中古ゲーム屋に始まり、チケット商を経て、皮革ゴム製品商に辿り着いたある古物商の日記

by kinkenya-kobutu
 
<   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
手持ちの18きっぷ、残数3
久しぶりに私物として購入した18きっぷですが、有効期限はまだまだ先なのに
消化できるか不安になってきた。
ヒマがない、特にプランを立てる余裕が(この時が1番楽しかったりする)。
関西発で日帰りできるところは大概乗ってるし。
1泊できればもっと選択肢も増えるでしょうが、仕事の都合上それもままならない。

金券屋なんだから、売ればいいんですけどもね。
せっかくだから使い切りたいでしょ。

で、結局仕事で使うハメになるんだよな、これが。

「ムーンライト」シリーズだけじゃなく、大阪~東京とかで昼間快速みたいなのを
出して欲しいっスね。

あ、「サラリーマン残酷出張」が横行するかも…。
行きは朝イチ新幹線。東京で仕事済ませたら直帰扱い。
「東京の仕事が終った瞬間オフ扱いだから、何で帰っても勝手だよ」とか。
怖ええ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-31 09:12 | 行動中 | Comments(0)
 
金脈はまだある
もう月末ですな。
おかげさまで来月は出張買い取りが2本あるし、なかなか充実しそうな予感がします。
先行き不透明な昨今、店頭やネットだけじゃなく、
あらゆるチャンネルを確保しておきたいです。

先行き不透明といえば。
ここのところ、日銀によるゼロ金利政策解除のニュースや原油高、
外交関係の不安定さなどでずいぶんと株式市場が冷え込みましたね。
でも逆に、こんな時こそ長期保有用の株を得るチャンスではないかと。

ハイそうですね、株は自己責任ですよ。
下がったら配当とか、それどころじゃなくなりますし。
(私のように)

ANAやJALのような優待券の買い取り値が超高い物は別格として、
今年の「西武ホールディングス」のような、優待性能が飛躍的にアップするものも
探せばあったりします。

でも意外に金券屋って不勉強な店が多いもんで、店頭買い取りでがっかりされる方も
多いんじゃないでしょうか。
私も新橋のW様でびっくり激安買い取り価格を提示されて随分ヘコみましたし。

そんな時は「委託販売」をお願いするといいですよ。
「委託」ならこちら側の販売価格を貫けるし。
やっぱ立地に左右されますからね、株主優待券の売れ行きは。
そのお店でしか売れないニッチな優待券は結構あるハズです。

で、委託でもドンドン売れていけば店側も色気出して、
「次回は是非買い取りさせてください」とか言ってきますから。
そこで超高い買い取り価格を要求したら良いのです。

え? 委託のままの方が見入り多いって?
そりゃお勧め出来ませんねぇ。

だって店は「委託から買い取り商品に切り替える」と言ってるのですから。
お客様がいくら委託でがんばっても、店側は仕入れたり買い取ったりして
自店舗在庫から販売していくんです。嫌がらせとかじゃなくてね。

既に独自の販売ルートを確保し、狙った株主優待券だけネットオークションで
落としまくるスゴウデの素人さんも存在しますから、皆様もひとつ探されては
いかがでしょうか。現代の金鉱が見つかるやも知れません。

私も早く何か見つけて、いつかど… いや、何でもありませんハイ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-30 12:07 | 行動中 | Comments(0)
 
過大評価
今朝、私が通勤でいつも乗っているバスの先客に、
高校生と思われる男女が最後尾に陣取っていました。

あまりに大声で話すもんだから、イヤでもその内容が聞き取れたのですが。
内容は書きません。

バカすぎる。
恐らくだが、君たちはそこまで他人を悪辣にけなせる程、グレートじゃないぞ。
頼むよ、仕事前からゲンナリさせないで欲しい。


聞いたといえば。
昔、どこかで聞いた言葉で、

「名古屋で成功した商売は、日本のどこに持っていっても成功する」

というのがあります。
名古屋の人はすごく商売に対して厳しいから、その名古屋で受け入れられれば
他地方のお客様にも認められるだろう、という理論なんでしょうね。
なるほど、サービスいっぱいのモーニングサービスとか、
世界にその名を轟かすトヨタ自動車とか、納得できる部分も確かにありますな。

でもね。

お隣の岐阜県では「ウチら地元は名古屋より厳しい、こっちの方が商売難しいよ」と
よく聞くんですよ。
またその隣りの滋賀県でも「ここらは近江商人の街。商売はちょっとうるさいよ」と
これまた(商売簡単じゃない)発言が。
京都は京都で「ワテらのお客さんは新参者を中々受け入れてくれへんし、目も肥えてはるから」
とかやんわり(難しいよ~)とか言ってるし。
大阪は「何ちゅうても大阪は商売の町。ライバルは強いしお客はえげつない」と、
やっぱり厳しい競争をアピールしはります。

何? 愛知(名古屋)、岐阜、滋賀、京都、大阪と5府県にまたがって
(仕事むつかしいぞ~)地域が広がっているの?

ちゃうよね。
きっと違う。商売はどの地域でやっても難しいんだって。
全国で成功するかどうかは、そのビジネスがどんだけ研鑽されつくしているか、
どれだけお客様に心を尽くせるか、そんだけだと思うよ。

だから一概に「ウチら東京に進出したらボロ儲けやでえ」とか言う関西圏の金券屋さんは、
よーく、よーく考えて行動しようね。
お腹空いてるのは分かるけどさ。人のやっている事を軽く見ちゃだめ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-28 09:44 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
乖離
私共金券屋に限らず全ての物品販売業は、仕入れ値と販売値の差額により生活しています。

衣料品や飲食店の場合だと、20%や30%の粗利なんて少ない方でしょうが、
我々の世界は、粗利1%~2%が当たり前です。
業者間なら0.5%ですら「想定の範囲内」。

ところが。

某有名店(書けません)がおやりになっている業者間取引はそうじゃない。
30%超が公然とまかり通っている。

何? 御社がいくらで店頭販売されているか、私どもが知らぬとでも?
え? 在庫過多だから高く買えない? なら特売しなさいよ!
あの現在の引取り価格なら、以前の高額買い取り分の損もリカバーできるっしょ。
「7並べ」じゃないんだから、止めてどうすんのよ。相場に早よ出しなさい!

プロにはプロに対するリスペクトが必要だと思います。
シロウトさんにもダメだけど、プロ相手に「濡れ手に粟」は無茶でしょう。
御社が発信される全ての情報が、みんなウソっぽく見えちゃいますよ、
あんな価格提示されたら。

ど~しても名前が知りたい方は、「非公開コメント」でご回答下さい。
正解か不正解だけお教えします。
他言無用で。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-27 08:57 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
がまん
通信簿の素行欄に、
「おちつきがない」とか、
「人の話を聞かない」とか毎学期書かれていたノブでございます。

航空株優、またバカみたいに高騰しましたね。
店頭価格1万円ですか? いやいや、私はそんな価格では売りたくない。
使うお客様の立場になれば、そりゃあんまりメリットないよ。

同業者様が1万円なんて値を付けるのは、ボッタくりたいわけじゃない。
ブローカー共に在庫を毟られるのがいやなだけ(だと思う)。
安く売れば品切れおこしちゃうからね、弊社のように。
今年もあっとゆう間に持ってかれちゃった。

今年は暴落すると踏んでいた私が一番悪いんでしょうが、
根こそぎ持っていくハンターたちもちょっとは手加減して欲しいです。

5月にしこたま買った株優を「寝かせる」平常心があれば、今頃はウハウハだったのになあ…。
在庫が溜まるごと、大阪で売却してたもんな。
「おちつきがない」と書いたかつての教師は、よく私を見抜いてたということでしょうね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-26 17:34 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ゲド戦記について
試写会の感触、よくないようですな。
弊社は発注、抑えます。
余ると大変だから。

なんか暗いもんね、ジブリの評価をガタ落ちさせそう。
名監督の子供でも、いきなり名監督とはいかなかったか?
まあまだ、私は見てないんでエラそうなこと言えませんが。

鑑賞されるお客様はもちろんのこと、販促に努める我ら末端の人間のことも
考えて作品は作って欲しいですな。

どんな芸術作品であろうとも、お客様からお金取って鑑賞していただくのであれば、
それは既にショーであり、経済活動そのものなんですから。
興行収入の見込めないモノは世に出さないで欲しい。

新人監督さんに、恥をそぐ機会が与えれればいいのですが。
それよりも、この映画が当たって私の読みが外れ、このブログで私が恥をかくほうが
ずっと被害は少ないでしょうけど…。

頼むよゲド、せめて仕入れた分は売れてくれ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-24 09:39 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
一歩目を踏み出した、新米営業36歳
経験なし、知識なし、常識なし。体力なし、度胸なし。
それが偽らざる私のリアルな現状。
でも社命とあらば営業しなくちゃいけない。
これが組織に属する人間の定め。
私を突き動かすのは「会社のお荷物にはならない」という執念。
あと愛社精神、仲間を想う気持ち。


昨日は「18きっぷ」を使い、遠くへ営業に行きました。他府県です。
はっきり言って近畿地方ですらない所。
上司には「なぜそんなところに行くの?」と首を傾げられましたが、
そんなこと私に言われても分かるワケない。

この地を選んだのは、まったくもって勘なんだから。


途中「切符仕入」したり、夕方には「品出し(支店からの商品発注を引き受ける作業)」が
待っていたので、実質営業に回れるのはせいぜい1件が限度でした。

他業種の営業でも成功率100%なんてありえないですよね?
たった1件行って仕事が取れるのか?
と言う前に話を聞いてもらえるのか? しかもアポなしで。
この時点での私は、ホント無知でした…。

突撃したのは、某大手スーパー。
サービスカウンターでおそるおそる、催事場の件について尋ねてみました。
「どなたにお話しすればよろしいでしょうか?」
「それは店長ですね」

え? 営業の方じゃないの? いきなりトップ?

もうこの時点で私の緊張はピークに。
改めて従業員出入り口に回り、名札をもらって管理事務所に案内され
店長様とお会いできました。
結構お若い方でした(見た感じですが)。

店長様の第一声。

「ほんとは本社の祭事部門に話通してもらわないとアカンよ」

ひええ、そうでございましたか。知らなかった。

「A広告さんと付き合いのある金券ショップでしょ」

なぜそれを?
確かにA広告様は弊社のチラシを製作してもらったり、
手配りビラを行う際、派遣スタッフの都合をお願いしているパートナーですが…。

「ウチのチラシ作ってもらってるんよ。 お宅の会社のことも聞いてる」

世間狭っ。他府県の初対面の方から共通の知人の名を聞くとは。

「じゃなかったら、いきなり来られても会わんよ普通」

A広告のM社長様、私はあなたの精力的なお仕事のお陰で、営業マンの第一歩を
何とか踏み出すことができました。ううっ、人との繋がりに感謝感謝…。

で、肝心の商談内容ですが、これは企業秘密なのでここには書けません。
結果だけ言うと、条件面で折り合えば、お仕事させてもらえそうな感触を得ました。

さあ、頑張ってみましょうかね。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-23 09:33 | 行動中 | Comments(0)
 
「伝説」は何処へ
「2ちゃんねる」でも話題になっていた東京神田の老舗。

まだシャッターが閉まったままのようですね。

言うまでもなく、あそこは普通のお店ではありません。
「全国百貨店共通商品券」の売買を初めて新聞広告したお店であり、
商品券や新幹線回数券のレート表を編み出した所であります。
業界の影響力とか、功績とかが並の金券屋と「格」が違うんです。

いわば、関西における「地下鉄回数券バラ売り」おばちゃんと並ぶ、
「金券屋のルーツ」なのです。
やはり何でも1番に行ったお店は、尊重されて当たり前だと思います。

ですがその「金券屋の巨星」も、今どうなっているか分からない…。
JTA(日本チケット商協同組合)でも、はっきりした動向が掴めてないのです。

今はたまたま体調を崩されていて、また元気に営業を再開される、
そんな感じなら良いのですが。


私も何か考え付いて、「伝説」を作ってみたい。
「情熱大陸」とかで紹介されたりして。
ごっつい妄想やな。
あ~あ、アホな事考えとらんと、早よ仕入れ&外営業行こ。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-22 09:06 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)
 
ヨコの繋がり強化に向けて
昨日から青春18きっぷが使用可能となりました。
実は私、12歳の頃より18きっぷを使っていた「乗り鉄」系の人間です。
キャリアは一応、24年。

今は堕落して新幹線グリーンなんぞで移動してますが。
今年は復活して、ちいと頑張りますよ。

外営業ももちろんおろそかにはしないけど、今回はちょっと
「同業者様と仲良くなる」ことを目標にがんばっていきたい。

まずは岡山、JTA(日本チケット商協同組合)の新監事様のお店へ。
今日アポが取れたら、さっそく明日行きます。

楽しみ楽しみ。果物とかきびだんごとか。

そっちかよ!(嘘)
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-21 09:10 | 行動中 | Comments(1)
 
金券屋の戦闘力
昨日の東京行きで、足腰がじんわりキテます。

3日後とかに来ないだけ、私はまだ若いのか…?

10駅(全部JR)降りて、ほぼ1日中いろんな金券屋を観察してました。
みんな、がんばってはるなあ。
でも、やっぱりしんどそう。無理もない、売るもんないですもんね~。

それでもやっていかなくちゃならない、
ホンマ5万円ハイカとか戻ってこんかな…。


どこの商売でも同じでしょうが、
金券屋は経営を維持するため、近隣のお店と対決することがよくあります。
主に価格ですね。高く買って、安く売る。実はこの当たり前のことが一番大変で。
最初は(ライバル店と)ムキになって価格競争しても、やがて冷めてどうでもよくなっちゃう。
喰えないから。
赤字出してまでする仕事じゃないっス。

で、金券屋の強弱って何で決まると思います?
何年も他店と戦争するには、また勝ち抜くにはどうしたらいいか、何が一番必要か?

立地?    それ大事。 
人材育成? それも大事。
情報収集? それも昨今重要ですね。

でももっと、競争の勝敗を決める大事な要素があるんですよ。

経営者がケンカ好きで執念深いこと。
自己資金が多いこと。

たったこれだけでその金券屋はほぼ無敵になります。
あと勘が鋭いか、運が良ければ「業界の風雲児」になれるでしょう。
他業種の様な「立地条件次第でどうとでもなる」なんてことは少ないです。
(まあ抗えないほどの立地差、というのも確かに存在しますが)

どこよりも高く買い、どこよりも安く売ることを何年も続ければ、
お客様はそのお店が絶海の孤島にでもない限り集まります。
要はどれだけ徹底的にやれるか。飽きないか。
縄張りに侵入してきた同業者を、いかに早く完膚なきまで叩き潰せるか。

私はこういうバイオレンス的なものは大キライですが、
現在の主流は確実にそんな金券屋です。

ですが。

ケンカ好きで執念深いだけで、自己資金のない(もしくは少ない)金券屋の経営者も
この世にはごまんといます。
もう遠くない将来、ボロボロ潰れていく金券屋出てくるでしょうね…。
だって戦争の為にどんどん銀行から借りるんだもん。

おーい○ー○○様、いい加減頭冷やして~。見ててツラいから。気の毒すぎだよう。
[PR]
by kinkenya-kobutu | 2006-07-19 23:07 | 古物商としての葛藤 | Comments(0)


最新のコメント
↑ 分かる~。やはり担当..
by kinkenya-kobutu at 09:19
↑ それが現実でしょうね…。
by kinkenya-kobutu at 09:18
↑ 9201立て直した人..
by kinkenya-kobutu at 09:17
↑↑ お疲れ様です。お久..
by kinkenya-kobutu at 09:15
いろいろと思うところのあ..
by Masaki Tsuboi at 18:30
↑ お疲れ様です。そうで..
by kinkenya-kobutu at 10:27
↑ 私が見たのは伊藤忠系..
by kinkenya-kobutu at 03:26
コンビニATMは、圧倒的..
by サンライズ竹島 at 22:43
↑ 西もそうですが、東も..
by kinkenya-kobutu at 21:20
⬆ 商売分からない人が権..
by kinkenya-kobutu at 07:41
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク