中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
数が揃うと交渉が有利になるのは、こちら側です
この話、前にもしたんですけど、またあったのでまたやります。変だな日本語だな。

メールや電話で、
「JCBギフト100万買うから、97%(販売)にしてくんない?」とか、
「50万分百貨店共通券買うから、1万円ごとに包装して。あ、発行元は高島屋で」
とかの話を時々頂戴します。

うーん…・。
お客様からしてみたら「たくさん買うんだからちょっとマケてよ~、特別扱いしてよ~」と
思っていらっしゃるのでしょうが。

JCBを言われてスグ100万分ポンと額面の97%で販売できる店が今、
この世に存在したらそれは「神」がおわすお店。
多分神様は、降臨されても金券屋などおやりにならないでしょう。

しかも。
その貴重なJCBは、そんなに大量にあるならお1人に売りたくありません。
一般のお客様に喜んで頂かないと店が活気づかないので。

さらにさらに。
今なら一般販売分を十分確保して、それでもなおJCBが余るということになっても
大口のお客様に便宜を図ることは致しません。
商品確保に苦戦する同業者様に卸して、恩を売っときたいから。
これは大きいんです。

仮にJCB(しかも無地)を97%で1000万業者販売したとします。さて、どうなるか?
金券屋は一流であればあるほど「借り」を返します。だって、プライド高いから。
97%で仕入れた券を98%で1000万分売ったって、それは所詮10万の粗利。
でもお店は繁盛します。お客様からの評価もちょっとは良くなります。

ならば安価で業者販売してくれた先方には、何が何でも何か返さなければ、となります。
ま、一般のお客様が金券屋で価格交渉するのは止めた方が無難かと。

え? 東京行きの新幹線回数券、会社用で年480枚必要? 年間契約したい?
あーん、お客様、いや神様。私めをポチと呼んで下さいまし~。
いくらでお伺いしましょう? ええ、ええ。ギリギリまで勉強させて頂きますぅ~。

話が違う? いえいえ。 JCBと新幹線回数券では入手難度が全然違うんです…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-30 09:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(12)
 
荷物がなくたって、お客様の要望には答えねばならぬ
この間、私が北関東に出張行っている時にその事件は起こりました。

弊社は商品券をかなり安く販売(これが弊社のサービス品)しているので、
普段から在庫はあんまりありません。

でも、懇意にしている企業様からの大量注文に答えることが時おりありまして、
その場合は他のエリアにある同業者様から、弊社の販売価格より高くお分け頂いて
対応しています。もちろん販売価格は激高です。それでご納得頂いています。

今回も発注があったので、新人社員が大阪仕入れに行く際一緒に買わせたそうですが。
何と。

買ってきた商品券の券面には、目立つ字でシャ○ィの広告が入っていたのです。

まあ性能的には何の問題ないっすけど、今回の仕入れ用には大問題があります。
先方から「広告の入ってないものを」という条件をもらっていましたから。

仕入れしていた社員は、
「他に(売っているものが)なかった」
「買った時はその条件を忘れていた」との事。

結局は責任者のK君が先方にお詫びして、今回だけこれで対応して欲しいと
お願いしたので何とか解決したのですが、一歩間違えば取り返しがつきませんでした。

社長が会社を立ち上げた時、それこそ「必死」で増やしたネットワークを
些細なことで失わなくて本当に良かった。

そういえば社長が昔、僅かの資金で会社を立ち上げた時、一番頑張ったのが
「非金券業者との取引拡大」だったそうです。

恒久的に切手印紙を買って下さるところはないか。
ビール券をいつももらっている企業様はないか。
地元に顔の利く名物社長様はいないか。
新幹線出張の多い会社はないか…等等、
かなりストイックにあちこち回ったと聞いています。

その時はもう家族もいらっしゃったし、絶対失敗できないと言うことで
すごいハイテンションだったのでしょうね。
本人も「もうあんなテンションで仕事できない」とか仰ってました。

自分が今、そんなテンションで働かなアカン時期なのにな…。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-29 09:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(10)
 
株主総会に行ってきました
昨日はオフ、暇もあったので持っている株の総会に行ってきました。
株歴は5年を越えるのですが、実のところ総会の出席は初めて。
今までは仕事が入っていたり、会場が遠かったりしたのでチャンスがありませんでした。
しかし今回の場所は車で10分の隣り町。楽勝です。

開会20分ぐらい前に会場に到着すると、もう結構株主の方々がお見えになってました。
先日自宅に郵送された「召集通知」の中の「議決権行使書」を係員に渡すと受付終了。
名前ぐらい書かされるかなと思っていたので拍子抜けする。
無地のしの封筒を1枚もらう。恐らくこれが「お車代」か「お土産」の代わりだろう。
後の楽しみにして開けずに取っておくことにする。

会場は6分ぐらいの入り。
少ないかと思ったけど、27日は他社もほとんど総会をやってるからこんなものか。
私はほとんど最前列に陣取りました。ちょっと物申したかったので。

そして10時。株主総会開始。粛々と報告事項が行われ質問タイムに。
議案の前にもう一度質問するチャンスがあると最初に社長が言っていたので、
ここの機会は他の人に譲ることにする。
2人ほど質問された。
物腰は柔らかいが、今回の配当(すごい経常利益だったのに昨年と同じだった)には
みんな不満があるようだ。

そして議案の説明が行われ、議決の前の質問タイム。私は思い切って挙手しました。
私の言い分は3つ。

・ 過去最高益なのに配当が据え置きなのはなぜか
・ すごくいい会社なのにIRが弱腰で株価上昇を目指していない
・ 監査役が取締役と同じ筆頭株主出身ばかりで「なあなあ」にならないか

当たり前のことばかり言ったつもりなのですが。
かろうじて理解できたのは配当についてだけ。後は全然納得できなかった。
借入金が多いので、財務体質強化の為にもこれが妥当だと思う、という話らしい。
ちなみに配当性向は13%そこそこ。
役員は「最高益のごほうび」とばかり役員賞与をしっかり議案に入れてます。
世間一般の感覚なら、これは「お手盛り」と言うんじゃないかなあ…。

ようするに、
親会社と取引銀行と温厚な大株主のおかげで過半数の議決権は抑えているから
こっちのルールでやらせてもらいます、ということみたいです。
私もその態度が気に入らなかったからちょっと延長して嫌味言いました。

で、議案。結果は当然全部通りました。
まあ普通株式の0.06%しか持ってない端株主では太刀打ちできません。

結局総会は50分ほどで終了。
みんなさっさと帰る中、私はなかなか立ち上がれませんでした。ちょっと悔しくて。
まあここにいても仕方ない、と会場を出ようとすると総務部長が飛んできました。
少し話しましたが、私の感想は

(ああ、俺の文句でこの人に迷惑掛けたみたいだな)ということぐらい。
初めての株主総会で貴重な経験したけど、何か最後は空しさが残りました。

分かったことが2つあります。

・ 総会でガンガン意見言うなら、地元企業はやめよう(後でバッタリ会う可能性がある)
・ 封筒が厚くても、中身に超期待するのはやめよう(中身は図書カード1000円分)

御社なんかインドの○○に敵対的TOB掛けられちゃえばいい。
そしたら俺が言ってたことも分かるって。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-28 09:12 | 行動中 | Comments(2)
 
アドリブ力ねえなあ
f0064937_8484216.jpg

昨日使った特急券です。何の変哲もないでしょ?

でも、これを撮影しているのは21:00、東京駅に停車中の「のぞみ159号」です。
いわゆる「乗り遅れ」ですね。
座席指定していた時刻を1時間勘違いしてたんすよ。

私も金券屋ですから、これ(乗り遅れ特急券)が

本日中の自由席なら乗車可能
指定席券だけを買いなおすことはできない

事は知ってましたよ。ただね、ちょっと窓口レベルで「アドリブ」効かしてくれるかもと
思いまして、ダメもとで「当日分」の窓口並んだんですわ。

ノブ「すみませんこれ乗り遅れちゃって…コレって今日の自由席に乗れるんですよね?」
駅員「はいそうです」
ノブ「そしたら…これにグリーン券だけ買い足すことはできませんかね?」
駅員「できません、指定席券に乗り換えるならば、全て買いなおしていただきます。
    ○○でしたら○円ですね」

おいおいおいおい、突っ込みどころいっぱいあるぞこの真面目駅員。

まず、グリーン乗り換えはいいわな、これは無理やと思ってた。
(自由席にしか乗れないのは、乗り遅れ指定席を救済するとカラ席だらけにされるから)

でも、一葉化(乗車券と特急券が1枚になっていること)されてない切符と丸分かりなのに
乗車券も払い戻せってか? その辺はアドリブ効かせてくれていいんやないの?

さらに、言ってた○円って自由の価格やないか! 買いなおしの話するんやったら
せめて最初の「指定席」か、「グリーン」の価格で話してや。
自由席を買いなおす意味がどこにあんねん!
けったくそ悪くなったので、ホームに止まっていたのぞみに飛び乗りました。

でね、のぞみの自由席って16両中3両しかないじゃないですか?
まあ座るの無理やと思ってたんですよ。
そしたらね、けっこうガラガラなの。
遅い時間だからかな? 人気のN700系(新型車両)じゃないのも幸いしたみたい。
ガラガラ過ぎて、A、B、Cの3列シートに1人でわざわざBに座り
にわか王族みたいな剛の者もいらっしゃいました。
私もグリーン以上の開放感あるシート(Bの肘かけを上げて腕をB席側に投げ出す)を
満喫致しました。

あの窓口駅員がアドリブ発揮してくれてたら完全に無駄な出費だったな…。
金土日祭や繁忙期じゃなかったら、「N700系の前後にある遅い時間ののぞみ自由席」、
結構オススメかも。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-26 09:10 | 商品の説明 | Comments(4)
 
先生! それ名言っす。 頂いちゃいます、あざーす!
寝てません。ちょっと興奮しちゃって。
ちなみにあと2時間ちょっとで電車に乗らないといけません。

大事な取引と、社費で行くセミナーがあります。
トチったら、せっかくの出張担当からはずされます。
で、猛烈にこの役がやりたいS店長代理とかY社員にシェアを奪われます。

アホな…この役は何があっても譲らへんで。

まあヨタ話はこの辺で。本題はと言いますと、
一昨日聞いた話が凄く深かったので、ここで発表しちゃおうと。
言った本人に了解は取ってないですけど、怖いから。
バレたらもっと怖いですけど。

一昨日、6人で飲んでたんですけど、
そこの2軒目で先生(連日当ブログに登場の、古物商の超大物)が仰った一言が、
聞いてから後々になって私の心に深く深く突き刺さるようになりまして。
確かこんな風に仰ってました。

古物商はね、1発で買取価格出さなきゃダメ。言い直しなんかダメですよ

すごいでしょ? へ、分からない?

つまり、
こっちがプロなんだから、持ち込まれた商品と、お客様の様子を総合的に判断して
そのお客様が(万人が、ではない所がミソ)納得していただける価格を
バシっと1発で決めることこそが1流の古物商だ、と仰っているのです。

もちろん「駆け引き」がやりたいお客様もいるでしょう。
本当にこの店で売った方がいいのだろうかと逡巡される方もおられるでしょう。
でもそこで、最初のつけた買取価格のままで

どうしてこの提示価格になったのか、を明瞭簡潔に説明しご納得頂くのが「プロ」の仕事。
お客様に翻弄されているようじゃ2流以下ということなのでしょうね。

間合いと空気が完璧に読める人じゃないと言えないセリフだな、いやあまいった。
やっぱ古物って奥深すぎ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-25 05:32 | 古物商としての葛藤 | Comments(9)
 
駆け引き不可能
昨日、人生初リアル競りを体験している時、
翌日(つまり今日)仕事のノウハウを教えて下さる先生役の方に

「そういや今日○○(弊社の屋号)さんがいるんだったら、商品券持ってくりゃ良かったな」

と言われました。
私はすぐに
「明日教室で買い取らさせて頂きますよ」とお答えしました。
「○○万ぐらいはある」と先生が返された時はちょっと(ヤバイ)と思ったんですけど
その時はにこやかに「是非弊社に」とか言ってごまかしておきました。

お金、無かったんですけどね。
だってだって、弊社の基本ルーティンは

「金券を売って、売却益で欲しい金券を買って帰る」ですから。
お金はあんまり持ち出さないんです。○○万なんて普段持ってません。
競りで落札した物の代金も払わなきゃいけなかったし、
東京で売り買いするのも25日予定だったので、この時はカラッケツに近かったです。

慌てた私はすぐに事務所の留守居役の新人社員に連絡して
「すまんが、事務所机の引き出しに俺の通帳があるから、○○万入金しといてや」
と指示しました。
何か、これだけ聞いてると「振り込め△△」みたいですけど。
ま、私は会社内でもお金に関すること(だけ)は信頼がありますから。
それにしても普段使わないほとんど預金0の通帳を事務所に置いといて良かったわ。
役に立つもんやね。

てなわけで今朝、まだ誰も他の生徒が来ていない教室で
先生と私が買取の相談をするわけですわ。

「いくらで買ってくれるの」

先生は商品券(全共でした)を出しながら私に尋ねました。
でも私は、この時点で買取値を決めていません。
というのも、業販(業者間同士の売買のこと)はいつもの店頭業務以上に

間合いと空気

が大切なのです。私は考えました。どうすれば先生にご満足いただけるか。

相手は大先輩
金券屋も前にやってた
金券屋の知人もいっぱいいる
知人の金券屋は名店中の名店
これからこの人に商売の大事なことを習う
これからもいっぱい助けてもらうことがある

私に次々重くのしかかる不利な事柄。
何だこの駆け引きを不可能にする不利条件のオンパレードは。
ここで安い買取値出したら、個人も法人も色んなチャンス失うの明白じゃんか。

「じゃ、じゃあ○%で」
おそるおそる私がお答えすると
先生は頷いて全部売って下さいました。

さて問題。私はこの北関東の某所で、いくらで全共を買ったでしょう?
ヒントは
「これからも懇意でいたい」
「名店といえど、暗に比較された同業者様に後れを取りたくない」
「私はここ一発弱いマングレート」

気になる方は非公開コメントでも。
負けたくなかった「名店中の名店」の実名も
当たっていれば返答で「ピンポン」と書きます。

ヒントは「東京にもお店はあるが、本拠は違う地域」
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-24 19:22 | 行動中 | Comments(32)
 
よっぱらいノブのゲ…じゃなかった、吐露日記
このブログ初めてでしょうか、酔ってます。

今しがたやっとホテルに戻りました。
新セクションの仕入れと勉強の為、北関東に来ております。

初めてセリを体験しました。
初めてベンツのSクラスで送ってもらいました。
初めて先生&先輩&同じ新人さん達と飲みました。
ハシゴもしました。
金券屋のウラ話(話せる範囲)はウケました。
おいろけ話はもっとウケました。
ためになるお話も聞けました。
2件目のお店で買ったばかりの革鞄に水割りをドバっと入れられたのだけは余計でした。
(飲み屋のねえちゃんの過失ですよ、諸先輩方の洗礼じゃないです)

とりあえず楽しい(一部除く)、明日もがんばります。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-23 23:49 | 行動中 | Comments(0)
 
明日は4時45分起き! いざ北関東へ!!
山手線内とかなら6時起きで十分なんすけど。
電車の本数だけ多くても、乗り継ぎが悪かったらしょうがねえな、何とかしてよJR東日本。
田舎に住んでるこっちにも問題があるか…乗り継ぎ以前に本数が少ないから。

さて、明日からのドタバタ2泊3日出張の内容と言いますと…

初日、 北関東某所で買い付け。情報交換。
2日目、さらに北に移動し新セクションの勉強会。
最終日、東京に移動し午前中金券屋業務、午後から某コンサルのありがたい説法(?)。

うーん、かつてないほど過酷だ。字では伝わらない大変さが非常に切ない。

まあ今回は出先の安ホテルでノートパソコン借りるし、何かあったらここに書き込みます。

あ! 在来線グリーン(自由席)買うの忘れた! 
1200円も払うもんか。絶対地元で買ってやる、手に書いとこ「グ自」とでも。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-22 19:30 | 行動中 | Comments(7)
 
当てはまりすぎてどんより気分
昨日、「婚活」という言葉をネットで知りました。

就職する為にそれ専門の活動(努力)をするように、
結婚にもそれ専門の活動がいるのだとか。
今はきちんとそれ専門の手段を講じないと結婚できないらしい。
イケメンとか美人さんとかは別だろうけど。相手側からいくらでも寄ってくるから。

弊社で該当するのは私(38)だけですが、
各企業様には35~40歳ぐらいの独身男女がいっぱいいて、

「仕事に執着しすぎ」
「前のやり方に固執する」
「9時でも10時でも会社にいる」

といった、社内の輪をみだす困った特徴があるそうです。
…ていうか、これ全部自分そのものだ。ヘコむなあ~ここまでズバリ言われると。
これを仰ってた勝間さんってすげえな。人気の公認会計士さんらしいけど、なるほどなー。

(興味のある方は、毎日jpさまの「最強ワーキングマザー対談(8)」をご覧下さい)

古物商の高みを目指してあくせくしてるつもりだったけど、会社にはある意味迷惑、か。
好きで独り身してるわけじゃないのにな。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-21 09:58 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
切れ味鋭い相方のボケ返し
昨日、私が所要で銀行に行く直前のお話です。

私は事務所の玄関先で、銀行で使う書類と現金を確認しながら
「俺がいない間、○○(非金券商品)が買取で来たらよろしく頼むな」
と、現商品課責任者代行のK君(新米パパ)にしれっと告げました。
ちょっとした意地悪です。

「意地悪」と言うのも、
その商品、実は細密な偽造情報が出ていて、社内では現在3名しか知りません。
昨日のシフトでは、たまたま私しかその判別方法を知らなかったのです。

だから銀行に行く間、当該商品を持ち込まれたらK君は非常にビビるハズだから、
「ちょっと課長、早く帰って来てくださいよ」
と、懇願でもするかなと思っていたのです。

ところがK君、

分かりました、全部買い取っときます

しれっとそう言いやがりまして。
おいおいおい、待て待て待て。店が偽造品だらけになったらどーすんねん。

この瞬時に嫌味を嫌味で返し、
なおかつ「早よ帰ってこんかったら分かってんな」と俺に釘まで刺すとは。

成長したなぁK君。
ただ何も知らない大学生が、社会に揉まれてスレて悪くなっただけかも知らんが。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2008-06-20 09:20 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 恐ろしい絵面ですね…..
by kinkenya-kobutu at 01:10
↑ 結局はその確認作業も..
by kinkenya-kobutu at 09:37
↑ 恐縮です。同業者様に..
by kinkenya-kobutu at 09:36
↑ 左近! いいですねえ..
by kinkenya-kobutu at 09:34
↑ 世界最強国が既にそれ..
by kinkenya-kobutu at 10:21
↑ あー、18きっぷ貸し..
by kinkenya-kobutu at 21:45
↑ あっそうか。地上波に..
by kinkenya-kobutu at 18:00
そこでBSですよ。旅番組..
by サンライズ竹島 at 15:05
↑ 隙間って埋められる宿..
by kinkenya-kobutu at 10:35
↑ 貴重な情報ありがとう..
by kinkenya-kobutu at 10:34
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク