中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
 
「抜く」と「置いてく」
よく古物商で使う言葉です。

「抜く」は、主に業者間の販売買取で右から左へ転売する場合、その業者が得る
手数料の割合のこと。

(例)「1%なら抜いてもいいやろ」
(業者から業者へ荷物を仲介する時、手数料を1%買受者価格に乗っける事)

みたいな使い方をします。
他業種なら10%とか、すごいのになると30%ぐらい「抜く」方もいますが、
金券屋だと「出口(お客様に販売する価格)」がはっきりしていますので、
仲介者はあんまり利益を取れません。0.5%から2%ぐらいが相場です。
ま、この仲介者もピンキリで、これだけで食ってる所なら年に何十億とか動かすので
そんな薄利でも全然やっていけるのですが…。

「置いてく」は、お客様から商品をお買取りする際、いくらの価格なら納得して
買取をOKして下さるか、の確率を図る意味合いで使います。

(例)「いくらKCでも、80(%)は置いていかんやろ」
(旧国内信販のギフトカードが人気薄だとしても、80%買取では持って帰られるの意)

まあコレの場合、お客様によっては80%買取でも大喜びで「置いてく」場合もあるので
一概には言えないんですけど。
金券屋はお客様の顔色で買取を上下できないのが難しいですね。
ゲーム屋でも、CD屋でも、ブランドを扱う店でも、中古車販売店でも他の古物商なら

「程度の違い」

という金看板で買取は変化させられますから。
もちろん金券にも「破れてる」とか「汚れてる」とかはありますよ。
でも「全く同じものは2つとない」と言われる他業種とは全然レベルが違います。

ああ、JCBが93(%)ぐらいで「置いてく」時代に戻って欲しい…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-31 08:42 | 古物商としての葛藤 | Comments(18)
 
経費か、内容か
来月、研修の為に割りと遠くへ出張へ行くことになりました。今回は3人。
私と1人が初日から、もう1人は2日目からの参加です。

普通は特急で出向く場所ですが、来月はまだ8月。
18きっぷで行ってしまえと計画を立てておりました。
しかし。

ここはタイムイズマネーかな、と思い直しまして。
確かに18きっぷは交通費が安いけど、現地に着くのがどうしても遅れる。
(私は4時起きでもするが、他のメンバーにそれは強制できない)
お金掛けた分、しっかり長い時間研修してもらおうと。

H店長、Y君、というわけで移動はラクになりました。
私は特急代より宿泊代の方が安いので3泊します。しっかり勉強しましょうね。

そういえば同業者の皆様、18きっぷ「戻り」はどうですか? 多い? 少ない?
ウチは高価買い取りが好評で、まずまず戻ってますよ。
初日の早い時間で「残り1」とか来たりしまして。

…おいおい、それ「春」のじゃないよなあ? ちゃんと期日は見てね。大丈夫だと思うけど。
何年かに1回、しれっと前年のとか持ってくる人いるからなあ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-30 08:56 | 古物商としての葛藤 | Comments(9)
 
もう上げますか? そうでございますか…
Jスルーカードが9月15日で正規販売終了になることを見越してか、
もう大阪の同業者様では、販売価格が上がっているそうです。
一般のお客様とか需要供給ではなく、同業者同士のけん制ですね多分。

恐れていたことが思いっきり早い時期から起こっちゃいました。
普通、相場が上がるのは正規販売が終わってからでしょーに。
こりゃまいったね。

一説には今からJ売り切れの駅があるみたいだし。やばいなあ。
何とかせんと。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-29 08:45 | 古物商としての葛藤 | Comments(2)
 
まだ遠い
昨日夕方弊社事務所に、ある同業者様(会社代表)がおいでになりました。
私が尊敬してやまないすごい方です。
歳は私のほうが4つぐらい上だったでしょうか。
弊社との業販の為にご多忙の中お越し下さったのです。

この方とお話するとかなり勉強になるので、実はこのご来社の話が出てから
とても楽しみにしておりました。
じっくりお話するのは久しぶりです。
普段は先方のお店に行っても出張されていてご不在のことが多いし、
いらっしゃたらいらっしゃったで、お店がかなり忙しくとてもお話などできないので。

新セクションに注力しているとはいえ、私は金券屋であり古物商です。
もともと家業は質屋で古物関連のキャリアは13年目、それなりの自負はあります。
今もいろんな同業者と会いますが、遅れを取ることや圧倒されることはあっても
「この人には完敗だ…」と思うことなんて滅多にないのですが。

この人には全く歯が立ちません。頭の回転が常人とは思えない。
私が長い間、失敗に失敗を重ねてやっとたどり着いた経験則を、あっさり知ってたし。
「すごさ」は例に取るとわかりやすいですかね。

今、金券屋は諸般の事情から、定番中の定番「新幹線回数券」が売れません。
大なり小なり、どこも在庫をだぶつかせています。

で、90%ぐらいの金券屋はこう思うわけですよ、「溜まらないように、買取下げよう」と。
新幹線回数券は、これまた諸般の事情で一般客からの買取がかなりありますから。
売れないのは、

買取過多
JR直売商品にだけ存在する割引サービスの脅威
JR直売商品にだけ存在する各種(直前まで乗車変更できる等)サービスの脅威

あたりにあると考え、売れないものは買取量をコントロールしようと思うわけです。
でも、昨日おいでになった社長様はそうじゃない。

「いまある回数券を売るにはどうするか」を考えるのです。
売れない理由を「外」のせいにせず、あくまで「自店舗」の何かに理由があると
お考えになられました。
で、詳しくは先方のノウハウなので書けませんが、自店舗でのちょっとした工夫で
新幹線回数券はまた売れ出したそうです。値引きとかじゃないですよ。
全くお金をかけずに売り上げをアップさせておいでです。
その工夫を怠ると、またすぐ販売量がカクっと落ちるのだとか。
ね、すごいでしょ? これが古物商の真髄なんです。

古物商はゴミやコピー品以外、取扱商品の買取を怖がったり断ったり嫌がってはならない

私がいっつもいっつも上司にも部下にも自分自身にも言ってるのに実践できない「これ」。
全ての古物商は買取が経営の根幹。
どんなに性能が落ちた商品でも、お客様がご自身の意思でお買取りをお持ち頂いた、
これは喜ばしいことであり幸せなことと考えるべきなのです。
それを嫌がったり怖がったり断ったりすることは、商いが弱るだけですもんね。

弱いなあ、俺。
強いなあ先方の社長様。
もう一生、古物商としてこの人には届かないかもしんない。

先方の社長様にお願いがあります、今度テレビ局の出演依頼来たら受けちゃって下さい。
「情熱大陸」でも「ガイアの夜明け」でも「カンブリア宮殿」でもいいですから。
金券屋にも「人」はいるのだと世間に知らしめる事は、業界全体にもプラスだと思うので、
気は進まないでしょうがひと肌脱いで下さいませ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-27 09:58 | 古物商としての葛藤 | Comments(8)
 
いまいちパンチ足りない
f0064937_8491547.jpg

コナミの株優です。施設内でのお支払い(ウエア購入など)に使えます。
なぜか、年会費月会費には使えません。そこまで優待にすると儲からないか?

発行元には悪いけど、いまいちパンチ足らないんだよなあ、金券として。
一昨日触れた「シダックス株優」と同じなのよ、惜しいの。

何で飯が食えない(シダックス)、何で年会費の足しにできない(コナミ)、ってね。
え? 知らない所で勝手に再販してる古物商なんかに言われたくない?
再販できるぐらいの高性能な株優なら、株主様も満足するし株価も安定するのでは?
と思うのは、あまりに金券屋寄りの考えでしょうか。

ま、ワタミさんみたいな姿勢もアリっちゃあアリですが。
(過度の株主優待は、会社発展のマイナスになるというのがワタミさんのお考え)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-26 09:05 | 商品の説明 | Comments(0)
 
社風もそれぞれ
今日は情報交換(とは言っても90%ぐらい弊社が教えを乞う方ですが)の為、
となりのとなりの県まで18きっぷを使って行ってまいりました。
今さっき帰ってきたところです。

主にやりとりしていたのは新セクションの話だったのですが、
途中先方が気を使って下さって金券部門の総責任者(専務様)もおいで下さり、
お店の案内やお昼ご飯まで頂戴してしまい、ずいぶん厚かましい事をしてしまいました。
今日は人不足で大変だと伺ってたのに、ホント申し訳ないです…。

途中、自動販売機を自らメンテする社長様ともご挨拶できて、ちょっと感動。
しばらく「最近売るもんないねー」とか、金券屋の近況話をしているうちに

「そういや御社(先方)は航空株、1万枚ぐらい持ってはるの?」

とカマをかけたりなんかして。
先方ほどの名店でも、そんな大冒険はしないそうです。
JALANAの平均単価が@6000円で6000万だもんな。
先方は傍目から見ても堅実な運営っぽいから、そこまではしないだろうと思ってたけど。
ちなみに、弊社は6000万も航空株持ったら、JR関連全部完売にしないと持てません。
その前に相方K君(現、金券セクション責任者)が心労で倒れます。

で、そこで私がポロっと、
「JALANA6000万はコワいけど、全共(全国百貨店共通券)なら6000万怖くないよね、
 いざとなったら買ってくれる同業者いっぱいいるし」
と言った時です。
間髪なしでした。

専務様が「いや、それは1枚も売らないなあ」と言われたのです。
社長様も「売れるの分かってるから、1枚も手放さない」と仰いまして。

ちょっとびっくらこきました。
ええ~っ。6000万よ、6000枚(600万円分)じゃないよ。
業販(同業者に店頭販売価格以下で分けてあげること)してあげて、
みんなにも多少はいい思いさせてあげようよ~。

「入る価格にもよるけど、一般の買取り価格なら978(円)ぐらいで分けてあげたら…」
と言ったのですが、専務様は
「いや…店頭売価以下では分けられないなあ」と。

これが商売なのか。言われてみれば確かにそれが普通なんだけど。
ウチのボスなんかいいものいっぱい入ったら配っちゃうからね、懇意の同業者様に。
まあウチの場合は「資金繰り」の部分で泣く泣く手放すことも稀、あるんだけどさ…。

シビアな金券屋社会にも「遊び心」や「仲間意識」があっていいと思うのは、
私が経営者じゃないからかな。スタッフの生活考えたらそんなぬるま湯はダメかな。

ま、俺は今日のノウハウと昼のとんかつ代ぐらいは必ず何かで返すけどね。
ノウハウはノウハウで、とんかつ代は先方が好きそうな金券でどうでしょう?
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-25 21:06 | 行動中 | Comments(0)
 
お客様は都合の良い情報しか覚えない
3年ぐらい前でしょうか、遠方地からのお買取りを強化しようと営業に出たことがあります。
都合よく、近隣に全く金券屋がない地域で何人かの上得意様に出会うことが
できたのですが、成約を急ぐあまり、かなり不利な条件でお買取りしてしまいまして。

東株(JR東日本株)やJAL株をお持ちのお客様が一緒にお持ちだった「シダックス株」。
そう、どっかのカラオケ屋さんと違い、ルーム代金にしか使えないアレ。
同業者の皆様、あれって売りづらいっすよね。

アレを、JAL欲しさに「@150円」と言っちゃいまして…。
高いっすよね? 50~100円がだいたいの相場でしょ?

それからはもう、JALや東株がない時でもシダックスだけは送ってくるように。
「JALと東日本株があるから、特別にこの価格で買わせて頂きます」
って、確かに言ったんだけどなあ…。

お客様は自分に都合いい情報しか覚えない、分かっててもハマるこの厳しい罠。
先方に振り回されてるようじゃまだまだだな俺も。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-24 09:02 | 古物商としての葛藤 | Comments(8)
 
そんなところまで東に倣わんでもいい
f0064937_842837.jpg

もう情報も解禁になりましたので、最近1番の大ニュースをば。

Jスルー(JR関西圏と一部近鉄で使えるプリペイド式乗車券)カードが
9月15日で販売終了となります。

関東版ともいうべき磁気式イオカードが廃止されてから何年経つでしょうか。
あの時は「明日は我が身(東の金券屋にとってイオカードは重要な儲けの種だった)」と
戦々恐々としたものですが、ついにきましたか。

ただ、自動改札機でそのまま使えるというだけじゃない、
クレジットカードで買えたり、
回数券が買えたり、
前もって買っとけば新幹線(ただし自由席)や在来線特急(これも自由席)も買えたJ。

ああ、ついになくなってしまうのね。
情報によると提携先からの何とやらがあったので、廃止の流れも仕方なかったんだとか。

俺にはただ、「JRの金券屋潰しちゃおうキャンペーン(実在したら怖すぎですが)」の
一環にしか思えないんだけども。

関西金券屋にとってこのJ廃止は、

椎間板ヘルニア発症

ぐらいやばいかもしんない。完治しないし、後からもダメージくるだろうなあ…。

糖尿病発症
ぐらいのダメージだった「道路公団ハイカ&主要回数券廃止」ぐらいヤバくはないが…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-22 08:57 | 商品の説明 | Comments(16)
 
看板は偽らないように
ちょっと先物の方は上昇一服した原油価格。
これからどうなるか、全く分かりませんが商品の値上げラッシュはまだ暫く続くでしょう。

さて、私達金券屋も値上げというものはあります。
原油高騰の関係ではなく、元売価格の仕切り率が上がったり
供給ルートが突然止まったりすることでやむなく値上げに踏み切ることが多いです。
これがまた頻繁に変動するものであればスタッフも気付いてプライスカードとか、
告知POPを書き換えるんですけどね。

ウチの本店、今朝みたら2アイテムほど安いほうの価格のままだった。
しかも店頭のPOP。金曜から値上げしてるハズなのに。

この価格を見て楽しみにされているお客様が来られたら気の毒だなあ…。
こういうのはスタッフみんなでチェックしてないとね。

そういや、某同業者様のHPで今でもハイカ売り買いしてはる記述があったな。
99.8%ぐらい更新忘れだと思うけど(買取りだけならあるか?)、どうだろう。
だれか先方に教えてあげて。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-21 08:26 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
昨対
仕事していると、昨対(昨年と今年の対比)という言葉をよく耳にします。
最近は新幹線の昨対が話題になりますね。

考えたくもないですけど。昨対なんて見るまでもなく、仕入額ごっつ減ってるから。
JRさんにうまいこと「包囲」されてます。クレカ系すごいっす。

こりゃあ、本気でヤバいなあ…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-07-20 08:53 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 21時までだったか、..
by kinkenya-kobutu at 23:26
MVで買ったのにクレジッ..
by サンライズ竹島 at 13:54
↑ いや、影響ありますよ..
by kinkenya-kobutu at 00:04
↑ こんなので運を浪費し..
by kinkenya-kobutu at 18:15
↑ 確かに仰る通りかも知..
by kinkenya-kobutu at 18:12
↑ そう考えると危ういで..
by kinkenya-kobutu at 17:05
↑ でしょ、でしょう? ..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ よっぽど対価以外の生..
by kinkenya-kobutu at 17:03
↑ まさにそうですね、ま..
by kinkenya-kobutu at 17:01
↑ そうでしたか、同志が..
by kinkenya-kobutu at 17:43
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク