中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2011年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧
 
たった1人の行動で、全部パー
昨日は急遽決まった某同業者さま(広義)の他セクション勉強会。
何せ今月に入ってから知らされたスケジュールだからまったく調整が付かなくて。

当社スタッフの各位には随分ご迷惑をお掛けしました。お詫び申し上げます。

というわけでかなりのリスクを背負って電車に乗ったんですが、
こんな時にというか、さすが私と言いますか、
途中の「山を越える前」の駅で車内アナウンスが。

「新大阪~大阪間で、線路内立ち入りがあった為…」

何やねんそれ。そっからビタ止まり。もうどうすることもできない。
とりあえず勉強会を開催(しかも無料)して下さる先様に遅れる旨をお伝えして、
イライラしながら待つことしばし。
18分遅れで電車は動き出しました。
今回の乗り換えは2回。18分以上に影響でるやろなあ…。

結局、走って走ってゼーハー言ったものの、教室は締め出し状態
(セキュリティのため)。
たまたま退社直前の先様スタッフ(しかも顔見知り)が外にいらっしゃったので
会場内側スタッフに電話して頂くことができ、
途中からですが講義に参加する事ができました。

それにしても線路内立ち入りって。
しかも新大阪~大阪みたいな何本もレールあるとこで。無茶にも程がある。
そらー安全確認に時間掛かるわ。

勉強会が終わってからも受難は続き、
乗り換え2本目の京都駅では目の前に新快速が停まっているにも関わらず
乗ることができず(あんまりにもすし詰めで、私みたいなデブが乗るのは罪だと思った)、
2階連絡通路内にある立ち食いうどん屋さんで「冷やしぶっかけきつね」を食し、
25分遅れている次の普通電車で帰社。
勉強会出席の為に放ったらかした通常業務を何とか片付け、帰宅したのは23時。
勉強会が公休日開催だったらどんだけ楽だったか、と思うノブでございました…。

線路内の立ち入りは危険です。絶対にやめましょう。
仮に自分自身は無傷でも、余波で私みたいに痛い目に遭う人が続出します。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-30 09:00 | 行動中 | Comments(2)
 
「タネ」を知らなきゃ、プロでも迷う
昨日たまたま入った「何でも系(漫画・ゲーム・ガレキ・アメカジ中心)」の某同業者様で
どう考えてもおかしい「あるもの(書けない)」を発見しました。
ただ、それを指摘してしまうとこっちの素性&手の内を晒してしまうし、
場合によっては

「いいがかりつけるなら、表出えや」

みたいなバイオレンスにも発展しかねないので、黙って見過ごすことに。
まああの辺は知らないとどうしようもない事なので、私が心を痛めるまでも
ないと言ってしまえばそれまでなんですが、
今回の件とは違い、価格ひとつとっても、知らなければ知らないまま
周りに合わせて何となく設定している…なんて同業者さまって結構多いです。
(ウチがそうではない、とは言い切れませんが)

例えば先日某所で入手した「某百貨店商品券1万円券」。
「JR●●」「三▲各店」の名前もしっかり裏面に記載されているタイプです。
私の店頭入手価格は9,600円。
1万円券は使いにくい&出にくいとお考えだったのでしょうか。
そういや逆に、オレンジカード1000円券(ガチ現行柄)を995円で売ってるのも
どっかでみたっけか…。

あと、これはブランドものなのでお分かりになる方が少ないかも知れませんが、
あるリサイクルショップで見つけた一品。

ルイヴィトン モノグラム バケットPM(M42238) 状態は「大目に見て」AB
価格98,000円

えー、それで売れたら「神」だよ(実勢売価は29,800~39,800くらい)…。
「とりあえず(価格)付けとけ~」みたいな感じなんだろうか。
それとも売却実績があるのだろうか。
あんなヌメ革焼け焼けのバケ小がキュッパチだなんて。
9,800円の見間違い…じゃあなかったな、アレは。3度見したから。

「価格にも理由がある」んですよね、きっと。ホント深いわあ商売って…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-29 09:12 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
目を回すんじゃない!
今日はオフで所用で遠出。高速使って他府県へ。

嫌で嫌でしょうがないけど、慣れない土地はカーナビに頼るしかない。
当ブログの読者様ならお分かりの通り、私の車に搭載されているカーナビは、

持ち主を死に誘うバカ

なので、ほんとーに使いたくないのですが…。
今日もまた、伝説作ってくれました。
お前は江頭さんか。チャコット製の高級スパッツ穿いとるのか。

その1
大きい道路あるのにわざわざ路地選択(しかも小学校校門前で視界超悪い)。
その2
Uターンしたら目を回して真逆に誘導。時間ロス甚大。
その3
住所を正確に入力しているのに、違う商業施設で
「目的地周辺です、音声案内を終了します」と高らかに宣言。

もし大金が入ったら、まずカーナビ替えたいと思う今日この頃。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-28 17:46 | 行動中 | Comments(3)
 
ベクトルが真逆なので
昨日、某単一系レストランの商品券(お食事だけではなく、お土産も買える)が
いくら買取りになるか、お客様から連絡を頂戴しました。
私の判断は「額面の70%」。お客様はかなりがっかりしておられましたが、
一般の商品券と違い97%とかでは売れないので販売価格を下げざるを得ず、
結果的に買取り価格も下がりますとご説明したら納得頂けました
(お客様はご自身で使用することを選択→買取り不成約)。

お売りになられる方とお買い求めになられる方とでは元来、ベクトルが真逆ですから。

いつだって売る方はより高く売ろうと、買う方はより安く買おうとお考えです。
だから今回の食事券のお客様も、額面の90%くらいのお買取りを
希望されていたのでしょう(あの落胆ぶりから察するに)。
全共が96(%買い)なら、ちょっと性能落ちるから90%くらいだろう、みたいな。
そのギャップを埋めるのが我々の仕事でもあるのですが…。

国家公務員のボーナスが据え置きになるのだとか。
一般市民からしたら、何でこの国の窮地に据え置きのボーナス貰うんだと思うし、
人事院からすれば本来去年の民間企業のボーナス水準が上がっているから
本来は上げるべきなんだろうけど震災があったから「据え置き」で譲歩しよう、
とか考えているのかも知れません。
国がピンチなのに国に仕える人の取り分はいつも通りなんて…。
このギャップは未来永劫埋まらないっしょ、多分。

まだこのご時勢で官僚に○賂が通用する「かの国」よりはクリーンだと思いたい…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-27 09:19 | 古物商としての葛藤 | Comments(7)
 
あなたなーらどうする(古すぎ)
先日フラっと寄った「総合系」で、全共と信販、合わせて16枚を「97」で発見。
(頂くか)と早速購入。
すると、お代はなんと12,610円。
…1枚788円かよ。
勿論店員さんに「これ違う」といって、不足分2910円をお支払いしました。
ただ店員さんの対応は、

あっ、わざわざどうも(半笑い)

何? 黙っておくのが普通なの? 黙っておいた方がいいの?
ちょっとその感覚はないなあ。
だって自分が逆の立場だったら辛いやんかいさ。

でもでも、もしこれが通常レートで、しかも無尽蔵にあったらいいよなあマジで。
信販、全共@788円! 何枚でも即納!!
誰にも漏らさずに買い続けるな絶対。この業界で天下取れちゃうかも。
「ほーらほーら、@968円でなんぼでも卸すでえ」ってできるもん。
同業者さま絶対ウエルカム、救世主確定。

…ただそれを、会社でやるか独立してやるかはちょっと何とも言えんなあ。
皆様はどう思われます? こーんな「金脈」見つけても、会社に尽くします?

私は…うーん。@788なんて絶対ないから考えようもないけど、
ほんとーに@788で無尽蔵だったら…うーん複雑だなあ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-26 20:25 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
どうしても避けたいコト
金券ショップでモノを売る際、最も避けなければいけない事とは何でしょうか。

故売?(盗難品と知りつつ買うこと→そして転売すること)そりゃ怖い(違法だし)。
内容をダマしてお売りする? それも絶対やっちゃいけないことです。

ただ私個人としては、「お客様に恥をかかせる」事が
一番やってはいけない事だと思っております。

そもそも私ども古物商は、新品を販売する通常の物品販売業ではありません。
販売した商品が使えなかった、得をしなかった、使用した時見咎められたなんて事は
絶対にあってはならないことで、我らの存在意義を失う事だと常に意識しています。

だからどんなに儲かっても、どんなに欲しくても、再度購入されるお客様が
万が一でも利用ができない、得をしない、ピンチに立たされるような金券は
お買取りしないように、その辺の「線引き」は自分の中にあるつもりです。

屁たれバイヤーノブ、昨日の判断
お客様が使わなくなったあるスポーツ観戦券(前売りは回数券形式だった)、
券種は現在判明しているもので3つ。券面は全て同じ柄(もぎる部分だけが別色)。

「前売り券」
「招待券(無記名)」
「ご視察券」

私はこの時、「表記の日本語」に注目して考えました。

前売り券は誰が使っても何の問題もない。
無記名の招待券は、主催者がお世話になっている所に配っている物だろうから、
誰が使っても失礼な対応はしない(その後の事を考えたらできる筈がない)だろう。

しかし「視察」は普通に文字通り考えれば、仕事。
ニュアンス的には「お客様」として入れない可能性があるとも取れる。
少なくとも「ご芳名は…」と入場時に聞かれるかもしれないし、
お客様とは違う場所に通される危険性だってある。
「不正使用なのでご入場できません…」なんて主催者に判定されたら、
お客様に何てお詫びしたらいいのか。考えただけでも恐ろしい。
だからこれだけはお買取りしませんでした。

杞憂…と言われればそれまで。
入場者はハンパない人数おられます。
そんな対応は物理的にできないかも知れない。
ただ、金券ショップとは「行くだけで得する場所」を維持継続しなければいけません。
1%でも、0.1%でも、それが脅かされる可能性があるならば排除すべきです。
私は少なくともそう考えました。

難しく考え過ぎかも知れませんね。
でも「使えない、買い取っちゃいけない券」が私どもの手元で腐るダメージより、
「使えなかった、買い取っちゃいけない券だった」券を売って
お客様にご迷惑を掛けた際のダメージの方が
比較にならないくらいに大きかったりするのも事実なんです…。

これからも相方と2人、「水際チェック」をしっかりやっていきます。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-24 09:29 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
リョウ君渋滞
昨日から某有名スポーツ選手、「リョウ君」なる人が地元にいらっしゃってます。
こんな田舎までようこそ…と言いたいところですが、

渋滞ハンパねえ。

何せ私の自宅から現場までは車で5分(もかからないか?)、
ギャラリー用駐車場までは徒歩2分と来たもんだ。
もう、めっちゃ混む混む。
昨日は母からの頼み&自分の用事で

郵便局(年金受け取り)

宝くじ売り場(北海道旅行みやげのスクラッチくじが5000円当選)

スーパーで買い物

友人の車屋さんに板金&塗装代金153,090円(泣)支払い

と、地元をぐるぐるしたんで、その度ゲンナリ。
なんで普段1回待てば通れる信号の右折が、10分近くかかんねん。

ま、まあ弊社としても切符とか、経済効果の恩恵は受けてますから、
文句は全くといってないんですけど。
出来れば毎年来て頂けると猛烈に嬉しいのですが(あざとい)…。

追伸
さっき最寄り駅から現場へ向かうピストン運行のバスとすれ違いました。
まあスポーツがスポーツだし、おじさんばかりかと思いきや、
「すんごい」ばっちりメイクのお姉さん方もかなりおられました。ウエアも完璧。
なんだろう、ひょっとして「超絶玉の輿」狙いですか…?

競争率高そうだなあ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-23 09:19 | 行動中 | Comments(0)
 
人事異動発令
社内で人事異動が発表されました。
本店を含む金券部門3店舗全ての副店長格が全員異動になり(10月1日付)、
ゴロっと変わった状態での店舗運営となります。
(Tさんが支店B、Kさんが本店、Fさんが支店Aへそれぞれ異動)

異動は自分も経験したことあるけど、
在来線きっぷの「切り方(回数券の組み合わせの事)」がそれぞれの店で違うんで
(各店舗の最寄り駅が違う為)、最初は面食らうんですよね。
ちょうど時差ボケみたいな感覚?
まあ副責任者3人は全員異動経験あるし、俺みたいな醜態は晒さないか…。

そういやK様(大阪駅前ビル第2・第3の同業者さま)がこの間、
「ヘルプで違う店入ったら、商品の陳列場所やレジが違うから面食らう」
とか仰っておられたっけ。
彼ほどの傑物ですらそんな状態なんだから、俺がパニクってもしょうがないな。
うん、きっとそうだ(と、自分に言い聞かす)。
今はまだいいけど、黒(部長)やN(自販機番長)が2代目社長になったら
俺も異動を覚悟しないと。

365日休まずきっぷ買い業務とか、硫黄島に転勤とか(あの2人ならやりかねん)。
硫黄島は今、民間人入れない(慰霊を除く)ってば…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-21 09:02 | 古物商としての葛藤 | Comments(10)
 
「秘伝のタレ」流出の危機!
あー、今朝はホントに生きた心地しなかった…。
一昨日、普段は決して持ち出さない「秘伝のタレ」ともいうべき、
色んなノウハウ、履歴を記録したフラッシュメモリー(が入ったポーチ)を失くしまして。

偽造団に渡ればスーパーコピーが蔓延し(他セクション)、
同業者さまに渡ればノブがどうやって「0から1に」しているかバレバレになる代物。
一昨日の夜家に持って帰って仕事しよ、とか思ったのがそもそもの間違い。
昨日オフでのんびりして、今朝出社したらもうどこに行ったのやら。
超、焦りまくりました。

結局は自宅と会社を2往復(これから帰宅すれば3往復)してやっと発見。
大事すぎるので自宅の某所にきちんと置いてました…はあああぁ~(安堵の溜息)。

これからは万一に備えてWEBと繋がないPCにバックアップ取って、
フラッシュメモリー2つにして、どーしても持ち出す場合は必要なファイルだけ
もう一方のフラッシュメモリーに入れて使おう。

朝2時間近くロスしたんで、これから2時間半くらい粘って仕事します。
ひとりになったら照明落として、エアコンも切って…自業自得だしね。
あー、お仕事はもっとスマートにやらなあかんわ…ふう~。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-20 20:19 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
500円くらいは「投票」したかった
f0064937_955814.jpg

北海道で見た今回お初の場所のひとつ、ハロンズ名寄です。
潰れかけのパチンコ屋(失礼)ではありません。
ばんえい競馬、ホッカイドウ競馬の場外馬券場です。
あいにく、行った時は開いていませんでした。

次行くことがあれば、1レースくらいやってみたいものだ…
(岩見沢や釧路などにもあるとの事)。
やっぱり北海道や沖縄には、普段目にしないものがたくさんあるなあ…。

旅先ではほぼ必ずギャンブル(主にパチンコ)をすると周囲に話すと、
「打ち慣れていない、負けると分かってる所で何でお金使うの?」
という、何ともロジカルなご質問を受けるのですが、

そんな話は野暮というもの。
店の雰囲気に酔いしれ、悪意ある釘に目を細め、まかり間違って勝ったりしたら、
延々周りに自慢する(今回稚内パチンコは1000円プラス)。
それが「旅打ち」というもの(本来は旅をしながら喰っていく、という意)。

せどりだって同じ。99%の全共はさすがに買わないけれど、
例え1枚でもT海株が@800円で売っていたら感動し、うやうやしく頂戴する。
たとえ経費的に赤字でも、元々は余暇の戯れ。
店を知り店員を知り、そのやり方を知ることが観光なのであり、
黒か赤かはまた別次元の問題だと認識しております。

商売人としてはアカンけどね…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2011-09-18 09:26 | 行動中 | Comments(4)


最新のコメント
↑ そうでしたか、同志が..
by kinkenya-kobutu at 17:43
↑ いえいえいえ、体がで..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ 私母の介護関係で2度..
by kinkenya-kobutu at 00:25
⬆️ お疲れ様です。かの..
by kinkenya-kobutu at 03:09
↑ お疲れ様です。私が現..
by kinkenya-kobutu at 00:53
↑ 私どもが正しく理解さ..
by kinkenya-kobutu at 22:27
お久しぶりです。 少し..
by 旧券愛好家 at 18:56
↑ もう既に一人気になる..
by kinkenya-kobutu at 22:57
↑ 楽●インフレポイント..
by kinkenya-kobutu at 22:55
↑ 二択と思っていたこと..
by kinkenya-kobutu at 22:54
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク