだった気がします。
それでも振り手(司会進行役)を務めたS社長(京都)の名調子もあって
けっこう盛り上がりました。

個人的には先発のJTA東より盛り上がるものになって欲しい…私、理事じゃないけど。

2次会で半分くらいは減り、2グループに分かれて座り双方大いに盛り上がり、
3次会は理事長、ウチの社長、S社長が夜の街に消えて行ったのを確認して、
相方とY店長が終電に向かうのを横目で見ながら「独自の3次会」を企んでおりました。
私も今日棚卸しだけど、淀屋橋の「図書券ホテル」を予約していたので。
もう夜更かしする気満々だったんです。

ところが、
誘おうと思った本命のひとり、K部長(梅田)が「今日は早めに(帰る)」と仰り、
先日「エンターティナー」と判明したY社長(本町)には「今日は寝かせろ」と宣言され、
珍しく泊まりを選択している「名古屋の盟主」、I社のI専務は途中まで付いてきたのに
すんでのところで逃げられ、
結局は私に付き合って下さったT代表(兵庫)とその懐刀K店長と3人で
「まず軽く食べますか」と、王将に行くことになりました(その後、飲みへ)。

もう何度も書いているので省略してもいいのですが、
私にとってこのT代表は尊敬してやまぬ人で、
あこがれで、
目標で、
アイドルのような存在です(私もT様も大好きなのは女性です。念のため)。

いつ会ってもいつ話しても、
複数の「驚愕の事実」を耳にし、「普通考えつかない技」のご教示を頂き、
楽しくて楽しくてしょうがないひと時を味わえると同時に、
「お疲れさまでしたー」と別れてしばらくもすると、
(あー俺ぜんぜんダメだ 金券屋ノブ名乗るのやめようかな)
と毎回、先様との目線の差、力量の差を思い知らされて現実に打ちひしがれます。
先様も腹を割って話して下さるので、本当に勉強になります。
特に今回はT代表K店長に振られたら泊まった甲斐が無かった所だったんで、
余計に申し訳なくて。

自分からは先様のご厚情に見合うだけのお話をできているだろうか…?
今回もかなり奢ってもらっちゃったし(ぐるなび券持っていればなあ…)、
どっかで返さないとウチの社長(あの人はエエかっこしいじゃ、byK伯爵)に
叱られてまう。

業務連絡

T代表、K店長さま、
私も「あの」社長に10年仕えている金券屋です。恩は必ず返します、押忍。
頂いた「秘伝のタレ」は、社長に聞かれても話しませんので(いいのかそれ?)

I専務
あのまま来てたらかなり貴重な話聞けたよ。もったいなかった気がするケド。
私から派生する「いいこと」もたまにはあるのよー。喰わず嫌いはいけません。
I店長
久しぶりにお会いできて良かったです。いつか「リミッター」外された状態の時に
遠くから眺めさせて頂きたく…。あとG店長によろしくお伝え下さいませ。

I副理事長
盆回し慣れてはるのに、何で500円なんスか。理事長と競って下さると思ってたのに。
次機会あったら、よろしくお願いしますね。

K部長
オール○ィーズ会合承知しました。とはいっても、次の飲み会で確実行くでしょうが…。

Y社長
せっかく第一興商株持ってきてたのに…また圧巻のパフォーマンス見せて下さいね。
(と、さりげなくハードル上げてみる)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-30 10:12 | 行動中 | Comments(0)
 
いろいろ愚痴りたい気分
昨日はいろいろ大変だった。
金曜日は元々商品課の仕事かなりボリュームがあるのに、
細かなトラブルが頻発し「定時になんか帰れるわけがない」状態。

「残業は認めないので、夜7時以降はオフィスの照明を消します」とか
社長は言ってるのに、実際は絶対定時に仕事が終わらなくて、
こっそり卓上スタンドで明かりを取って残業しているユ○ク○スタッフみたいになってる。

ともあれだ、昨日いろいろあった話(触れたくないものは除いて)書いてみるとだ。

おいシ○ープ、

メジャーアップデートの話は届いているけど、サイトに入れないぞ。
大事な話と違うんかい。心配になるやんか。

おいウインドウズ7、

事務所パソコンで開いてたエクセルファイル5種類、何の前触れもなく全部消えたぞ。
ちゃんと最新のセキュリティソフトも入ってる、更新する必要性が出ればちゃんとしてる。
なのにだ。
「すみません」も「復旧」も「報告しますか」も無かった。
思い出し思い出ししながら全部復旧するのにどれだけ掛かったと思てんねんー。

おい郵便局のATMで長々通帳記入とかしてた「昔のお嬢さん」、

こんだけ順番待ちしてる列を見ながら、何でそんな細かく通帳記入と
引き出ししてんねん、2枚の通帳で。
そりゃあ、通帳の表示を整理しないと分かりにくいかも知れんけど。
やってることは丸っきり「お手玉」と一緒やないか。
あっち出してこっち出してまたあっち出してこっち出して。
ちょっとは空気読みーや。

おいウチのスタッフ、又はどこかの同業者さま、

「ノブが28日のブログで社長の悪口書いてまんで」って昨日チクったの誰やー?
あれは今日が組合の寄り合いだから、
社長がブログ内容を知らないまま寄り合いで集まって、
周りから「○さん(ウチの社長)、あれはちょっと職権乱用じゃ…」
みたいにイジってもらって、
現地で社長に「ノブ~、お前ブログに何書いとんじゃー」って怒られた時、
私が「苦情は当日限り有効です」って返すのがおもろいんやん。
当日の当日じゃ、苦情受け付けるしかないやんか。しっかりお叱り受けたよ。
昨日までこのネタを貯めておいたのに…結局画像元の2枚も持ってかれたしさ。
また祇○から夜遅く「乗って」帰るおつもりやで、あのご様子やと。

…愚痴ってる場合やないな。
早よルーティンワーク終えないと組合の懇親会に間に合わん…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-29 09:37 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
まるでカ●アゲ
f0064937_1027473.jpg

(諸事情により画像を加工しております)
ある日の弊社。

ノブ(あー、これ来ちゃったか…どないしょ)
そこに社長登場。
社長「おー、いいの入ってるやーん」
ノブ(ギクっ)
社長「祇△からウチまで、ちょうどそれプラス小銭くらいやねん」
ノブ(それ、何が「ちょうど」なんでしょうか…)
社長「旅費交通費で上げといてな、(パシっ)」
ノブ(あー、持っていかれちゃったよ…)

他社さまの社長も、こんな感じなんだろうか…。
明日、ちょうど組合の懇親会あるから、従業員クラスのみんなに聞こ。
社長同士は変な認識で一致団結するからなー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-28 09:37 | 商品の説明 | Comments(2)
 
他は一切要らないので、商才だけ相続させて
親戚の家に身を寄せていた父方の伯母が先日他界しました。

生前の伯母について一番印象に残っているのが、
「幸子お義姉さんはね、勤め先の百貨店から引き留められて67(歳)まで現役だったのよ」
という、かなり前に母から聞いたエピソード。
私は当時勝手に着物関連(質屋の娘だし)だと思っていたのですが、
相当経ってから母に聞き直すと子供服売り場だったらしい。
完全な私の早合点でした。
それにしても、当時の定年はいいとこ55から58、60じゃ絶対なかった。
それを十年単位で雇用を延長するとは。相当の「何か」があったんでしょう。
余程見立てが良いのか、子供の扱いに長けていたのか。
確か伯母にはお子さんがいなかったけど、商売はまた別物なのかな。
ともあれ、本人がリタイアしたいのに会社が引き留めるなんてよっぽどでしょう。
ひょっとしてカリスマ店員の「はしり」? 凄い人だったんだと今更ながら思います。

最後にお会いしたのは親父の法事だったかな。
元々小柄だった伯母がさらに小さくなってたので心配だったんだけど、
親父が死んで7年。兄弟の順序通りではないものの、向こうで親父と会えたのだろうか。

遺言により私と母は通夜告別式共に参列できないので、
(かなり遠いので、足労して欲しくないとの事)
葬儀を行うお寺に話をつけて、献花だけお願いしました。
強硬に参列しようかとも思ったのですが、親父も眠る当家の墓に入って頂く事を
伯母の身元を引き受けていた親族が確約してくれたので引き下がりました。
まあ…色々あると思うけど、そこは詮索するべきじゃないし、
仲の良かった姉弟が同じ墓に埋葬されるだけでも良しとせにゃ…。

幸子伯母ちゃん、長き渡り本当にお疲れ様でした。
どうかゆっくり、安らかにお眠り下さいませ。
あと伯母ちゃん、遺産とかは一切いらんから、
「カリスマ店員」のスキルだけは私に相続してもらえまへんやろか?
え、メタボで屁たれはカリスマになれん? ごもっとも。

薄々自分でも気づいておりました…地道にがんばります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-27 00:30 | 古物商としての葛藤 | Comments(9)
 
悪夢を見た理由が判明
昨日の夢はリアルでした。

見覚えのない大きな郵便局に私が「交換」を申し込むため、列に並んでいる際、
横から30~40代くらいの男性に割り込まれ、もみ合いになるという内容。
郵便局でのゴタゴタはチケット商にとって絶対に避けないといけない事なのに、
夢の中の私は現実と著しく異なる勇猛&狡猾さでマジ喧嘩してました。
「表出ろ」っていって男を先に出し、郵便局の出口を一歩出た時点で
思い切り不意打ちしましたから。
出禁確定になるやんか…その前にガチで傷害罪だよ。
何でこんな怖い夢見るのやら…。

昨晩は各店の営業終了後に本部で管理者ミーティングでした。
各店各部門から1名ずつ、そして営業推進ミーテメンバー6名(一部重複あり)の
10名で月イチやっています。

昨日は各方面から出された議題が多く、終了時間は23時に(普段よりやや遅い)。
三々五々帰宅するなか、たまたま帰り道で近くにいたY本店店長(今月1日で昇格)、
H支店B店長代理に私が声を掛け、3人でラーメン屋に寄りました。
ミーティングであった議題で少し分かりにくかった部分を2人が質問し、
私が説明するといった事もあり、たまにはこういうのも良いなーと思ったのもつかの間、

23時からがっつり喰うと、寝れませんねー。
疲れてたんでスグ眠れるかと思いきや、なかなか布団に入れない。なぜか目が冴える。
もう若くないんだなー、と思った次第です。

…この「若者向けがっつり喰い」があんな変な夢に繋がったと見るのが普通か。
夢で行列に割り込んだ男、「ふみカード」握り締めてたもんなー。
今更窓口でそれをどうするつもりやねん…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-26 09:11 | 古物商としての葛藤 | Comments(3)
 
チャンスは転がっているにも関わらず
飲み会も2次会になると皆そこそこお酒も回ってきて、本音が出てくる事が多い。
21日にチケット商同士で集まった時もそうだった。

大阪梅田やその界隈でがんばっている、ましてやこのような集まりに
「何か」を求めてやってくる金券商にぶっちゃけ、「ヌルい」人など居はしない。
片やこっちはほぼ地の利で喰えている田舎のチケット商。
全てではないけれど、商いの大半は彼らよりあらゆる面で遅れているのが実情だ。
だから私はこの様な誘いには、できる限り参加するようにしている(メンバーによるが)。
同じ道を切磋琢磨している人からの話は、たいがいが貴重で何物にも代えがたい。

先日の集まりも色々聞けた。
(ああっ、それは飛びつきたい)という話も2、3あった。
でもそれは叶わない。それは何故か。

ルーティンワークで手一杯で、新しい事にチャレンジできないから。
そして新しい試みには膨大な「説得エネルギー」が要る。
会社を説得し、スタッフを説得し、導いて行く事は本当に大変だ。

例えば「●●(地名)はチケットショップいけるんやない?」みたいな話でも
弊社は「弊社の既存店レベルが維持できないなら出店しない」のが基本精神。
とりあえずやってみて、後は現地で人を育てる…みたいな話はまずしない。
最低でも店長、副店長くらいは現支店レベルまで手元で育てて送り出したい。
ましてや本部から目の届きにくい現場に行かすなら尚更。
実力、信頼度ともにエース級を投入しないとまずやれない。
そこに…「えー、●●さん持ってく(この場合異動の意)の~」と難色を示す現場を
どうやって納得させるか。

「うっさいわー、俺がやれって言ったらやれー!」
と言い切れる豪腕経営者の方は素晴らしい。

「船頭多くして…」の諺は、本当に的を得ていると思う。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-25 09:33 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
「自家使用」の旨みと義務、むしろマイナス?
私の祖父、叔父、叔母は質屋でした(親父は普通の転勤族サラリーマン)。

母が嫁いだ時は既に、大阪市城東区蒲生にあった質屋は閉店していて
営業していなかったそうですが、
疎開前の旧店舗、今福にあったお店は繁盛していて、
蔵は2つ、お手伝いさんは住み込みと通いで2人、など何だか夢物語のような話を
死んだ親父から時々聞かされておりました。
戦災の影響で蒲生に移り、商才に恵まれた長男が早くに亡くなり、
祖父が軍票をかなりの額所持していた云々で店は畳む事になったとか。
ただ、昭和43年当時(両親が結婚した年)は店の「名残」が結構家の中に残っていて、
「古物台帳」に何が書かれていたか、母から聞いた事があります。
その中でも印象的だってのが、

「結構質流れ品が売れてなくて、(自家使用・自家使用)って書いてあったわよ」
という話。
母は商売人では無いので(ましてや古物商ではない)、この「自家使用」が
「売れなかったから仕方無く自分で使っている」と捉えたようですが、
16年古物商やっている私の考えは当然違います。

自らの商いのタネを、自分で好んで使えないようでは、お客様に勧められないっしょ。

買い取った(または質流れた)時に、
(あ、これいいな。店に出さずに自分で使お)と思うのは至極当然。
もちろん母の考え通り、商売にならずにっちもさっちもいかなくなったものを
渋々(自家消費)する場合もあります。
金券商なら行きたくない期限切れ近い食事券とか。きっぷとか。
映画券とか。私もまー沢山使わせてもらいましたわ。
でも逆に、
(これはお客様への訴求力こそ弱いけど、知っている人間にはおいしい商材…)
と思えば、店に出さず自分で買っちゃう事もそこそこあるんです。
f0064937_8565767.jpg

前置きが長くなりました。
例えばこんな感じです。
地方のガソリン2万円券。会社からは結構遠いです。
私の自宅からもそこそこあります。しかもあんまり行きません。
もう少し近ければ社用車のガソリン券で「経費使い」するのですが…
そこを通るのは月1回くらいか。ちょっと不便な気がするので。

安価で私が買っちゃおうかなー、と。
安い分とわざわざ向こうまで行くのと、どっちが得かと考えると「んー」って感じかも。
ま、いいや。相方の許可が出たら買わせていただきまーす。
ハイブリッド車であまり給油することないけどねー。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-23 09:16 | 商品の説明 | Comments(7)
 
5時半て
昨晩は主に大阪のチケット商が集まっての懇親会。

今回は、私が尊敬して止まぬT様率いるE社(兵庫)の幹事で
集った同業者、総勢24名。
1次会はチケット組合でもよく利用するお寿司屋さんでした。
f0064937_1454577.jpg

(恥ずかしがり屋な人の多い業種ですので、プライバシー保護はご容赦…)
まさかこの時は、ラストがあんな時間になるとは思っていませんでした。

この会は確か今回で5回め。次回幹事を「くじ」または「立候補」で決めるルールが
何となくあるのですが、実は次回は…私が幹事なんですよね。
まさか24分の1を引くとは(厳密には相方K君もいるので、弊社的には12分の1)。
何で参加者の中でも一番東側で営業しているウチが幹事を引き当てちゃうかなー。
ウチの地元で開催したらめちゃくちゃ迷惑かかるやんか。開始時刻も遅くなるし。
ま、当たったもんは仕方なし。次回は1月中旬くらいを予定してますんでドウゾヨロシク。

22時くらいまでここにいたんだっけ。
そのまま阪急東商店街の飲み屋さんで「したたか」お酒を飲んで、
ラーメン屋さんで締めたのが3時前くらい…?
でも、これで満足する人達じゃなかったんですねー、恐るべし金券屋ども。

Y社長(大阪・職歴20年)いきつけの北新地にある飲み屋さんに移動。
ここでY社長の芸達者ぶりを拝見し、
私は生まれて初めて「ゴールデンボンバー」を人前で歌い、
何か自分の中の大きな河を越えたような気持ちになった時点で飲み会は終了。
私と相方は万一に備え、近所のホテルを取っていたのですが、
皆様はどうしただろうか。

みんな色々考えているんだなあ…と再認識した次第。
こんなにみんな仲良いのに、価格は合わせられないんだなー、とも再認識致しました。

チケット商はいつだって直球ばっかりです。君らに「チェンジアップ」の球種は無いの?
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-22 15:06 | 行動中 | Comments(0)
 
今年2回めの大泣き、涙腺緩いもうすぐ43歳
鹿児島から昨日戻りました。無事出勤しております。

昨日はドタバタしちゃってブログを書く隙が見いだせなかったので、
19日晩の話を今日書きます。ネタ古くてすみません。

皆様は御存知でしょうか、最近よく耳にするあるキーワード。
「出産前検診」。
妊娠中に胎児の障害の有無を確認できる技術が飛躍的に進歩し、
昨今はこの検診を受ける女性が多いとの事でした。
NHKでこれのドキュメンタリーをやっていたのを偶然拝見しまして。

下手な事は絶対書けない、めちゃくちゃデリケートな話です。
胎児に障害があったら、両親はどうするのか。
我が子の障害に備え、準備や心構えをしておく…というケースだけではありません。
いろんな事情により、「違った決断」を下すこともあるのです。
本当に重い番組のテーマに、私は打ちひしがれました。

医者の宣告に泣き、
自分と同じ障害を持って生まれてくる事が確定してしまい、
夫の胸で嗚咽する姿に泣き、
家族の意見はまとまらない中、お腹の子と一緒にいっそ死んでしまいたいと
悩むお母さんの気持ちに泣き、

連休もらって旅に出て、リラックスしている筈の鹿児島の図書券ホテルで、
私は何故こんなに泣いているのだろう…と、我に帰った時キョトンとしました。

意中の女性と親密になれない、お金がない、商売もっとうまくなりたい…
まるで些事だわ、自分の普段の悩みなんか。
もっと本気で生きなきゃダメだ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-21 15:18 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
だってそれが私の願う幸せだから
鹿児島2日目です。

昨晩は仲良しの同業者、K氏と楽しくお食事&酒。
黒豚しゃぶしゃぶときびなごの刺身を頂きまして。
こんな絶不調な体調でもおいしく食べられたので、
これが元気の時に食せたら…と思うと少し残念。
地元民が順番待ちをしてでも食べたい料理とはこういうものなのか。
ここは自分ひとりじゃたどり着けない。持つべきものは地元の仲良し金券屋か(?)

K氏は毎晩お酒を飲まれるとの事。さすがは薩摩隼人。
私は付き合い酒オンリーだから今月2回め(1回目は北陸出張中)の飲酒なのに。
最近行った健康診断も全く問題無いと仰っていたので、
鹿児島県人はどうも、私らと肝臓の性能が違うみたいです…うらやましい。

今は法華クラブホテルの1階で、超小さいパソコンモニターと格闘中…。
大浴場(小さいけど)も満喫したし、朝ごはんもおいしかったのにここは残念ポイント。
ポイントを貯めているチサンも近くにあったから、そっちの方が良かったか。

明日は終日予定が入っているので、いろいろ動き回るのは本日がラストチャンス。
幸いK氏がお車を出して下さるので、同業めぐりも駅の無い所を攻めてみたい。

そういえば昨晩しゃぶしゃぶの時、K氏にこう言われました。
「ノブさんって、こんなプライベートでも仕事から頭離れないんですね」と。

まあ、そこは仕方ないよね。私にはそれ以上の楽しみないもの。
だって自分が思う至福の喜びは、お客様が無価値だと思っていたものをお買取りして
喜んでもらうことだから。
「えー、これこんなお金になるの?」って。
マイナー株優とか、
ボロボロのバッグとか、
よれよれになった金のチェーンとか。
同業者さまの方々ならお分かりになる筈。あんな気持ちの良い事、そうそうないのでは?
自分的には古物商における「最大の善行」だと確信しています。

だから自分の目指す古物商像とは、
ギリギリがっちがちの高レートを出し続けるストイックなものではなく、
捨てられるモノの価値を見出し、「出口」がよく分かんないけどとりあえず買ってみる、
儲かったら自分の得意分野に、負けたら「痛みと屈辱」でひとつ賢くなる、
チャレンジャー的な要素を多く持つものを指します。
ここを目指すなら、ギリギリがっちがちは両立できません。

また逆に、
年間●●億円の広告費は全て買取価格を低く抑えて捻出している二輪専門店のように、
「お客様に一方的な負担がかかるような商い」も、私にはできません。

プロだから利益は取る、でも可能な限りお客様とWINWINを目指したい。
綺麗事かもしれませんが。
負けっ放しの人生だったからこそ、
ここだけは貫きたいと思っております。人に何と言われようとも…。

…ごめんなさい、まだ昨日の酒が残っているかも、です。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2012-09-19 09:47 | 行動中 | Comments(2)


最新のコメント
↑ そうでしたか、同志が..
by kinkenya-kobutu at 17:43
↑ いえいえいえ、体がで..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ 私母の介護関係で2度..
by kinkenya-kobutu at 00:25
⬆️ お疲れ様です。かの..
by kinkenya-kobutu at 03:09
↑ お疲れ様です。私が現..
by kinkenya-kobutu at 00:53
↑ 私どもが正しく理解さ..
by kinkenya-kobutu at 22:27
お久しぶりです。 少し..
by 旧券愛好家 at 18:56
↑ もう既に一人気になる..
by kinkenya-kobutu at 22:57
↑ 楽●インフレポイント..
by kinkenya-kobutu at 22:55
↑ 二択と思っていたこと..
by kinkenya-kobutu at 22:54
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク