中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2009年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
同業者の皆様へ…
2009年もいよいよフィナーレ。
後は短縮営業をさせて頂いて、棚卸しして帰宅するのみです。

持ち場のセクションがあと1歩、目標に届かなかった…。
あとちょっとがんばっていれば到達したかもしれないだけに痛恨の極みです。
来年への宿題ですね。
メインの持ち場、「商品課」はおかげさまを持ちまして計画到達。
なんとか、クビにはならんで済みそうです。
(注:もしクビになっても、T様には再就職しません)

とはいえ、来年は新たなアクションを起こさないと「減収減益」は間違いなさそう。
正月気分には2日ほど浸りますが、3日からしっかりやっていきます。

さっきまで同業者の皆様おひとりおひとりに、
この文面のすぐ下で一言ずつお礼を書いていたんですが、
エライ長いことになってしまったんで、
あと「並び順」で怖くなってしまったんで全部削除しました。

皆様との出会いこそ、そしてお客様との交流こそ、
この愚ブログを書いている最大の「報酬」でございます。
ご覧頂いている全ての皆様に、厚く御礼申し上げます。

来年はいよいよ41歳。前厄突入? 既にもう厄のうちか(よくわかんない)?
まあいいや、通勤途中にたまたま別嬪さん見ただけでその日1日幸せに過ごせる俺だ、
どんだけ辛いことがあっても、良い金券が入ってきたらあっさり忘れちゃうだろ…。
アホも良し悪しということですな。

ではまた新年3日に。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-31 10:10 | 古物商としての葛藤 | Comments(4)
 
ぐるぐるぐるぐる
ついこの間、「定価50円のアレ」が全てバラで来た。1万枚近く。
全て裏面に年始用の「模様」が書かれているやつ。

「アレ」の模様付きは、うまくいけば額面以上で売れる。
ただ、入荷したのが一昨日。
もうそんなそんな大量の需要はない(あるにはあるけど)。
模様があるだけに、「時期」が過ぎたら懸賞用はがきとしても売れない。

さてどうするか。

一番堅いのは、もったいないけど1枚5円払って他の無地に変える方法。
これなら売れやすいし、万一残っても懸賞用はがきに回せる。
「お年玉」も期待できる。
しかも問い合わせたら、近くの「本局」には「ぷー」もあった。
(注:手数料で年始用のアレに変えられるのは、年始用の書き損じアレだけ)

二番目はこのまま残す方法。完全なお年玉狙い。
交換手数料はそこから出せるし、もしかしたら豪華賞品が当たるかも知れない。
(来年の忘年会用ビンゴ景品?)
ただ、数字バラバラなのは誰が整理するの? という問題がある。

ただ社長は「普通切手」への交換を選択。
いくらなんでも勿体無いので噛み付いた私。しかし思い出した。
またもや(2009年12月16日更新分参照)自分が金券屋であることを忘れてた。

現金を商品にしたらすぐ現金に、現金にしたらすぐ商品に、は金券屋の鉄則だった

商品を勿体ぶってどーすんねん。
航空株春配当とちがって寝かしても「発酵」しないやん。
(注:航空株冬配当は寝かすと発酵を通り越して腐ることが多々ある)

もう普通切手にして、売却済。
「絵付きで大儲け」とか、「1等当たってノートパソコン」なんてたらればたられば。
そんな夢は見るべきじゃあない…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-30 09:13 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
痛恨の数え間違い
やはり昨日の「すし」は、食べてない現場スタッフから責められました。
すし券が腐る方がよっぽどいけない事なのに…。

昨日は遅番でしたが、すぐ取り掛からねばいけない仕事はそれほどなかったので
支店に行って査定したり郵便局へ出向き在庫を問い合わせたりしておりました。

連休明けはいけませんねぇノンビリし過ぎて。まるっきり時間が足らなくなりまして、
定時ではぜんぜん帰れず。WEB担当のT女史(旧姓)と2人残業と相成りました。
私はともかく、新婚さんのTさんは早くご主人の元へお帰り頂きたい所…。
するとT女史、絶叫。何だ何だ、オレ何もしてないぞ? なにかあったか?

「数えなおしたら70まい多い…」

どうも、昼間WEB郵送買取で来た大量のバラ金券(非商品券)を再度数え直していて、
何度目かのチェックで数え漏れを見つけたらしい。

「どうしましょー」

どうしましょうって…もう先様には
「○○○○枚でしたので、お振込み(ネットバンキング)致しました」ってメールしたよね?
数人で精査したのにこんな事が起こるか…予想してなかったなー。
しゃあない、素直にお詫びメールして再度不足分をお振り込みしよう。

「追加分の振り込み手数料払います…」とTさん。
アカンよ。
弊社では弁償の権利はないの。社長の美意識に反してはあきまへん。

ちょっとだけ単価高くなったけど商品も正しく入庫できたし、結果的には良かったわ。
郵送買取で命拾いしたよ、
店頭買取だったら最悪不足代金をお支払いできなかったかも知れない。
(ご売却にはお客様のご都合があるので、ご自宅に連絡する事は絶対にしないから)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-29 09:24 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
おいしく供養…
f0064937_1424737.jpg

12月23日更新分で出ていた「すし券」が、このようなカタチになりました。
上(特上?)すし2人前。おひとり様2,500円ナリ。デフレってどこの話だあ。

社長が懇意にしているお寿司屋さんに携帯から注文して頂いたのは正解だった。
めっちゃうんめえ。かなり贔屓してもらえたかも。

なんたってネタが厚い。そして弾力がある。
昼食済の奥様方には1カンずつ好きなネタを、相方と私が残りを食べました。
マイフェバリット・ネタは「トロ」。大トロか中トロかは分からんけど、

口の中だけ「小樽(以前行って食した事がある)」が蘇った。いやマジで。
こんな海から遠いところなのにね。

結構な散財だったけど、すし券も腐らなかった(期限年末)し、まあいいか。
(注:弊社各店スタッフの皆様、もう期限間近のすし券はありません 責めないでね)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-28 14:41 | 行動中 | Comments(14)
 
デフレだからといっても
「ガイアの夜明け」を見ました。
年末特有のスペシャル番組で、以前取材した経営者が今どうしてるかという企画でした。
その中で、

「10円饅頭、千円均一ショップの閉店」

というのがありまして(その後、10円饅頭は事業を引き継いだ方が別法人で経営)。
そういえば、会社で定期購読している「日経流通新聞」で昔よく、
10円饅頭のFC募集の広告が載ってたなあ。

このビジネスモデルでもダメですか…。

やはり、一定の「利益」がないと企業はダメですね。
最近お客様の財布の紐が硬すぎて、企業側は変に摺り寄ってる感がします。

牛丼は280円じゃないとダメですか?
弁当は298円じゃないとダメですか?

ビール券をほとんど額面で「店頭買い」しなきゃダメですか?

ボッタくってはいけないでしょうが、一番大切なのは「閉店しない」事じゃないんですか。
仮にその店がお客様に支持されているのだとしたら、お客様がお越し頂いてても
経営が苦しいなんて論外。
儲かったら、その分従業員に配るなり、経営者が自腹で散財するなり、
みんなで慰安旅行に行ってバカ騒ぎ(?)すればそれは立派な社会貢献でしょ?

今の政治はダメかもしんないけど、企業も考えるところあるんじゃないだろうか。
安く売る以外に商売の道はないんだろうか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-27 10:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(25)
 
イブに誤配
昨日書いた通り、我が家は居間のファンヒーターが壊れていた為、
私的には一刻も早く帰宅して新しいのを卸したいところでした。

が。

こんな時に大事な業販荷物が誤配したとの知らせ。
「猫」からの電話でした。

「誤配した荷物は届いたんですが、道が混んでいて7時くらいになります…」

おうおうおう、猫さんキミんとこはいつから「そば屋」になったんだい?
受話器を首と頬で挟みながら、本当は空いてる手でそばを茹でてるだろ。
「今出ました~」か。こちとら元運送屋、そんな鉄板ウソ信じるかいや。
まあ1時間遅れと見た。

20時。

アレ、1時間遅れたらもう1回言い訳の電話するんちゃうん?
実はそばを切ってたか。

20時半。
もう帰らんとオカンに殺される。こっちの仕事はもう終わった。
しびれを切らせてセンターに連絡してみる。

「申し訳ございません、至急ドライバーに確認致します」
そば捏ねてたか。

21時、何の連絡もなく荷物到着。
しまった。猫のヤツ、実はそばの実を収穫する前やったか。
読めんかった。
ただ俺には分かる、
この荷物は大赤字になる位、色んな手間を掛けて送られて来た事を。

しゃーない、俺も元・猫のバイト。
この伸びきったそば…じゃなかった荷物、ありがたく頂戴するしかないわな…。

誤配は配達ドライバーのせいとは限りませんので、
皆様も何卒、彼らを頭ごなしに怒鳴ったりなされません様お願い致します…。
お怒りはごもっともですが、だいたい犯人は集荷元の内勤スタッフです。
元内勤の私が言うんだから間違いない(自慢にはなりませんが)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-25 09:04 | 古物商としての葛藤 | Comments(6)
 
遅番です
年賀状仕上げて、壊れたファンヒーターを買い換えて、これから大阪へ仕入れです。
ホントは15時からの出勤だったりします。でも四の五の言えない状況なので。
広告物の校正も今日必ずしなければいけないのですが、最終決定者(社長)が
どこかに行ったきりで見当たりません。
夕方には社長が事務所に戻ってますように…。

あ、夕方は俺がめちゃ忙しい…年賀もエンプティ気味だし、まいったなあ…。
必ず「無理くり追加生産」があると思ったんだけどなあ、ま~たウラ食っちゃったよ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-24 11:26 | 行動中 | Comments(2)
 
年末滑りこみセーフ? …いやこれは
年末は金券類がよく買い取れる時期です。
年始に向けて、現金化しておきたいのでしょうか。
贈答のシーズンとゆうことでもあるでしょうね。
例年、全共(全国百貨店共通商品券 黄緑のアレ)やビール券のお持込みが顕著です。
(今年は明らかに数量減ってますけど)
全共は基本無期限、ビール券も滅多に期限切れ近くでのお買取りはありませんが、
マイナー金券、株主優待券は「ぎりぎり」や「ギリッギリ」レベルのお買取りも稀あります。
12月末でいうと、オートバックス株優などはこの時期でも需要があるので(タイヤとか)
まだお買取りできますけど、
f0064937_9323058.jpg

このあたりはね…。
「スタッフみんなでおいしく頂きました」みたいになりますわな。

桶でも配達してもらうか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-23 09:40 | 商品の説明 | Comments(4)
 
お店の定休日はやっぱり必要?
私がよく仕入れや情報交換に行く大阪、梅田の金券商密集地帯は昔(7年位前迄)、
日曜や祝日ともなると殆どの同業者様がお休みでした。
というのも、営まれている大阪駅前ビル(第1~第4)の階上には企業のオフィスが多く、
日曜や祝日はお客様が少ないという事情がありました。

しかし現在、日曜に休まれるお店は老舗の数店舗のみで、
短縮営業(平日よりは早く閉まる)する同業者さまの方が多いくらいです。
日曜にお邪魔したことも勿論ありますが、お客様が若干少ない分、
開いているお店も若干少ないのでバランスが取れているのでしょうか。
そういえば新橋の「骨みたいなビル(失礼)」でも日曜開けてるお店がありますね。
開けてると商売になって良いんですが、実は結構シフトが大変なんですよね。

仮に、常時3人で営業するお店があったとします。
常勤スタッフ全員(4人)が週休2日、1ヶ月8日休んだとすると(1ヶ月30日と換算)、

必要延べ人数が(3人×30日営業)+(4人×8日公休) で122人分。
4人フルで動いても4人×30日の120人分ですから、これでは足りません。
しかも外の仕入業務とか、スタッフの欠員などに全く対応できなくなるので、
上記の場合フルタイムに近いパートタイムが1名必要になります。

ところが週1回定休があると、

必要延べ人数は(3人×26日営業)+(4人×8日公休) で110人分で済み、
しかも定休があるのでシフトを組む際、7日分しか頭を悩ませなくていいのです。
まあ弊社も3店舗+自販機隊+私の持ち場(裏方)があって定休は支店の月イチ
(しかもテナントビル定休の避けられない休み)だけなんで、
シフトを維持するためにはかなり頭数を使ってるんですが…。

そこで。
大阪とか東京とかの密集地だったら、
「定休日カルテル(カルテルではないか)」とかできないですかね?

「ウチは火曜休むから、おたくは水曜休みなよ」みたいな。

週1休むと売上は7分の1減るか…? といえばそうでもないみたいだし、
スタッフの士気を上げるイベントとかも組めるし、競合店と仲良くなれるし(?)、
難しいシフト作りからちょっと開放されるし…。

いや、さっきブログの常連様から
「○(書けない 某同業者さま) は、いつもスタッフが疲れている
みたいなことを伺ったので…。

家賃高いところのお店は、経営者からすればなかなか休みにくいでしょうけどね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-22 09:20 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
許すまじ偽造犯
いろいろあるんで詳しくは書けないんですけど、私達金券商を悩ますものに

偽造

というものがあります。
もう新聞WEBとかにも出てるんで隠しようもないんですが(だからこそ今書くんですが)、

某遊園地パスポート
某私鉄磁気式乗車券
古くは紙媒体の商品券類など

様々な金券が「偽造犯」の標的になっていて、我々金券商は非常に迷惑しています。
(勉強会や密な情報交換、警察関係者様との連携で何とか防げている状態)
何でしょうね、偽造犯の「バレなきゃナンでもあり」精神。
かの池波正太郎先生の傑作、「鬼平犯科帳」にもあるでしょうが。

1%2%で商売してる人間はまさに、「盗まれて難儀する者」なんだよ!
(本物の盗賊は、被害者を強姦しない、殺さない、
 盗まれたらたちまち生活が立ち行かなくなる者からは盗らない、の不文律がある)

本格の盗賊(偽造犯は詐欺の一種だが、金を盗む点では同義)は
こうゆうところから取っちゃ特にダメなの(元々窃盗詐欺はどこでもダメですが)。

偽造券掴まされてお金失って、それでおしまいじゃないんだって。
知らずにお客様に売っちゃったら信用ガタ落ちだし、
精巧であればあるほど同業者が縮こまって真正券でも買取にくくなるし、
発行元が「対処」したら「買えた物」まで買えなく(詳しくは書けません)なるんだぞ!

返せ、今まで節約できてた「2%(ぐらい)」を! 人件費掛かるばっかりじゃねーか。
金券商だってお金あるように見えて、その実大変なんだぞ。
迫り来る「銀行の金利」より稼がないとダメなんだから。

どっかで印刷してシレっと売ったらハイ大儲け、なんてウマい話なんかねーって。
真面目に働いてよ、お願いだから…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-12-21 12:43 | 古物商としての葛藤 | Comments(8)


最新のコメント
↑ お疲れ様です! どー..
by kinkenya-kobutu at 00:13
↑ コメント誠にありがと..
by kinkenya-kobutu at 00:10
初めまして。 ノブさん..
by びわこエクスプレス at 23:32
↑ お疲れ様です。結果は..
by kinkenya-kobutu at 09:51
↑ その会社の営業の方…..
by kinkenya-kobutu at 20:08
↑ かの“天才”、道脇裕..
by kinkenya-kobutu at 17:39
↑ “全く別物”な「押し..
by kinkenya-kobutu at 09:02
↑ あわわわ…精進します..
by kinkenya-kobutu at 09:27
↑ そうなんですよそうな..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ 士気が高いと精度も高..
by kinkenya-kobutu at 15:56
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク