中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
 
はいはいはい、空気読みます読みます
2点ほど全店スタッフに説明することがあったので、棚卸し日ながら各店へ。
責任者、副責任者が全店揃ってる日なんて晦日くらいしかないので仕方ありません。

各店にお邪魔した後、事務所に戻ろうと駅に向かうと人身事故のアナウンス。
15~25分くらい遅れていたでしょうか。
所在なくホームで待っていると、普段は止まらない新快速が入ってきました。
間引き運転の関係で臨時停車したようです。

大昔乗った朝の京阪電車山科駅の準急みたいな混み方(といっても分からないか)。
もう地下鉄東西線になってますし…。
はっきり乗りたくないと断言できる程のすし詰め振り。
たくさんの人が下車して、たくさんの人が乗車しました。最後は私。
弓なりになりながらも乗っている先客の皆様。私を見る視線痛いです。

お前乗るんかよ、デブ。

目で訴えないで下さい。字幕スーパー出てますよ。
はいはいはい、私もちゃんと空気読める大人ですから乗りません、次のにします。
こんな公共の場でアウェー食うとは…。
ま、なんにせよ近距離在来が健在なら嬉しい事かな。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-31 22:41 | 行動中 | Comments(0)
 
「ピン」で数えるといってもいろいろあります
先日近場の同業者さま(バイトの面接ができるくらいの責任者クラス)から、
仕事話の最中、

「入れたと言っても、いつ(ピン)で数えられるのかは分からないし」

の類のお話を聞きました。
アルバイトを採用しても、上司先輩のフォローなく1人(ピン)で勤務できるようになるまで
どれくらいの時間が掛かるかは読めない、という意味です(分かりますよね?)。
言葉のイントネーションから、
(モノになるかどうかも分からない)という意味も入ってたと思います。

確かに、こればっかりはねえ。
人事担当(弊社は専務と部長)も苦戦してますし。
見た目と履歴書と1回の面接で何もかも分かるかいっ、
とは内心思っておいででしょうが、それでも現場は「逸材」を渇望しているのが現状。
この前一緒にお好み焼き食べた同業者さましかり、先述の同業者さましかり、弊社しかり。
ホントに日本は不況で有効求人倍率低いの? とか思ってしまいますね。

ピンで数える…か。いろいろあるよな。

責任者の元で一緒にシフトを守ってくれる「ピン」、
責任者の公休にしっかりお店を見てくれる「ピン」、
店長格の「ピン」、
番頭の「ピン」…。

いきなり番頭は作れないから、
ゆくゆくは相方に自分の仕事全部引き継いでもらって、
相方のポジションに今の責任者から1人抜擢して、
今いる社員希望のスタッフをしっかり鍛えて昇格させて、その穴を埋めて…。

道は長いなあ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-29 09:13 | 古物商としての葛藤 | Comments(5)
 
役得…ではないよ、これも仕事
接待を受けました。お相手は広告代理店の社長さま。
新聞広告やWEB関連、社内のOA機器などを一手にお願いしている
10年来の付き合いがある業者さまです。

私も先方社長さまもお肉大好き、ということで
f0064937_20321374.jpg

こんなの頂きました。地元ブランド牛のホルモン(写真は2人前)。
うーむ、ボリュームあるなあ。
これ以外にもタンやロースを頼んだので、帰る頃には2人共お腹一杯でした。

ここの精肉店さんは年1回くらいヒレステーキを買いにいくので
非常においしいことは知っておりましたが、この程焼肉屋さんをオープンされたので
先述の社長さまが「どこか焼肉食べに行きましょうよ」と言われたのを幸いに
場所をここにして頂いた次第。

打ち合わせとか反省会(が当初の目的だった)ではなく、
お互いの会社が抱えている諸問題についての話に終始しまして。
やっぱ他社様にも色々あるなあ…そりゃそうだよな。

まー、すっごく旨かったですわ。
新店が年度末までに目標の「予算」が毎月クリアするようになったら、
正月明けてからスタッフ連れて、ここ行こうって決めてますけど(勿論ノブ一人払い)。

財布の痛みの方が未達の痛みよりは心地いいよな。
また笑って行きてえなあ…自腹でもいいから。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-28 20:42 | 行動中 | Comments(2)
 
ここには金券屋しか居ませんから
一昨日の晩、私が他セクションの古物店長の業務を終え階上の事務所に向かうと
背後から懐かしいお声が。

「ご無沙汰してますー」

ようこそおいで下さいました。
恐らくこの世で一番「ストイック(ノブの独断)」な同業者さま、T社長(近畿)!
何度もここで触れた通り、
この方に逢っていなければきっと私は「金券屋ノブ」にならなかった。
8年前の夏のオフ、散策先で「前のお店」を偶然拝見しなければ、
きっと小っちゃな成功で満足して終わってた。そもそも金券屋飽きて辞めてたかも。
金券屋にとって、意外にこの「飽き」って大きな問題なんですよね。
従業員レベルだと「不治の病」と言っても過言じゃない。
だからこうやって外から刺激を貰える私はラッキーです。飽きないから。

青春18きっぷでT社長さま以下、計4名さまでおいで下さいました。
商用ですが、このままただお帰り頂くのは申し訳ない&勿体無い。
無理を言ってお食事をご一緒頂きました。

以前T社長とお話した時は、
(この人の考えは10年先に進んでる)とか思っておりましたが、
どうも違うようですね。
多分、「別次元にいる」方です。考え方の構造が常人とかけ離れてる。
だってこれから10年自分が精進しても、T社長になれないもんきっと。
…この方の人となりを見て、お店の状況見て、何故この方の近隣に
同業を開けようと考える人が出てくるのかが今イチよく分からん。
安く売る、高く買う、立地が良い、それでも生き残れないのが激戦地なのに…。

食事しながらの話の内容は近況、価格、ヨソ様の懐具合(苦笑)などなど…。
何を取っても先様の情報は早く確実で、いいネットワークをお持ちのご様子。
詳しくは書けませんが弊社(特に私)が憂慮している事を
先方様でも気に掛けておられたのが印象的でした。
T社長でも全能ではないか…ちょっとホッとする自分も矮小だな。

先様は結構周りに気を使う方なので、私が
「ここには金券屋しか居ませんよ」と言ったら大ウケしたのが嬉しかった。
ワテらは世の現実をとことん見つめ、あらゆる隙間に入り込む金券屋。
仲間同士の食事にまで気を遣い合うなんて野暮はやめましょうや(笑)。
あー楽しかった。いい充電ができました。

これからも五分で付き合い続けるためには、もっともっと精進しないとな…。
これ以上引き離されては堪らん。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-27 09:21 | 行動中 | Comments(5)
 
聞くチャンスあらば聞いてみたい、「小者」ノブの疑問
地元に凄く有名なラーメン店があります。
そこのオーナー様はとてもユニークな「暖簾分け」を行っていて、
普通はフランチャイズに加盟させ、延々FCロイヤリティと仕入れのピンハネで搾取する所を

儲かっている直営店を、
会社側が保証人となって銀行から融資を受け、
独立希望のスタッフがその資金でお店を買って
営業しながら銀行に返済を続けて、完済すれば晴れてオーナー

みたいな方式を取っているそうです(うろ覚えなんで一部違うかも)。
頑張れば数年で支払えるとか。
仕入れは直営店が取引している所と一緒、仕切り価格も一緒、
ロイヤリティは未来永劫発生しない。何と明快で素晴らしいシステムか。

金券屋では恐らくできん。
そーんな太っ腹なオーナーなんか見たことない。
暖簾分けする人はいるけど、ここまで独立希望者の気持ちに立った方式は出来ない。

だって細かい細かい金券屋の大将が、
儲かってる上に今後も儲かりそうなお店を従業員に普通売る?
だって儲かるんなら手放す必要ないし、しかも臣下の中から経営できるクラスの
優秀な人が居なくなるんだよ? ないよねそんな話。
従業員がどうしても独立できないなら会社辞めるって言ってきた上に、
オーナーの資産がピンチってんなら話も分かるけどさ。

儲からん店をあたかも有料物件だって他人に売る話ならあちこちで聞くけどね。
(注: あくまで抽象的な話で、特定のお店、法人を指しているのではありません)

弊社で例を挙げると、
ウチにある店舗は本店と支店2、他セクションの古物店1の4店舗。
開けたばかりの他セクションは手放さないにしても、残りの3店を社長は手放すか?
それも臣下に。ないよなあ。
支店2店も手放すことないだろうし、本店はもっと有り得ない。
愛着もあるし、ちゃんと黒字だし、伸びしろもまだある筈だ。

とここで思うのが先述のラーメン店の話。
儲かっている直営店を暖簾分けするのは分かった。
でも儲かってるって言っても、

「確かに黒字」から「大儲け」や「誰がやっても大当たり確定」の店までいろいろある。

後者も手放すの? 
特に「誰がやっても大当たり」レベルなら、研修店とかにその後も必要では?
確か店舗売却代金は今後5年間の売上予測を元に算出されると聞いたけど、
自分がオーナーなら、そんな店はさすがに手放せないなあ。
お客様のご支持や、喜んでいらっしゃるお顔は商売人のなによりの糧ですから。
ユン○ル5000本分くらい元気になりますから(5000本飲んだら糖尿確定ですが)。
不安になった時、自信を取り戻す為の場所はどうしても必要だと思う。

以前一度だけオーナー様のご尊顔を拝する機会を得たことがあるので、
またいつかお会いできるかもしれない。
今度もしお会いできたら是非聞いてみよ。

「バンバン儲かっている店でも手放すんですか?」って。
何か字面が品ないな。ちょっとお上品なフレーズ考えます…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-25 09:14 | 古物商としての葛藤 | Comments(12)
 
ねじれ?
f0064937_911285.jpg

当ブログ2度目の登場だと思います。
JR北海道ツインクルの旅行券です。

実は、同地によほど太い「パイプ(同業者様の親密度のこと)」がない限り、
北海道向けに業板するより東京へ送った方が高い傾向があるようなないような。
(今日荷物頼むから、ついでに聞こっと)
そんなにかの地では人気ないのかなー。
大阪梅田あたりだと、店頭にややお安めで出しとくとそのうち嫁入りするんですが。

ウチでは厳しいよなあ…。読者さまに助けてもらうべきか(ズルい?)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-24 09:05 | 商品の説明 | Comments(8)
 
何種類くらいあるんかいのう
f0064937_854824.jpg

全日空の旅行券、18年前の発行だそうです。券面に時代を感じますな。
業販で入ってきました。見るのは2回目くらいかな…しばらく見てない。

性能は…理解してません。
旧券の方が性能がいい、というのもありますしできればそっち系でお願いしたい所。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-23 08:56 | 商品の説明 | Comments(15)
 
金券屋あるある
昨日はたまたま知り合いの同業者さまとお会いしたので、お話ししてました。
先様は昨シーズンまでJ○L株WEBメインのお店で、
無くなったものを嘆いても仕方ないと、経営の舵を大きく変えられた経営者様です。
金券屋が2人揃うとどーしてもマニアックな話になってしまいます。

「11月配当をまとめて買うと、たまーに色の違う5月配当が混じってる、
 おそーい! 何で先月来ないねん」
あるある。

「○株は何度でも乗り換え自由なのに、なんで東○株は1回きりなんだろう?」
そうそう。何でやろ。

「鉄道会社から発表される乗降者数を鵜呑みにして店を出すと落とし穴がある」
単なる年平均だからね。
特大イベントや定期利用者も把握しないといけませんよね。

あるある話に盛り上がってしまい、ついつい先様の貴重な時間を
無駄(?)にしてしまいました。
ただ情報交換はこの業界、特に必要ですからね…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-22 09:15 | 行動中 | Comments(2)
 
譲ったあとに残るモノ
私が知りうる限り、弊社で一番大事な仕事が始まりました。

ただ去年までは私の担当でしたが、今年は相方K君がやってくれています。
シフトの関係でどうしても私ができませんでして。

…納得はしてるんだけど、何か寂しさを感じますね。
大事な時は必ず私が出張っていたのに、今回はバックアップの役。
もちろんK君は私などより冷静で、仕事も作業も無駄が少なく正確です。
私も不惑ですし、いつまでも自分が自分がというわけにも行かないでしょう。
(惑わないのはあくまで年齢上の話だけですが)
仕事をする上で一番カッコ悪いのは、
仕事を全部抱えて部下に譲らずひとり悦に入るタイプですし。
これでいいんです、これでいいんですが…。

また何か、みんながびっくりするような新ネタ考えよ。
古物商で一番楽しいのは、

お客様「ええーっ、そんな高くで買い取ってくれるの?」に対しての

古物商(喜んで下さって何よりだけど、それで買っても結構ウチも儲かるよ)

ですから(ダマシじゃないですよ、それが古物商の醍醐味なんで)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-21 21:41 | 行動中 | Comments(2)
 
やっと8月20日…あれ、この在庫で8月20日?
休み明けです。
明日から新幹線回数券(一部区間除く)の利用休止期間明けになります。
例年だとこの時期はてんこ盛りの新幹線在庫に呻くのですが、
(利用休止期間で売れないのに「C」は来るから)

なーんじゃ、この在庫は。
(新幹線回数券を入れている棚を見ながら)アンタは今年大不漁の
サンマの刺し網かっ。

ウチの売る分もそうやが、同業者さまにお分けする分も要るからなー。
はてさて、どうしたもんか。
シ○ッ○ング枠は従来通りじゃなかったのかよ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2010-08-20 09:55 | 古物商としての葛藤 | Comments(9)


最新のコメント
↑ 恐ろしい絵面ですね…..
by kinkenya-kobutu at 01:10
↑ 結局はその確認作業も..
by kinkenya-kobutu at 09:37
↑ 恐縮です。同業者様に..
by kinkenya-kobutu at 09:36
↑ 左近! いいですねえ..
by kinkenya-kobutu at 09:34
↑ 世界最強国が既にそれ..
by kinkenya-kobutu at 10:21
↑ あー、18きっぷ貸し..
by kinkenya-kobutu at 21:45
↑ あっそうか。地上波に..
by kinkenya-kobutu at 18:00
そこでBSですよ。旅番組..
by サンライズ竹島 at 15:05
↑ 隙間って埋められる宿..
by kinkenya-kobutu at 10:35
↑ 貴重な情報ありがとう..
by kinkenya-kobutu at 10:34
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク