中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
 
上品ですな
f0064937_902718.jpg

初めて見ました。ルイヴィトンジャパンのギフトカードです。入りは業販にて。
K様、いつもありがとうございます。いいネタできました。

こうやって表面に額面が書いてないのはなかなかレアです。
ウラに「1万円」と小さく書いてあります。
これは大阪ヒルトンにある直営店発行ですけど、一部百貨店に入っているところでも
使えるんでしょうか…何しろだいぶ古い券でして。

十中八九、自社で使います。
当社スタッフの皆様、コレは売りませんからねっ(見学は可)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-30 09:04 | 商品の説明 | Comments(10)
 
ちゃんとやってれば、ちゃんと貸してもらえます
非常に複雑で深刻な問題なんで、スルーしようかとも思ったのですが、
業界イメージの事を考え、思い切って触れてみます。

先日、ある金券ショップが閉店しました。
そこは、ある独創的な買取方法を行っていたことで、「知る人ぞ知る」お店でした。
興味があって何年か前、大阪に行ったついでにそのお店を覗いたことがあります。
その時の印象が、

(何で成り立つんだろう?)

そんな感じでした。
以下は一応、プロの私から見た「あのお買取り」に対する疑問点です。

1 時間劣化、相場劣化しやすい新幹線回数券で「回していた」のはなぜか

確か「東京~新大阪」の回数券がメインでした。
これを一定期間買取金受け渡し時期をズラすことにより、原価以上でお買取りをする
システムだったように思いますが…。

今、プロが一般のお客様に販売している価格が確か「12,900円(梅田)」。
これって原価の97.4%なんです。
いかに「C」で買えて簡単に持ち込める同商品だからこそ集まるという理由があっても、
こんなに価値が劣化するもので「回す」のか、いや「回る」のでしょうか。

「C」のお客様から広く商品を募り、売却し換金するまで支払いを待ってもらい、回す

たぶん基本コンセプトはこうでしょう。ならば、

簡単には買いにくく、入手しづらく、相場劣化しにくく、定価以上で売却できるもの

を選択するべきでしょう。例えば在来線回数券で「大きさ」を指定するとか。
(それでも100%以上でお買取りすることは困難)
JRの券売機系が弱い路線で、必ず長時間みどりの窓口で並ばなきゃいけないとか。
「資金の一時確保」「仕入れ経費の削減」「貴重商品の安定確保」ぐらいメリットないと
恒久的に続けられないと思います。
(あくまで個人の意見です 正解かどうかは分かりません)

2 ちゃんと営業していれば、正規に銀行から融資を受けられた筈

前にもどこかで触れたかも知れませんが古物商、特に金券屋は
銀行からの融資を受けやすい業種です(駆け出しの時とかは除く)。
よっぽど大博打を打ってない限り、案外あっさり融資は降ります。
だって、商品は換金しやすいものしかないから。

焦げたらすぐ在庫を確保して、他の金券屋を呼べば済みます。それで回収。
(実際に銀行がそこまでする気で貸しているかは分かりませんが)
こまめに何度も借りて何度も返せば、すぐ信用も高まりますしね。
だから総じて金利も低い。どんなに高くても

保証協会(分からない方は調べて下さい)の分込みで年3%以下

ぐらいです。中にはエライ安く借りておられる同業者さまも(書けません)。
JALの「つなぎ融資」が年10%(これは特別高いですけど)を考えれば
金券屋向けの融資がどれだけ有利かお分かりでしょう。
でも、ここまで安くしてもらえないと借りる気がおきない位儲からないのも事実。

1000万借りてその資金を月2回転回し(もちろん複利)、1年後30万の利息を
銀行に渡すと、残金は原資を抜いていくらになるでしょうか?
(儲けは1回転につき2% 1年間経費は一切抜かないものと計算して)

578万くらいです(間違ってたらすみません)。
「1000万スタート」も「2%儲け」も「資金1ヶ月2回転」も無理な数字じゃないです。
(対ブローカーだと儲けは0.5%ぐらいかも知れないが、2回転どころじゃないし)
もっと楽観視してもいい。

であれば。
開業何年目かのショップが「あの買取システム」をするってどうなんでしょうか…。

「あのお店」と接点がなかったんで真実は全く分からないんですけど、
やはり無理のあるお買い取りだったのではないでしょうか。
商品を預けられているお客様が、
よりご納得できるような展開になることを心よりお祈りしております…。

最後に、
私の知る限り金券業界の同業者さまの多くは、今回の一件でさらに
金券ショップに対する世間一般のイメージが悪くなることを懸念しております。
それはある意味、避けられないことだとは存じておりますが、
一部の口さがない方が仰られるような、

「金券屋なんて、サラ金の受け皿でダークな商売だ」
「どうせお金に困ってる人から商品買い取って、生き血すすってる」

そんな気持ちで商売はしておりません。
確かに営利のために商いをしておりますが、商品を売却されるお客さま、
そして商品を買い取らさせて頂く私ども、
できれば「WINWIN」の関係でありたいと、ほとんどの金券業者は考えております。
事実、私どもに商品をご提供頂くお客様の「総買い取り金額」の内、
弊社に商品を売って「急場を凌ぐお客様」より、
「総合的に資産が増える」お客様の方が多いんです。
もちろん、どちらのお客様も私どもにとってはかけがえのない存在なのですが…。

これを他山の石と思わず、これから少しでも金券業界のイメージが良くなるよう、
さらに精進したいと思います…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-28 09:25 | 古物商としての葛藤 | Comments(12)
 
居ててよ!
昨日、夕方どうしてもATMに行かなければいけない用事が出来た為、
事務所メンバー(自販機隊2名と社長)に用件を告げて外出しました。
ところが戻ると、

事務所、からっぽ。

もちろん施錠はされてましたが何か違和感がある。何か問題があるような…。
あっ!

集配前の荷物あるやんか。何で誰もいなくするのよ?
お客様からの電話(最近よく掛かる)、誰が取るのよ。
慌てて運送会社に電話すると…不安的中。

ドライバーさん「さっき行ったら、不在だったんですけど」

あきらかに不機嫌。そりゃそうだ。呼び寄せたのはこっちなのに不在とは。
懇願して何とかもう一度集配に来てもらうことに。
また新幹線乗るのヤダよ(当ブログ2009年9月18日分参照)。
もー、誰が最後に事務所出たんや~。
こっちはATM行くだけやからちょっと待っててくれたら良かったのに。

自販機1(定時退社)→自販機2(機械メンテナンスで外出)→社長(?)

社長~、何で最後に出て行って知らんぷりやのん?
電話で問いつめると、

社長「そんなん知らんがな
冷たっ。
社長がプイと出て行っている間に、きっとすげー大きな商売の電話とかあったわ。
あー勿体無い勿体無い…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-27 08:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
紙媒体の貴重な券
f0064937_107428.jpg

トップツアーのUSJ券です。

USJは2次元バーコード入場なんで、これだと再度発券ブースに並ばないと
いけませんが、まあ貴重は貴重ですわな。

15時以降限定入場パスも金券で出して欲しい…(無理か)。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-26 10:10 | 商品の説明 | Comments(0)
 
ま、まさか2年連続? いやーん
急激に航空株優の相場がおっこちてますな。
去年弊社は「逃げ遅れ」、大損こきましたが…。

今年は損したくないっ!
ないっ!
夢にまで出てくんなよ、あの四角い紙め。
夏は輝いて見えるのに、何でこの時期に見るとうんざりするんだ毎年毎年。

月末までには捌いてしまいたいのう…。とりあえず赤い方だけ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-25 20:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(21)
 
株主優待界の「ダイヤ」?
ホントは現物画像をアップしたいんですが…何しろ貴重でして。

皆様は株主優待券で特に高く取引されるものをご存知ですか?
様々な金券や現物(自社商品など)が株主様へ送られるこの株主優待システム、
その中でも総じて高く取引されるものと言えば…

大株主さまにのみ発行される、全路線定期券(電車、バス、両方など各種あり)

上場している鉄道会社のうち、JR以外だと大抵発行してますね。
取得株数は軒並み高く、例外もありますがだいたい時価1000万円分以上ないと、
定期ではなく回数券タイプでお茶を濁されます(失礼)。

高いのになると10万円位で「買取」されるものも…。転売金額はいかほど(分からん)?
私「金券屋」ノブとか言ってますけど実は今まで2種類しか自力で買い取れた事ないです。
どこにおられるんでしょう、このご時勢にこんな大株を持ったままホールドされる方は。

ただこれも、金券ショップによって「得意不得意」が分かれます。
「欲しい!」という販売のお客様(できればプロじゃなく一般の方)を
しっかり見つけていれば全国的な競争にもまず負けないでしょう。
でないと「オク」でしか流せないんで、おのずと「出口」は決まっちゃいますね。
ま、「オク」の相場は文句なく高いですが、トラブルの可能性があるんでねー。
やっぱ直に手渡しニコニコ現金払いが最高ですわな。

JRが出すとおもしろいのにな。
まーすごい高値にはなると思いますが。特に新幹線が乗れたりすると。

東海道新幹線全線6ヶ月定期(自由席 持参人1名有効)

さて、相場はいくら? 
もし存在したら、吉本興業さんとかが買い占めるんとちゃうかなー。
芸人さんをピストン輸送しそう。
金券ショップが貸し出し用に買い占める可能性もあるな。
200万? 300万? 

…その前にあの東海さんは出さんか。出すわけないわな。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-24 09:11 | 古物商としての葛藤 | Comments(19)
 
わくわくしないのは何故だろう?

f0064937_9271916.jpg
昨日帰宅すると、これが届いてました。

そう、私はANA株ホルダー(1単元だけど)。
開けなくとも分かる。これにはきっと、

ANA株主特別優待券 1枚
ANAグループ優待券 1冊

が入っている。
ただ何故だろう、届いてもこんなにワクワクしないのは初めてだ。

たった1枚だからか(以前は3単元持っていた)。
冬株はどんなにがんばっても超安いからか。
それともたかが1単元しか持ってないのに、株価ベースで15万も負けてるからか。

…ありえへん、どんだけバクチ弱いんや俺。
民主党さん、「もう一方の方」、はよう何とかしてーや。
どう考えても下へ下へとつられて下がってるやんか…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-22 09:25 | 商品の説明 | Comments(5)
 
こんな「記念」はどう?
f0064937_912254.jpg

JAL国際線就航55周年記念…ホントに何でもいいのかと思うのは私だけ?
今回が最後になるかも? のJAL株主優待券です。
(廃止説、継続説、割引率変更説と諸説あり)

どうせなら、

「これで黒字化も夢じゃない、○下り幹部完全放逐記念」とか、
「世間並みの水準に見直しました! 年金問題円満解決記念」とか出してよ。

…ブラック過ぎるか。
すみません、当方金券ショップのしがない雇われ従業員です。抹殺とかは平にご容赦。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-21 09:12 | 商品の説明 | Comments(12)
 
エンドユーザー様までの高い高い「壁」
今日あたりからJAL株優待が株主様の元に届いているようですね。

会社自体があの調子で「次回配当」がどうなるかよく分からない状況の中、
今回は一体どんな値動きになるのでしょうか。

暴騰は…ないか。
今期弊社は「入ったら投げ、入ったら投げ」にするつもりです。
去年みたいなの、ヤだから。貯めません(きっぱり)。

こんな中、あまり周りの喧騒などを気にせず独自の買取をする同業者さまもおられます。
それは「エンドユーザー様」に直接売ってる方々です。
つまり「加工」して提供する同業者様。
1枚2枚ならどこでもやるでしょうが、もっと大きく、3ケタ、4ケタ、果てはもっと。
それ位売れればそこそこ高くても株優在庫持ちますよね、羨ましい…。

一般顧客の一歩手前、○行会社に株優を卸しているとそうはいかないですが。
彼らはどんどん賢くなってるんで、振り回されちゃうでしょ?
「後だしジャンケン」や「口約束なんてしなかったよ作戦」とか「居留守」とか、
(聞いた話)では結構あるらしいですね(一部実体験もあり)。

せっかく実店舗も持ってるんだから、ウチも早くしなきゃな…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-20 14:58 | 古物商としての葛藤 | Comments(9)
 
横断歩道の歩行者は「王様」、盗難の被害者もまた「王様」
今日は一般の方では知りえない、ちょっとダークな話をひとつ。

古物商の許可は、各都道府県の公安委員会により出されていることは
皆様もご存知の通り。
公安委員会と我ら古物商間には、防犯を目的とする様々な取り決めがあります。

「守秘義務」
これは有名ですね。
買い取ったお客様の個人情報や買取内容は、犯罪捜査等で公安委員会から
開示を求められない限り、絶対に口外できないことになっております。
また、犯罪捜査(盗難、詐欺、偽造)などの「手配書、注意喚起書」は
第三者に漏洩できません(当たり前ですが)。

「故買禁止」窩主(けいず)買いとも言います。
故買とは、盗品と知って買い取ること。もちろん刑法、古物営業法違反で犯罪です。
これをひょいひょい古物商がやっちゃうと、犯罪の助長に繋がりますから。

ちなみに、ここからが本題なんですが、

盗難品と知らずに買った古物商のところに警察の方が来られて
当該品が見つかった場合、どうなるかご存知ですか?

没収されて持ち主のところに戻るんです(一部例外あり)。

こっちが全く知らなくてもですよ? 故買じゃなくてもですよ?
被害者の防犯対策や過失は関係なしでですよ?
もちろん買取代金は戻りません。
加害者に請求できますが、お金に困って盗みをしている人から
回収の見込みは薄いでしょう。

別に文句や不満を言ってるんじゃありません。
かつて何か没収されたワケでもありません。
これが法、これがルール。こっちはそれを承知で営業許可をもらってますんで。

見晴らしの良い信号なし横断歩道を急に飛び出した歩行者と車の衝突事故は
法的にどっちが悪いの? に似てますかね。
まあ、道路交通法における「横断歩道の歩行者」は王様ですから、
「王様」に「庶民」である車が勝てるワケありませんわな…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2009-11-19 08:59 | 古物商としての葛藤 | Comments(17)


最新のコメント
↑ お疲れ様です! どー..
by kinkenya-kobutu at 00:13
↑ コメント誠にありがと..
by kinkenya-kobutu at 00:10
初めまして。 ノブさん..
by びわこエクスプレス at 23:32
↑ お疲れ様です。結果は..
by kinkenya-kobutu at 09:51
↑ その会社の営業の方…..
by kinkenya-kobutu at 20:08
↑ かの“天才”、道脇裕..
by kinkenya-kobutu at 17:39
↑ “全く別物”な「押し..
by kinkenya-kobutu at 09:02
↑ あわわわ…精進します..
by kinkenya-kobutu at 09:27
↑ そうなんですよそうな..
by kinkenya-kobutu at 09:26
↑ 士気が高いと精度も高..
by kinkenya-kobutu at 15:56
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク